ブログを報告する, 【WILLER EXPRESS】祝運行再開!withコロナ時代の高速バスを体感。(2020.6.15…, 【品川~浦賀】これぞ苦行!通過待ち10回の普通列車を乗り通せ!(2019.8.10), 【アダルト保育園】群馬の山奥に突如現れる"壇蜜の部屋"とは?(2019.7.13), 【アクセス】【車ない人向け】南長野運動公園(Uスタ/オリスタ)へシャトルバスなしで行ってみた。, 【善光寺下駅】地下化からもうすぐ40年。時が止まったような地下駅へ潜入!(2020.10.13), 【初観戦】2020.10.6 ルートインBCリーグ 信濃グランセローズvs福島レッドホープス@中野市営野球場. | その名前を知らずとも、「新幹線が水没した場所」としてその衝撃的な映像とともに思い出す人は数多くいるでしょう。, あの台風被害から8ヶ月が経過した今なお、被災した車両の一部は現地に残っています。今回は、被災車両たちと周囲の現況を見に歩いてきましたので、ぜひご覧いただければと思います。, 車両が並んでいるのはこの写真の奥の方、長野駅方面に行く必要があります。車両基地横を歩いていきます。, あくまで浸水被害なのではっきりとした外傷などはなさそうなのですが、連結器が取り外されていますのでおそらくこれもE7系の被災車両なのでしょう(被災車両の細かい型番などの解説は他の方へお任せします)。, 入り口が布(目隠し?粉塵飛散防止?)で覆われており、中が全く見えませんので憶測にすぎませんが、手前に同じくE7系の中間車が並んでいたことから、その編成の廃車解体が進んでいるものと思われます。, これらの車両たちも、解体は時間の問題なのでしょう。まだ古くない車両たちの突然の廃車、解体する方も辛いでしょうね。, もちろん台風の当時はコロナのコの字もない頃ですが、この光景はその後に起こる混乱を暗示していたのかとさえ思ってしまうほどです。, これもまた皮肉か、その横にある「長野基地之碑」を完全に「墓地」に空目してしまいました。大変失礼いたしました。, この高架橋から、ニュースでもさんざん流れた”浸水した新幹線が並ぶ光景”を今でも見ることができます。, さすがにそれなりの期間が経過していますので、爪痕を感じさせるものはあまり見当たりませんでしたが、よく見てみると、, なかなか全国規模で報じられることはありませんが、こうしてまだまだ被害は続いているということです。, それにしても、今回歩いた赤沼しかり、隣の長沼しかり、やはり地名は地形を反映しますね。, musan_tr_ghさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 長野新幹線車両センターを覚えていますか? その名前を知らずとも、「新幹線が水没した場所」としてその衝撃的な映像とともに思い出す人は数多くいるでしょう。 www.asahi.com あの台風被害から8ヶ月が経過した今なお、被災した車両の一部は現地に残っています。 車両基地が約2mかさ上げされていたものの対策もむなしく浸水し、10編成が水に浸かりました。, 現在は東京-金沢間でほぼ通常通りの本数を維持していますが、繁忙期は車両が足りなくなる可能性は十分にあります。, 鉄道マニアの間では「北陸新幹線の車両を確保するためにどんなことが起こるか」が注目され、上越新幹線に使用されている2階建て新幹線E4系の延命によって、E7系での置き換えを先延ばしにする説が有力です。, 台風被害直後では、基地付近のハザードマップを探し出して「10mは浸水する地域だった」というメディアの記事が目立ちました。, ところが多くのメディアでは、JR側の「設計当時にはハザードマップがなく、約2mの盛土をして対応した」というコメントを受けてからは車両基地浸水の原因の追及は止めてしまい、廃車になる新幹線の哀れな様子を映すことに終始しています。, しかし「対策は十分だったのか」という点については、もっと詳細に検討するべきで、再発防止の観点からもそれは大切なことです。少し考えてみたいと思います。, 先日の台風19号によって周辺の河川が決壊・氾濫した影響で、車両とセンターの1F部分が浸水しほぼ機能出来ない状況が続いています。, 車両センター内では新幹線の車両を分割・移動して廃車の準備を進めているようで、連結器カバーが外されています。, なお、浸水した8編成の廃車が決定、残り2編成も廃車の手続きが進められており、北陸新幹線は10編成の車両をを失うことになります。, 車両基地の北側では少し標高の高い台地や山に挟まれ、千曲川が流れる方向に向かって狭くなる地形になっています。そのため大量の水が千曲川を流れると、狭くなった部分であふれやすくなるのです。, さらに車両基地の周辺では、小さな川も含めて多くの川が合流していることが分かります。, 川が合流する場所は当然水量が増す部分なので、大雨が降った際には浸水する可能性も高くなります。, このように地図だけを見ても明らかに浸水リスクの高い場所に車両基地があることが分かります。, そのため、おそらく安い建築費用で広い土地を確保しようとしたJRは、この土地を選んでしまったとも考えられます。, 洪水による浸水リスクを示したものは新幹線の建設前から存在していたということになります。, また「赤沼」「長沼」といった「沼」のつく地名も、かつての浸水リスクを示したものである可能性があります。, 実際に北陸新幹線の本線が台風の影響で浸水したのは、この高架の低くなっている部分だけでした。, 台風19号の被害によって車両を失ったJRですが、それだけが損失なわけではありません。, 当然車両基地が使えなければ車両を定期点検することもできませんし、なんとか8~9割の本数を維持している北陸新幹線ですがその分のしわ寄せがほかの車両センターに来ていることは想像に難くありません。, 一刻もはやい復旧を目指すことも大切ですが、再度このようなことが起こらないように具体的な対策を考えるべきです。, 少なくとも2mのかさ上げで浸水被害を防げると思っていたことは誤りだったことは、認識する必要があります。. 北陸新幹線・長野新幹線車両センター水没という2019年度にまさかの事態に見舞われたJR東日本。定期検査実施で延命する方針が明らかにされている“Max”E4系ですが、2020年度は2編成に全般検査検査施工・2編成 … 廃車が決定された水没した車両。 台風の影響で車両及び基地が浸水被害を受けた、北陸新幹線。 車両基地が約2mかさ上げされていたものの対策もむなしく浸水し、10編成が水に浸かりました。 台風19号で北陸新幹線の3分の1の編成が水没.