落語家、映画監督(日本映画監督協会所属)、映画評論家、劇団主宰、 tv コメンテーター 寅さん博士、昭和歌謡曲博士の異名も持つ 1963年8月16日 東京都生まれ 1985年10月立川談志に入門 1988年二つ目昇進、1995年真打昇進 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 https://anogate.jp/wp-content/uploads/2019/12/logo-e1577065662792.png, 人気俳優の沢村一樹さんが2018年に月9初主演をすることで話題になっています。 プロ御用達、画像編集の定番「Photoshop」からカメラアプリが登場!人気YouTuberが簡単“映え”加工で悩みを解決。, 様々なプラットホームの情報を一か所に集約!ここを見れば最新のオンラインライブ情報がわかります。, 英会話を学ぶならドコが良い?実際のご利用者10,814人に調査!「英会話スクール満足度ランキング」, いつの時代も喜びと驚きをもって伝えられる有名人の結婚・出産事情。2020年にそんな吉報を届けてくれた有名人は一体誰?, 禁無断複写転載 It appears that you have disabled your Javascript. あれ?俳句の人じゃないの?と思いながらみてましたが、コメントの面白さや密着取材で見えた意外な一面にとても興味津々です!! 年齢差が18歳あるそうですが、お二人で写っている画像などを見るととてもラブラブな感じがしっかり伝わってきます。, 腕にちょこっと入ってる感じかな~と勝手ながら想像していたんですが、そんなことなかった笑, 結構がっつり入れてますね。ご自身のブログ内でも他にも画像出しているようなので、興味ある方はみてみてくださいね。, そりゃ芸事をされているご両親に囲まれて育ったら、俳句でも他でも才能でちゃうよねぇと納得してしまいました。, ところでギタリストと長唄の出会いというのもどういう巡り合わせで出会えるものなんでしょうか笑, 立川志らくさんご自身、落語・俳句以外にも舞台演出や脚本家、映画監督などもされているそうで、奥様との出会いもそこでのものだったそうですよ。コメンテーターとしての歯切れ良いお言葉も、こういうところからきてるのでしょうね。, もともとこちらの家は立川志らくさんの師匠である立川談志さんが住まわれていた住居だそうです。, 立川談志さんがお亡くなりになって後、弟子である立川志らくさんがご一家でそのまま移り住んだのだそうです。, 以前テレビの密着取材で、ご自宅にお弟子さんを呼んでお話をされている場面も拝見させていただいたんですが、とても真剣な眼差しで愛のある指導されていました。, まず先に挙げさせていただいたんですが、立川志らくさんの現在の奥様は酒井 莉加さんです。実は再婚なんだそうです。, 元嫁さん自体はあまりお身体が強くなかったようですが、3人お子様もいらっしゃったようです。, 学生結婚という形だったため、立川志らくさんは早く生活を安定させるべく奮闘されたようです。. © 2020 NAGG BLOG All rights reserved. という環境で育ち、そして今伴侶� 名前:立川 志らく(たてかわ しらく) 本名:新間 一弘(しんま かずひろ) 生年月日:1963年8月16日(54歳) 出身地:東京都 身長:168cm 血液型:不明 所属:ワタナベエンターテインメント ・1985年:立川談志に弟子入りする。 ・1988年:真打昇進する。 ・1997年:映画「以上暮色」で映画監督デビューする。 ・2006年:女優の酒井莉加と結婚する。 ・2003年:劇団下町ダニーローズを主催する。 ・2012年:長女が生まれる。 ・2016年:「ひるおび」のコメンテーターに就任する。 個人的にそんなこ …, 今週の有吉反省会にSUPER☆GiRLSのメンバーで非常にブログが面白いと言われている渡邉ひかるさんが出演しますね! 立川さんは談志さんの弟子になった経緯については、次のようにインタビューで話しています。 「池袋演芸場にふらっと行ったら立川談志が馬生師匠の思い出話をやって「落語やれぇ」ってヤジが飛んだら、「今日は落語やる気分じゃない。金返すから帰っていいよ」って姿がカッコイイ。こ� さて、ここまで立川志らく嫁(妻)のタトゥー画像?家族・自宅や離婚歴について!お届けいたしましたがいかがでしたでしょうか? まずご家族についてですが ・お祖父様が名灸師 ・お父様がギタリスト ・お母様が長唄(長唄とは江戸楽曲の一つと言われています) ・立川志らくさんご自身は落語家 ・奥様は元アイドル. 次に 立川志らくさんの家族や自宅 が凄いということで調べてみました! 立川談志さんの自宅を引き継いだ ; 自宅は都内にあるが、都心ではなく埼玉県に近い; この条件から、立川志らくさんと酒井莉加さんの自宅は「 東京都練馬区南大泉 」だということがわかりました。 スポンサーリンク. 毒舌爆裂なのかと思いきや、綺麗な奥様もいて豪華なご自宅に住まれて、多彩なご家族に囲まれて、落語や脚本家など何足ものわらじを履いて活躍されていることがよくわかりました(^O^). In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript! 立川志らく. 立川 志の輔(たてかわ しのすけ、1954年 2月15日- )は、富山県 新湊市(現:射水市)出身の落語家、タレント。 本名、 竹内 ( たけうち ) 照雄 ( てるお ) 。 オフィスほたるいか所属。 出囃子は『梅は咲いたか』。 2008年、芸術選奨 文部科学大臣賞受賞、2015年、紫綬褒章受章 。 立川 志の輔(たてかわ しのすけ、1954年2月15日- )は、富山県新湊市(現:射水市)出身の落語家、タレント。本名、竹内(たけうち) 照雄(てるお)。オフィスほたるいか所属。出囃子は『梅は咲いたか』。2008年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞、2015年、紫綬褒章受章[1]。, 幼いころに両親が離婚。その後母親が亡くなり、5歳のころ、骨董店を営む母方の祖父母宅で、祖父母と母親の兄の伯父夫婦家族と共に生活し、伯父夫婦には実の子のように育てられた。祖父が落語を好み、落語との出会いは、家族がテレビで見ていた5代目柳家小さんであったが、大学生になるまでは、落語には興味はなかった。, 高校は富山県立新湊高等学校へ進学。ソフト(軟式)テニス部所属、富山県代表でインターハイに出場したこともある。, 祖父が「この子は大学へは行かせてやってくれ」と伯父夫婦に頭を下げ頼んだことにより、大学へ進学することとなった。学生時代には伯父夫婦から仕送り(学費、生活費など)を受けていた。明治大学経営学部へ進学。明治大学在学中は落語研究会(落研)所属。同落研での伝統ある高座名「紫紺亭志い朝」を、2年先輩の三宅裕司(4代目)から引き継ぎ、5代目紫紺亭志い朝として活動。その後、2年後輩の渡辺正行に譲る(6代目)。大学卒業後、すぐに落語家に入門しなかったのは、落語家になると前座修行と並行して自由にアルバイトすることが許されないため、結果的には仕送りを受け続けることになると考えたからである。先輩の三宅裕司の影響もあり、演劇にも興味があり、演劇の勉強ならばアルバイトをしながらでもできると思い演劇の世界へと進んだ。演劇の勉強をしたことは、少なからず落語家としての志の輔にも反映されている。, 大学卒業後は、さまざまなアルバイトをしながら、劇団「シェイクスピア・シアター」や劇団「昴」の養成所に所属、演劇の勉強をする。その後、串カツ屋でのアルバイト生活がメインとなり、バイト後によく飲みに行っていた新宿ゴールデン街で知り合った広告代理店関係者に誘われて、金沢の広告代理店「株式会社ニットー」に入社。テレビCM制作などに従事、ディレクターとして制作した仏壇店のコマーシャルは石川県で30年以上放映された[2]。28歳のころ、社長から「現場も営業も経験したけれどこれからどうする?」(社内でどの職種で働きたいか)という話があり自身ではそのころ、頭の片隅では落語のことが忘れられずに「半分以上は落語家がいいんじゃないか」と思いながらも「このまま会社にいるのは会社にも失礼で自分自身が辛く」、区切りをつけるために退社。, 大学在学中の落研時代から3代目古今亭志ん朝への憧れが強かったが、国立演芸場での「談志ひとり会」で7代目(自称5代目)立川談志の『芝浜』を観たことが、談志に入門する決め手となった。この時の談志の『芝浜』は、従来の『芝浜』とは異なる作風へと劇的に変化したものだった。, 「落語家になりたい」と思いサラリーマンを辞めた時期には、故郷の新湊高校で同級生だった女性と結婚をしていた。落語家への転職を半年近く悩み、大学の同級生で落研でも一緒だった談志門下の立川談之助に相談し、結果、落語家になる事を決意をする。談志門下には大学の後輩の立川談幸がいるが、志の輔のほうが入門が後だったため、談幸は兄弟子である。1983年1月、29歳で談志に入門。「志の輔」の前座名で立川流の落語家となる[3]。, 1983年、師匠・談志が一門と共に落語協会を脱退。志の輔が寄席定席での前座修行を直前に控えての脱退劇であったため、志の輔は前座として寄席での仕事や高座に上がることは一度もなかった。, 前座修行中、通常はほぼ無収入なのだが、前職の広告関係の知り合いからナレーションの仕事などの依頼があり、小遣い程度の収入はあった。, 1984年10月、二つ目に昇進。高座名も引き続き「志の輔」を名乗る。この頃から「志の輔」の名前を付けた落語会を開催するようになる。1984年2月に開催した、上野本牧亭での「勝手に志の輔の会」など。, 1985年、TBSテレビ『朝のホットライン』レポーターに抜擢される。その後、他の放送局からの仕事も一気に増えて売れっ子となった。, 2003年から毎年1回、志の輔を座長に富山県出身の芸能人を集めて「越中座」という寄席形式での公演を富山県民会館にて開催。2006年からは東京でも開催し、ゲストに笑福亭鶴瓶が昼夜公演に飛び入り出演した(鶴瓶はその後、富山公演にも県外出身者ながら特別出演した)。志の輔は、昼公演では越中語(富山弁)で落語、夜公演では英語落語に挑戦した。富山県内の落語会では越中語(富山弁)での落語を披露することも多い。, 2003年3月、現代落語の衰退を憂い、東西、流派を超えた落語家達と共に落語家グループ「六人の会」を結成し、「東西落語研鑽会」などの落語会を開催。2004年から2008年までは、毎年7月、「六人の会」を中心に「大銀座落語祭」を開催した。, 2004年に「志の輔らくご in パルコ vol.9」で初演した新作落語『歓喜の歌』は映画化され、2008年2月に公開、志の輔自身も落語家役で短く出演した。同年、北海道テレビ開局40周年記念作品としてテレビドラマ化され(オリジナルとは設定がやや異なる)、9月7日にテレビ朝日系で全国放送された。, 2008年6月7日、志の輔の故郷である富山県の富山市中央通りの商業ビル「セプラビル」3階にあった映画館を改装し、北陸銀行グループにより「てるてる亭」を開設。定員266名の演芸ホールの「席亭のような、館長のような、番頭のような者」に就任。開設にあたり、運営関係者からは「ホール名のどこかに『志の輔』を入れてほしい」と提案されたが「照れてしまう」との事で、志の輔の本名が「照雄」で「照ちゃん」と呼ばれていたことから「てるてる亭」と命名した。自身もほぼ毎月1回、同ホールで「志の輔のこころみ」と題した落語会を開催している。, 2018年4月、富山国際大学の客員教授に就任。任期は2021年3月までの3年間[4]。, 様々なアルバイトをしながら、劇団の研究生として演劇の勉強をしていたが、授業の中で「訛りを直す」授業があり、数人の「訛り」のある学生に対してがメインの授業に対し不信感を覚えて、劇団の養成所には行かず、アルバイトをする生活となる(劇団の研究生になるのには、「訛りは、個人的に直してから入るのが当然だろう?」と 当時の志の輔は思った。自身は、大学在学中の落研時代に「訛り」を直された経験がある)。, 「ありのまま」の漁師を10年撮る。気仙沼漁師カレンダーのプロデューサー、竹内順平さんのおはなし。, 「梅干し一つで2時間半の大行列」を作った“梅干し界の革命児” 落語家の父・立川志の輔氏も顔負けのアイデアマン, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/03/11/kiji/K20080311Z00001260.html, http://www.sanspo.com/geino/news/20151102/geo15110205020005-n1.html, 立川志の輔師匠への富山県ふるさと貢献大賞の受賞について(富山県ニュースリリース)pdf, No.642-1:新型車両、志の輔師匠、小学生の絵画……北陸新幹線開業PR用CM、首都圏で放映, いい出会いがありますように?だったらパルコにおいでなさい!パルコ冬のグランバザールに立川志の輔を起用!, “「オトナの夢は、カタチにしよう。」をキャッチフレーズに、夢の実現を応援する「Panasonic リフォーム」の新CMを4月13日より全国でオンエア”, http://www.cmjapan.com/watcher/pr/cmrelease/panasonic23416/, 特集 テレビとともに60年!『ためしてガッテン』スペシャル座談会 NHKアーカイブス, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=立川志の輔&oldid=80401612, 新作落語を殆どやらなかった師匠と異なり数多くの新作落語を創作し、口演している。最初の創作落語は『, 談志に入門してからの苦労を、高座や出演番組などで度々語っている。その際は、師匠・談志の偏屈な性格に苦しんだ過去をオーバーに表現する。, 「落語で食べる(落語家で生計を立てる)」ということは、落語家を志した時から考えていなかった。「『落語家になる』『落語家でいる』ということのほうが先で、『食う』『食わない』は別物だった」とインタビューで語っている。, 朝のテレビ番組の情報リポーターと、午後からのラジオ番組のレギュラーがあったころ、都内に自宅とは別に部屋を借りて、仮眠をとったり落語の稽古をしていた。, 生まれ故郷である新湊の醤油「中六醤油」をこよなく愛しており、マイ醤油を持ち歩いている。, 『古典と新作らくご絵本 モモリン』立川志の輔(著)、ばばけんいち(編)、いぬんこ(イラスト)(2016年、, 『立川志の輔のらくがき川柳新鮮流 』『平成7年版 志の輔のらくがき川柳新鮮流』『立川志の輔のらくがき川柳新鮮流 シリーズ3』(1994~1996年、冬青社)らくがき川柳新鮮流会(著), 『志の輔らくご らくごのごらく 1〜5』 ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル, (2007年4月7日 - 2008年3月29日、文化放送、毎週土曜 7:00 - 7:55)(2007年10月 - 全国8局でも放送), なせばなるほど(1994年、NHK総合) - パネリストとして出演。この番組の後継が『, 志の輔らくご in Parco(2005年12月28日 19:40 - 22:00 ほかリピート放送、, 志の輔らくご in Parco 十年、ひと笑い。(2006年2月25日 12:55 - 15:25 ほかリピート放送、WOWOW), 『はんどたおる』(2006年1月6日収録)、『ディアファミリー』『忠臣ぐらっ』(2006年1月13日収録)を放送(「志の輔らくご in パルコ Vol.10」より)。, 志の輔らくごの世界へようこそ 其の壱(2007年3月21日 11:30 - 13:50 ほかリピート放送、WOWOW), 『メルシーひな祭り』『中村仲蔵』を放送(2007年1月6日収録、「志の輔らくご in パルコ vol.11」より)。, 笑う岐阜に福来る 第4回全日本学生落語選手権(2007年3月25日 8:00 - 8:55、, 志の輔らくごの世界へようこそ 其の弐(2007年4月30日 11:00 - 13:20 ほかリピート放送、WOWOW), 『徂徠豆腐』『七福神』(2007年1月13日収録)、『新版・しじみ売り』(2007年1月20日収録)を放送(「志の輔らくご in パルコ vol.11」より)。, 志の輔らくご in PARCO 2008年 歓喜の歌(2008年4月29日 12:10 - 13:40 ほかリピート放送、WOWOW), 志の輔らくご in PARCO 2009(2009年3月20日 9:30 - 11:50、WOWOW), 『狂言長屋』『柳田格之進』を放送(2009年1月26日収録、「志の輔らくご in パルコ 2009」より)。番組中盤、過去の「志の輔らくご in PARCO」より「名場面・名フレーズ集」。, 志の輔らくご in PARCO 2010(2010年3月22日 18:00 - 20:20、WOWOW), 『身代りポン太』『踊るファックス2010』『中村仲蔵』を放送(2010年1月30日収録、「志の輔らくご in パルコ 2010」より)。, 松尾貴史の落語BAR 〜side A & side B〜(2011年2月3日 20:00 - 21:30、, 『樹木希林さん特別番組 ~おもしろうて、やがて不思議の樹木希林~』(2019年9月10日、テレビ朝日), 志の輔落語 スペシャルセレクション(****年 - ****年、FMとやま) - パーソナリティ, 立川志の輔の無イミダス(****年 - ****年、FMとやま) - パーソナリティ, 立川志の輔の無イミダス2000(****年 - ****年、FMとやま) - パーソナリティ, 立川志の輔の無イミダス21(****年 - ****年、FMとやま) - パーソナリティ, 志の輔のおしゃべりアフター5(****年 - ****年、FMとやま) - パーソナリティ, 志の輔 らくごのごらく(****年 - ****年、北日本放送ラジオ) - パーソナリティ.