バロン王国飛空挺団隊長セシルは王の命令により、理不尽な任務を命じられる。王に疑念を抱いたセシルは隊長の任を解かれ、親友カインと共に新たな任務に赴くのだった。, 「ファイナルファンタジーX」(FF10)は、スクウェア・エニックスが2001年7月にプレイステーション2用ソフトとして発売したロールプレイングゲーム(RPG)。FFナンバリングタイトルの10作目。 スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに1994年に発売したゲームソフト。FFシリーズ6作目。今作では、FF5までのシステムを踏襲しつつ、キャラクターによるストーリー性を重視した群像劇を描き出す。失われた魔法と幻獣、機械文明世界が舞台となる。世界征服を企むガストラ帝国と、それに立ち向かう抵抗組織に属する者たちの戦いを描く群像劇。, ものまね士 。FF5ではジョブを与えるためだけに登場したが、今回は本人が仲間になってくれる。性別も素性もわからない謎のものまね士。物語終盤でのみ登場。話しかけると「世界を救うというものまねをしてみよう」と言って、主人公たちの仲間になってくれる。ストーリーには一切関わらない隠しキャラ的存在で、物語終盤で登場する。プレイヤーが任意で、小三角島に生息するモンスターの体内にあるダンジョンに行き、ゴゴに会いに行くことになる。, 雪男。ナルシェの炭坑に住む雪男。話をするのは苦手。親分であるモグのいうことだけには忠実に従っている。骨彫刻を得意とする芸術家である。仲間になるのは物語終盤で、初見では敵として登場する。仲間にするイベントはプレイヤーにより任意で行えるため、イベントの場所に行かなければ最後まで登場しないこともある。常にバーサーカー(狂戦士)状態のため、基本的にはオートで殴って攻撃するのみだが、特定のアクセサリを装備すると、戦闘中に味方を投げて攻撃したり、吹雪を起こしたりと攻撃手段が増える。装備は固定で、変更不可。魔石も装備不可能。, 帝国の将軍。30歳。帝国に忠誠を誓う正々堂々とした武人で、部下からの信頼も厚い。反乱組織リターナーと和解した後、主人公らと協力関係になるが、ケフカの卑劣な騙し討ちにあい、命を落としてしまう。イベント戦闘で一時的に操作することができるキャラクター。オリジナルコマンド「ショック」は、剣にためた気を解放することで敵全体を攻撃できる。, FFシリーズの常連となったキャラクターで、今作が初登場となる。以降のシリーズでは、毎回敵や味方としてチョイ役で出演している。名前の由来は映画「スターウォーズ」のエピソード4に登場するキャラクター「ビッグス」と「ウェッジ」より。今作では洗脳されたティナを連れて、魔導アーマーで炭鉱都市ナルシェへ攻め入った帝国兵コンビとして出演している。, ガストラ帝国の皇帝。前半の敵の黒幕。魔大戦後、人間界で魔法の力が失われてしまったため、幻獣の力を欲して幻獣界へ侵攻するも、妨害される。しかし、生まれたばかりの赤子であったティナに目をつけ、魔法の力を得ることに成功する。そうして魔導の力を引き出し、魔導アーマーなどを造って全世界を支配しようと企む。三闘神の力を手に入れ、恐怖で世界を支配しようとするが、部下のケフカに裏切られ、殺されてしまう。, 35歳。帝国の大魔導士。FF6のラストボス。道化師のようなメイクを施しているが、ガストラ直属の部下である。ティナを操っていた張本人である。シドが魔導研究で生み出した初期の人工魔導士。魔法の能力は非常に優れているが、その代償として心が破綻している。そのため異常なまでに破壊活動に快感を憶え、破壊を己の美学と称して気に入らない者を卑怯な手段で殺害する。世界を壊したいケフカは、世界を統べようとするガストラと対立して殺害してしまう。そして、三闘神を目覚めさせて世界を崩壊させ、三闘神から奪った力で自分に歯向かう者たちをことごとく葬り去った。主人公たちとの最終決戦では、堕天使と化して戦うが、最後は敗れる。, パーティーに入れられる人数は最大4人。本作は特定の主人公が存在しない群像劇であるため、仲間キャラクターを集めた後、各キャラクターメインのストーリーを除いて、パーティに誰を入れるかを自由に選ぶことができる。また、今作では参加できるパーティメンバーが多いことから、パーティーを複数に分けて行動させる場面がある。, 前作FF5に存在した「アビリティ」に相当するものが、今作におけるアクセサリである。通常の装備とは別枠になっており、アクセサリを装備することにより、ステータス値の上昇や特殊能力、戦闘時のコマンド追加といった効果を得られる。アクセサリは最大2個まで装備可能。, 人気ロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズの15作目。 「FF13-2」の続編にあたり、「FF13」から続く三部作の最終章となる。 広大な世界を自由に探索、攻略ができる「オープンワールド」形式を採用し、よりリアルな世界観が楽しめる。 パルスとコクーン、2つの世界を舞台にライトニングたちは「神」のような存在ファルシと戦う。, 「ファイナルファンタジーⅨ」(FF9)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)より2000年に発売されたプレイステーション用ゲームソフト。FFシリーズ9作目。 主人公マーシュは、ある日突然剣と魔法のファンタジーの世界へと変貌してしまった町へと迷い込んでしまう。彼は元の世界へ戻るため奮闘する。, ファイナルファンタジーIV(FF4)は1991年、スーパーファミコン(SFC)用ソフトとして発売されたシリーズ4作目。 ff6・ファイナルファンタジー6の攻略サイトです。初心者にも解りやすい実際のゲーム画面を使った詳細攻略マップや画像付きモンスター図鑑・キャラクター図鑑に加え、全ての装備やアイテムの情報なども詳しく紹介しています。 彼らは「光の戦士」として、この世界の闇を払い、平和を取り戻すために冒険の旅に出る。, ファイナルファンタジーIIは、FFシリーズの第2作目。 今後配信予定のキャラも含め、追加キャラを紹介します。, MMORPGとして、世界的に人気のあるファイナルファンタジー14。 ロール(役割)システムがあるFF14から、今回は【タンク】についてご紹介したいと思います。, MMORPGとして、世界的に人気のあるファイナルファンタジー14。 ロール(役割)システムがあるFF14から、今回は【DPS】についてご紹介したいと思います。, ファイナルファンタジーVI(FINAL FANTASY VI、FFVI、FF6)のネタバレ解説まとめ. プレイヤーはエオルゼアという世界を自由に冒険し、世界を侵略しようとする帝国と戦う。, ファイナルファンタジーXI(FF11)とはスクウェア・エニックスが開発したPlayStation2、Xbox360、Windows向けのMMORPG(大規模多人数参加型ロールプレイングゲーム)である。 ファイナルファンタジーシリーズにおけるアビリティとは、そのジョブやキャラクターを特徴づける技のことを指し、アビリティによってキャラクターに個性を持たせることができる。, 裏ボス・隠しボスとはストーリー展開上は倒す必要の無いボスモンスターのこと。基本的に、知らずに挑めば一瞬で壊滅する強さを持っており、倒すためには対策を講じたり、レベルカンストなどプレイヤーキャラクターを強化したりする必要がある。 エドガー・ビクター・ゴンザレス(Edgar Victor Gonzalez, 1978年 6月14日 - )は、アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンディエゴ出身の元プロ野球選手(内野手)。. 獅子戦争と呼ばれる内戦の最中、その裏で活躍した主人公ラムザと、その親友だったディリータの栄光と暗躍を描く物語。, 「ファイナルファンタジー(FF)」とは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。以降、様々なゲーム機にリメイクされている。 今作ではシリーズ初の主題歌が採用され、その主題歌「Eyes On Me」は50万枚を超えるセールスを記録した。 戦闘は従来のコマンドバトルではなく、シリーズ初のアクションバトル。 古本屋で見つけた古書にあった呪文を唱えたことで、田舎町は理想を反映した空想世界に変わってしまうというストーリー。キャクター個々のコンプレックスに焦点を当てたストーリーとなっており、プレイヤーの心を掴む台詞が多数登場している。, ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売されたFFシリーズの12作目。ダルマスカのダウンタウンに住む少年ヴァンは、祖国を支配する帝国に一泡吹かせるため王宮に忍び込んだことから世界を揺るがす大きな運命に巻き込まれていく。イヴァリースというひとつの歴史の中で、登場するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。, 「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-」(FF4TA)とは、スクウェア・エニックスより配信・発売されたロールプレイングゲーム(RPG)。 単なる悪役としてだけではなく、その背景にある心情や物語も丁寧に描かれ、プレイヤーの心を捉えた。 ゲーム機の性能のアップとともに、そのグラフィックも進化していき、よりリアルなラスボスが描かれるようになった。, チョコボとは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する二足歩行の架空の鳥で、シリーズを代表するマスコットキャラクターである。ゲーム中では乗り物として扱われることが多く、騎乗時のBGMであるチョコボのテーマ曲は様々なアレンジver.が存在する。チョコボはシリーズ毎に様々な種類が登場し、仲間になったり、召喚獣として登場したり敵として戦ったりもする。, 人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒーローたちは物語の鍵を握る人物として活躍するが、時には悲しい運命をたどる者や、裏切り者がいたりとその魅力は作品ごとに違う。美形が多いのも特徴である。 戦争をテーマに、クリスタルと神、人間の命と死について描かれるFFシリーズの外伝的作品。 戦闘用のクラス・ジョブはそれぞれ「タンク」「ヒーラー」「DPS」の3つのロール(役割)に大分されており、クラス・ジョブごとにできることが異なる。, 召喚獣とは、人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する異形の存在。作品によってはストーリーにも大きく影響を及ぼす。 プレイヤーはヴァナ・ディールと呼ばれる世界の冒険者となり、他のプレイヤーとコミュニケーションを取りながら様々なクエストをこなしていく。, 「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」(FF12RW) は、スクウェア・エニックスより2007年に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。「ファイナルファンタジーXII」(FF12)の派生作品。 帝国の支配下となった小国に住む少年ヴァンは、物盗り目的で王宮に忍び込んだことから大国同士の戦乱に巻き込まれていく。, 「ファイナルファンタジーXIV(FF14)」とは、スクウェア・エニックスが開発・販売したオンラインゲーム。FFシリーズ14作目。 パラメキア帝国が世界を侵略しようとしている世界で、帝国軍と反乱軍との戦いを軸に、出会いと別れ、命の絆の物語が展開される。, 「ファイナルファンタジーV(FF5)」とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに発売したゲームソフトで、シリーズ5作目となる。 今作のテーマは原点回帰。中世欧州風の王道ファンタジー的世界観に加え、過去のシリーズのオマージュ的な要素が盛り込まれている。 星を破滅させようとするセフィロスと、それを止めようとする主人公クラウドの戦いを描く物語。, 『ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア』(FFTA2)は、2007年に発売されたニンテンドーDS用シミュレーションRPG。2003年に発売された『FFTA』の続編。 シリーズでは初めて全マップ3Dとなり、CGムービーを演出に取り入れ、RPG新時代の先駆けとなった。 シリーズ中でもストーリーが「重い」として有名であり、それはキャラの多くがそれぞれ悲惨な過去や、葛藤を背負っているためである。 「ATB」(アクティブタイムバトル)が初めて導入され、現在までの基本システムを形作った作品。 「Final Fantasy 6(FF6)」、エドガーのオリコマ「機械」について。全8種類の機械の入手方法を紹介。入手困難な「回転ノコギリ」「エアアンカー」「ウィークメーカー」については詳細に解説。 浮遊大陸レムレースを舞台に「FF12」の主人公、ヴァンの新たな冒険を描く。, 「ファイナルファンタジー 零式(れいしき)」 (FF零式) とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーションポータブル(PSP)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 2010年に発売された最初のFF14はゲームの不備により、2年でサービスが終了した。その後2013年に、ストーリーや世界観を引き継ぎつつ、大幅リニューアルし、新生FF14として発売。 えます。, かいてんのこぎりはゾゾの町にあります。ゾゾの住民の話をヒントに動いていない時計の針を「6時10分50秒」にあわせましょう。, 崩壊前で入手するチャンスは2回あります。 名言集. 闇に覆われた世界に、クリスタルを手にした4人の若者が現れる。 FFシリーズの記念すべき第1作目。 前作から500年後の終末に向かう世界で、「FF13」の主人公ライトニングが再び主役となり人々を救うため戦う。, ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から1997年にプレイステーション用ソフトとして発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム(RPG)である。 FF4の主人公セシルの息子セオドアが主役となり、かつての仲間と共に世界の危機を救う旅に出る。, 「魔石」とはFF6に登場する重要アイテムのこと。 炭坑都市ナルシェから南の砂漠にそびえる機械じかけの城。エドガーが治める国であり、最初はガストラ帝国とも同盟していますが、ケフカの横暴に耐えかねて打ち切ることになります。この城には砂漠に潜って地中を移動するシステムがあり、シナリオが進むと地中を通ってコーリンゲンの村 ケフカの迷台詞は敵キャラとしてはff シリーズの中でも特に多い。 口調も一人称も一定せず、キャラクターの狂気を示す演出として上手く機能している。 ホワッホッホッホ(se) まて! と言われて、まつ者がいますか! 携帯ゲーム機としての今作では、タッチペンを使用し、手軽に遊べるロールプレイングゲーム(RPG)となった。 作品ごとに様々な魅力を持つヒロインが登場し、プレイヤーを魅了する。, シドは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する名物キャラである。シドという名前だけは共通だが、シリーズ毎にその外見や年齢、設定などは異なる。また、『FF』シリーズに頻繁に登場する乗り物「飛空艇(飛行船)」に関わることが多いことでも知られる。ここでは『FF』ナンバリングタイトルの各シリーズ毎に、シドという人物について紹介する。, ビッグス&ウェッジ とは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する2人組のサブキャラクター。『FF6』で初登場し、以降ほとんどのシリーズに脇役として登場している『FF』ファンにはおなじみのキャラクターである。ここではナンバリングタイトルごとのビッグス&ウェッジの活躍について紹介する。, 人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズの最後の敵として登場するラスボス。その姿は個性的で独特の異形のものが多く、時に名ゼリフを残したりもする。 兵士養成学校に所属する青年スコールがその仲間たちと共に、世界の脅威となる魔女と戦う物語。, 「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」(LRFF13)は、スクウェア・エニックスより2013年に発売されたPlayStation 3・Xbox 360向けゲームソフト。 魔導研究所を脱出する際に戦う『クレーン(右)』、そして魔大陸突入時に戦う『ミサイルポット』から盗めます。, 狂信者の塔には隠し部屋があり、中には「エアアンカー」の入った宝箱があります。, 機械で与えられるダメージは「ちから」か「まりょく」に依存します。, 敵単体にダメージ。ランダムで即死攻撃になる, 敵単体にダメージ&次のターンに自æ». 1994年4月2日に発売され、その後もさまざまな機種で移植・リメイクが続いている『ファイナルファンタジー6 … ファイナルファンタジー6 完全攻略 GBA/iOS/Android版対応. FF2は、従来のゲームにあったレベルや経験値という概念を無くし、戦闘中にとった行動によって、キャラクターを好きなように成長させられる新しいシステムを採用した意欲作である。 「FABULA NOVA CRYSTALLIS」という神話世界を共有するプロジェクトの1つ。 「FFX」から2年後、ユウナはティーダに似た青年が映ったスフィアを見て、再び旅に出る。, 「ファイナルファンタジーXIII」(FF13)は、スクウェア・エニックスからPlayStation 3(PS3)及びXbox 360のマルチプラットフォーム向けに発売されたFFシリーズの第13作目。 魔石によってキャラクターの成長方向や得意・不得意をプレイヤーの自由にでき、キャラクターの自由なカスタマイズが可能となっている。, 先日のE3でリメイクが発表されたFF7ですが、つい最近になってiOS版もリリースされました。基本的にはPC版の移植となっていますが、あの名作がスマホでできるのは嬉しいですよね。ここでは実際にプレイした感想をあげていきます。, 発売当時、FFシリーズ最高の売り上げを記録した『FF8』ですが、このタイトルには進行不能になる重大バグが存在します。このバグのすごい所は「新聞やテレビで報道された!」という点です。, スマホゲーム「ファイナルファンタジーレコードキーパー」で9月30日~10月12日まで開催されるイベント「悔恨の孤狼」。FF7ACのイベントですが、新要素「ドレスレコード」が初回クリアで手に入ると話題となりました。しかし実際の効果とは…?, 新作に限らずリメイク作品も多く発表され、幅広い層に熱烈なファンを持つファイナルファンタジーシリーズ。その中でもスーパーファミコン用ソフトとして発売されたⅣ、Ⅴ、Ⅵは、数年後他のハードが登場してもなお根強いファンを持つ人気作です。その三作の魅力は、キャラクターやストーリー、システムはもちろん音楽にもありました。, 裏技やバグ技を利用したあっけないボス撃破シーンが評価され、投稿するやいなやランキング上位間違いなしの人気ゲーム動画「ひたすら楽してFF」シリーズ。今回は、これまで投稿された動画の中から「これ、本当に楽なのか…!?」「確かに低レベルで熱い戦いだけど、余計に手間がかかっているのでは…!?」と思わされてしまうような動画をピックアップしてみました。, 今でも絶大な人気を誇る、FINAL FANTASY7を「今までやったことがない。」「やったけどもう忘れてしまった。」そんな人の為に今作の大まかなストーリーを紹介します。, キングダムハーツシリーズに登場する、「王様」ことミッキーマウスについての説明です。当初は正体が明かされていませんでしたが、今は全面的に出ている世界的に人気な彼のこのゲームにおけるポジションなどについて紹介します。, 子供のころ遊んだ懐かしい「ドラクエ」や「ファイナルファンタジー」の名作ゲームの数々。ふと遊びたくなってもソフトやハードが無くてできないなんてことも…しかし今はスマホでプレイできてしまうのです!今回はそんなアプリでリリースされている名作ゲームを幾つか紹介します。, ゼノスとはFF14に登場するキャラクターのひとり。拡張ディスク「紅蓮の解放者(リベレーター)」パッチ4.0のメインシナリオにおいてラスボスをつとめる。世界統一を目指すガレマール帝国の現皇帝の息子であり、「紅蓮の解放者」の舞台であるドマ地方、アラミゴ地方を支配する。プレイヤーの前にも何度も立ちはだかり、プレイヤーを苦戦させた。, ヤ・シュトラとは、FF14に登場するNPCの1人。メインストーリー序盤では「神秘的な女性」として登場しプレイヤーと関わることになる。その後、名前が明かされた後は狂言回し役として重要な役割を果たす。他作品のキャラクターと差別化しやすい風貌もあるからか、歴代FF作品のキャラクターが集合するメディアなどではFF14代表キャラクターとして活躍する機会が多い。, エスティニアンとは、FF14に登場するキャラクターのひとり。もともとはプレイヤーが竜騎士である場合にのみ発生するサブクエストに登場する端役だったが、拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」でメインシナリオの登場人物として抜擢された。2018年のさっぽろ雪まつりでは、エスティニアンを主人公とした雪像を陸上自衛隊が制作、プロジェクションマッピングで映像を投影し、作中での名シーンを再現している。, オルシュファンとは、FF14に登場するキャラクターの一人。最初はメインストーリーにおける端役の一人だったが、拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」でのシナリオによりメインキャラクター化し、プレイヤーからの人気を得たキャラクターである。女性プレイヤーを中心に男性プレイヤーからも人気であるオルシュファンはFF14の代表的なキャラクターであるといえる。, ファイナルファンタジーのアビリティシステム(ability system)とは、日本産RPGであるファイナルファンタジーシリーズ(FFシリーズ)に登場する、「コマンド」や「特性」をカスタマイズできる戦闘・育成システムである。