■ワードプレスでホームページを作る方法 「運がいい人と悪い人の違い」 >>コンサル実践報告. それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。, ビジネススキルを理解する上で実用的なカッツ理論 カッツ理論とは、ハーバード大学の経営学者ロバート・カッツにより提唱された理論で、ビジネススキルと人材の関係性について言及されています。 カッツはビジネススキルを「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」「コンセ…, スキルマッチを行うには「ビジネススキル」を明確に 「退職者が出た」「新規プロジェクトを立ち上げることになった」などなど、会社では必要に応じて新たな人材の獲得が必要な場面がたびたび生じます。基本的に「欠員補充」か「増員」のどちらかになるのですが、人材募集では…, 会社への適応能力を示す「ポータブルスキル」 退職にともなう欠員補充や、新規事業を立ち上げるにあたっての増員、会社の若返り、教育制度の強化など、多種多様な課題の解決として採用は大切なお仕事です。特に中途採用になると求職者のバックグラウンドは十人十色で、それぞ…, 業務一般で重要なスキルがポータブルスキル 厚生労働省が提唱する「ポータブルスキル」とは、「業種や職種が変わっても通用する、持ち出し可能な能力」であると定義されています。経験豊富なミドル層人材(35歳〜55歳)の有効活用と人材市場の活性化への期待から注目され…, 現場で活躍する人材に不可欠な「テクニカルスキル」 人事担当者として人材の「スキル(能力)」を把握することは、人事評価や配属、採用選考など、幅広い人事業務を行う上で必要です。スキル(能力)は、業務成績などの数字とは異なり、目で見ることができない概念であるため…, 業種・職種が変わっても通用するテクニカルスキルがある!? 人事業務では、採用面接や社内評価といった場面で客観的かつ適切に人材の能力を見極めることが大切です。そのためにきちんと把握しておきたいのが「ビジネススキル」です。 ビジネススキルはハーバード大学の経営…, 抽象度の高いビジネススキルは必要なのか? ハーバード大学の経営学者ロバート・カッツは会社経営に必要な能力をビジネススキルとし、それは大きく3つに分類されるというカッツモデルを提唱しました。 カッツモデルでは、ビジネススキルは業務遂行能力に関する「テクニカル…, コンセプチュアルスキルの重要性とは ビジネススキルはハーバード大学の経営学者ロバート・カッツによって、業務遂行能力である「テクニカルスキル」、対人関係処理能力である「ヒューマンスキル」、概念化能力である「コンセプチュアルスキル」の3種類に分類できるとされて…, 人事業務における抽象的な悩みを、厚生労働省などの公庁や民間調査会社のデータ、心理学や社会学の学術研究報告などから読み解き、具体的な課題に落とし込んで解決施策に結びつけることを目的としています。. ・社会や他者の利益を考えられない(公共心) しかし、”良い人”という概念は人によって感じ方が異なるため、面接官同士の共通認識が必要な採用選考には不向きな切り口のように思えます。, ヒューマンスキルは本来、マネジメントに求められるスキルの1つとされていますが、普遍的な能力であるため、一般社員採用の現場でも活かすことができます。, 最適なマッチングで採用活動を支援します! | 正社員中途採用募集なら - 転職ナビ, ロバート・カッツが提唱した、マネジャーに求められる3つのビジネススキルのうちの1つが「ヒューマンスキル」であり、仕事上の円滑な人間関係を構築し、目標達成のために望ましい働きかけを実行する能力を指します。, ロバート・カッツは、米国の経営学者・ハーバード大学教授。マネージャーに必要な能力を、テクニカルスキル・ヒューマンスキル・コンセプチュアルスキルの3つに分類した「カッツ理論」を提唱した。, 採用現場でよく聞かれる「コミュニケーション能力」ですが、実は「ヒューマンスキル」に内包される能力だということをご存知ですか?, ヒューマンスキルは対人関係能力とも言い、良好な人間関係を構築するために必要になります。, コミュニケーションは、上司への報・連・相、同僚や後輩との情報交換、他部署連携など、仕事のあらゆる場面で必要になります。, 現状に満足せず常に高みを目指す姿勢は、チームや周囲の人たちにも良い影響を与えることができます。, 社内においてはチーム内の意見調整や他部署連携に、対外的にはクライアントと折衝を行う際に必要なスキルです。, 意見の不一致が起こった場合でも、話し合いで調整し、双方にとって満足のいくような内容に最適化できる能力になります。, 相手の話に真摯に耳を傾け、共感し、深いレベルで理解しようとする能力がヒアリングです。, ヒアリングを上手に取り入れると、相手の言外の意図を汲み取ったり、相手自身が気付かなかった考えを引き出すことができます。, 肯定的な関心を寄せることで、相手に安心感をもたらし、信頼関係を深めることができるのです。, 相手を説得したい場合に、自分の意見を分かりやすく伝えられるのが強みとなる能力です。, 複雑な物事を筋道立ててシンプルに解釈する論理的な思考法を、ロジカルシンキングといいます。, 例えば「プレゼンテーション」や「コーチング」などの、外部へのアウトプットを求められる場面でこのスキルを活かすことで、周囲の理解を得られやすくなります。, コーチングは、対話によるコミュニケーション(”ヒアリング”)を通して、相手の気づきを促すサポート手法。, コーチの役割は「教える」ことではなく、「相手が主体的に考え目標達成をするために、伴走を行うこと」にあります。, ヒューマンスキルは総合的な人間力であり、全てのビジネスパーソンが身につけておきたい能力です。, 「人間性」という曖昧な概念も、能力を細分化することにより、具体的にイメージしやすくなるのではないでしょうか。, 判断項目として面接に取り入れたい場合は、下記ポイントを参考にしてみるのもおすすめです。, また、選考前に応募者のヒューマンスキルを知りたい場合は、エージェント型の求人媒体を使うのがおすすめですが、手数料が高いのが悩みどころです。, そんなときは、低コストでキャリアアドバイザー機能が使える転職ナビをぜひご活用ください。, 応募者からスキルなどのヒアリングを行った上で、御社にマッチした人材をご紹介します。, 専任のキャリアアドバイザーがいる転職ナビなら、事前にスキルをヒアリングしてから応募者をご紹介することも可能です。低コストでの募集も可能なので、まずはお気軽にご相談ください。, 新人教育の一貫として、メンター制度が注目されています。でも、メンタリングを任せる社員を決めたり運用方法を決めたりと、導入にあたり色々と準備を進めないといけません。そこでこの記事ではメンター制度の導入方法をご説明します。助成金制度もご紹介するのでチェックしてみてください。, 無料で採用できるハローワークや、最近CMで話題のIndeed、定番の求人サイトなど、採用方法はたくさんありますが、社内での人件費なども考えると結局はどこで募集すればいいのか迷ってしまいますよね。