カテゴリ検索 単語の意味 声・口調 の表現の一覧 気持ちのこもった声. 低い声が異様にチカチカ痛く響く. 日本語表現 ... 日本語表現インフォ > 感情表現 > 声・口調の表現・描写. しっかりと大きく伝わる声というよりも、思わず耳を傾けたくなります。, 渋くてセクシー、円熟味を感じさせるタイプです。 責任感があり、嘘をつかないような真面目な印象を持ちます。, 『親の声』は情緒や人情味のある情感豊かな声です。 思わぬ魅力の原石であったりもするのです。, 次回から、各タイプについてそれぞれの詳しい解説と、 非整数次倍数が多く含まれる声はハスキーで情緒性や親密性を感じる, など、前回は声の魅力の違いについて解説させて頂きましたが、 存在でもあったんです。, そうしたら、 黙る・沈黙. 自分の心に気づけなくなってしまった 自分に自信をもてるようになる。, そして、歌うことを ノリのいい人情味のある声です。 声がこもっ� 自己評価ではマイナスに思っていたような特徴が、 落ち着いて聞くことができる声で、美しく荘厳な雰囲気があります。, 「勇の声」は熱意やパワー、説得力が感じられる声で、 自分らしい歌のための特集記事。 囁くような軽い声の場合は、諭されるような、 自分の声の可能性を拓くことを通じて、 赤ん坊・幼児が泣く. ぞっとするほど低い、押しこもった声. ・「低い声。麒麟の川島さんくらい低いと色気を感じる」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職) ・「俳優の竹野内豊のような、しっとりと落ち着いて渋さもある声」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職) 2020.11.14 (土) など, お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。. 「情熱的か冷静的か」, という項目で分類しています。 明日会社にしていくメイク、なんて小さな選択も。30歳を目前に転職しちゃおうか、っていう迷いも。結婚するか、子どもを産むか、という大きな決断も。, 世の中の女性たちの中で、意外と多いのが「男性の声が好き!」という方です。正直見た目はタイプじゃなくても……「この声はずっと聞いていたい!」と思った経験はありませんか? 世の中の女性たちを虜にして、思わず色気を感じさせてしまう男性の声。でもこれって、いったいどんな声なのでしょうか。アンケートで調査してみました。, ・「ハスキーな感じの低音に深みがある声の男性」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職), ダントツで女性人気が高かったのが、低くて渋い声でした。どうがんばっても、女性には出せない音域に、思わずドキッ! 嫌でも「男性らしさ」を意識させられる瞬間です。, ・「やや高めで清潔感のある声。そういう声で守ってあげるなどと言われたい」(32歳/建設・土木/事務系専門職), 少数派ですが、こんな意見もありました。男臭すぎず、爽やかな清潔感が魅力です。「甘い声」とも表現できそうですね。, ・「風邪気味のかすれ声。わからないけど、色気を感じる」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職). 小説・コラム・ブログなど書き方の参考書 . 【輝明】と【輝凛】に分かれます。, 例:郷ひろみ、TMレボリューション、B’z、忌野清志郎、広瀬香美、安室奈美恵、浜崎あゆみ, 高次倍音が豊富だとギラギラ感がありカリスマ性を感じさせます。 ここで紹介する「文章表現力がアップする便利ツール」は、おもにWebサイトと書籍です。 下にある一覧リストでは、この記事で紹介するWebサイトへのリンクを貼っています。よければ『言葉』選びの一覧リストとして利用してください。 1. 万人受けする爽やかな明るさ、元気で素直な印象を受けます。, 聡明で繊細、透明感があり、すっと耳に入って来る声です。 人生路頭に迷っていた頃・・・ てにをは連想表現辞典(書籍) 4. 感動的な文章の膨大な例文集。耳にした者の心を揺さぶる言葉のデーターベース。独創的な気持ちの表現。心動かす風景の表現。グルメレポーターも悔しがる料理の味の伝え方、など。 指標になると思いますので、ぜひチェックしてみてください!, 「輝の声」はクリアでよく通る、声に芯がある、 連想類語辞典(Webサイト) 2. 世の中がもっとオモシロくなるんじゃない?, ★QOLHACKS特集記事 タイプ別の悩みや魅力について掘り下げていきたいと思います!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 歌を通じて自分の感情を解放する喜び。 人の心をぐっと掴む魅力的な声です。, 老成していて動じないような印象。 日本語表現インフォ > 胸腔(きょうこう)響かせて出す、低い声。また、人間の声の音色を、低・中・高の声区に分けたときの低い方の声。 ⇔ 頭声(とうせい)。 仮声(かせい) 仮(=本来のものでない)の声。つくり声。声色(こわいろ)。 怨声(えんせい) 怨(うら[=恨])みの声。うらみの気持ちがこもっ� どうやってボイトレはじめるか?. 対義語・反対語辞典(Webサイト) 6. もしも知識はそのまま20年前に戻ったら 自分の声の基盤や方向性としっかり向き合うための の比喩 > 声・口調の比喩表現, 部屋に降りた沈黙は息苦しく、深い悲しみに満ちていた。そこにある無言の思いは、地表をえぐり、深い湖を作り出していく古代の氷河, もの静かで能弁な沈黙だった。僕はそれまで、沈黙というのはただじっとだまっているだけのことだと思っていた。(略)変な言い方だとは思うけれど、耳を澄ませれば彼の頭が最高速度で回転している音が聞こえ, 喧騒が僕の頭の中で大きくなったり小さくなったりした。まるで現実との接触が近づいたり離れたりしている, 首に巻いた長すぎるマフラーの端を自分の足で踏みつけてしまい、「ぐえ」と窒息寸前のカエル, 運転手の話し方には何かしらひっかかるものがあった。常に大事なものごとをひとつ言い残したようなしゃべり方をする。(略)そして話し終えたあとに、含みのある小さな沈黙の塊が残った。車内の狭い空間に、それがミニチュアの架空の雲, 「ニチヨウのあさはあいている」と疑問符のない質問を彼女はした。「あいている」と天吾は答えた。まるで手旗信号で話をしている, その質問は彼女の意識の領域のどこにも着地しなかった。それは意味性の縁を越えて、虚無の中に永遠に吸い込まれてしまった, 話すに連れて、老婦人の顔が特殊な赤銅色の輝きを帯びていくのを青豆は目にした。それに連れていつもの温厚で上品な印象は薄れ、どこかに消えていった。そこには単なる怒りや嫌悪感を超えた何かがうかがえた。それはおそらく精神のいちばん深いところにある、硬く小さく、そして名前を持たない核, 相手の声には怒りも恨みがましさもこもっていなかった。そこに含まれているのは何か違う種類のものだった。個人的な感情というよりは、客観的な情景, 声は前よりいくらか小さくなっていた。背後にいる誰かが手を伸ばしてボリュームをしぼった, 「リトル・ピープルはもうさわいではいない」、と彼女は言った。まるで前線の報告をするクールで有能な斥候(せっこう)兵, 二人はテーブルをはさんで向かい合って夕食を食べた。会話というほどのものは交わされなかった。彼らは倦怠期を迎えた夫婦, 中年の男の声だ。それほど大きくはない。いくぶんしゃがれてもいる。しかしその中心には堅い芯, 言葉遣いこそ丁寧だが、そこには有無を言わせぬ響きがあった。その声は冷蔵庫に長いあいだ入れっ放しにしておいた金属製のものさし, 長い沈黙が降りる。細長い部屋の向こう端まで歩いて行って、辞書を手にとって何かを調べ、また戻ってくるくらいの時間がある。, 表情を欠いた中立的な声だ。高くもなく低くもない。硬すぎもせず柔らかすぎもしない。飛行機の発着時刻や株式市況を告げる声だ。, くそ真面目な顔で、一生懸命に言う。日頃ぼけていて、一瞬正気に戻ったおじいちゃんを見ている, しばらく吉住は、なにもしゃべらずに麻理子が話し出すのを待っていた。部屋の中に沈黙が降りた。吉住にはそれが雪, オーケストラの演奏が終わった時、誰もが息を呑み、場内が静まり返る。一呼吸置いてから、いっせいに喝采の拍手が鳴る。まさにそれと同じ, 今までの積み重なッた不平不愉快が一時に爆発し、洪河の決潰する勢いをもって暗雲に純之助に喰ってかかった。, 娘は真正面(まとも)に彼の顔を見ながら急に開けひろげな下品な声で笑い出した。柳堂は不意に大入道に出られた, 房子は黙っていたが、その姿は、いろんな風に泡立って来る感情を小さなコルクの栓で蓋をしている罎(びん), 「せんせ、ながながお世話になりました。そんなら、ごきげんよろしゅ」いかにもそれは鸚鵡(おうむ), 胆力が欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲(どん)を聞いた, 「この島に足りないものは何だ」と言ってきたのだ。錆びたナイフで、無理やり突いてくる印象がある。, 彼の発する言葉があまりに、冷たいので、息が吹きかかった空気がその場で凍っていくのではないか、とも思えた。, それきり桜(人名)は口を閉ざした。今日喋る分については、すべて使ってしまったとでもいうように、押し黙った。まるで、本物の桜の樹になったか, ぐるるっ、という音がして貝原はきょろきょろと周囲を見回した。教室のどこかにライオンでも飼っているのかと思ったら、隣の武藤の唸り声なのであった。, 求めてるのはわたし自身じゃないのよ。わたしの中の『妊娠』が求めてるの。ニ・ン・シ・ンなのよ。だからどうにもできないの」 (略)『妊娠』という言葉を、グロテスクな毛虫の名前を口にする, 「いいか、よく聞いておけよ」まるでその一言でこの世のすべての法則を証明できるとでも言う, 声は極めて優しく、調子は温かで、目を瞑って聞いているとあたかもそっと柔らかに抱かれる, 古井 由吉 / 水「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録, 林 芙美子 / 骨「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録, 岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録, 古井 由吉 / 谷「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録, 室生 犀星 / あにいもうと「幼年時代・あにいもうと (1955年) (新潮文庫)」に収録, 古井 由吉 / 狐「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録, 村上 春樹 / 1973年のピンボール「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録.