おそらく宇都宮線は東武鉄道というライバルの存在も影響しているかなと思います。, 一時活躍の場がなくなり、様々な場所で眠っていた651系がこのような形でしっかりと活躍しているのは、うれしいところで、これからも利便性を落とすことなく、存続してくれることを願います。, 一応特急のため特急券が必要ですが、買い方は以下の4つです。(他のJR東日本の特急と変わりません) ちなみに、スワローあかぎには閑散期、繁忙期はなく一律のどの時期も同じ料金です。, 上野からだと鴻巣までが50キロで760円(チケットレスで660円)。そして、新町までが100キロで920円(1020円)。 快速列車と変わりませんが、まあこれは列車の性格上仕方ありません。 常磐線では130km運転をしていた車両だけに、110km/hは楽々といった感じです。, こうしてのっていると、遠くに行く気分ですが、熊谷、深谷、本庄ととまり気づけばもすうぐ高崎。 2 14番ホームで発車を待っていました。, この列車は特急というより事実上はホームライナーとしての性格が強い列車ですが、特急は特急です。側面の特急という印字がいい感じです。, 使われている車両は651系。かつてスーパーひたちとして、上野からいわき(デビュー当時は平)そして仙台へ走り抜けていた車両でした。, 国鉄がJRに変わりすぐにデビューした列車であり、特急といえば485系や、189系の国鉄色ばかりだった時代、この白い出で立ちと、前面のLEDのヘッドライトには多くの人の注目を集めました。,
金曜夜であり、もう少しは乗っているかなと予想していたのですが、思ったより空いていました。, 列車は大宮までの間も赤羽、浦和と止まります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 外房線の特急「わかしお」「新宿わかしお」号の料金と割引きっぷのご案内です。東京~安房鴨川間などを走ります。 「草津」号、「あかぎ」号にご乗車になるには、運賃と特急料金があわせて必要です。 指定席特急料金は通常期の価格です。閑散期は200円引き、繁忙期は200円増しです。 自由席特急料金は、通常期の指定席特急料金の520円引きで、通年同額です。 やはり上野駅地下ホームからの発車は少し特別です。 列車に乗るには指定席券をみどりの窓口か券売機、またはえきねっとで買うか、乗る列車が決められないという場合は、事前に座席未指定券という切符を買っておけば、どの列車に乗ってもOK、空いている席に座ってOKという仕組みです。, しかし一点注意なのが、「チケットレス割引」という制度。これは携帯電話からえきねっとで申し込めば、100円安くなるというサービスなのですが、重要なのは「携帯電話で申し込めば」というところ。PCからは適応されません。, PCでも予約できるものと思っていた自分は、PCで予約しようとしたところチケットレス割引にならず戸惑いました。, 実は今回携帯から予約したところ、後日日付を間違えていることに気づき、慌てて今度はPCから予約を変更しようとしたのですが、PCからだと変更ボタンもキャンセルボタンも表示されません。 他の特急と違うところです。(ただし、もし途中から指定券を持った人が着た場合は席を譲らなければいけません。多少面倒でも席は携帯電話で指定しておいた方が安心です。), 特急料金テーブルは下記の通りです。やはり携帯電話からチケットレスサービスを使うのが一番お得。 思ったほどは混んでいないという感じでした。, このスワローあかぎは、平日下りだけでも18時から22時過ぎまで計8本の列車が走っています。 4 「わかしお」「新宿わかしお」には普通車自由席、指定席、グリーン車指定席が連結されています。, 山陽・九州新幹線「みずほ」号の料金と割引きっぷのご案内です。新大阪~鹿児島中央間を走ります。, 東北新幹線「なすの」号の料金と割引きっぷのご案内です。東京~那須塩原・郡山間をおもに走ります。, 函館・室蘭・千歳線の特急「北斗」号の料金と割引きっぷのご案内です。函館~札幌間を走ります。, 九州新幹線「つばめ」号の料金と割引きっぷのご案内です。「つばめ」号は、博多~熊本~鹿児島中央間を走ります。, 東北・北海道新幹線「はやぶさ」号の料金と割引きっぷのご案内です。おもに東京~盛岡・新青森・新函館北斗間を走ります。. 高崎線はこれほど生き残っているのか。 特別急行券(とくべつきゅうこうけん)とは、特急券(とっきゅうけん)ともいい、基本運賃と特別急行の料金(特急料金)を区分している運賃制度において、特別急行列車(特急)に乗車するときに乗車券とともに必要となる券である。, アメリカでは20世紀の初頭、インターアーバン電車に食堂車やパーラーカーを連結した、LIMITEDと称する急行列車を運転し、乗客からは特別料金を徴収した。この列車から日本の特急列車の英訳語がLIMITED EXPRESSとなった。, ヨーロッパの鉄道ではかつては基本となる運賃に対しては乗車券を購入し、さらに速い列車を利用する場合には特急券を購入するというシステムが一般的であった[1]。ヨーロッパでは、特別の客車で編成された豪華列車に別料金を徴収して乗客を乗せることは19世紀から存在したが、これもアメリカの例と同様に速度に対する対価より、豪華な空間提供の対価である要素が強い。日本の特急に近い物としては、TEE列車の特急券がその代表的な物であった。TEEの特急券は距離により金額が決められていた。, 一方、ヨーロッパでは包括運賃制度が一般的な運賃制度となってきており、超高速列車や寝台列車でも列車(車両)ごとに運賃と他料金(特急料金や寝台料金)を一括して運賃設定を行っていることが多く、この場合には切符も一括されており別立ての特急券は存在しない[1]。, 旧国鉄及びJR各社の場合、原則として特急列車では急行列車と異なり、座席指定制を原則としていた。, 1972年にエル特急が設定されて以降自由席を設置した列車が増えたことや、1985年に設定された新特急などのように自由席を中心とした列車が設定されたことによりその意義が薄れているが、JR東日本の「はやぶさ」・「はやて」・「こまち」・「成田エクスプレス」など全車指定席としている列車や、その他の基幹的な列車の場合には現在も基本的には指定席制を採用している。, そのため単に「特急券」と称する場合は、列車およびその座席かつ乗車区間がともに指定されたもの、いわゆる「指定席特急券」を指し、券面に記載されている列車・区間にのみ有効である。注意しないといけないのは、券面に記載されている発駅から乗車しなかった場合、効力を失うケースがあることである。これは旅客営業規則の下記の規定による。, ここで説明されているのは、自由席特急券で乗車した乗客が、着席されていない指定席に対して車内で車掌に差額を支払い、指定席特急券を発券してもらうようなケースである(列車の発車前のマルスシステムでは排他制御が働くため、別の乗客に区間の重複する指定券を発券することは通常はない)。たとえば東海道新幹線に東京からの指定券を用意して品川から乗車するような未乗車区間が短い例ではこのようなケースは現実にはまず起こり得ない(条文を見てもわかるとおり、着席しなければ必ず別の乗客に発券するという趣旨ではなく、職員の判断に委ねられる)。, 乗り遅れた場合には払い戻しはできないが、同区間を運行するその日の後続列車に自由席がある場合には自由席に乗車することが可能である。ただし、全車指定席の列車でも後続列車への乗車を認めている場合があり、「はやぶさ」「はやて」「こまち」「かがやき」では立席の利用が、「ひたち・ときわ」「成田エクスプレス」「スワローあかぎ」「あずさ・かいじ」「はちおうじ・おうめ」「富士回遊」では空席の利用が、それぞれ可能である。それ以外の列車では後続の全車指定席の列車への乗車はできないが、同経路の自由席のある列車の自由席には乗車できる(例:「サフィール踊り子」に乗り遅れた場合は、「踊り子」の自由席に乗車できる)。なお、接続する列車の運休・遅延により乗り継げなかった場合は後続列車への振替を請求できる。, また、近年では近距離での利用促進を図るため自由席を中心に新幹線を含めた一部の列車では定期乗車券での利用が認められており、一部の特急列車では定期券にこれを追加する事で乗車可能としている。, しかし、もともとは長距離利用を前提としていたため、寝台特急などでは定期乗車券での利用を認めておらず[注釈 1]、特急券等のほか普通乗車券も必要である。, 基本的に該当列車の発車日(始発駅基準)の1ヶ月前の午前10時から発売され、のりばへの移動時間を考慮し、発車時刻のおよそ5 - 10分前に終了する。, 例えば、1月1日の21時26分に高松駅を出る寝台特急「サンライズ瀬戸」の指定券は、12月1日の10時ちょうどに発売開始となる。なお、この列車に1月2日の0時40分発車となる大阪駅から乗車する場合でも、発売開始日は12月1日である。, また、一部のみどりの窓口や旅行代理店では、「予約」と称し1ヶ月前より以前から指定席の申込を受け付けている場合があるが、指定席には予約という制度は無く、あくまで対象の窓口で発売日の10時に発券処理を実施してもらう権利の予約である[注釈 2]。, JR東日本・JR東海・JR西日本・JR四国・北海道新幹線・九州新幹線及びJR各社間を利用する場合、指定制である特急券の額は乗車する日によって料金が変わる。期間等は以下のとおり[2]。, 以下の列車・区間を利用する場合は、特急料金は時期によって変化しない(すべて通常期の料金で計算)[2]。, JR東日本の一部の全車指定席の列車とJR東日本からJR東海および会社線へ直通する一部の全車指定制列車[注釈 3]において、乗車日と乗車区間のみを指定したもの。旅客営業規則では「未指定特急券」、券面上では「特急券(座席未指定)」と称する。乗車する列車・座席は別途指定することができ[注釈 4](購入時の指定も可能)、指定しないままでも車内の空席を利用できる。座席指定の有無によらず料金は同一である。, 2015年3月14日のダイヤ改正より、常磐線特急「ひたち・ときわ」の全列車[3][4]、「スワローあかぎ」、「成田エクスプレス」で、2019年3月16日のダイヤ改正で中央東線特急「あずさ・かいじ」「はちおうじ・おうめ」「富士回遊」に導入した[5]。 高崎につく頃には乗車率は20~30%ほどでした。 高崎・上越・吾妻線の特急「草津」「あかぎ」「スワローあかぎ」号の料金と割引きっぷのご案内です。上野~前橋・長野原草津口間などを走ります。 座席未指定券があれば指定席の空いている座席に座ることが出来るというのが、 ※前述のとおり携帯で買ったときのみチケットレス割引が適用になるのが注意です。 なぜ宇都宮線のホームライナー的特急が全廃なのに対して、 新型コロナウイルス感染症の収束の見通しが立たないなか、通勤電車の混雑はなるべく避けたいものです。ピーク時間帯を避けた時差通勤が難しい場合は、jrや一部私鉄が運行する「ライナー列車」を利用するのも選択肢です。 ふと乗っていて思ったのが、高崎線は18時以降8本もの特急列車が走っているのに対して、 宇都宮線はかなり昔に特急那須が廃止され0本。 高崎・上越・吾妻線の特急「草津」「あかぎ」「スワローあかぎ」号の料金と割引きっぷのご案内です。上野~前橋・長野原草津口間などを走ります。「草津」「あかぎ」と「スワローあかぎ」では料金体系が異なります。「スワローあかぎ」は全車指定席です。 ・紫色の特急券が購入可能な自動券売機で買う。 そして、上野からの1時間24分の旅は終わりです。, 今回乗ったスワローあかぎ9号は、20時発と若干中途半端だったためか、 赤羽ではほとんど乗り降りなし。浦和で2~3人が下車しました。, 上野~浦和の特急券はチケットレスを使えば650円。 特急『あかぎ』『スワローあかぎ』(上野・新宿〜高崎・前橋)の基本データや、割引などをまとめました。, 特急『あかぎ』『スワローあかぎ』路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。駅名は主な停車駅のみ表示), 特急『あかぎ』と特急『スワローあかぎ』は、上野・新宿〜高崎・前橋を結ぶJR東日本の特急列車です。, 特急『あかぎ』『スワローあかぎ』の主な利用者は東京方面へ移動する通勤・通学客で、朝と夜の通勤・通学時間帯に運転されています。, ほとんどの区間を新幹線と並走するように走っていますが、特急『あかぎ』『スワローあかぎ』は新幹線が停車しない駅にも停車します。, 『スワローあかぎ』は2014年3月に新しく登場したばかりの列車で、全車指定席です。ちなみに『スワロー』には『座ろう』という意味が込められています。, (新宿)・(池袋)・上野・赤羽・浦和・大宮・上尾・桶川・北本・鴻巣・熊谷・深谷・本庄・新町・高崎・新前橋・前橋 ●上表の価格は事前購入料金です。車内で購入の場合は260円増です。, 特急「草津」「あかぎ」「スワローあかぎ」の割引きっぷには、おもに以下の3つがあります。, えきねっとチケットレスサービスは、「あかぎ」「スワローあかぎ」の特急券・乗車券をえきねっとで購入し、スマートフォンなどを使ってチケットレスで乗車するサービスです。「えきねっとチケットレス割引」として、「あかぎ」が一律300円割引、「スワローあかぎ」が一律100円割引になります。, JR東日本の株主優待割引券(株主優待券)は、JR東日本が株主向けに発行している割引券です。駅の窓口できっぷを購入する際に、株主優待割引券1枚を提出すると、運賃・料金がそれぞれ2割引になります。株主優待割引券は2枚まで同時利用可能で、2枚の利用なら4割引となります。, 学生割引(学割)は、JRから指定を受けた学校の生徒を対象に、JRの運賃が2割引になるという制度です。中学、高校、大学は学割の対象になります。専門学校も多くは学割の対象になります。, 学割が利用できるのは、片道101km以上のJR線を利用する場合です。割引内容は、運賃が2割引です(特急券は割引なし)。学割を利用するには、所属する学校が発行する「学生・生徒旅客運賃割引証」(学割証)が必要です。, 特急「草津」「あかぎ」「スワローあかぎ」の場合、上野駅起点で高崎駅以遠なら学割が適用されます。上野~前橋や、上野~長野原草津口などは、学割適用範囲です。. 「草津」「あかぎ」と「スワローあかぎ」では料金体系が異なります。「スワローあかぎ」は全車指定席です。ただし、座席未指定券を購入すれば、座席の指定を受けずに乗車でき、空席があれば着席可能です。, ●「草津」号、「あかぎ」号の特急料金は、通常期で表示しています。繁忙期は210円増し、閑散期は210円引きです。, ●「スワローあかぎ」の特急料金は、通年同額です。閑散期、繁忙期の区別はありません。 (太字でない駅には一部の列車のみ停車します), 次に、所定の運賃・料金について確認しておきましょう。特急『あかぎ』『スワローあかぎ』の運賃・料金(主な区間のみ)は、以下のようになっています。『あかぎ』『スワローあかぎ』は、別の料金体系が適用されます。, 『あかぎ』の普通車指定席に乗車する場合、時期によって料金を調整します。繁忙期の場合は通常期にプラス200円、閑散期の場合は通常期からマイナス200円です。通常期・繁忙期・閑散期のカレンダーについてはこちらをご覧ください。, 『スワローあかぎ』は全車指定席で、自由席はありません。そして、指定席券を購入するタイミングにより、料金が車内料金と事前料金のいずれかになります。上の表は、事前料金の運賃・料金です。車内料金は、事前料金に260円をプラスした金額です。, 特急『あかぎ』『スワローあかぎ』と競合する移動手段には、以下のようなものがあります。, 各移動手段の費用と所要時間を、表で比較します。大人1名が、高崎駅〜上野駅(高速バスは秋葉原駅で計算)間を片道移動するという条件です。, えきねっとチケットレスサービスは、JR東日本のポータルサイト『えきねっと』(会員登録無料)が提供するサービスです。携帯・スマートフォン向け『えきねっと』経由できっぷを購入することで、紙のきっぷなしで改札を通過することができます。, えきねっとチケットレスサービスを利用できるのは、『あかぎ』『スワローあかぎ』『成田エクスプレス』など一部の特急列車限定です。, えきねっとチケットレスサービスの利用で、特急『あかぎ』は指定席特急券が300円割引、特急『スワローあかぎ』は指定席特急券が100円割引になります。なお乗車券は別に購入する必要があります。, 株主優待割引券は、JR東日本が株主向けに発行している割引券です。きっぷの購入時に株主優待割引券を1枚提示すると、運賃・料金がそれぞれ2割引(2枚提示なら4割引)になります。, 学生割引のような距離の制限はないので、なるべく長距離区間で株主優待割引券を使ったほうがお得です。株主優待割引券の入手方法などについては、詳しくは以下の記事をご覧ください。, 学生割引は、JRが学生向けに提供している割引です。片道の営業キロが101キロを超えている場合、運賃が2割引になります。, 特急『あかぎ』『スワローあかぎ』の場合、上野・新宿〜高崎や上野・新宿〜前橋など営業キロが101キロを超えている区間が割引の対象です。上野・新宿〜熊谷など営業キロが101キロ未満の区間は割引の対象にはならないので注意が必要です。, 特急『あかぎ』『スワローあかぎ』の指定席券は、以下のような手段で予約・購入できます。, 『えきねっと』では、シートマップ(座席表)で最新の空席状況を確認しながら、希望の座席を選択することができます。, 「格安旅行ナビ」をご覧いただきありがとうございます。お得なきっぷ・LCC・高速バスなど、格安旅行に関する情報をメインテーマに、旅行関連情報を幅広く配信しています。旅行の計画を立てる際に当サイトの情報を利用し、少しでも楽しい旅行をしていただければ幸いです。交通事情の変化に対応して新しい情報を加えるなど、常にコンテンツの修正・更新を行っています。, JR北海道が期間限定のPeach利用者向け乗り放題きっぷ『Peachひがし北海道フリーパスSP』『Peachひがし北海道フリーパスSP』を明日から発売します。価格はいずれも9,800円(大人)で、従来のPeach向けきっぷが値下げになりました。利用期間は10月30日〜2021年4月5日です。, 近鉄が11月4日から「近鉄全線3日間フリーきっぷ」を発売します。近鉄全線が連続する3日間乗り放題になるきっぷです(特急列車に乗車するには別に特急券が必要 )。価格(大人)は3,000円、利用期間は11月5日〜2021年3月1日で、前日までの購入が必要です。https://t.co/ELUb84YwO7, JR東日本が明日から「サンキュー❤ちばフリー乗車券」を期間限定で発売します。往復復車券(東京都区内発)とフリーパスがセットになったきっぷで、フリーエリア内(千葉県内)で普通・快速列車が連続する2日間乗り放題です。利用期間は10月6日〜11月30日、価格は4790円です。, 今日からJRの2020年版「秋の乗り放題パス」が利用開始です。利用期間は10月3日〜10月25日、価格は7,850円です。秋の乗り放題パスについて詳しくはこちら→, JR西日本が「山陽新幹線 直前割50」という50%割引きっぷをe5489で期間限定で発売します。新大阪〜広島が5210円、新大阪〜博多が7630円など。利用期間は9月18日〜9月22日、9月25日〜9月27日です。列車は「こだま」と一部の「ひかり」限定。乗車日の3日前〜前日に購入できます。, JR西日本が「どこでもドアきっぷ」という乗り放題きっぷを期間限定で発売します。JR西日本全線が2日間乗り放題(2日間用)、JR西日本・JR九州・JR四国の各線が3日間乗り放題(3日間用)の2つのタイプがあります。利用期間は10月1日〜12月25日です。, JRの「秋の乗り放題パス」が、2020年も発売されます。JRの普通列車・快速列車が、連続する3日間乗り放題になるきっぷです。利用期間は10月3日〜25日で、去年より利用期間が1週間長くなりました。価格は7,850円(大人)です。詳しくはこちら→, 北陸新幹線の50%割引きっぷの利用期間が、2021年3月31日まで延長されました。JR東日本の「お先にトクだ値スペシャル」と、JR西日本の「eチケット早特21」が対象です。東京〜金沢が7090円、東京〜富山が6380円など。, JR東海ツアーズが「ひさびさ旅は新幹線!」キャンペーンで、東海道新幹線の格安旅行商品を発売しています。東京〜新大阪の日帰り往復(列車は早朝発限定)が15,200円〜など、他にも設定があります。9月30日出発分までの設定です。旅行商品なので券売機等では購入できません。, 特急あかぎ・スワローあかぎ(上野・新宿〜高崎・前橋)割引&乗車ガイド【2020年度版】, https://kakuyasu-ryoko.com/railway/exp/akagi/. そして高崎まではというと101キロでほんのちょっとの差で150キロまでの料金1580円(1480円)となります。, JR東海Expressカード vs JR西日本Jwestカード エクスプレス予約を始めるには?, 現美新幹線の魅力〜GENBI SHINKANSEN〜 ① | rail-diary. いまや携帯電話を持っていない人は少数だと思われますので、基本は携帯電話で買うのがおすすめです。, スワローあかぎはスワローサービスという形態となっており、自由席がありません。 また、JR東日本・伊豆急行・伊豆箱根鉄道は2020年11月12日に、2021年春から「踊り子[注釈 5]」と新設される「湘南」に導入すると発表した[6][7][8]。, 特急料金が通年同額となり、料金も通常の指定席より安価に設定される[注釈 6]。また、車内購入時の料金が事前購入時の260円増しとなる[9]。, 「スワローあかぎ」は前年の2014年3月15日の改正時から導入していたが、この時は専用の「スワローあかぎ料金券」の場合に適用され、車内で購入する場合は通常の指定席料金が適用された(料金券を使用せず、通常の指定席券で購入することも可能であった)。なお、指定席料金は通常のB特急指定料金だった。高崎支社ではこの方式を(現在の方式も含め)「スワローサービス」と称していた[10]が、高崎支社以外では単に「着席サービス」という表現を行っている[4][5][6][7][8]。, 満席の場合のみ発売となっていた「立席特急券」(次項参照)に代わって導入したもので、座席未指定料金は通常の指定席料金(A特急料金)と同額である[11]。, 「はやぶさ」・「こまち」など一部の全車座席指定制列車では、自由席特急券もしくは特定特急券に相当する額で座席指定を受けない条件で利用することができる立席特急券(りっせきとっきゅうけん)を発行する場合がある。, この特急券は、「乗車する列車・区間が指定された自由席特急券」という位置づけである。座席の指定を受けないという点では自由席特急券と同じであるが、異なるところは乗車する列車が指定されている点にある。自由席特急券では有効の期間・区間内であれば一回に限りどの列車の自由席に乗ってもよいとされているため、この立席特急券は指定席特急券の一種として扱われている。, なお、かつて運行されていた寝台特急でも、B寝台の一部を座席車として利用できる区間を設けていたものがあった(ただし利用できる号車、発売席数は限定された)[注釈 7]。また、大阪行き「日本海」のように座席指定席扱いとした区間もあったが、ほとんどの寝台特急では自由席扱い(立席)としていた。下りでは出発日翌朝に停車する駅より終点までの区間で、上りでは始発から出発日当日夜間の停車駅までの区間で、それぞれ利用可能としたケースが多く、寝台特急でこの立席特急券の制度を最後まで採用していたのが「あけぼの」であった。「寝台券」のページも参照のこと。, 特別急行列車で自由席車がある場合には乗車する際に自由席特急券を発行する。一般に、(通常期の)特急券から指定席料金(530円)を引いた額に相当する金額である(通年同額)。一部の特急列車では定期券にこれを追加する事で乗車可能となる。, 列車の指定は無く、指定日当日[注釈 8]に出発するどの在来線特急列車にも乗車できる。原則として1枚で乗れるのは1列車に限られ、特急列車を乗り継ぐ際にはそれぞれに特急券が必要であるが、例外的に乗り継ぎが認められる区間が存在する(→乗り継ぎ料金制度)。, 特急料金の体系としては、基本であるA特急料金と、安価に設定されているB特急料金[注釈 9]の2つがある。, B特急料金は特定の区間で定められておりその区間内だけを利用する場合はB特急料金となるが、他の区間にまたがって乗車する場合には乗車する全区間にわたってA特急料金が必要となる。なおB特急料金の料金自体は旧国鉄では全国一律であったが、JR分立化によってJR各社が旧運輸大臣・国土交通大臣への届出による事から少しずつ崩れてきており、短区間の利用促進のため区間を限って安価な料金区分を設定するケースも見られる。, また、B特急料金区間であっても「成田エクスプレス」や「サフィール踊り子」のようにA特急料金が適用される列車や、東武線直通特急のように独立した料金を設定している列車もある。, 「富士回遊」を富士急行線と跨って利用する場合は、JR東日本線から直通する列車の指定席料金(東日本旅客鉄道株式会社旅客連絡運輸規則72条の2に定められた指定席料金)と富士急行線特急料金を合算した金額となっている。, 新幹線・在来線の特に限定された列車や乗車区間において、発売される。料金は特別に定められる。, 一般には自由席を利用する際に設定されるが、一部、指定席でも設定されている場合がある。在来線の場合には特急列車に格上げする形で急行列車を全廃した線区が多い。なお、B特急料金はこの「特定特急券」と同じ経緯で設定されたものである。, また、新幹線の回送線を活用した在来線区間(上越線の越後湯沢駅 - ガーラ湯沢駅間、博多南線の博多駅 - 博多南駅間)では、全列車が特急扱いとされており、新幹線区間とは別に100円として特定特急料金が設定されている(こちらも参照)。, 新幹線用は新幹線特急券と称する。在来線特急用は特急券(特別急行券)と称するが、これは、新幹線と在来線とは特別急行列車の料金体系が異なるためで、例えば、山陽新幹線新大阪駅 - 姫路駅間のように併走する在来線にも特急列車(この区間では、「スーパーはくと」・「はまかぜ」)が走っている場合では、新幹線特急券を有する場合には新幹線を利用し、「スーパーはくと」の特急券を有している場合には「スーパーはくと」を利用することができる。, 新幹線の場合には、目的地まで有効である新幹線特急券を持っている場合では、新幹線の列車を乗り換えても新幹線改札を出ない限り有効である。詳しくは、新幹線特急料金の通算を参照のこと。, グリーン車に乗車するにはグリーン券が、グランクラスに乗車するにはグランクラス券が、寝台車に乗車するには寝台券がそれぞれ別に必要である。ただし、これらの料金には座席指定料金に相当する額(以下「指定額」)がそれぞれの料金に含まれているとみなされるため、特急料金としては指定額を減額した額が適用される。基本的には自由席特急料金と同額となる。, 特に定められた条件で、特急列車を乗り継ぐ場合、一方の列車の特急料金が半額となるなどの割引制度や通し計算になる制度が存在する。これについては「乗り継ぎ料金制度」の項目を参照されたい。, 特急列車を利用するには特急料金が必要だが、特例として乗車券だけで特急列車に乗車できる区間がある。これらは普通列車が全く運転されていない区間、あるいはごく短区間の利用者に対して配慮されたものである。, 在来線の指定区間内に限り、普通乗車券のみで特急の普通車自由席を利用できる制度である。, この特例は、「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」などの「普通列車に限って利用可能」という特別企画乗車券(以下「普通列車専用券」)でも同様に適用され、指定された区間のみであれば普通車自由席のみ利用することができる。, 次の場合には特例が適用されず、実際に乗車した全区間の特急料金が必要となる。この場合、上記の普通列車専用券は使用できないため、別途運賃も必要となる。, これらの区間では普通列車も運行されているが、宮崎空港線、奥羽本線では遠方とを結ぶターミナル駅と市の中心部のアクセスが考慮されて、佐世保線ではこの区間の普通列車が大幅に減便になったことへの救済措置として特急料金不要の特例が設けられている。, 宮崎空港線、佐世保線の特例では、特例区間のみで普通車指定席またはグリーン車に乗車する場合は、普通列車用の指定席券またはグリーン券を別途購入することで乗車可能である。また特例区間を跨いで乗車する場合でも、特急料金は特例区間外のみで計算する。, 一方、奥羽本線の特例は特例区間のみを普通車自由席に乗車する場合のみに適用され、同区間でも普通車指定席やグリーン車に乗車する場合、また新青森駅を跨いで特急に乗車する場合は、新青森駅 - 青森駅間も特急券が必要となる。また「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」は設定当初は適用の対象とされていなかったが、2012年夏季より乗車することができるようになった(「青春18きっぷ」(夏季・冬季)の発売について(JR東日本) (PDF) ), なお室蘭本線(支線)の東室蘭駅 - 室蘭駅間は、特急「すずらん」がこの区間は全て普通列車として運転されているものであり、「特急列車に乗車券のみで乗車可能」とは意味合いが異なる。また「すずらん」以外にも、末端区間は普通・快速列車として運転される特急は複数存在する。, 私鉄においても、特急あるいはそれに準じる名称の速達列車を運行している場合があるが、列車の性格ないしは、会社の判断により特急料金を徴する場合と徴しない場合がある。なお、本項目では冒頭にもある通り有料列車における基本的に目的地への速達サービスに対するものを中心に挙げる。たいていの場合、速達サービスと着席サービスが一体であり、それが分離されているものは少数にとどまっている。, 私鉄の場合、JRとの乗入れ列車を含む有料特急を走らせている場合には特急券が必要である。この場合、多くは速達サービスと着席サービスが一体であり、列車予約が早い段階から行われ、発券される(JRにおいては乗車1ヶ月前からであるが、大体2ヶ月前から3日前程度)。そのため、乗車当日になると目的の列車の座席が無い場合もあり得る。, なお、以下の鉄道会社では「指定券」としての特性を生かし、以下のサービスを行っている。, 東武鉄道では、特急料金を列車の運行する時間帯による割引を実施している。共に詳細はスペーシア・「りょうもう」も参照されたい。基本的には、以下の通りであるが、列車指定となっている。, 近畿日本鉄道、京都丹後鉄道では、両者とも乗り継ぎ料金制度を採用している。具体的な内容は当該項目を参照されたい。, 特急列車に自由席車と指定席車が併結されているケースとして、以下のものが挙げられる。自由席車が料金不要で乗車券のみで利用できるのに対し指定席車に料金が必要な列車では、速達サービスに対する料金ではないため、特急券ではなく、座席指定券・着席整理券・特別車両券等として発行される。自由席・指定席ともに特急料金が必要な列車では、指定席車利用では特急券に座席指定券等を追加する必要がある。, 京成電鉄では、有料特急であるスカイライナー、シティライナーおよびモーニングライナー・イブニングライナーを利用する場合において、特急券が必要である。, 京成電鉄では通勤形車両を使用した特急、および特急より速達の快速特急(ともに料金不要)を運転しているため、最も速達であるスカイライナーの券は「スカイライナー券」となっているが、駅の案内および放送では「特急券」とも案内されている。, 名古屋鉄道の「快速特急」・「特急」の1・2号車(上り先頭の1・2両目)ないしは中部国際空港発着の「ミュースカイ」全車両に設定されている特別車「μ」の座席は、座席指定制としている特別車両券「ミュー(μ)チケット」として、名鉄の主要駅や旅行会社で1乗車360円で発券される。また、特定駅での特定方面同士の乗り継ぎの場合、同時購入する場合に限って1乗車と同額の「乗継ミューチケット」が発売される。, 南海電気鉄道の場合、南海本線特急「サザン」のみが10000系専用車両に「自由席」の通勤形車両を併結した“一部座席指定”制となっており、座席指定券の扱いを行っている。, なお、高野線特急「こうや」、「りんかん」や空港特急「ラピート」については運行当初より“全車座席指定”制を採っており、これらの列車の指定券は「特別急行券」と区別する。, 先述の通り、富山地方鉄道の特急・富士急行の「フジサン特急」の乗車には指定席・展望車・自由席のいずれも乗車券のほか特急券を要するが、富山地方鉄道特急指定席ではさらに座席指定券、「フジサン特急」の展望車利用には着席整理券を必要とする。, イタリア鉄道フェッロヴィーエ・デッロ・スタート(FS)では普通運賃に特急料金や寝台料金を追加する運賃制度であるが、駅や窓口などの購入形態により切符は乗車券と特急券が分かれている場合もあれば、1枚にまとめられている場合もある[19]。, 七尾線の50kmを超える区間(七尾線の全区間営業キロは59.5km)においても特定料金として50km以下の料金が適用される。, 旅客営業規則および旅客連絡運輸規則では「旅客営業規則別表第1号の2に定める列車群に含まれる特別急行列車」に対して適用するとされているきっぷの制度と定義されている。, 自由席料金よりは高い。料金水準はA特急の自由席料金と同程度である。一方、区間によっては座席指定券を含めた急行料金よりも安いケースがある。, 従来急行の運転が中心であった線区において、特急昇格・急行全廃の際実質的に料金値上げとなる額を緩和するために設けられたものであり、長距離区間を除いて原則A特急料金と急行料金のほぼ中間に当たる金額に設定されている。ただしJR四国ではB特急料金の設定がない。またJR北海道・東日本・九州では逆に短距離区間において急行料金より安い特急料金が設定されており、この区間は特急料金・急行料金とも同額となる特例が設けられている。, 基礎的な特急料金であり、2社間又は、同一会社内でも発着駅のいずれかがB料金区間外であれば全乗車区間に適用される。, “上野東京ライン開業に伴い、常磐線特急はより快適に、より使いやすい特急に生まれ変わります。~新たな着席サービスを導入します~”, https://www.jreast.co.jp/press/2014/20141021.pdf, https://www.jreast.co.jp/press/2018/20181019.pdf, https://web.archive.org/web/20201112063532/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho02.pdf, https://web.archive.org/web/20201112093531/http://www.izuhakone.co.jp/railway_news_20201112.pdf, https://web.archive.org/web/20201114024855/https://camel3.com/cms/files/izukyu/MASTER/0100/auKeofzz.pdf, “特急「スワローあかぎ」号が新登場 さらなる着席サービス向上のため、「スワローサービス」を開始します”, https://web.archive.org/web/20150402090100/http://www.jreast.co.jp/takasaki/news/docs/2014swallow.pdf, https://www.jreast.co.jp/press/2014/20141222.pdf, http://www.jreast.co.jp/press/2013/20131208.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=特別急行券&oldid=80442247, 第173条 指定席特急券は、これを所持する旅客が、その指定の乗車駅で乗車しない場合は、他の旅客にその座席または旅客車を指定して急行券の発売をすることがある。この場合、指定駅で乗車しなかった旅客は、当該急行券に指定された座席を請求し、または旅客車に乗車することができない。, 旅客営業規則別表第1号の2の第1項に定める列車群に含まれる特別急行列車(「あずさ・かいじ」などの中央東線特急、「, 「スワローあかぎ」は150km以内、「あずさ・かいじ・はちおうじ・おうめ・富士回遊(JR東日本線内)」は300km以内が最長。, 富士回遊の河口湖線内(富士山 - 富士急ハイランド - 河口湖)のみの利用は乗車券のみで空席の利用が可能, 2時間以上すでに遅れている、ないしは運行する場合に2時間以上遅れそうな場合には「遅延特約」ないしは「遅延承知」と称して遅れることに対して払い戻さない事を条件に5割引をして販売する場合がある。なお、この制度は, この制度を適用した事例としては、旧国鉄時代にこの適用があったとされる著名な事例として、以下の事例が挙げられる。この規定は特急列車がほぼ完全に冷房化された1961年10月1日のダイヤ改正時に制定されたものであり、これらの事例は、専用車両がなかったか、あるいはそれに準用するが, 天候の悪化等の理由により間引き運転がなされ普通列車が運行されない場合、状況的に特急列車に乗車せざるを得ないと判断された際は、該当区間に限り、特急料金不要で一部または全部の特急列車への乗車が認められる場合がある。ただし普通列車が運行できない場合の特例であり、普通列車が運行している状況下では特急料金が必要である。.