特急しおかぜは、JRの岡山駅と松山駅を結ぶ特急列車です。特急しおかぜに使用されている車両の特徴や自由席・指定席・グリーン席の料金、特急しおかぜに関するいろいろなトリビアなど、これから乗る方に向けて詳しく解説します。, 特急しおかぜは、岡山県の岡山駅と愛媛県の松山駅を結んでいるJRの特急列車です。岡山駅と児島駅の間はJR西日本で、児島駅~松山駅の間はJR四国の管轄になります。現在使われている車両は、8000系と8600系の2つのタイプがあり、車両編成は7両か8両が基本となっています。, chiaki(@koou_pht)がシェアした投稿 - 2019年11月月11日午前12時57分PST, 特急しおかぜは、四国初の特急列車として誕生しました。しおかぜの名前の由来は、瀬戸内海から吹く塩気を含んだ風である潮風のイメージを、ひらがな表記したことからきています。特急しおかぜには使用されている車両、料金、停車駅、特急しおかぜにまつわるトリビアなど、さまざまな面で面白さがあります。, トンビ(@tonbi3501)がシェアした投稿 - 2019年11月月29日午前9時15分PST, 特急しおかぜは、岡山駅と松山駅のあいだを毎日運行しています。岡山駅発の下り始発1号が7時23分で、松山駅着は10時5分です。岡山駅の下り最終発29号は22時で、松山着が0時55分になります。上りの最終発30号は松山駅18時41分で、岡山駅着が21時29分になります。1日に15往復の運転となっています。, chachabon(@chachabon5913)がシェアした投稿 - 2019年11月月22日午後3時15分PST, 8000系は何度か内外装をリニューアルしており、現在は指定席が木材や木目調の落ち着いた内装になっております。最高速度は、130キロメートル。制御付自然振子装置を装備していることで、快適かつ高速でカーブを通過することが可能となっています。, 371-TAQ(@taqyang)がシェアした投稿 - 2019年 9月月16日午前5時07分PDT, 8000系も6000系と同じくリニューアルが施されております。洗面所は、砥部焼の手鉢と藍染めの暖簾を使用しています。特急しおかぜは5両編成で、グリーン車は1号車の車両の半分です。あとの半分と2・3号車が指定席。4・5号車が自由席となっています。, 8000系車両にはアンパンマン列車もあります。空と虹をイメージしたカラフルなデザインが子供たちに大人気です。特急しおかぜの「9・10・21・22号」がアンパンマン列車で、1両目の車両には虹をイメージしたアンパンマンシートの指定席が16席用意されています。空をイメージしたデッキや森をイメージしたトイレなど、ファンタジー感あふれる列車です。, 8600系は「レトロフューチャー」という、先進性と懐古性を持たせたデザインコンセプトの最新の車両です。お客様ファーストが感じられる、おしゃれな内外装です。 宇和島から岡山への乗り換え案内です。電車のほかに新幹線、飛行機、バス、フェリーを使用するルートもご案内。ic運賃、定期券料金、時刻表、運行状況、駅周辺の地図も確認できます。航空券予約、新幹線チケット予約、始発・終電検索も可能 特急『しおかぜ』路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。駅名は、主な停車駅のみ表示), 特急『しおかぜ』は、岡山駅(岡山県岡山市)と松山駅(愛媛県松山市)を結ぶ特急列車です。, 香川県〜愛媛県にまたがる四国北部の各都市と、本州各地を接続する役割を果たしています。, 岡山〜児島間はJR西日本の区間、児島〜松山間はJR四国の区間を走っていますが、乗車する際にその点を特に意識する必要はありません。, 岡山・児島・宇多津・丸亀・多度津・詫間・高瀬・観音寺・川之江・伊予三島・新居浜・伊予西条・壬生川・今治・伊予北条・松山, 次に、特急『しおかぜ』の運賃・料金(主な区間のみ)について確認しておきます。大人1名が通常期に乗車するという条件です。普通車指定席の場合、繁忙期は通常期に200円プラス、閑散期は通常期から200円マイナスです。, 高速バスと特急『しおかぜ』の所要時間と費用を比較してみます。大人1名が岡山〜松山間を片道乗車するという条件です。, 特急『しおかぜ』の運賃・料金は相対的に割高ですが、以下で紹介するような割引きっぷを利用して、ある程度は費用を抑えることが可能です。, 岡山自由席トク割回数券は、JR四国が発売している4枚つづりの特急しおかぜ回数券です。, 岡山指定席トク割きっぷは、JR四国が発売している特急しおかぜの指定席往復きっぷです。, 岡山週末指定席トク割きっぷは、JR四国が発売している特急しおかぜの指定席往復きっぷです。, eきっぷは、インターネット予約サービス『e5489』の会員向けに発売されている割引特急券です。, 上で紹介した割引きっぷの価格を比較してみます。大人1名が通常期に特急『しおかぜ』で岡山〜松山を往復するという条件です。, カッコ内は、予約したきっぷの受け取り可能エリアです。JR西日本とJR四国のエリア内にお住まいの方は、『e5489』を利用すれば、JR西日本またはJR四国の駅できっぷを受け取ることができます。, 特急列車の予約方法(きっぷの買い方)についてさらに詳しくは、以下の記事をご覧ください。, ※以前は一部の列車が松山駅より先の宇和島駅まで運転していたのですが、2016年3月のダイヤ改正により全列車が松山駅止まりとなり、松山〜宇和島間の特急『宇和海』と完全に分断されました。, ※これまで割引の一つとして紹介していた「ヤングウィークエンドカード」は、2017年3月31日でサービス終了になりました。, 「格安旅行ナビ」をご覧いただきありがとうございます。お得なきっぷ・LCC・高速バスなど、格安旅行に関する情報をメインテーマに、旅行関連情報を幅広く配信しています。旅行の計画を立てる際に当サイトの情報を利用し、少しでも楽しい旅行をしていただければ幸いです。交通事情の変化に対応して新しい情報を加えるなど、常にコンテンツの修正・更新を行っています。, JR北海道が期間限定のPeach利用者向け乗り放題きっぷ『Peachひがし北海道フリーパスSP』『Peachひがし北海道フリーパスSP』を明日から発売します。価格はいずれも9,800円(大人)で、従来のPeach向けきっぷが値下げになりました。利用期間は10月30日〜2021年4月5日です。, 近鉄が11月4日から「近鉄全線3日間フリーきっぷ」を発売します。近鉄全線が連続する3日間乗り放題になるきっぷです(特急列車に乗車するには別に特急券が必要 )。価格(大人)は3,000円、利用期間は11月5日〜2021年3月1日で、前日までの購入が必要です。https://t.co/ELUb84YwO7, JR東日本が明日から「サンキュー❤ちばフリー乗車券」を期間限定で発売します。往復復車券(東京都区内発)とフリーパスがセットになったきっぷで、フリーエリア内(千葉県内)で普通・快速列車が連続する2日間乗り放題です。利用期間は10月6日〜11月30日、価格は4790円です。, 今日からJRの2020年版「秋の乗り放題パス」が利用開始です。利用期間は10月3日〜10月25日、価格は7,850円です。秋の乗り放題パスについて詳しくはこちら→, JR西日本が「山陽新幹線 直前割50」という50%割引きっぷをe5489で期間限定で発売します。新大阪〜広島が5210円、新大阪〜博多が7630円など。利用期間は9月18日〜9月22日、9月25日〜9月27日です。列車は「こだま」と一部の「ひかり」限定。乗車日の3日前〜前日に購入できます。, JR西日本が「どこでもドアきっぷ」という乗り放題きっぷを期間限定で発売します。JR西日本全線が2日間乗り放題(2日間用)、JR西日本・JR九州・JR四国の各線が3日間乗り放題(3日間用)の2つのタイプがあります。利用期間は10月1日〜12月25日です。, JRの「秋の乗り放題パス」が、2020年も発売されます。JRの普通列車・快速列車が、連続する3日間乗り放題になるきっぷです。利用期間は10月3日〜25日で、去年より利用期間が1週間長くなりました。価格は7,850円(大人)です。詳しくはこちら→, 北陸新幹線の50%割引きっぷの利用期間が、2021年3月31日まで延長されました。JR東日本の「お先にトクだ値スペシャル」と、JR西日本の「eチケット早特21」が対象です。東京〜金沢が7090円、東京〜富山が6380円など。, JR東海ツアーズが「ひさびさ旅は新幹線!」キャンペーンで、東海道新幹線の格安旅行商品を発売しています。東京〜新大阪の日帰り往復(列車は早朝発限定)が15,200円〜など、他にも設定があります。9月30日出発分までの設定です。旅行商品なので券売機等では購入できません。, https://kakuyasu-ryoko.com/railway/exp/shiokaze/, 6日間以内に特急しおかぜの普通車指定席で松山〜岡山を往復される方にとって、便利なきっぷです。, 土日・祝日に利用するなら、下で紹介している岡山週末指定席トク割きっぷのほうがおトクです。, 内容は岡山指定席トク割きっぷと似ていますが、土日・祝日に利用するきっぷという点と、有効期間が2日間であるという点で違います。, e5489はJR西日本が運営しているサービスですが、JR四国の主要駅できっぷを受け取ることも可能です。, 週末乗り放題きっぷで乗車できるのはJR四国のエリア限定なので、JR西日本の区間が含まれる場合は、その区間の運賃・料金が別に支払う必要があります。, 割引が適用されるには、片道71km以上の往復乗車券と、1列車51km以上の特急券(往復)を同時に購入するという条件があります。.   var link = document.getElementsByTagName("link")[0]; 特急「しおかぜ」は現在は岡山~松山を運行しています。 1972年(昭和47年)に登場した時は高松~宇和島間を運航していました。 1988年(昭和63年)に瀬戸大橋が開通した時に、岡山~松山・宇和島の特急列車になりました。 冬の岡山で訪れたい有名観光スポット12か所をご紹介するページ。江戸時代にいるかのような気分が味わえる白壁の倉敷美観地区から... 冬の岡山の観光デートスポットを紹介します。冬の岡山を観光する上での気温や寒さ対策といった注意点、おすすめの移動方法も解説し... 有名なレジャースポットの冬の顔、穴場の絶景スポットにグルメまで、いつもとは違う表情を見せる冬の岡山は魅力満載!今回は、冬の... 日本三名園の後楽園など観光スポットが点在する岡山県。瀬戸内海に面するこの地は、白桃やマスカットが全国1位の生産量を誇るフル... 幻の青うなぎについて、なぜ幻といわれるのか、値段はいくらくらいなのか、通常のうなぎとの見分け方は、などをご紹介しています。... 倉敷にある人気のおみやげが勢揃いするスポットをご紹介します。倉敷観光するなら、人気のおみやげスポットをチェックしておきまし... 子供も大人も大好きな「だがし」。そんな駄菓子を思う存分楽しめる「日本一のだがし売り場」というお店が岡山にあります。定番から... 岡山には個性あるケーキ店が多く、店舗によってケーキの種類もさまざまです。ショートケーキや焼き菓子だけではなく、ホールケーキ... 情緒ある町並みの倉敷や桃太郎ゆかりの吉備路など、冬に家族で行きたい岡山観光のおすすめスポットをご紹介します。岡山名物のグル... コストコがない岡山県でも、鴨方にオープンしたコストレに行けば人気商品を入手できます。岡山コストレの特徴やコストコとの違い、... 岡山のホタルが見られる名所や穴場の観賞スポット13選をご紹介します。初夏から夏にかけてあちこちの川や池で見られるホタルの幻... 倉敷のもらって嬉しいおみやげ人気25選をご紹介します。岡山県は豊かな自然に恵まれ、魚介類やフルーツなどおいしい食べ物のほか... 岡山県津山市は絶品グルメの宝庫です。名物ホルモンうどんをはじめ、肉料理は特に絶品。ランチからディナーまで食事を楽しめるお店... 特急しおかぜは、JRの岡山駅と松山駅を結ぶ特急列車です。特急しおかぜに使用されている車両の特徴や自由席・指定席・グリーン席... 出典: http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/event_train/yosan.html, 出典: http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/syaryou/8600.shtm, 出典: https://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/kakueki/index.html, 出典: http://www.jr-eki.com/enjoyclub/enjoy-club.html.   link.href = url; // リンク先URL 特急『しおかぜ』と競合する移動手段は、 高速バス です。具体的には、以下の路線です。 マドンナエクスプレス(岡山〜松山) 高速バスと特急『しおかぜ』の所要時間と費用を比較してみます。大人1名が岡山〜松山間を片道乗車するという条件です。   var url = "https://mizuho-nozomi.com/taketrain-shiokaze"; // リダイレクト先ページ 宇和島から岡山の乗換案内です。最短ルートの他、乗換回数や料金など、条件別にルート検索可能です。始発・終電・復路の検索や、時刻表・運賃・路線図・定期代・18きっぷまで情報多数。運行情報、構内図、出口案内、地図も提供中。     location.href = url; "); 特にグリーン車のゆったりとくつろげるシートは快適で、ラグジュアリー感は8000系よりもすぐれています。普通車も機能性は十分。車椅子でも乗車できるバリアフリー対応となっています。, 快適な走行性を確保するために、8600系には列車のカーブ通過時に車体を傾斜させて横揺れを低減できる、空気バネ式車体傾斜気候が採用されています。 「岡山トク割回数券」は4枚綴りで松山と岡山間が13,800円、1枚あたりは3,450円と4割以上の値引き率。有効期限は3ケ月です。「岡山指定席トク割きっぷ」は指定席往復きっぷで、往復8,800円。有効期間は6日間です。「岡山週末指定席トク割きっぷ」は土日・祝日限定で、往復8,170円と、さらにお得な料金です。, れびゅう(@revue_water)がシェアした投稿 - 2019年12月月7日午後2時48分PST, 特急しおかぜにお得に乗りたいなら、「週末乗り放題きっぷ」という手もあります。JR四国が発売しているフリーきっぷです。土日祝日と年末年始に限定して、JR四国と土佐くろしお鉄道の特急列車自由席が乗り放題となります。料金は10,460円。ただし、JR四国のエリア内限定ですから、特急しおかぜの岡山~児島間はJR西日本エリアですので、別途料金がかかります。, 年齢が高い方はシニア限定のきっぷが使えます。JR四国が運営する「四国エンジョイクラブ」という会員制サービスは男性60歳以上・女性55歳以上が会員資格で、会費は年間1,500円。片道71キロメートル以上の往復乗車券と1列車51キロメートル以上の往復特急券を同時に購入するという条件があります。条件を満たした場合、料金が30%の割引されます。, たかタン(@sumida920)がシェアした投稿 - 2019年 8月月5日午前4時03分PDT, 特急しおかぜの生い立ち、使用されている8000系や8600系の車両について、料金や停車駅など、詳しく解説しました。この記事を参考にして、JR四国を走る特急しおかぜを、お得に満喫しましょう!, 美味しいもののためなら、どこまでも出かけていき、叶わぬのなら自分で作ります。趣味が高じて始めた飲食業を20年ほど続けて、今は隠居の身です。. 特急しおかぜは、岡山駅と松山駅のあいだを毎日運行しています。岡山駅発の下り始発1号が7時23分で、松山駅着は10時5分です。岡山駅の下り最終発29号は22時で、松山着が0時55分になりま … [CDATA[  // 移行を伝える「canonical」の書き換え 岡山駅のしおかぜの時刻表ダイヤ(松山方面)の情報を掲載しています。平日ダイヤ・土曜ダイヤ・日曜・祝日ダイヤを掲載。日付指定して時刻表を検索することもできます。 しおかぜの岡山駅から松山(愛媛)駅の時刻表です。ジョルダンでは全国の駅の時刻表のほか、新幹線・フェリーの時刻表を検索できます。平日・土曜・休日ダイヤを掲載。日付を指定して検索することも …   function redirect(){   } // " + url + "
自動で切り替わります。3秒お待ち下さい。

しおかぜは、四国旅客鉄道(JR四国)および西日本旅客鉄道(JR西日本)が岡山駅 -伊予西条駅・ 松山駅を宇野線・本四備讃線・予讃線経由で運行している特別急行列車である。, 山陽新幹線に接続して、岡山市と香川県の西讃・愛媛県の各都市を結ぶJR四国の主力列車である。, 1972年3月15日に、それまで運転されていた急行「いよ」を格上げしたことにより、高松駅 - 宇和島駅間で運転を開始した。同時期に運転を開始した「南風」とともに、四国初の特急列車であり、1986年11月1日にエル特急に指定されている。, 1988年4月10日に本四備讃線(瀬戸大橋線)が開通に伴って岡山駅発着に変更され、引き続き高松駅を発着する列車は「いしづち」として運転されるようになった。, 瀬戸内海の「海から吹く塩気を含んだ風」である潮風を平仮名表記にしたものである。「しおかぜ」の名称は、1965年から1968年まで、新大阪駅 - 広島駅間を運行する特急の名称として使用された(「山陽本線優等列車沿革」を参照)。また、房総地区の臨時列車にも漢字は異なるが「汐風」が存在していた。, 岡山駅 - 松山駅間で下り15本・上り14本、伊予西条駅 - 岡山駅間で上り1本が運転されている。, 運行区間のほとんどが単線区間で列車の増発が困難であることから、伊予西条駅始発の1本を除き、宇多津駅・多度津駅 - 松山駅間で高松駅発着の「いしづち」を併結している。ただし、多客期(大型連休・お盆・年末年始)は一部列車を除いて宇多津駅または多度津駅での増解結作業を行わず、全編成が岡山駅発着の「しおかぜ」として運転される。この場合、高松駅 - 宇多津駅・多度津駅間に接続列車として臨時「いしづち」が運転され、宇多津駅 - 多度津駅間の各停車駅で乗り換えとなる。また、団体客が乗車する場合も同様で、時刻表に載らない場合が多い。逆に、瀬戸大橋が強風で運転を見合わせ、予讃線のみ運行可能な場合は、宇多津での切り離しはせず、全列車全編成とも高松駅発着となる。, 1990年に2000系の量産車が予讃線に投入された頃から岡山駅 - 宇和島駅間を結ぶ直通列車は宇和島発が朝の上り3本、宇和島着が夜の下り2本のみとなり偏った状態だった。予讃線の電化完成当初は、岡山駅 - 宇和島駅間を結ぶ直通列車は宇和島発が朝の上りと宇和島着が夜の下り各1本のみ残されたが、松山駅で2000系同士の乗り換えが1日1回発生し、乗り換え利用時と直通利用時とで特急料金が異なる[注釈 2]ことが利用客から問題視され、一時的に2往復とされた。2011年3月12日からは、再度宇和島発が朝の上りと宇和島着が夜の下り各1本のみに変更された。, 2016年3月26日のダイヤ改正で、8600系の「しおかぜ」への新規投入により、使用車両がすべて電車に統一され、特急列車は松山駅で完全に系統分離された。, 岡山駅 - 児島駅 - 宇多津駅 - 丸亀駅 - 多度津駅 - (詫間駅) - (高瀬駅) - 観音寺駅 - 川之江駅 - 伊予三島駅 - 新居浜駅 - 伊予西条駅 - 壬生川駅 - 今治駅 - (伊予北条駅) - 松山駅, 全列車が松山運転所所属の車両で運転されている。なお、宇野線・本四備讃線では振り子を含む車体傾斜機構は使用しない。, 運用上の特徴として、「いしづち」編成が岡山駅・高松駅側に、「しおかぜ」編成が松山駅側に連結される。このため、松山方面行きでは「しおかぜ」が先に宇多津駅・多度津駅に入り、「いしづち」が駅手前で信号待ちを行う。1998年3月14日 - 2014年3月14日の間は、「しおかぜ」の所要時間短縮のため8000系の向きが編成ごと方向転換されていたが、2014年3月15日のダイヤ改正から元の向きに戻されている。これにより、グリーン車の位置が編成の1号車に統一された。, JR四国もシェア確保のため積極的な営業戦略を行っている。具体的には、西日本旅客鉄道(JR西日本)と協力しながら、新幹線との接続改善、特別企画乗車券である阪神往復フリーきっぷの発売、パークアンドライドサービスの実施、四国・瀬戸内海エリアでテレビコマーシャルの放送などが挙げられる。大阪府と愛媛県との間の交通機関別の輸送シェアを2000年と2005年とで比較した調査においては、鉄道のシェアはほぼ横ばいであった[1]。, 施設面では2006年(平成18年)11月に、岡山駅の橋上駅舎化による乗換利便性の向上が図られたほか、宇野線の部分複線化工事が2009年(平成21年)に完成し、同年3月14日のダイヤ改正で1 - 2分所要時間が短縮された。, 沿線一部自治体が、「しおかぜ」のフリーゲージトレイン化による新大阪駅直通列車運行を要望しており、実際にフリーゲージトレイン試作車による試験運転が行われている。すでに電化されているため、「南風」よりも実現性が高いものの、沿線自治体の姿勢が一貫していない上に、どの自治体も財政が厳しく、強く推進されていないのが現状である。, JR四国は2006年に国土交通省交通政策審議会・交通体系分科会の地域公共交通部会に提出した資料の中で、長期的に望まれる投資として瀬戸大橋線を介したフリーゲージトレインによる新幹線直通列車を挙げている[2]。これとあわせて予讃線の伊予市 - 宇和島間の電化や伊予西条 - 松山間の短絡線(高縄半島の付け根を結ぶ)も挙げられており、フリーゲージトレインが具体化した場合にはこれらの投資の必要性を考えているとみられる。JR四国の松田清宏社長(当時)も2008年の雑誌の対談記事でそうした主旨の発言をおこなっている[注釈 3]。, 2010年には、松田会長(同年6月に社長から異動)や泉雅文社長が、高縄半島の付け根の短絡線による予讃線の時間短縮について相次いで言及した[4][5]。泉社長はこれを含めた高速化(土讃線・高徳線を含む)の費用を1500億円と述べ、国の支援を求めているとしている。, しおかぜ - いしづち - ミッドナイトEXP・モーニングEXP(高松・松山) - 宇和海 - サンライズ瀬戸 - 快速サンポート - 伊予灘ものがたり / 予讃線優等列車沿革, 南風 - しまんと - あしずり - 四国まんなか千年ものがたり - 志国土佐 時代の夜明けのものがたり / 土讃線優等列車沿革, ただし、画像のように8両編成である場合は、画像手前側3両が原則高松行特急「いしづち」となっており、8両全てが「しおかぜ」として運行されるのは繁忙期の昼間帯を走る列車や修学旅行などで一部車両が貸切となっている場合等に限る, ただし、この出典記事では財政的な側面については、フリーゲージ車両の製造にかかる1両5億円といわれる費用について「どういう財政スキームが用意できるかという課題」にのみ言及しており、他の設備投資の財政的課題には触れられていない, https://web.archive.org/web/20101212201923/http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/101209/ehm1012090210002-n1.htm, http://mytown.asahi.com/kochi/news.php?k_id=40000001009250002, https://web.archive.org/web/20131204095434/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/13-11-25/02.htm, https://web.archive.org/web/20110907055319/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/07-12-20/03.htm, https://web.archive.org/web/20081222074358/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/08-12-19/02.htm, https://web.archive.org/web/20091221062549/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/09-12-18/02.htm, http://railf.jp/news/2010/07/24/195500.html, http://railf.jp/news/2010/07/25/192300.html, http://railf.jp/news/2010/10/17/141200.html, https://web.archive.org/web/20101220081856/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/10-12-17/01.htm, http://railf.jp/news/2012/08/29/170000.html, http://railf.jp/news/2012/09/20/160000.html, http://railf.jp/news/2012/10/18/120000.html, http://railf.jp/news/2012/11/04/133500.html, https://web.archive.org/web/20121224002948/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/12-12-21/01.htm, “予讃線アンパンマン列車 「アンパンマンシート」リニューアル完成記念出発式について”, https://web.archive.org/web/20140331000407/http://jr-shikoku.co.jp/03_news/press/13-12-16/01.htm, https://web.archive.org/web/20131225093706/http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/13-12-20/01.htm, http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2015%2012%2018.pdf, http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2017%2012%2015%2002.pdf, お乗り換えとなる列車、運転区間が変更となる列車(5月16日~6月12日) :JR四国, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=しおかぜ_(列車)&oldid=80180770, 夕方便、および上りの午前中一部は詫間・高瀬通過。朝の上下1往復は詫間停車、高瀬通過。, 8往復を8000系電車化。このうち3往復は多度津駅 - 松山駅間で「いしづち」と併結運転する。, 残りの2往復は岡山駅 - 宇和島駅間1往復、岡山駅 - 松山駅間1往復で、2000系気動車での運転とする。, 10月:予讃線の「アンパンマン列車」において、1号車の「ばいきんまん号」・「ドキンちゃん号」に「アンパンマンシート」を導入, 3月14日:宇野線の一部複線化、瀬戸大橋線の改良工事の完成により、茶屋町駅 - 児島駅間で130km/h運転を開始, 3月13日:単独運転だった「しおかぜ」29号を「いしづち」33号との併結運転(多度津駅 - 松山駅間)に変更し、「しおかぜ」2号以外の全列車が「いしづち」と併結運転となる。宇多津駅で「いしづち」と分割併合を実施する「しおかぜ」は14往復、多度津駅で併合を実施する「しおかぜ」は下り1本となる, 喫煙ルームを廃止し、完全禁煙になる。宇和島駅発着の1往復を再度松山駅発着に変更し、松山駅 - 宇和島駅間は「宇和海」に系統分離。通勤通学時間帯以外の「宇和海」4→3両化に合わせて、宇和島行きで残った21号も松山駅から先は3両編成での運転となる。, 「しおかぜ」1往復(1・2号)が8000系3両編成から5両編成に変更される。これに伴い、「しおかぜ」の全列車に, 3月16日:従来伊予西条発だった「しおかぜ」2号(岡山行き)が今治発に延長。宇多津駅で「いしづち」と分割併合を実施する「しおかぜ」は下り11本/上り14本に、多度津駅で併合を実施する「しおかぜ」は下り4本となる, 1往復のみ残っていた宇和島駅発着(10号・21号)を松山駅発着に変更し、松山駅 - 宇和島駅間は「宇和海」に系統分離。, 8600系が「しおかぜ」の運用を開始、2000系が「しおかぜ」・「いしづち」の運用から撤退し、すべて電車(8000系・8600系)での運転となった。.