柏レイソル. 1試合平均シュート数 : 3.4 (リーグ4位) 3. 2020. 柏レイソルのネルシーニョ監督(70)が26日、29日の鹿島戦に向けオンライン取材に応じ、離脱中のfwクリスティアーノの復帰が近いことを明かした。 1試合平均クロス数 : 3.9 (リーグ8位) 千葉県柏市をホームタウンとする、jリーグ加盟の「柏レイソル」の公式サイトです。試合結果、スケジュール、チケット、チーム情報をいち早くお届けします。 1試合平均チャンスクリエイト数 : 3.3 (リーグ2位) 2. [8]。, データで振り返るJ2前半戦。1年でのJ1復帰を目指す柏は“決定率”が課題に【Jリーグ】, https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111600486&g=spo, 【J2】柏が優勝!横浜FCが自動昇格へ王手をかけ、プレーオフ争いは大混戦のまま最終節へ, https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/83565, “サンガ13失点歴史的大敗「現実と受け止められない」 駆け付けたサポーターぼう然”, https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/84023, オルンガが魅せた驚愕のゴールショー! オルンガ 6分, 23分, 33分, 57分, 65分, 67分, 78分, 90+1分 瀬川祐輔 27分 クリスティアーノ 60分, 70分, 84分 マテウス・サヴィオ 79分: 公式記録: 小屋松知哉 38分 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) J.LEAGUE Inc. PIA Corporation.ALL RIGHTS RESERVED. 柏レイソル: 13 - 1 京都サンガf.c. 本サイト(Jリーグ.jp[日本プロサッカーリーグ])で使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。© クリスティアーノのtop3スタッツ; 1. 昇格チームと ... 怪我で出遅れた大黒柱のクリスティアーノも復帰し、攻撃力はさらに増している。一方で守備陣には古賀太陽、大南拓磨ら若手が台頭。日韓の代表がポジション争いを繰り広げるgkのレベルもリーグ最高峰にある。 この項目では、2019年11月24日に行われたJ2リーグ 第42節(最終節)のうち、千葉県柏市の三協フロンテア柏スタジアムで行われた柏レイソル対京都サンガF.C.の試合について述べる。, 2019年のJ2リーグは、黄金期を率いたネルシーニョを再招聘し優勝の大本命と目されていた柏が序盤足踏みする[1]も、前年夏に加入したFWオルンガの活躍もあり6月から8月にかけての11連勝を機に独走態勢に入り、最終節を前にした第41節のFC町田ゼルビア戦(町田市立陸上競技場)での勝利により、最終節を待たずしてJ2優勝・J1復帰を決めており[2]、最終節は順位等に関係の無い試合となっていた。, 一方の京都は、この年監督に就任した中田一三のもとでポゼッションスタイルを浸透させ[1]、リーグ中盤では一時首位に立つものの、そこからの混戦の中でじりじりと順位を下げ、第41節終了時点ではJ1参入プレーオフ進出圏にも届かない勝点68の7位にとどまっていた[3]。しかしこの時点で6位ヴァンフォーレ甲府とは勝点で並び、4位モンテディオ山形・5位徳島ヴォルティスとは勝ち点2差であり、勝てば最終節での上位陣の結果次第では逆転で進出が見込める状況にとなっていたものの、6位甲府及び勝点67(京都と勝点差1)の8位水戸ホーリーホックとは得失点差で水をあけられており、しかも上位の3チームが下位チームと対戦する中で、「出来れば大勝、最低でも引き分け以上」が必須要件になっていた[4]。, この試合、柏は前節から2人変更したオルンガの1トップ布陣を敷いたのに対し、京都はこの年全試合出場を果たしていたDF黒木恭平を出場停止で欠き、前節までの3バックから本多勇喜と安藤淳を起用する4-3-3の攻撃的布陣を敷き、さらにDF登録の控え選手は冨田康平1人のみとするなど、攻撃的な選手交代を見据えていた[5]。, キックオフからわずか1分、柏は右サイドの崩しからMF瀬川祐輔がオープニングシュートを放ち、直後のコーナーキックでDF鎌田次郎の反らしからFW江坂任がゴールに迫るなど、序盤から柏が攻勢に出る[6]。するとその流れのまま6分、相手陣内でボールを奪った瀬川が中央をドリブルで攻め上がり、ラストパスを受けたFWオルンガがゴール左上へ強烈なシュートを放ち先制点を挙げる[6]。すぐに追いつきたい京都だったが、DF本多が前半14分にアキレス腱断裂の大怪我を負い、プレー続行不可能となって早くもDF冨田との交代カードを切らざるを得なくなる。その後も柏ペースで試合は進み、23分に右サイドからMFクリスティアーノが上げたクロスをオルンガが頭で合わせ2点目、27分にはDF高橋峻希のグラウンダーのクロスに瀬川が右足で合わせ3点目を挙げる。さらに33分、中盤でヒシャルジソンがボールを奪い、スルーパス。反応したオルンガがドリブルで攻め上がり、GKとの1対1を冷静に決め、オルンガは前半だけでハットトリックを達成した[6]。京都はこの時点で4バックから3バックに布陣を変更、これが功を奏したか38分にDF冨田のクロスを受けたFW一美和成が放ったシュートをGK中村航輔が弾いたこぼれ球をFW小屋松知哉が押し込み1点を返す。しかし前半終了間際の柏のコーナーキックで京都DF田中マルクス闘莉王が京都DF安藤と味方同士で接触し鼻から出血[7]、治療を続けたまま前半が終了し、4-1と柏の3点リードで折り返した[6]。, 京都は出血の止まらないDF闘莉王を後半開始から下げざるを得なくなるが、前述のとおりDFの控え選手が残っておらず、FWエスクデロ競飛王を前線に投入[6]。これにより本職のセンターバックが上夷克典1人のみとなり、攻守のバランスを欠いた状態で後半45分を戦わざるを得なくなる[7]と、ここから柏がゴールラッシュを見せる。57分、ペナルティエリア内でパスを受けたオルンガがゴール右へシュートを放ち5点目を挙げると、直後の60分にはオルンガのパスを受けたクリスティアーノがカットインから弧を描くミドルシュートを決め6点目、64分には単独で攻め上がった江坂任のシュートのこぼれ球をオルンガが押し込み7点目、67分には左サイドの瀬川のクロスに走り込んだオルンガが頭で合わせて連続ゴールで8点目を挙げた。この時点でオルンガはダブルハットトリックを達成[6]。柏の攻勢はさらに続き、70分には右サイドでボールを受けたクリスティアーノがシュートを決め9点目(自身2点目)、78分には途中出場のマテウス・サヴィオのボレーシュートがオルンガに当たってゴールへ入り10点目(オルンガは7点目)。直後の79分にはエリア内のこぼれ球をマテウス・サヴィオが流し込み11点目、82分にはロングパスを収めたオルンガからパスを受けたクリスティアーノが決め、クリスティアーノもハットトリックを達成[6]。京都はエスクデロが1対1の決定機を作り出すもGK中村のビッグセーブにあって得点ならず、逆にアディショナルタイムにはロングパスを受けたオルンガがGKを交わしてシュートを決め自身8点目、合計で13点目を挙げてようやく試合終了[6]。柏が13-1という記録的大差で京都を下し、優勝に花を添えた。, 一方の京都は駆けつけたサポーターが最後まで応援の声を切らさなかったものの、勝てば6位浮上となっていた試合で惨敗を喫し8位に終わる結果となった クリスティアーノ・ダ・シウヴァ(Cristiano da Silva、1987年 1月12日 - )は、ブラジル・パラナ州 カンポ・モウロン (ポルトガル語版) 出身のサッカー選手。 Jリーグ・柏レイソル所属。 ポジションはミッドフィールダー、フォワード 明治安田生命j1リーグ第30節が28日に前倒しで行われ、fc東京と柏レイソルが対戦した。 ... 1-3 75分 クリスティアーノ(柏 ... 27. 過去の記録を大幅に更新する歴史的なゴールラッシュに!【Jリーグ】, https://www.nikkansports.com/soccer/news/201908180000114.html, https://www.nikkansports.com/soccer/news/201911240000824.html, https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/87909, https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=72944, “【動画】11月のJ2月間ベストゴールは柏FWクリスティアーノのビューティフル弾!今季2度目の受賞”, https://www.goal.com/jp/ニュース/動画11月のj2月間ベストゴールは柏fwクリスティアーノのビューティフル弾今季2度目の受賞/1davncn3ccd1z16yuq9nl1lwd0, “柏、J1昇格即優勝の再現なるか? 衝撃の「13-1」は新たな戦いの序章にすぎない”, https://real-sports.jp/page/articles/331571821964952828, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2019年J2最終節_柏対京都&oldid=80344594, これまでは上述のC大阪 1-9 磐田・清水 8-0 群馬の他、以下の3試合を含む5試合での8点差, これまでは1998年8月8日のJリーグ1stステージ第17節・セレッソ大阪 5-7 柏レイソル(長居スタジアム)の12点が最多。, オルンガはこの試合8得点を挙げ、年間得点数で27得点にまで伸ばしたが、同日の試合で1ゴールを挙げた, 京都監督の中田一三は前年過去最低の19位に終わったチームを立て直したものの、結果的にプレーオフに進めなかったことで、クラブ側の「指導体制の見直し」の方針により、この試合を最後に監督を退任した。コーチの, J2の11月度の月間ベストゴールに60分のクリスティアーノの1点目(チーム6点目)が選出された.