現役力士の年収を独自算出しました。大相撲力士の給金(力士褒賞金)を過去の成績より算出した【現役力士褒賞金一覧(支給標準額一覧)】に加えて最新場所の関取の推定年収を内訳とともに一覧表にまとめています。力士褒賞金については勝ち越し点の数値や加算項目なども詳細に分かります。 力士(相撲取り)の年収の平均は、2,350万円でした。(口コミ調べ) 年収推移は84万円(序の口)~約3,000万円以上(横綱)となっています。 ※序の口は、年6回の場所手当(1回7万円)だけ、給与は十両以上で支給されます。 お給料(月収):平均換算約195万円 ※ミヤネ屋での若乃花のお話しによると、「横綱」時代で貰ってる給料は月約260万円だったそう。それ+広告費などがあったとのことでした。 大相撲では少し特殊な報奨金制度があるのをご存知だろうか?「持ち給金」という言葉が使われるのだが、かなりの相撲通でないとピンと来ない言葉かもしれない。 サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。. 今回はそんな「持ち給金」をわかりやすく解説していく。, 力士にはその番付に応じてお給料が設定されていて、月給として受け取る。もちろん番付が高いほど高いお給料をもらうことができる。これとは別に成績に応じたボーナスが支払われ、これは「力士報奨金」と呼ばれている。 日本相撲協会データより、大相撲の力士の年収・収入状況を掲載しています。 大相撲の力士の年収. 優勝はもちろんだが、金星をあげた力士も内心すごく喜んでると思うので注目してみよう!, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. さらに番付によって最低標準額が決まっていて、十両40円、幕内60円、大関100円、横綱150円となっている。番付が上がった時に持ち給金が低い場合はこの金額まで増額となる。ここからさらに金星をあげると10円、幕内での最高優勝には30円、全勝優勝なら50円が加算されていく。, 個人の成績によって持ち給金が増えていくわけだが、金額が少し少ないと感じた方もいるかもしれない。しかし安心してください。実際に支給されるのはこれらの標準額の4000倍(2016年時点)となっている。なので横綱の最低標準額150円とすると、60万円が支給されることになる。かなりの金額だ。 横綱: 4473 万円~ 大関: 3717 万円~ 三役: 2657 万円~ 平幕: 2045 万円~ 十両: 1629 関取は、月給とは別に本場所の成績および実績に基づき賞金を受け取ることができる。力士褒賞金はその一つで、年6 勝ち越しで50銭となっているが、少しでも積み上げたいと力士たちは勝ち越し目指してがんばる。金星の場合は10円加算されて支給金額が4万円増えるわけだから、旨味が大きいのだ。, 「持ち給金」として歴代最高の記録は、長い間、1960年代に活躍した横綱・大鵬関の1,489円50銭という記録だった。この記録を破ったのが現役最強の横綱・白鵬関で、順調に持ち給金を伸ばし2017年1月場所を終えた段階で1,799円という数字を記録している。この数字は現役の中でもダントツで、2位の日馬富士の持ち給金が同じ時点で537円50銭となっている。 大相撲 “ひとり大関”貴景勝初のストレート給金で単独首位 [11月15日 20:04] 大相撲 元琴奨菊の秀ノ山親方が涙「思い出の一番は全て」 [11月15日 19:56] 力士褒賞金(りきしほうしょうきん)とは、大相撲 ... 「本場所毎」に支払われる褒賞金であり、関取の成績給的性格を帯びた金銭支給である。持ち給金とも呼ばれる。 概要. 大相撲では少し特殊な報奨金制度があるのをご存知だろうか?「持ち給金」という言葉が使われるのだが、かなりの相撲通でないとピンと来ない言葉かもしれない。今回はそんな「持ち給金」をわかりやすく解説していく。 年収ガイド>職業・資格別年収ランキング>大相撲 の力士の年収. ちなみに1,799円の持ち給金を持つ白鵬関は場所後に、4000倍となる719万6千円を力士報奨金として受け取る。持ち給金の仕組みの中ではやはり優勝回数の多さが重要であることがわかる。, 大相撲で使われている「持ち給金」というものがどういう制度か解説してきたが、いかがだっただろうか?負け越しなどの悪い成績で下がることはないようなので、番付を上げてコツコツ勝ち越しを続けていくと毎場所ごとにそれなりのボーナスをもらえるようだ。 お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, 大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が、幕内では自身初となる中日での勝ち越しを決めた。2連敗中だった東前頭4枚目北勝富士を引き落とし。小結照ノ富士に土がつき、優勝争いへ単独トップに立った。初場所から通算46勝とし、現在トップで48勝の大関正代と2差となり、年間最多勝も視界にとらえた。2横綱、2大関が休場した異例の場所で“ひとり大関”が賜杯争いを引っ張る。, 貴景勝の集中の糸は切れなかった。立ち合いで北勝富士に突っかけられたが、鋭い出足で押し込みつつ、前みつを狙って頭が下がった相手の動きに合わせるように、右に回り込んで引き落とした。幕内でストレートでの給金直しは初めて。初日から6連勝して初優勝した18年九州場所をしのぐ勢いだが「また明日の相撲に集中して頑張ります」と感情を表さなかった。, 結びの緊張感を歓迎する。大関以上では唯一の出場で、看板力士の重圧を1人で背負う立場。4日目から千秋楽まで12日間連続で結びの一番を担うが「やっぱり結びで取れるのはありがたいことですし、しっかり悔いのない相撲を取ろうと、気が引き締まる思いです」ときっぱり語った。, 四つ身から土俵際の逆転を見せた3日目の霧馬山戦以外は、内容を伴う白星が続く。幕内後半戦の伊勢ケ浜審判長(元横綱旭富士)は「相手をよく見て相撲を取っている。落ち着いている」と称賛する。単独トップに立つのは関脇で大関復帰を決めた昨年秋場所の12日目以来。「自分の相撲に集中しているので、そこはあまり何も思わない」と無心の貴景勝が、最高のかたちで後半戦に突入する。【佐藤礼征】, ▽八角理事長(元横綱北勝海) 貴景勝は当たり勝っている。北勝富士は左で(まわしを)取るって気持ちだけじゃ負ける。照ノ富士は(大栄翔を)つかまえようとして、ほどかれて焦った。張り手にいって腰が浮いた。, (C)2020,Nikkan Sports News. 力士褒賞金(りきしほうしょうきん)とは、大相撲の関取(十両以上の力士)に対し、「本場所毎」に支払われる褒賞金であり、関取の成績給的性格を帯びた金銭支給である。持ち給金とも呼ばれる。, 関取は、月給とは別に本場所の成績および実績に基づき賞金を受け取ることができる。力士褒賞金はその一つで、年6回本場所ごとに十両以上の関取に支給される。幕下以下の力士養成員は、支給標準額の加算は行われるが、支給はされない。, 最も一般的な給金上昇の方法が勝ち越しであるため、勝ち越しのかかった一番を給金相撲、勝ち越すことを給金直し、負け越すことを向こう給金ということがよくある。, やくみつるは漫画で「力士最大の喜び=給金相撲が不戦勝」というネタを使ったことがある。その例として、2018年5月場所の11日目、錦木が不戦勝により8勝目をあげ、この(給金相撲が不戦勝)恩恵に与った。また、2019年1月場所の14日目でも豪栄道が不戦勝により8勝目をあげて、同様にこの恩恵に与った。, 支給標準額は、前相撲を取って出世し序ノ口に上がり力士になると、3円を得る(幕下付出を含む)。本場所の取組の結果勝ち越すと勝ち越し1点につき50銭を加算する。地位ごとに最低支給標準額が定められていて、それぞれの地位に昇進した際に最低額に達していなかった場合、その差額が加算される。ただし降下した場合は、昇進時の差額増加額(嵩上げ分)に相当する金額が減額される[1]。また、給与は銀行振込であるが、褒賞金は未だに現金で支給されている。, なお、負け越しや休場、不祥事による出場停止などの処分でも持ち給金が下がることはない。, こうして求めた金額に、以下の支給割合を乗じて実際の支給金額が決められる。その割合は時代により変遷している。, これまでの最高金額は大鵬の1,489円50銭であったが、白鵬はすでに上回っている。, その他、主な現役力士では、鶴竜391円、貴景勝159.5円、朝乃山125円である(令和2年春場所終了時点)。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=力士褒賞金&oldid=79398806. 現役で持ち給金が最も多いのは横綱・白鵬で1691円。これを4000倍した676.4万円×年6回=4058.4万円が、基本給にプラスして支給される(支給金額は推定)。これまで持ち給金の最高額は大鵬の1489.5円だったが、白鵬はこれを軽々塗り替えてしまった(ちなみに千代の富士は1447.5円、貴乃花は1060円)。 nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. 大相撲の力士の年収 相撲取りの収入状況を掲載. この制度で報奨金を受け取ることができるのは十両以上の関取からとなっていて、「力士報奨金」と「持ち給金」が密接にかかわってくるので、次の章からこのあたりをくわしく解説していく。, 「力士報奨金」と「持ち給金」はほとんど同じ意味として使われることもあるが、厳密には少し違う。「力士報奨金」はその場所ごとに支払われるボーナスそのものを指している。そのボーナスとして支払う金額を決めるための基準になる金額が「持ち給金」にあたる。 力士たちは場所の成績に応じて「持ち給金」というものが上がっていくわけだが、場所後にその金額をもとに算出される金額を「力士報奨金」として受け取るという形になるわけだ。, 「持ち給金」は力士報奨金を算出するための標準額となるわけだが、その増減の仕組みを解説する。力士たちには個人ごとに持ち給金が設定され、序の口に上がった時に3円、その後は勝ち越すごとに50銭が加算されていく。