�L�Gu`�����"%,B�� �P �j�zK&ФB%��H��dh�R$�%FJ��>N���;�9d��5H�)����=�}��2y *��P1��2�Dzw�W�s��C���~��|R���so�L ���G.x����'�%�$���Tj?�p��~�&`�^��id|����k(��į: Fт+5��R&�~��E_�5�]�����r#����n@��>��=�\��ӯ���YeB�����0V�X} ��Q�^���_� Ɣg Am J Hosp Pharm 1986;43:1193-1203. h޴��n�8�_���$(�I�0�C�8����.T����%Ab��>���n��I�͍9���?IAb$a4!aJ�1��P��`�"� ,H)hQ���-�1m���`X-aZA/�yVg��~1�����tPU���b��0��\��1��i080�]zr�Ʊ���c���8���gT��G��퇙՛܇�M�C�L�6�,�.�����{�v� ����s�9�� �m�5�˫�N{�7W�'���~�����ν�x�y��Ք�fEk�� �ƽm7� ���7���R�U��v��뚻�M��3[:�AV��|���2k@�#���6y��Ϳ[�\�K[�6���ߊ�g���FE�h��^�~��O$�p���tP��Do*�.������������O'.+�Y�\V��]�ML��'��M^���`Q��5N�Y5�����������i�G�~��A�g[�P����}qs����e�(�Pm~}�BN�! h�b```g`` H��U��$7��+�FG��(�?b��������T��b��vN�.���R�f�� K���+�S�5���D��]���~L~g�۲�cjs"Y��Gh%�� [bxpW��G��.���}���r�QJt}!n� �5]��q��C�z_�D֐^�ϩEM�Ⲧ��!��DF�8(��aEY\]��1�{?�c�hCm�����jm��L<2��o�w�h���öx-".�oHtU�'�3]��#����^=�J��>v����� lk06����O���۵��[t0�qO9�u瀂��Q�qg��� �9� !����2��h�3U�&b'��{2�R��� 8��3e�9�W Ω�s�GT�W�Yb�1Wi�����-�uo�����6������L��_�/(!�Y�A3���G�u\����L3��:״��o��9�U�b~�T�������� �"/o�=�S�PX\Z��F4��z7z�-�v���aza�1Qc��M�(���Tlz�H����;O���bQEv�aY��U�,FWi���Q�7�2l��*2n�L� �u/�ד3�,?�¯ ��NM$��4�������1޸�궔������.g�� �l*�Y�R�K!�*�NY�pR剞IDTzp��q)�{i�x�QZ�B��P�u=ǂ#������A�� � 「ミキシング」の実施手順 (1)事前準備として注射指示書の確認をおこなう (2)指示書を見る際には、誤薬を防止するための六つのRの原則を意識しながら確認する. 抗がん薬取り扱いと曝露対策, 抗がん薬の準備、与薬に用いた廃棄物は、廃棄物からの漏れや気化した抗がん薬からの曝露を防ぐため、注射器などの鋭利な物品は耐貫通性の針捨てボックスへ廃棄し、消毒綿や防護具などの物品は密閉式プラスチックバッグに入れて、蓋付きの抗がん薬専用廃棄ボックスに廃棄する, 与薬に使用した備品(処置台、輸液ポンプ、点滴スタンドなど)や、ベッドサイドの汚れは、手袋を着用し、2%次亜塩素酸ナトリウム(漂白剤)と1%チオ硫酸ナトリウム溶液で拭く, アンプルの先端に溜まった薬液は下方に落とし、アンプルを立て1分間ほど静置して実施する。, 注射器内の空気を排出する時や、注射針を取り外すときは、注射針の中に抗がん薬が残らないように薬剤を注射器の中に引いてから行う。, 静脈内注射などの場合は、針を外して注射器の先に筒先キャップを付け、密閉式プラスチックバッグに入れ、抗がん薬であることが一目でわかるように専用の警告ラベルを付ける。, バイアル内の空気を少量吸い上げて少し陰圧にし、注射器内の空気とバイアル内の抗がん薬が自然に少しずつ交換するように吸い上げる。, 散薬に溶解液を入れる時も、決してバイアル内が陽圧にならないよう、まずバイアル内の空気を注射器で吸引し、自然に少しずつ溶解液と空気が入れ替わるようにする。, 針穴からの抗がん薬漏れを防止するため、散薬を溶解する場合は、バイアルから注射器を外さないで実施する。, バイアルから針を抜く時には、少量の空気を注射器に吸い上げ、バイアル内を少し陰圧にして抜く。, 点滴バッグの薬液注入口に注射器の針を刺入する時に、誤って押子が押されないよう十分注意する。, 点滴バッグ内を陽圧にしないため、バッグ内の空気を少量吸引し、注射器内の薬剤と交換するように注入する。, 薬液注入後は、針内の抗がん薬が漏出しないよう、点滴バッグ内の空気を少し吸引してから針を抜く。, 準備が完了した点滴バッグは、密閉式プラスチックバッグに入れ、抗がん薬であることが一目でわかるように専用の警告ラベルを付ける。, 抗がん薬の入っていない点滴用剤で、点滴セットをプライミングした後、吸水性シートを敷いた処置台の上で、抗がん薬入りのバッグの注入口を上にして垂直に刺入する, 抗がん薬の入っていないメインの輸液で、点滴セットをバックプライミングする(図6)。, 抗がん薬入り点滴バッグのビン針が確実に刺入されていること、ラインが確実にクランプされていることを確認する。, 抗がん薬点滴バッグのビン針刺入部からの漏れを防ぐため、ビン針刺入部に滅菌ガーゼを当てながら点滴バッグを逆さにして、点滴スタンドに掛ける。, 滴下速度を調整し、抗がん薬が点滴バッグのビン針刺入部や接続部から漏れがないことを確認する。, 目で確認できない抗がん薬の飛び跳ねや漏れをふき取るため、水で濡らしたガーゼでラインを患者の接続部から、点滴バッグに向かって拭く。, 残った抗がん薬は点滴バッグに入れたまま、バッグをつぶしたり切断したりしないで廃棄する。, 点滴が終了し取り外した点滴バッグは点滴セットをつけたまま、吸水性シートとともに密閉式プラスチックバッグに入れ、耐貫通性の廃棄容器に捨てる。絶対に点滴ルートを切断しない。, 石井範子編,看護師のための抗がん薬取り扱いマニュアル-曝露を防ぐ基本技術-第2版,ゆう書房,2013. H��WɊG��W���9�����e#�`�oB�Z��Ō������ˬ��E�`,Q]���x��ͧ;g~~7��q���W��"�$�mt������̏�:�>��]�|�P���� �8��i� ~���*>�ڸ������Ά�9�D�\�V�$�&Yu�-������x�w��g��f�y2��b�|�� �;τ����8�2����}�E��`�%��i������/���3!ڨ�dU���C��0�Z����ƿ!Γym�պ�ޱ:+��hS���Т�N���뛃�P��=�.q��� 次にプライミング後,三方活栓を まわして,抗がん剤を点滴 プライミングとバックプライミングの違い Gu�R�0T�@YVK�G�q��d�Rr\>�>{mC����6wO�G����& e��s�-�x�;�&ս'Y��/p\j_O��4��'H��3��P�f��R�s�ٓ�[HÕ7iKA`m{`��º>��_��K��8�|ց�7��J^a�8�c/�I�HYx� �d���S@���L~���O{㯋gL���&i؂P"y Oncology Nursing Society.Safe handling hazardous drugs.Pittsburgh:ONS,2003;1-56, 日本病院薬剤師会監,抗悪性腫瘍剤の院内取扱い指針,抗がん薬調製マニュアル 第3版,じほう,2014. endstream endobj 71 0 obj <> endobj 72 0 obj <> endobj 73 0 obj <>stream q���6)�O1Am"�Џt�.2/�,i���w�{u ψ��ǫ´g���/���E�zT����P��Ibq�4�L�L�����ph��+��_o�$Q֔�aYZ :g�%�8a>�:C�[3�REO+�*#bON%��8]e��f��:sh��>�� qO�n�w���%)�j+�y�Ζ�궨���RQ�Q�y�I�$�\�,�aNs֫ecL�r�Ζ�� このサイトは、日本国内の医療従事者の方へ情報を提供することを目的として作成されています。医療従事者以外の一般の方並びに日本国外の医療従事者の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。あなたは医療従事者ですか?, どのような与薬方法においても、薬の準備・与薬・終了後の処理の際には、次のように取り扱います。, ここでは、点滴静脈内注射法の抗がん薬取り扱いを中心に、概要を説明させていただきます。他の方法や、より詳しい手順や説明が必要な方は、「看護師のための抗がん薬取り扱いマニュアル」1)をご参照ください。, 調製時には、高濃度の薬液に曝露する危険性がありますので、Ⅲ-2でお伝えしているように、防護具を装着し、安全キャビネット内で、吸水性シートを敷くなど環境を整えて行います。安全キャビネットがない場合は、人通りの少ない換気装置のある調製台で、他の薬剤の調製とは分けて実施します。, 曝露の機会となるのは、点滴バッグと点滴セットの接続時、点滴セットのプライミング時などです(図5)。, ルートの接続が外れるのを防止したり、点滴セットからの抗がん薬漏れを防止する閉鎖式与薬関連製品が販売されています.それぞれの製品特性、使用方法を正しく理解して、用いることが推奨されます。専用の物品を使用できない場合は、点滴セットは接続部がロック式で、補助バンド付きのものを用いる必要があります。, また、抗がん薬の入った点滴バッグに点滴セットを接続する場合、抗がん薬でルートをプライミング(充填)することは、抗がん薬漏れのリスクが非常に高いため絶対に行ってはならない行為です。抗がん薬入りの点滴バッグと点滴セットの接続の方法は以下のどちらかの方法で行います。, 注射法による与薬において曝露の機会となるのは、各接続部からの漏れ(点滴バッグ-点滴セットのビン針、点滴セット-メイン点滴の側管口)、点滴バッグ注入口からの漏れなどです。, 抗がん薬点滴バッグのビン針の刺入や抜去は、抗がん薬のエアロゾルや液だれを生じ、曝露の危険性が非常に高いので、抗がん薬のバッグごとに新しい点滴セットを用いることが推奨されます。特に抗がん薬入り点滴バッグを点滴スタンドに掛けたまま、ビン針を抜去・刺入することは、抗がん薬が漏れる原因となるため絶対に行ってはならない行為です。, やむを得ず、抗がん薬のビン針の差し替えをする場合は、患者から離れた足元に設置した台の上で行います。台の上に吸水性シートを敷き、点滴バッグの注入口を上向きにして、ビン針を垂直に抜去、刺入するようにします。, また、点滴セットを側管注入口から取り外す際には、微量な漏れの危険性があります。終了後の抗がん薬の点滴セットはできるだけ側管注入口から外さず、メインルートに接続したままにして、メインの点滴が終了した時に一緒に廃棄することが望ましいとされています。レジメンの都合などによりメインルートから抗がん薬点滴セットを外す場合には、抗がん薬が接続部に残らないように、抗がん薬以外の輸液をバックプライミングした後、それを滴下してから吸水性シートの上で外すようにしましょう。, ©2019 Cardinal Health. 4 0 obj ・プライミング プライミングとは、輸液時に輸液ラインに薬剤を満たし、その薬液を流し去る事で、空気の混入を防ぐことです。 ・プラーク プラークとは、歯垢、溶菌斑、斑などを指します。 ・フラクチャー フラクチャーとは骨折の事です。 ・プラスマ PICC挿入手順サマリー 詳細は各手順のページで 解説されています ① ② ③ ⑦ ⑧ ⑨ ⑧ この段階で局所麻酔を行う(p.56)。 ⑨ ガイドワイヤー挿入部の皮膚を1mm 程度,切開してから,ガイドワイヤー に沿わせてシースイントロデュー サーを挿入する(p.57)。 110 0 obj <>stream 輸液ポンプは患者に点滴をするときに使う医療機器で、手術室・透析室・病棟といった多くのフロアで使用する医療機器ではないでしょうか。, 輸液ポンプの原理は、機器にセットした輸液セットのチューブを複数のフィンガーで押圧することで薬液を送り出します。, 滴数制御型は、滴下プローブ(輸液セットの点滴筒に装着するプローブ)で滴下をカウントして、流量を制御する。, 流量制御型は、メーカー指定の輸液セットを使用する必要があり、汎用の輸液セットを使うことができません。, それは、滴数制御のように一滴一滴カウントして設定した時間当たりの流量を調整するのではなく、「フィンガーが動くとどのくらいの量が送り出されるよ。」ということが計算されているので、用意されたメーカー指定の輸液セットしか使えないのです。, いきなりですが、まずは間違え探しからいきますよ。いくつか間違えがあるので探してみてください。, 輸液セットをプライミングするときの注意点として、点滴筒にためる薬液の量がポイントとなってきます。, テルモの輸液ポンプの側面には、チューブセットの手順が書いてあるのでこの通りにするとできますよ。, 離していることで、パックからの薬液が漏れてきたときにそのまま薬液が床に落ちるからです。, 輸液ポンプの上に点滴筒があると漏れてきた薬液が機器に直にあたり故障する原因になります。, 点滴プローブには赤外線が流れていて、薬液がその赤外線を遮断することでカウントされます。, 確認後に輸液をスタートしたら、すぐにそこから離れるのではなくて、実際に輸液ポンプが動いているのを確認しましょう。, 閉塞アラームは、輸液ポンプよりも下の部分に何らかの閉塞があった場合に起こる警報です。, 輸液ポンプには閉塞センサーがついていて、その部分に圧がかかることでアラームが発生します。, さらに冷たい薬液を使うと温まったときに中の溶存空気が出てきて、気泡となることがあります。, ルートをボールペンにぐるぐると巻きつけて気泡を逃すスタッフもいると思いますが、基本的にNGな対処法なのでやめましょう。, 点滴プローブで滴下をカウントしているので、点滴プローブがセットされていないと流量異常アラームが発生します。, また点滴プローブが液面に近いと薬液が落ちたときのはね返りをカウントしてしまうこともあります。, チューブはまっすぐにしてセットしますが、少し緩みがあったり浮かせてセットした場合は正しく流れないこともあるので、注意が必要です。, 使用中にバッテリアラームがならないように輸液ポンプを使うときは必ずコンセントをつなぎましょう!, コンセントのつなぎ忘れや輸液ポンプ後ろの接続部分が緩かったりすると、内蔵バッテリで動作するので注意しましょう。, 輸液ポンプは、使う機会がかなり多い機器なので正しい使い方やアラーム対応の知識は必要ですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.