今回もランナー塗装で仕上げています。表面処理の類は一切なし(笑) どれも正解の様な気がしますが, パッケージも一段とカッコ良くなっていますね。 出来る人は部分塗装した方がもっとカッコよくなると思います。, シールの所は脚の三角形のオレンジ、腕と肩の青いパーツのオレンジと背中のフライングアーマーの赤。, 色が足らない所はフライングアーマーの上部の所ですね。 ガンプラ HGUC ゼータガンダム(リニューアル版) 塗装完成 老若男女問わず色々な人に見てもらえる様なサイトになれたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。, ここだけの話、新型アクションベース4&アクションベース5を試してみた結果、好みが分かれそうな出来だった件. 企画名こそ変わってますがいわゆる「リバイブ」化のようなものです。 HGUC Zガンダム 2017 の方はガシガシ動かしても全然平気なんで気兼ねなく弄り倒せますね。 関節など:フレームメタリック2(G), 塗装後、「ガンダムデカール RGゼータガンダム用」を使用し、つや消し仕上げ。 赤:レッド(C) HGUC Zガンダム 2017 google_ad_slot = "8127578292"; HGUCは元々他のグレードより動かし易いですが、今回のZガンダムは特に良く動くみたいですね。, 腕が白いガードごと水平に動くので今までのZガンダムよりも、かなり動きます。 )は色分けされておらず、キットではシールでの処理となっているので、簡単仕上げ派でもマーカー塗装くらいはした方が良いかもしれません; google_ad_width = 300; やはりバンダイさんの売り文句に間違いはないようですな。, 肩も左右に引き出して尚且つ前方にも引き出せるようになっているので、幅広いアクションが楽しめるようですね。, フロントスカートは左右別々に可動するので、他のHGシリーズよりも動かし易いですね。, ビームライフル、シールド1つ、ビームサーベル2つにハイパーメガランチャー、あとはウェブライダー時のランディングギアと変形用の差し替えパーツとウェブライダー固定ディスプレイ用パーツ、腕に装着するグレネードランチャが2つ。, 自分もこのキットは気になっていましたが やはり新しいシリーズの第一弾だけあって 確かに以前のHGUCのものよりもプロポーションや可動が格段に良くなってはいます。むしろパッと見はかなり良い方・・・なんですが、売りのひとつである肩関節の可動も非ポリキャップな上、構造も貧弱かつプラが柔らかいので、無理に動かしていると根元からねじ切れる可能性が・・・, 色分けについても疑問に残る箇所が多く、RGをみたあとでこれはちょっと・・・というのが正直な感想。確かに価格やコンセプトから見れば比べるのはおかしいのかもしれませんが、「せっかくの新企画だしもうちょい頑張れただろ」というところ。 B, „—́@@@˜•”12,200kg~5 Aãø•”10,600kg~2A‹r‰¡7,600kg~4A‘„—Í112,600kg, uŠÔÚ’…Ü(‡‚킹–ڏÁ‚µAŽžŠÔ‚ª‚È‚¢‚Æ‚«—p), •M4Ží@L–ʐϗp•½•MA’ʏí—p•½•MA×•”—pŠÛ•MA’´×•”—p–Ê‘Š•M(ƒGƒiƒƒ‹—pA…«—p‚Æ‚»‚ꂼ‚ê—pˆÓ). 先に挙げたポイントくらいで、基本はほとんどストレート組みです。キットは二つ使用しております。完成はいつになるか分かりませんが、ガンタンクの脚部とガンダムの上半身をドッキングさせたものを作成する予定です。 まだメガランチャーが付いてる分良かったですが、これすらないとかなり微妙な内容になっていた感は否めません。, HGUC ゼータガンダム(リニューアル版) 塗装完成 | @in's Hobby Room, 色分けについても疑問に残る箇所が多く、RGをみたあとでこれはちょっと・・・というのが正直な感想。確かに価格やコンセプトから見れば比べるのはおかしいのかもしれませんが、「せっかくの新企画だしもうちょい頑張れただろ」というところ。. 今回はリニューアルされたHGUC 1/144 ゼータガンダムを制作。新たに見直されただけあって可変機構、可動範囲など相当洗練された印象で「さすが!」といった感じ。作例としては個人的好みを若干入れつつ、多少気になった部分をちょこちょこといじってみました。 HGUCシリーズは、元のアニメ画像を意識したディテール処理ですが、今キットはその辺が少し寂しく見えたのでディテールの追加をおこなっていきます。ただ、 … メガランチャーも装備可能。ランディングギアつき。, 以上、ゼータガンダムでした! うーん、もう一押し。 以前にもHGUC化していたゼータですが、この度「ガンプラエボリューションプロジェクト」と題した新企画の一環で、完全新規となってリニューアル。 RGは勿論いいですが値段と強度にちょっと不安が・・・(笑 青:コバルトブルー(G) 2017年4月に新金型で発売された、HGUC ゼータガンダム(MSZ-006) EVO版。 ここでは作り方・製作手順を細かく掲載しており、 Page-4 脚部の制作過程を掲載しています。 最初から見る》 発売月:2017年4月 価格: 1,400~1700 スポンサードリンク HGでこの出来だったらこっちを選んでしまいますね。, このZガンダムは差し替え変形の分とてもよく動くと思います。 「HGUC ゼータガンダム」 黄:ビビッドオレンジ(G) 今回は「HG ガンダム4号機」のガンプラレビューです。 機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに・・・に登場し、ルース・カッセルが搭乗するガンダム4号機をご紹介。 2020年発売、プレミアム・バンダイ限定品になります。 組み換え式で「ノーマルモード」「[Bst]形態」の2種類が再現可能。 ©Copyright2020 ガンプラ プラネット.All Rights Reserved. 箱の重みも結構あり中身がギッシリ詰まっていました。, 今回のランナーはポリキャップを含めると10枚。 それにプロポーションも旧バージョンと少し違うのでそのあたりも楽しめました。, RG Zガンダムはとても繊細で変形するのはとても慎重にやらないと、壊れそうでしたw hguc ガンダム4号機 レビュー 少し前にmg版を紹介しましたがhgucでもガンダム4号機がキット化。 こちらはプレミアムバンダイでの受注品となっていて価格は2,475円です。 パッケージと説明書は単色の物でした。 付属品はメガビームランチャー、シールド、ハイパービームライフル、 サーベル刃2 google_ad_height = 600; amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="hidegt772-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width ="330"; amzn_assoc_height ="600"; amzn_assoc_default_search_category =""; amzn_assoc_default_search_key ="ガンプラ";amzn_assoc_theme ="light"; amzn_assoc_bg_color ="FFFFFF"; google_ad_client = "ca-pub-3655008353568127"; ■塗装レシピ(C=クレオス、G=ガイア) ロボ形態もカッコ良かったんですが、ウェブライダー形態の方も中々のカッコよさで、こちらの形態で飾るのもありかなとも思いました。 ガンプラ プラネット管理人「ししまる」と申します。 気合が入っていて説得力があります。, とても1/144とは思えない完成度ですね。 白:クールホワイト(G) このプラモデルは以前から楽しみにしていたキットで、私が大人になってから最初に組んだのがHGUC ZガンダムとHGUC ユニコーンガンダムでした。, あれから数年の月日が経ち、新たに作り直されたZガンダムを手にできるとは思ってもいませんでした。, Zガンダムのガンプラは旧サイト(まったりガンプラ製作日記)でZガンダムver.2.0とRG Zガンダムを組みましたが、どちらもとても良く出来ていて、今も色あせないカッコよさがあると思いますが、今回のZ ガンダムがどんな感じになっているのか、その辺りが楽しみでした。, 今回のZガンダムは名前の方がHGUC Zガンダムになっていますが、旧キットも名前が同じなので正式名称はどれがいいのでしょうね。, HGUC Zガンダム ガンプラ エヴォリューション プロジェクト ガンプラが好きでグレード問わず、色々な種類のガンプラを作っています。 HGUC Zガンダム  revive hguc -gunpla evolution project- 機動戦士zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル.