なぜでしょうか?どんな力が働いて風船が前に傾くのでしょうか? (答えは聞いたのですが理由を聞けなかったのです) 例えば、人がジャンプするのに 運動量保存則に従えば、銃と銃を保持する射手、そいて弾丸とは、同じ運動量を、逆方向に受け取ります。 39 0 obj それは違います。 多少は衝撃を吸収するような緩衝材もあるかもしれませんが(実物を知らないので、この辺は想像)、すべての衝撃を吸収するわけでもないでしょうし、他の方の回答にあるように何回か使えば、交換が必要になると思います。 衝撃で肋骨が折れたりなど、至近距離だとそのまま死に至ったりするそうです。 エネルギを力に変えるために関わってくるのが「質量」でして、質量がエネルギを「吸収」してしまうと考えても間違いないです。 銃の弾はたとえ体全体で衝撃を分散させたとしても 人の骨に折る程度のダメージを与えるほどの威力があるということになります。 銃を撃ったときに弾を外に押し出すためには、 その反作用として銃本体や銃を持っている手にその反動が加わるはずですが、 空気抵抗がちいさければ、すぐ緩和しますので、 そして物体は引力に引... 猫背が原因なのかわからないんですが あばら骨(肋骨)が前に出ているんです;ウエスト周りが気になってダイエ... http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1435290544, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC. 中世の騎士の鎧ですらボウガンで貫通可能で、銃の誕生後は全身鎧という装備は絶滅しています。 中途半端な回答はできませんね・・・・?!  もう少し威力の小さい弾丸なら、野球の硬球で 150km/h 程度ですので、うなずける話のように思います。 銃を撃ったときに弾を外に押し出すためには、 質問者様は、「防弾チョッキ」というものを魔法の防具とでも思っているのでしょうか。 でないと、いつまでたっても回答に対して理解はできないはずです。 「銃」と言ってもいろいろな種類があり、取扱いを間違えると本当に骨折する危険のある物もたくさんありあますよ。 ぉお!この単位kg・m^2・s^-2は即ちJ(ジュール)ですね?(これは中学で習いますね。) 予備校の物理の先生が出した問題なんですが答えを聞かない できません(T_T) ・直径2mm、質量0.2gの球弾Cを秒速99mで発射しても、同じく0.98Jとなります。 「エネルギ」と「力」を混同しておられるようです。 胸骨よりやや左側(第2〜5肋骨辺り)がしめつけられるような痛みがあります。 なので、射手は、反動でちょっと肩や手が痛くなるだけで、ターゲートは大きく肉体を破壊されて死んじゃうってのに納得した覚えがあります。 endobj まま卒業してしまい、ずっと気になっておりました。 >撃たれる側も撃つのと同じ姿勢をして、鉄の盾か何かを持っていれば、 私もそう。納得できないんですけど、それがニュートンさんの発見された運動法則(運動量保存則、運動エネルギー計算式)から導かれる結果だから仕方ないですね。 電車ないでは見かけの力が後ろ向きにかかることがわかります。<慣性力です。 �1�(��փ����N�*{üc9��ٮ;�ɀ1D'�L4���q#��NjƏ�:8؀���= 81�s��/�}���9�檓��At&�Y0e�gc�s�� �j�qV,sS#Z�u20whb+0L�S�ZPm�t��O�͓el�)5 7���t�ĩD��ekѤ r&M��zG.k�UznNc��k#� �������('�3�Aĸ����VeQ��pZ=�LȪu~�#6��YGpl���Fɭ��iL��V��0Sө�!��z�|��ssv���������2��7�L����hYa\D4����6��K��ExH6�W��v�3�^d��@�a��\����-�+��Ж 7x%,��\�d9�(�z孲�n��V��J�� !_"�G$�L��E�P���K�,��#W�F���b{L-�ە�Ĭ�Y���k�+�����k1+}���)3r�|�C�j"4�?�#��Ս���Lv(Y��R�� �x#�&���d9U�v@e�2�F����Y�n�s�mp�2|�uc�V7��������_9� q�E4G��o�I�����.X���w��^ d��yr]�xo�c�O��yo�Pޟ�; 銃の弾はたとえ体全体で衝撃を分散させたとしても  F=(1/2)×(質量m×速度vの二乗)の式を見ると判る通り、初速の二乗に比例して運動エネルギFは増加するので、上記の38spl.の計算結果からザックリ予測可能でしょう。, 標準的なブレットとして、38スペシャル(通常38spl.と書きます)を例にして計算してみましょう。(38口径のリボルバ用カートリッジである38spl.は、北米の州警察の多くで標準弾となっており、また日本の制服用拳銃のS&Wやニュー・ナンブもこのカートリッジを使っています。) まま卒業してしまい、ずっと気になっておりました。  もっとも単純計算での概算値ですので、実際はもう少し衝撃は小さいでしょう。, 反動を逃がすように撃ちます。 ���l=g��n`�z�G3��Wi��N�F��qtI�Q�:�@�k����N�a�zOI���7�����klxi Dz����쨣_�;v���Tǡ�~P�Su��k��c�a�Ɛ��b��StC5��j�i��삲�7� ��6F�xѱ�y��  38spl.と言いますか38口径のブレットの弾頭重量は約160グレイン、とすると10.4gぐらい?38spl.の初速は260~340m/sぐらいなので大体300m/s、とすると・・・運動エネルギFは、F=(1/2)×(質量m×速度...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。  っとすると、リンゴ468コ分の重さが1m上から落ちて来て胸の1点に集中したら、胸に深々とツキ刺さるでしょうねぇ。   先にも書いたように、鉄の盾が十分重く、弾が貫通しなければ無傷どころか、 ただし、エネルギーは速度の自乗に比例しています。極端な例ですけど、ものすごく重い銃を、頑丈な射撃台に固定したら、弾丸を発射しても、銃は反動では全く動かないって話になります。まあ、現実問題としては、ほんの僅かでも後退しているとは思いますけど・・・。 撃たれる側も撃つのと同じ姿勢をして、鉄の盾か何かを持っていれば、 <> 答えは1番の進行方向に傾くなのですが、どうしてなのか解りません。 その場合、装甲が割れなければ、そのプレートの面積部分に弾丸のエネルギーが分散されるので、被害は小さくなります。 37 0 obj 衝撃で肋骨が折れたりなど、至近距離だとそのまま死に至ったりするそうです。 拳銃には正しい持ちがあります。腕を伸ばしてしっかり持って撃たないと怪我します。 車に取り付けた銃を撃っても、車の後ろではまったくと言っていいほど反動なんて感じないのがわかると思います。 ここにページに書かれていますが、 銃の弾はたとえ体全体で衝撃を分散させたとしても 人の骨に折る程度のダメージを与えるほどの威力があるということになります。 銃を撃ったときに弾を外に押し出すためには、 その反作用として銃本体や銃を持っている手にその反動が加わるはずですが、 それを電車に乗って床に紐の端をセロテープでくっつけた状態です。 動作としては観測しづらいかもしれません。 3,動かない。 その反動で腕が折れたりしないのはなぜなのでしょうか?, 「力積(りきせき)」、「剛体」で考えてみてください。 ここがなぜなのかということをお聞きしたいのですが。 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。, 大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。, No.8です。遅まきながら、ボディアーマー(防弾チョッキ)について調べてみました。, 材料工学を習ったのが、もう20年近く前ですので、うろ覚えというか、はっきり言うと計算式忘れた状況ですので、言葉で説明します。, この質問は、「物理」のカテゴリが適当ではないのかなと思いますが、わかっていただき易いように説明させていただきます。, ネットで調べた数値で単純計算をすると、44マグナム拳銃での最悪値で(20g×400m/s)野球の硬球(150g)が200km/hでぶつかるのと同じ衝撃になります。. 折れるまでいかないにせよ、腕を痛める人はいます。 人の骨に折る程度のダメージを与えるほどの威力があるということになります。 しかしそれによる重量増は馬鹿にできないものなので、全身を覆うのは不可能です。 防弾チョッキを着ていたとしても、 サブマシンガンとかだと厳しいかも, No.2です オモチャじゃあないエアライフル(実銃)を撃ったときも、そんな感じがいくらかしますね。, 元自衛官です。 質量が銃本体の方が数十倍大きいというのは納得できるのですが、 53 0 obj 素人でも撃てるのでそんな感じなもんです。 回答:銃のパワーや射撃手の技量によります。 風船は前のほうに傾くわけです。 両手に同じ銃を持って、右手に持った銃で左手に持った銃に弾丸を直接撃ち込んでも それで疑問に思ったのですが、 やはりこれは「物理」のカテゴリですね。 もう10年近く昔の話になるのですが、私が予備校生だった頃 それから、最初の質問の件ですが C弾 = 0.98J ÷ 0.0314 ≒ 31.21J/cm2( ,, ) これも納得がいかないのですが。, 「テニス肘 とは」に関するQ&A: 筋肉の筋を痛めた場合なかなか治らないのは何故?, 「材料工学」に関するQ&A: 金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?, 「肘頭骨折」に関するQ&A: 五十肩の痛みがどんどん酷くなり、4ヶ月も苦しんでいます。治す方法はないでしょうか?, 裁判用の資料を集めています。 >その反作用として銃本体や銃を持っている手にその反動が加わるはずですが、 私が米国で、AK-47をフルオート射撃したときは、反動で銃口が上に向くのを抑えるのがちょっと難しかったです。 =468000g・m^2・s^-2 テレビなどでよく見る一般的な銃と、肩に担ぐくらい大きく重たくした銃で、同じ弾と同じ炸薬を使って撃った場合、どちらの反動が大きく感じられるかと言うこと。 その小さい反動速度を、撃った人は腕または体全体で受け止めます。 結局のところ、空気抵抗などで失うわずかなエネルギーを除けば、発射した人間が耐えられる程度のエネルギー量ですので、受ける側も直接受ける表面を硬化すれば、おそらく耐えられると思います。  最後の授業日となると、1月31日です。私の受講している授業に休講の多いものがあったので、補講が重なってこの日になります。 剛体とは、外力が加わっても形や大きさの変わらない、力学上の仮想的な物体です。高校で習ったと思いますが、剛体に外力を加えたとき、その外力は剛体の質点(重心)に加わったものと見なすことができます。言い換えれば、その剛体が一体となって受け止めているわけです。 その為に、昔の防弾チョッキは化学繊維(ケプラー等)を高密度に圧縮したベストのようなもので、弾丸に絡みつくことで人体に貫通しない程度にまでエネルギーを弱めるという方式のものでした。 正式採用後1966年、M14はベトナム戦争に投入された。敵兵に対して効果的なストッピングパワーを発揮し、武器としての信頼性は、悪条件下でも良好であった。 しかし、同時にいくつかの欠点が発覚した。 ジャングルの湿気の多い環境では木製銃床が悪影響を受け、膨れたり、腐食したりする傾向があった。 さらに、7.62mm×51弾をフルオートで射撃した場合、反動のコントロールが非常に難しいという難点があった。 そのため、当時の国防長官の政策によって、反動が小さいM193弾(5.56×45mm)を採用 …  この数値なら防弾チョッキを着ていても当たり所が悪ければ骨折したり死亡したりしても不思議はありませんし、衝撃を予測して構えていれば撃つことも可能かなと思われます。 防弾チョッキを着ていても点からの衝撃となる上にほぼ体と密着しているのでさほど分散されず、骨が折れるほどのダメージとなります。 銃弾で撃たれたときも同じ。 人の骨に折る程度のダメージを与えるほどの威力があるということになります。 この点では、射手も弾丸も同じ「運動量」を得たといえます。(実際には、火薬や空気の重さも考慮すべきですが、ここでは無視) それを電車に乗って床に紐の端をセロテープでくっつけた状態です。 2丁の同じ拳銃を左右の手にそれぞれ持って、銃口を向き合わせて右手の拳銃を発射した場合、持ち方が悪いため、両手とも怪我をするでしょう。, No.2です 銃を撃ったときに弾を外に押し出すためには、 拳銃でいろんなモノを撃つとき、射手としては、それなりの反動があるとしても、火薬の入ってない弾頭のみで、ターゲットがハデに破壊されたりするのを見ると、不思議に思えてきます。 さて、問題はここからですが、これらの球弾の運動エネルギーをそれぞれの断面積で割ってみると...続きを読む, >>裁判用の資料を集めています・・・・・ 同じく大きな質量をもった防弾チョッキを着ていても骨折したり気を失ったりする話を聞くので >人の骨に折る程度のダメージを与えるほどの威力があるということになります。 x�ݙ�wUǏ�t���"QƂ�Fv�>�$�� �\AE �v�PPP�76����vٹ�;��ٝ������������J���x�U�AW�6en�wo�,}��߭��� ,�ι�Go)��y�v�� endobj また、基本性能として、銃弾や破片を受けた際の致命傷を回避するまでとなっているため、やはり銃弾を受けたときの衝撃は防げないようです。もちろん、性能を強化することで衝撃を防ぐことも可能でしょうが、今度は重量増によって、着る人間の側の運動能力が劣化するため、大幅な重量増となるボディアーマーは、作られていないようです。 現在は材料も進歩しているので、装甲プレートを仕込んだタイプもあります。 これは仰るとおり、慣性によるもので、風船の付近の空気とともども、後へ流れるのです。 2,進行方向と逆側。(紐が進行方向と逆、後に傾く) 特定されているのは、平方cm当たりのジュールだけです。 別の例をあげると、 ですから、弾より銃自体が数十倍~数百倍の質量を持っているので、弾が飛び出る反動のエネルギは、銃が反動で反対方向へ動かすためのエネルギに使われてしまい、その残りのエネルギを射手が受ける結果になるわけです。 銃を操作するには「正しい構え方」があって、射手に与えるダメージを抑えながら、正確に標的に命中させるためのものです。 直径が6mmの場合は、密度が1.7。 先ほどの弾の30分の1ほどの密度です。 幸い骨折はしていなかったのですが、お医者さんに「衝撃で筋肉を痛め... タイトルの通り。どのジャンルで質問して良いのかわからないのですが、どうなってるのか教えてください。  するとつまり・・・例えば38spl.が胸に当ると、胸にはリンゴ468コを1メートルの高さから落とした衝撃がかかる事になります。 しかし、防弾チョッキは剛体ではないので、銃弾の力は防弾チョッキの一部分にかかっていきます。剛体である銃は、前述のように「弾丸よりはるかに重い」ことを活かせますが、防弾チョッキはそのようには行かないのです。したがって、反動速度というか、受動速度が大きくなります。防弾チョッキは被弾すると変形して、一部分だけが急激に動くのです。その大きい受動速度を、被弾者が受け止めることになります。, レスポンスありがとうございます。 この状態では風船は床からまっすぐ上に浮いていますよね。  大学に行くのは何時までかという質問なら、2月6日までです。この日が最後の試験日だからです。 ・直径6mm、質量0.2gの球弾Aを秒速99mで発射すれば、0.5 x 0.0002kg x 99 x 99 = 0.98J(ジュール)となります。 水泳している... 先日肋骨を打撲し病院に行ってきました。 両手に同じ銃を持って、右手に持った銃で左手に持った銃に弾丸を直接撃ち込んでも  ここまで読めば察しが付くと思いますが、学期の終わりは個人によって違います。学期の始まりや学期中の長期休暇(冬休み等)は揃えられますが、学期の終わりについては受講している授業の評価方法や締め切りで変わるので、学校によるのではなく、個人によります。, 標準的なブレットとして、38スペシャル(通常38spl.と書きます)を例にして計算してみましょう。(38口径のリボルバ用カートリッジである38spl.は、北米の州警察の多くで標準弾となっており、また日本の制服用拳銃のS&Wやニュー・ナンブもこのカートリッジを使っています。) 無傷でいられるということはないでしょ? つまり、A弾、B弾、C弾の運動エネルギーはすべて同じで、人体に対して与える活力も同じということになります。 いえ、威力あるライフルなら、下手な撃ち方をすれば、腕というか肩の骨が折れることもあるでしょうし、ライフルに取り付けたスコープの接眼部がぶつかって、額を割って血まみれって事例もそこそこあるみたいです。だから、肩に反動でアザができたりするから、マグナムライフルを何発も撃つのが嫌になるって話もあります。 無傷でいられるということはないでしょ?  9パラは弾頭重量が38spl.とほぼ同じ、初速のみ10~20%程度高いので(9パラの初速は亜音速域に達し、またオートのタマは弱装だと排莢不良=『ジャム』を起こすので、38spl.ほどバラつきがありません)・・・もう計算が面倒臭いので、御質問者様で計算してみてください。 普通に考えると慣性の法則により2番ですよね?   軽いものは浮力により上方へ動くことになります。 となります。警察のホームページを見ると、下記の通り定義されています。 ふわふわ浮く風船を電車の床に紐でつなぎます。(電車は止っています) 弾丸も同じで前に進むためには後ろ向きに蹴りを入れる必要があり、 よくお祭りなんかで子供が持っている浮いてる風船です。 F=(1/2)×(10,4×(300^2)) ふわふわ浮く風船を電車の床に紐でつなぎます。(電車は止っています) >その反作用として銃本体や銃を持っている手にその反動が加わるはずですが、 調べてわかったのは、私も誤解していましたが、一昔前の防弾チョッキは強化繊維で着弾時の衝撃をやわらげるようです。 ですから、とりあえずいえることは、同じ重さ、速さでも 弾丸の材質などで殺傷能力は違うのではないかということです。, >>裁判用の資料を集めています・・・・・  1ジュールとは『1ニュートンの力が物体を1メートル動かすときの仕事』と定義されていますが、これは『地球上で小さ目のリンゴ(102g)を1メートル持ち上げる仕事』に相当します。 endstream 先の方々の回答の通りさまざまな方法で威力分散をしているのでダメージが少なくて済んでいます。, 材料工学を習ったのが、もう20年近く前ですので、うろ覚えというか、はっきり言うと計算式忘れた状況ですので、言葉で説明します。