}); return false; » 父親たちの星条旗 壮絶な戦闘シーンは圧巻、でもどこか「プライベート・ライアン」に似ている [シカゴ発 映画の精神医学] クリント・イーストウッド監督の硫黄島の戦いを題材にした新作。 早くも「アカデミー最有力候補」とも言われており、日本でも前評判は高いようだ。 [CDATA[ 硫黄島の星条旗:この作品のテーマとなっているジョー・ローゼンタールの写真について。 … //大見出しが2つ以上あったら目次を表示する スペイン人と国際恋愛の後、国際結婚。3人の子供に恵まれプラス猫とフリーランスで生計を立ててます。 国際結婚x3人のママxフリーランスの徒然日記. $(this).attr("id",idName); 「硫黄島からの手紙」硫黄島からの手紙 価格:100. // ]]>, kandata_maruさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 硫黄島の星条旗(いおうじまのせいじょうき、Raising the Flag on Iwojima)は、第二次世界大戦中の1945年2月23日にジョー・ローゼンタールによって硫黄島(いおうとう[注 1])で撮影された報道写真である。, 5人のアメリカ海兵隊員と1人のアメリカ海軍兵が硫黄島の戦いの最中、摺鉢山の頂上に星条旗を立てる姿を撮影したもので、史上もっとも有名な報道写真の一つである。映画『父親たちの星条旗』が公開された2006年にいたるまで太平洋戦争のイメージとしてよく知られたものとなり、1945年度のピューリッツァー賞の写真部門を受賞した唯一の写真となった。写真に写っている6人のうち、3人は硫黄島で戦死したが、他の3人は生き残って一躍有名人となった。後にこの写真をもとにアーリントン国立墓地近くに海兵隊戦争記念碑が造られた。, 1945年2月19日、「飛び石戦略」に沿って日本本土を目指していたアメリカ軍が硫黄島に上陸した。もともと硫黄島は攻略計画に含まれていなかったが、沖縄攻略の前段階であったフィリピン攻略が予想以上に早く終わったことから、マリアナ諸島と日本本土の中間にある硫黄島の攻略が決まった。当時、日本本土爆撃はマリアナ諸島から行われていたが、硫黄島を制圧することによってB-29爆撃機の緊急着陸場所、ならびに護衛のP-51戦闘機の基地を確保することができた。, 硫黄島は、日本軍の栗林忠道陸軍大将率いる小笠原兵団によって要塞化されていた台形の火山島で、上陸した海兵隊に多くの損害を与えた。硫黄島は当時から東京都の一部であったことから、同島占領は連合軍による最初の日本本土占領となることを意味していた。その意味で日本にとっても硫黄島は絶対に失ってはならない島であった。, 戦略的には島を見渡せる高さ166 mの摺鉢山がもっとも重要な拠点であった。日本軍は硫黄島防衛のため、半地下式の掩蔽壕とトーチカをつくり、それらを結ぶ地下トンネルを掘削した。このためアメリカ軍が手榴弾や火炎放射器でトーチカ内の日本兵を倒しても、トンネルを通りまた新しい兵が入ってきて抵抗を続けるというパターンが繰り返された。アメリカ軍は最初に摺鉢山を目標に兵力を集中し、4日間の攻防のすえ2月23日にこれを制圧した(硫黄島の戦い#摺鉢山の戦い)。, 摺鉢山制圧後も日本軍の抵抗は終わらず、最終的に31日後に組織的な抵抗がおわり、硫黄島の「制圧」が宣言された。, ローゼンタールの「硫黄島の星条旗」は摺鉢山制圧後、2度目に行われた星条旗掲揚の様子を写したものである。2月23日早朝、最初の星条旗掲揚が行われた。第5海兵師団第28海兵連隊第2大隊E中隊長デイヴ・サヴァランス(Dave E. Severance)大尉はハロルド・シュリアー(Harold G. Schrier)中尉に摺鉢山の制圧を味方に知らせるため、頂上に星条旗を立てるよう命じていたのだ。頂上付近が制圧された後で掲げられた最初の星条旗は131×71cmのもので、その模様をロイス・ロウェリー(Louis Lowery)軍曹が撮影している。しかし、この旗は小さかったので海岸付近からは見ることができなかった。, 一方で、マイク・ストランク(Michael Strank)、ハーロン・ブロック(Harlon Block)、アイラ・ヘイズ(Ira Hayes)、 フランクリン・スースリー(Franklin Sousley)たちは23日の午前中、摺鉢山頂上へ電話線をひく任務を遂行していた。チャンドラー・ジョンソン大佐(Chandler Johnson)からサヴァランス司令官へその旨が伝えられ、サヴァランスはSCR300電池の予備をもたせてレイニー・ギャグノン(Rene Gagnon)を急派した。アメリカ合衆国海兵隊公式戦史によればタトルはLST779号のそばで星条旗を見つけてジョンソンに渡し、さらにジョンソンがギャグノンにそれを渡して頂上に立てさせたという。戦史ではジョンソンがLST779号の乗員で真珠湾の基地から星条旗を持ってきていたアラン・ウッド少尉から受け取ったとしている。しかし沿岸警備隊歴史部によれば、ギャグノンは星条旗を探してLST758号の近くへやってきたという。2004年に死去したロバート・レズニック(Robert Resnick)が2001年に初めて行った証言によれば、ギャグノンが星条旗を探していたのでレズニックは自分の船から星条旗を取り出し、上官のフェリックス・モレンダ大尉の許可を得た。この旗はメア島の海軍工廠の技師メイベル・ソヴァギューが縫ったものだという。, 40名の海兵隊員たちは正午ごろ頂上付近に到達、ギャグノンが後から加わった。日本兵たちの抵抗はまだ続いていたがアメリカ軍の砲撃によってほぼ制圧されていたので頂上にたどりつくことができた。, ローゼンタールと従軍カメラマンのボブ・キャンベルおよびビル・ジェノウストの3人も頂上を目指して登っていたが、途中で最初の星条旗掲揚を撮影しておりてきたロイス・ロウェリーと出会った。3人はいったん下りようかと思ったが、ロウェリーから頂上は写真をとるのにいい場所だと聞いたため上がっていくことにした。, 海兵隊員たちは頂上に星条旗を立てていた。旗のポールとして日本軍の水道管が使われた。ローゼンタールたちが頂上につくと海兵隊員が旗を水道管にゆわえたところであった。ローゼンタールはすばやく高速度撮影カメラを取り出して岩の上にカメラを固定しようとした。彼がカメラを構える前に星条旗が掲げられているのを見たローゼンタールはとっさにカメラを旗に向け、ファインダーをのぞかずにシャッターを切った。, ローゼンタールのとなりにはビル・ジェノウストがいて、30mほど離れた位置から星条旗の掲揚の様子を映像で記録していたが、ローゼンタールの写真のようなアングルでとられた映像になっている。, 写真にうつった6人(マイク・ストランク、レイニー・ギャグノン、フランクリン・スースリー、ハロルド・シュルツ、ハーロン・ブロック、アイラ・ヘイズ)のうち、戦後まで生き残ったのはヘイズ、ギャグノン、シュルツの3人だけだった。ストランクは星条旗掲揚の6日後に味方駆逐艦の誤射を受け死亡、ブロックはその数時間後に迫撃砲による攻撃を受け戦死、スースリーは3月21日に狙撃兵の銃弾を受けてそれぞれ戦死している。またハロルド・シュルツは2016年までジョン・ブラッドリーであると信じられてきた(後述)。, 写真撮影後、ローゼンタールはフィルムを現像するためグアムへ送った。グアムで現像された写真を見たAP通信のジョン・ボドキンは「これは歴史的な一枚だぞ!」と思わず叫び、即座にニューヨークのAP通信本社へ電送した。AP通信によってアメリカの多くの新聞にこの写真がのった。撮影から印刷までわずか18時間半というのは当時としては驚異的なスピードであった。, 写真の撮影状況は当初から論議の的となった。星条旗掲揚の写真を撮影した後で、ローゼンタールは海兵隊の「E中隊」の写真を撮っている。ポーズをとる海兵隊員たちのいわゆる「ガンホーショット」といわれる写真である。グアムへ引き上げたローゼンタールが「写真をとるとき、ポーズを取らせたのか?」と聞かれたとき、彼はてっきり「ガンホーショット」のことを言っているのかと思い、「もちろんだよ」と答えた。これを聞いた『タイム』誌の特派員ロバート・シェロッドはニューヨークで「ローゼンタールの星条旗写真はポーズをとらせて撮ったものだ」と話した。『タイム』誌のラジオ番組「タイム・ビューズ・ザ・ニュース」は「ローゼンタールは写真家としての名声という誘惑に負け、すでに立てられていた星条旗の前で改めてポーズをとらせた」と非難した。, このような報道によって、ローゼンタールは「やらせ写真をとった」とか「あたかも最初の星条旗掲揚のように言いふらした」などの非難を受けることになった。なかには『ニューヨーク・タイムズ』の書評のようにローゼンタールのピューリッツァー賞を剥奪すべきだという主張まで現れた。ローゼンタールはその後、星条旗掲揚が「やらせ」であるという批判に繰り返し反論してゆくことになる(ジェノウストが撮影した映像からやらせではないことがわかる)。, そのころ、戦時国債の売れ行きが悪いことに頭を痛めていたフランクリン・ルーズベルト大統領はこの写真を見て、国債のキャンペーンにもってこいだと考え、写真に写った海兵隊員を呼び戻すよう命じた。このため硫黄島の戦いが終了したあとで、写真に写ったメンバーは帰国することになった。ギャグノンは引き伸ばした写真を見てメンバーを特定するよう命じられて5人を特定したが、6人目の人物(ヘイズ)の名は明かさなかった。実はヘイズが自分の名前を出したらギャグノンを殺すと脅していたのだ。このため大統領命令として名前を明かすよう命じられ、言わなければ軍法会議にかけるとまで告げられたためギャグノンはヘイズの名前を明かした。, ギャグノンはハーロン・ブロックをヘンリー・“ハンク”・ハンセン軍曹と見間違えて、ハンクの名前をあげた(ハンクは1回目の星条旗掲揚に参加している)。4月8日、海兵隊は写真にうつった6人のうちハンクを含めて5人の名前を公表した。唯一、スースリーは遺族の要望によって名前が明かされなかった。, 3人の生き残りの海兵隊員たち(ヘイズ、ギャグノン、ブラッドリー(ブラッドリーはハロルド・シュルツに人違いされていた。))は全米を戦時国債徴収のキャンペーンでまわることになった。彼らは英雄として各地で大歓迎を受け、国債も目標額の2倍である233億ドルも売ることができた。, ハーロン・ブロックと間違えてハンセンの名前が発表されたが、ハーロンの母ベル・ブロックは写真を見てすぐに息子だと気づいた。ベルは「あの子のおしめを何度も変えていた私ですもの、写真のお尻の形を見てすぐ分かりました」と語ったという。4月19日、ワシントンについたヘイズもすぐにハンセンの名前が誤りであると気づいた。ヘイズはこのことを上官に伝えたが、上官は「もう発表してしまったんだ」とヘイズに沈黙を強いた。, 1年半後、戦後のアイラ・ヘイズはうつ病とアルコール中毒に苦しんでいた。苦しい体をひきずるようにテキサスまで向かい、ブロックの家族に写真に写っていたのはハンセンではなくブロックであることを伝えた。, ブロックの母ベルはヘイズの話を聞いて親交のあった上院議員ミルトン・ウェストに手紙を書いた。ウェストはこの手紙を読んで海兵隊総司令官であったアレクサンダー・ヴァンデグリフトに連絡し、ヴァンデグリフトは真相究明を命じた。調査の結果、ブラッドリーもギャグノンの写真に写っているのがハンセンでなくブロックであることを認めた。ブロック、ハンセン、ヘイズの3人は海兵隊の落下傘部隊に所属していた。, ローゼンタールの「硫黄島の星条旗」は1945年度のピューリッツァー賞 写真部門を受賞した唯一の写真となった。, 1951年、彫刻家のフェリックス・ド・ウェルドンは海兵隊記念碑として、ローゼンタールの写真をもとにした彫像の制作に着手した。生還した3人の兵士たちはウェルドンのためにポーズをとり、戦死した3人に関しては写真をもとに頭部を制作した。, ローゼンタールの写真があまりにも有名になりすぎたため、この写真が摺鉢山での「2度目」の星条旗掲揚であることがあまり知られない結果となってしまった。最初の掲揚に立ち会ったチャールズ・W・リンドバーグ伍長は「自分が星条旗の掲揚を行ったといってもさんざんうそつき呼ばわりされてきた。ろくなことがなかった」とこぼしていた。, ローゼンタールの写真は現在[いつ? var idName = "section"+i; list += '
  • ' + $(this).text() + '
  • '; //大見出しを検索 $('.sectionList a').on("click", function() { }); //スクロールを滑らかにする (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); $("

    目次

      " + list + "
    ").prependTo(".entry-content"); }); [CDATA[ // ]]>, 本作品を見るときに、「硫黄島からの手紙」と「父親たちの星条旗」のどちらからみればいいのか悩む人も多いかと思います。, そもそも、本作品は太平洋戦争の末期に行われた、硫黄島(いおうとう・いおうじま)の戦いと呼ばれる、第二次世界大戦の中でも最激戦地の一つを舞台としています。, 硫黄島こそがメインの舞台ではありますが、「父親たちの星条旗」は、その後日談を中心とした作品となっているのです。, 本来であれば「硫黄島からの手紙」をみて、「父親たちの星条旗」をみたほうがいいと思ってしまうところですが、硫黄島の戦いの概要を知るためにも、「父親たちの星条旗」からみることをオススメします。, この作品の面白いところは、色々なところで書かれていることではありますが、物事の2面性が見れるというところにあります。, 硫黄島の戦いをそもそも知っている人であれば、どちらからでもいいと思いますが、現代を生きる我々からすれば、アメリカ側の立場からみたほうがすんなり映画を見ることができると思われます。, 2017年に公開されたメル・ギブソン監督「ハクソーリッジ」でもそうでしたが、日本人が恐ろしい存在として描かれています。, 死を恐れず、突然現れては仲間を殺していく存在として、人間的な部分は控えめに描かれています。, 「ハクソーリッジ」を見ると、日本兵がとてつもなく恐ろしいバケモノのような存在に描かれているのが印象的です。, 「父親たちの星条旗」の日本兵もまた、あまり顔を描かれることがなく、同じような未知の存在として描かれています。, 硫黄島の戦いの中で、重要拠点とされた摺鉢山(すりばちやま)に星条旗が立てられます。, そのときに一枚の写真が撮られ、星条旗を掲げたときの6人の男達の物語が「父親たちの星条旗」の発端となっています。, どういうことかと言いますと、写真にうつった兵士を英雄としてまつりあげることで、戦争にために発行する国債を買うように国民に働きかけるためのプロパガンダとして利用するためでした。, 英雄に祭り上げられてしまった男達3人は、国民たちからお金を集めるために、演説をしますが、硫黄島での戦いの傷跡がフラッシュバックしながら、彼らは、少しずつゆがんでいくのです。, また、時の大統領であるトルーマン大統領もまた「島を奪った勢いで、金を集めてくれ」というのです。, そんな作られた英雄として、まず壊れていくのはアイラ・ヘイズというアメリカ先住民族出身の男でした。, 彼は、自分が英雄ではないという事実に耐えられず、酒を飲み、壊れていってしまうのです。, アイラ・ヘイズという人物は、現実においても同様に真面目であり、硫黄島のヒーローであるという重圧に耐え切れなかったのか、お酒におぼれていってしまうことになります。, たまたま、写真撮影のときに手伝っていたことで写真の英雄となりますが、積極的に広報活動に関わります。, また、パーティー会場などでは、会社の社長たちから名刺をもらい、戦争後には、そのつてをつかってなりあがろうとするのです。, レイニーは、戦闘には参加していませんでしたので、本土アメリカに戻る際にも嫌味を言われます。, アメリカに帰国する飛行機にも定員があるのですが、レイニーが乗るために、一人の負傷兵が降りることになります。, 「君は、敵の小隊を素手で片付けたのか? 英雄に席を譲るんだ、武勇伝の一つもあるんだろう」, 仲間達からは後ろ指をさされ、世間からも英雄として称えられるものの、語れることは何もありません。, 老人となり、無事最期を迎えようとする元衛生兵のドクが、息子に硫黄島の戦いとその周辺を語り、それを息子が語る形式となっています。, ここからは、ネタバレであり、歴史的な事実もありますので、気にする方は是非ご覧になってから戻ってきていただきたいと思います。, しかも、英雄として中途半端に有名になってしまったために、うまくいきません。何度も転職したあげくに用務員として一生を終えます。, 用務員が悪いというわけではありませんが、英雄にならずに、平凡に暮らしていたほうがレイニーという男は身の丈にあっていたに違いないのです。, 彼のおかげで、認められる機会がなかったアメリカ先住民にも光があたったわけですので、功績としては大きいのですが、彼自身は英雄という自分に耐えられなかったのです。, レイニーのように英雄というのを大いに利用しようとすればよかったのでしょうが、アイラは、写真に写っていたのは別の人物だと思っていたこともあって、英雄という嘘に耐えられなかったのです。, そのため彼は、あえて目立たないように実直な生活を行おうとします。ですが、世間がそれを許してはくれません。, 農作業をして、一般人と同じように働いているにもかかわらず、そんなことを考えないで人々が寄ってきてしまいます。, 英雄とは、たしかにあこがれるかもしれませんが、実際に自分がそんな立場になったとき、どんな風にして心がゆがまされてしまうのか、悲惨な運命が描かれた作品が「父親たちの星条旗」となっています。, その姿は、兵士とか英雄とかそういうものではなく、たんなる人間として写しているのです。, 日本兵側もまた人間であり、色々な人間がいるということがわかるのが「硫黄島からの手紙」となっています。, こちらはこちらで、玉砕しようとするだけではない日本人や、国とかではなくただただ死のうをする人間など、色々な日本人の側面を見ることができます。, クリント・イーストウッドという名監督が自らメガホンをとり、アメリカ側、日本側のそれぞれでどのような立場があるのか、その中でも、色々な人間や考え方がみえてくる作品となっていますので、本作品が気になった方は、是非ともセットでみて頂きたいと思います。, 以上、「どちらから見るか。/クリント・イーストウッド「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」でした!, // 作品 > チ行 > 父親たちの星条旗 > (レビュー・クチコミ) 父親たちの星条旗 [チチオヤタチノセイジョウキ] Flags of Our Fathers. $(".entry-content h3").each(function(i){ if ($(".entry-content h3").length >= 2){ $('html,body').animate({scrollTop: $(this.hash).offset().top}, 600); 父親たちの星条旗(2007年5月3日 DVD) 父親たちの星条旗(2007年8月10日 HD DVD/Blu-ray Disc) 関連項目. 2006年【米】 上映時間:132分. var list = ""; 80-G-413988, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=硫黄島の星条旗&oldid=78334497, ジェームズ・ブラッドリー/ロン・パワーズ著、島田三蔵訳、『硫黄島の星条旗』、2002年、文藝春秋社 - "Flags of Our Fathers"の訳書。, ジェームズ・ブラッドリー/ロン・パワーズ著、大島英美訳、『父親たちの星条旗』、2006年、イースト・プレス - "Flags of Our Fathers"のヤングアダルト版。. | $(function(){ 『父親たちの星条旗』(ちちおやたちのせいじょうき、原題: Flags of Our Fathers)は、2006年公開のアメリカ映画。, クリント・イーストウッドが監督し、ジェームズ・ブラッドリー(英語版)とロン・パワーズ(英語版)によるノンフィクション本『硫黄島の星条旗』(原題: Flags of Our Fathers)[3]をポール・ハギスらが脚色し、イーストウッドが率いるマルパソ・カンパニー(英語版)、スティーヴン・スピルバーグが率いるドリームワークスらが制作した。第49回ブルーリボン賞と第30回日本アカデミー賞で最優秀外国作品賞を受賞した。, 太平洋戦争最大の戦闘とされる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」のアメリカ側視点の作品である。硫黄島での死闘と戦場(摺鉢山の山頂)に星条旗を打ち立てる有名な写真「硫黄島の星条旗」(Raising the Flag on Iwojima)の被写体となった兵士たちのその後などが描かれる。2006年10月に開催された第19回東京国際映画祭でオープニング作品として上映されたのち、10月28日に全国公開された。同年12月に日本側の視点で描いた『硫黄島からの手紙』が日本とアメリカで連続公開された。, 硫黄島のような黒い砂浜を再現し、大がかりな土木工事や大砲・銃火器の使用許可などの困難な条件を克服可能な場所であるアイスランドのレイキャネスで、戦闘シーンが撮影された。, 海軍の衛生兵のジョン・“ドク”・ブラッドリー、米海兵隊のアイラ・ヘイズ、伝令であったレイニー・ギャグノンの3人の米軍兵士が、英雄として戦債キャンペーンの広告塔に起用されつつ、回想を通して戦場での体験が描かれている。, ウィスコンシン州で葬儀屋を営む老人のジョン・“ドク”・ブラッドリーが長い人生に別れを告げようとしていた。ブラッドリー(ドク)は1945年に硫黄島で戦い、帰国後は葬儀屋を営み、地域に貢献する男[4]である。, そんな年老いたジョン・“ドク”・ブラッドリーは突然倒れて、「あいつはどこだ」とうわ言を口にします。そんな父を見て、息子のジェームズ・ブラッドリーは父を知るために戦友たちを訪ね始め、年老いたデイヴ・セベランス元大尉から話を聞いたりする。, ハワイのキャンプタラワで訓練した後、第28海兵連隊と第5海兵師団は硫黄島に侵攻するために出航。海軍の砲撃隊は3日間、日本軍の位置を調査していた。 マイク・ストランク軍曹が第二小隊を担当。前日は兵士をリラックスさせようとラジオからはジャズが流れるのだが、逆に兵士たちの不安を煽ったりもする。, 翌日、1945年2月19日、硫黄島へのアメリカ海軍の砲撃が始まり、海兵隊はLCVPやLVTで上陸。海岸は静かだった為、一等兵のラルフ・“イギー”・イグナトウスキー(英語版)は、防衛側が既に全滅したのではないかと考えていたが、海兵隊が前進すると塹壕で待ち伏せていた日本軍が機関銃を発砲、海軍の船にも重砲を浴びせる。戦場ではアメリカ軍にも多大な犠牲者が出る中、ドクは衛生兵として仲間の救助に当たり、やがて上陸地点はアメリカ兵の死体で埋め尽くされる。, 2日後、アメリカ海軍の摺鉢山への砲撃と共に、海兵隊は日本軍の大砲や機関銃での攻撃を受けながらも前身。ドクはこの戦場で数名の海兵隊員の命を救い、後に海軍十字章を貰うほどの活躍をする。海兵隊は摺鉢山の征服に成功する。, 2月23日、ハンク・ハンセン(英語版)軍曹の小隊が摺鉢山の頂上に到着し米国旗を掲げ、海岸や艦船から声援を受ける。海辺に着陸するときに米国旗が上がるのを目撃した海軍長官のジェームズ・フォレスタルが、あの旗が欲しいと要求。チャンドラー・ジョンソン大佐は、あの旗は我々第2大隊の物だと不満を爆発させながらも国旗の交代をデイヴ・セベランス大尉に指示し、大尉は伝令であったレイニー・ギャグノン(英語版)と第2小隊と共に国旗を交換するために向かわせる。この2番目の旗を掲げるときに従軍カメラマンであったジョー・ローゼンタールにより、マイク・ストランク、ジョン・“ドク”・ブラッドリー、アイラ・ヘイズ、レイニー・ギャグノン、その他2人の海兵隊(ハーロン・ブロックとフランクリン・スースリー)の6名が、2番目の米国旗を掲げるのを撮影する。, 3月1日、第2小隊は塹壕で待ち伏せをしていた日本軍から機関銃による攻撃を受け、その戦闘中にマイク・ストランクは米海軍の砲弾に見舞われ、その傷が元で亡くなる。その日遅く、ハンク・ハンセンは胸を撃たれて戦死、ハーロン・ブロックも機関銃の射撃により戦死する。, それから二晩たった後、ドクが負傷した海兵隊を助けている間に、イギーは日本軍に拉致されてトンネルに引きずり込まれ、ドクは数日後に拷問され虐殺されたイギーの死体を発見する。3月21日、フランクリンが機関銃によって射殺され、アイラの腕の中で死ぬ。これで8人だった分隊は、戦闘でドク、アイラ、レイニーの3人だけとなる。フランクリンの死から数日後、仲間の衛生兵を助けようとしたドクも砲撃によって負傷するが、ドクは生き残って野戦病院に送られる。3月26日、戦闘は終了し、米軍が硫黄島を占領する。, 戦闘が終了し、ローゼンタールの写真が新聞の一面を飾ると、アメリカ国民の士気は大変、盛り上がり、第二次世界大戦を代表する有名な写真となる。ハーロンの母は写真を見て息子だと確信するのだが、やがて夫に息子が戦死した事実を責める。レイニーは写真に写っている6名を上司に聞かれ、彼自身とマイク、ドク、フランクリンを特定するが、この時にハーロンをハンクと誤認してしまう。アイラは自分の名前を伝えたら殺すと脅迫したが、それでもレイニーは6人目の男としてアイラを上司に報告する。, ドクとアイラとレイニーは、7回目の戦債キャンペーンの広告塔に起用され、ワシントンDCでの金星章の授賞式に到着するのだが、そこでドクはハンクの母が国旗を掲揚した6人の中の遺族として間違って呼ばれている事に気づく。3人は、そこで財務省のバド・ガーバーに、実は旗を掲げた者の名前が間違っている事を伝える。アイラは、ハンクは本物の旗を立てた時に居たのであって、旗は一度交換され、その2枚目を掲げた時に撮られたのが報道された写真だと説明する。戦債のツアーは茶番劇としてアイラは非難するのだが、バド・ガーバーは国の戦費には余裕がなく、この戦債キャンペーンが失敗した場合、米国は太平洋を放棄し、彼らの犠牲は無駄になる、と説得し、3人はハンクが写真に写っていないことを誰にも言わないことに同意する。, 3人は資金集めの為のスピーチをするために国中を回り、レイニーは如才なく立ち振る舞い、婚約者も連れてくるようになる一方、ドクは浮かない顔で戦場での体験がフラッシュバックし、またアイラは罪悪感に苛まれ、ネイティブアメリカンとしての差別にも遭遇して次第にアルコール依存症に陥る。金星章の受賞パーティで、3人はそれぞれ、戦死した3人の母親たちに会い、レイニーはフランクリンの母親といつもの調子で話を合わせるが、ドクはハンクの母親から写真に写っているのが本当に自分の息子なのかと問われ、記憶が曖昧だと誤魔化す。一方、アイラはマイクの母親に会うと、思い出して泣き崩れてしまい、軍の上層部から3人はパーティーを出るように言われる。しかしドクはホテルに戻ってからも戦場での体験がフラッシュバックして、苦しむ。, ツアーを続けていたある夜のパーティーで、アイラは、海兵隊の司令官であるアレクサンダー・ヴァンデグリフト将軍に吐いているところを見られてしまった為、恥さらしと罵られて、アイラは前線の部隊に送り返されるのだが、アイラは英雄だと言われる事に耐えられなかったと言い、快く了承する。そして、戦債キャンペーンはアイラなしで続行される。, 戦争が終わり、生き残った3人は故郷に戻り、ドクは女性にプロポーズして結婚、葬儀屋に勤め、やがてオーナーが引退する時に葬儀場を買い取って経営者になる。アイラはまだアルコール依存症に苦しんでおり、彼の不要な名声から逃れることはできず、小作農として働き続ける。レイニーはキャンペーン中に受け取った就職の機会を利用しようとするが、結局、自身の就職につなげることはできず、用務員としての残りの人生を過ごす。警察沙汰を繰り返していたアイラはある日、留置所から釈放された後に、1,300マイル以上をテキサスまでヒッチハイクし、ハーロン・ブロックの家族を訪ねる。アイラはハーロンの父親に、息子は確かに国旗の掲揚の写真に写っていることを話す。1954年に、米国海兵隊の戦没者追悼記念碑の除幕式で3人が会ったのが最後であった。この時はハーロンの母親は出席するが、最初の旗を掲げたハンクの母親は招待されなかった。1955年に、アイラは酒を一晩飲みあかした挙句に死んでいるのが発見される。同じ年、ドクはイギーの母親が住んでいる町に行き、イギーがどのように死んだかを伝えるのだが、真実を伝えられない事にその後も悩み続ける。1994年、ドクは死の床でうなされ続け、息子のジェームズに良い父親ではなかったと謝り、英雄とは必要に応じて作り上げられた者であることを語る。1945年の最後の回想シーンでは、旗を上げた後、男たちは海で泳いでいるのであった。, 映画では、ジョン・“ドク”・ブラッドリーが、2回目の国旗を掲げた中心人物として描かれているが、2016年に米海兵隊は、ドクことブラットリーが写真に写っていなかったと発表した。2014年に米ケーブルテレビ(CATV)のスミソニアン・チャンネルがローゼンタール氏の写真に写っていた米兵たちの身元を検証するドキュメンタリー番組を制作したことを機に調査した結果であった[5]。ただし、この映画には、既に考慮されていたためかどうかは不明であるが、ドクが直接、掲げるカットは映っていない。, 現在に至るまで米海兵隊には独自の医療部門が存在せず、衛生兵(Medical Corpsman)は海軍から有資格者が派遣されてくる。海兵隊の部隊と共に戦場を移動するため、彼ら海軍衛生兵も海兵隊員同様の訓練を受ける。, 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2006年(1月~12月), Flags of Our Fathers Official Website | Trailers and Gallery | Paramount Pictures, 【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信) | 父親たちの星条旗, 【初回限定生産】硫黄島からの手紙/父親たちの星条旗 ワーナー・スペシャル・パック(2枚組) | NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン, Flags of Our Fathers (2006) - About the Movie | Amblin, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=父親たちの星条旗&oldid=80083881.