シフト制で勤務する小売業や工場などの仕事は、就業規則で時間の規定について定めておかなくてはいけません。もし、労働者とトラブルがあった際は就業規則に基づいて問題を整理していきます。労働者と事業主が良好な関係で仕事するためにも、シフト制に対応した就業規則を作っておきましょう。, 就業規則には労働時間を記載しなければいけません。その記載事項は労働基準法で「始業及び就業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を2組以上に分けて交代に就業させる場合においては就業時転換に関する事項」が定められています。固定時間制の場合、『始業は9時00分、就業は18時00分、休憩時間は12時00分から13時00分まで』と決まっている時間を就業規則に記載すればいいでしょう。しかし、シフト制だと記載例のような書き方はで難しいといえます。労働時間が固定されていない、数種類あるといった場合はどうすればいいのでしょうか?, シフト制でも数種類の勤務形態があると思いますが、まずは職種、グループや班別に労働時間(始業及び終業時刻、休憩時間)が固定されている場合は、それぞれの職種、グループや班ごとに始業及び終業時刻、休憩時間を記載しましょう。時間が固定されているので、記載事項は増えますが、固定時間制と基本的には変わりません。シフト制の場合の就業規則の規定例は、『始業及び終業時刻、休憩時間は次に記載する時刻を基準として、雇用契約書により個別に定める』となります。そして、この規定の次にそれぞれの職種やグループ、班別に具体的な始業及び終業時刻、休憩時間を記載します。, シフト制には職種やグループ、班ごとの区別ではなく、個人ごとに労働時間を設定している場合があります。そういう場合、個人ごとの時間設定をすべて就業規則に記載するのも手段の1つですが、時間と手間がかかるだけでなく、就業規則を従業員に周知し理解してもらう際に大変わかりにくくなってしまいます。そのような場合はどうすれば良いのでしょう。, 個人別のシフト制の場合、労働時間が多岐にわたり、すべてを就業規則に記載するのは現実的ではありません。そのような場合のシフト制の規定としては『始業時刻、終業時刻、休憩時間は次に記載する時刻及び時間を基準とし、シフト表により個別に定める』となります。この規定の他に代表的な勤務例の「始業及び終業時刻、休憩時間」の具体的な時間を記載した表を追記すると良いでしょう。勤務例は2~3パターン作るのがオススメです。, 固定時間制もシフト制も、就業規則に労働時間を記載し、通常業務の際は支障なく遂行できます。しかし、繁忙期、棚卸等業務の都合上、やむを得ない事情でシフト等、勤務時間変更しなければ対応できないと予めわかっている際にも、就業規則に記載しましょう。その際には、「代表的な始業及び終業時刻・休憩時間」を記載しておきます。『※但し、業務の都合により始業及び終業時刻の繰り上げもしくは繰り下げを臨時に行う場合があるものとする』と規定しておきましょう。, このように書いていくと、細かすぎると思う方がいるかと思うかもしれません。しかし、シフト制も固定時間制も関係なく、就業規則の規定にない時間帯に労働させることは、就業規則違反となってしまいます。そのため、事前に可能性があるとわかっているものについては、記載をしておきましょう。記載しないままでいて、いざ規定外の時間に勤務せざるを得ない状況ができたとき、残業で対応すると人件費が増えてしまいます。シフト変更の可能性を記載しておけば、勤務時間変更で対応でき、残業代が発生することを防ぐことができます。, このようにシフト制でも、就業規則に労働時間を記載しなければいけませんが、代表的なシフトを就業規則に記載して、規定もしっかりと作っておけば、いざという時にも対応できるようになります。作成のときに気づかなくても、気づいた時に就業規則の変更を行うことで、対応できるのです。日頃からしっかりと就業規則を確認し、対応できるようにしておきましょう。, doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断, 転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。, ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い, 内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。, 業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。. 就業規則や服務規程といわれても、その違いや重要性がわからずそのままにしている人も ... シフト制を布く企業が最近増えています。働く正社員の方にはどのようなメリットがある ... 就業規則を会社は労働者に対して開示する義務があります。見せてもらえない時の対処法 ... シフト制の仕事をしている方は休みを取りたい場合、どのような理由でお願いしています ... 就業規則変更届と、その提出の際に必要な意見書の記入例を、ご紹介します。就業規則を ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 工場のシフトでよくある勤務パターンとは? 同じ二交代制や三交代制でも、全体のグループの分け方や勤務時間のローテーション、休日の取り方によって働き方は変わってきます。工場のシフトは「〇直〇交代制」という呼び方がされます。 日本国内の工場では様々な交代勤務シフトを組んで操業しています。そのうちの主なシフトパターンをご紹介しますね。ご紹介するシフトパターンは6つです。, 2班、24時間、土日休み、2交代で稼働させるシフトです。作業者への負担が大きいため、あまり一般的ではないかも知れませんが、忙しい時期のみ交代勤務シフトを組む会社などでよく採用されています。   -シフトの例- 休日出勤になったりすると一大事ですエライコッチャ   -勤務時間の例- 日勤・・・9:00~21:00 夜勤・・・21:00~翌9:00   -作業者のメリット・デメリット- 夜勤手当にプラスして毎日3時間残業となるため、大きく稼げることがメリットです。ただし体力面ではかなりハードです。, トヨタなどで採用されている“2班2交代”のシフトです。“24時間稼働ではない”ことがポイントです。トヨタでは、朝から勤務する班を“1直”、夕方から勤務する班を“2直”と呼ぶそうです。深夜(22時~翌5時)割増賃金を抑制するため導入されています。   -シフトの例-   -勤務時間の例- 日勤(1直)・・・6:25~15:05 準夜勤(2直)・・16:00~翌0:40   -作業者のメリット・デメリット- 朝まで働く夜勤と比べ、心身への負担が軽減されるのが最大のメリットです。若者には早起きが辛いかも知れませんが、長い目で見れば、健康的な生活が送れて良いのではないでしょうか?   ただし夜勤手当がカットされる分の収入は落ちます。それと仕事量が増えれば24時間フル稼働になる場合もあるようです。, 3班で、24時間、土日休み、3交代で稼働させるシフトです。作業者への負担が比較的軽くて、24時間稼働シフトの中では、ベストな交代勤務シフトだと思います。   -シフトの例- “昼→夜→準”と前倒しにシフトチェンジするのが一般的です。   -勤務時間の例-  日勤・・・8:00~16:45 準夜勤・・16:00~翌0:45 夜勤・・・0:00~8:45   -作業者のメリット・デメリット- 1日8~9時間程度の勤務なので、心身への負担は軽い方だと思います。夜勤手当の恩恵もしっかりと享受できるし、基本的に残業が無いのもGoodです。   ただヒマな時期に交代勤務シフトがなくなると、日勤に人があふれかえり、仕事が無くて苦労します。作業者への仕事の捻出、上司からの叱咤激励…ウーン急に“QCサークルしろ”と言われても、準備が出来ていませんし毎日は無理です。, 3班で、24時間、土日休み無し、2交代で稼働させるシフトです。3直2交代制には、シフト例でご紹介する「4昼→2休→4夜→2休」のほかにも、「3昼→3夜→3休」、「2昼→2夜→2休」などのパターンが見られます。最小の人員でフル操業させる交代勤務シフトです。   -シフトの例-   -勤務時間の例- 日勤・・・8:00~20:00 夜勤・・・20:00~翌8:00   -作業者のメリット・デメリット- シフトによっては“4日に2日の割合”で休みになるので休日は多い方だと言えます。平日休みなのは、レジャーの混雑を避ける意味ではメリットだし、友人と都合が合わせにくいと考えるとデメリットです。   一日の拘束時間が12時間程度と長いため体力面ではハードなシフトです。土日もフル操業のため、生産の遅れを挽回する日程が捻出できないので大変でしょうねぇ。, 4班で、24時間、土日休み無し、3交代で稼働させるシフトです。鉄鋼会社やプラントなどで採用されています。シフト例は新日鉄のシフトで「5昼→2休→5準→1休→5夜→2休」です。   -シフトの例- シフトチェンジが後ろ倒しになっていくのが一般的なようです。   -勤務時間の例-  日勤・・・7:00~15:00 準夜勤・・15:00~23:00 夜勤・・・23:00~翌7:00   -作業者のメリット・デメリット- 一日8時間程度の拘束時間なので、シフトによる体への負担は軽い方だと思います。また残業が基本無いのも大きなメリットですよね。   平日休みなのは、レジャー面ではメリットだし、友人と遊ぶにはデメリットです。大きな炉を使っている会社などは、GW、お盆、正月なども一切関係なく操業するためシフトに入っていると休めません。   大手メーカーで検査偽装が発覚していますが、365日フル操業で日程に余裕が持てないことが、少なからず関係しているのかも知れません。, 4班で、24時間、土日休み無し、2交代で稼働させるシフトです。半導体工場の検査員の募集などで見かけます。そのほかにも三重県のプラント工場などでも見られました。シフト例は・・・とある半導体工場のものです。   -シフトの例-   -勤務時間の例- 日勤・・・8:00~20:10 夜勤・・・20:00~翌8:10   -作業者のメリット・デメリット- 一日の拘束時間は12時間と長いので体力的にはハードな勤務となります。しかし年の半分が休みとなるのは最大のメリットですよね。, この中での私が一番おすすめするのは「3直3交代制」です。 残業が基本無くて、深夜割増残業の恩恵もしっかり受けることができます。土日が休みなので友達や恋人と予定が合わせやすいのもGOODです。若いうちは特にねぇ。   ただし・・・   交代勤務シフトはあくまでも仕事をする上での一要素です。交代勤務シフトがいくら良くても、仕事内容や職場環境で仕事の辛さは変わってきます。その辺りを、シフトパターン以上に、しっかりとリサーチして就職を決めてくださいね。, 私の友人はゴミ焼却炉での夜勤専属の仕事です。夜勤専属だとさらに寿命が縮まるのではと心配です。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, この記事では、3交代を「日勤・準夜勤・夜勤」と表現しています。会社によっては、「朝勤(昼勤)・夕勤・夜勤」「甲・乙・丙」など様々だと思います。それと…交代は交替とも書きますので、よろしくお願いします, ご紹介するメリット、デメリットはあくまでも一般論をご紹介しています。会社によっては、1日12時間勤務なのに8時間を超えても残業扱いにならない場合があるかも?参考程度にご覧くださいね。, 私が名古屋で勤めていた会社はこのシフト!年の7割が夜勤体制で、昼夜シフトチェンジは2週間毎でした。10年間でたんまり稼げましたが、しんどかった。, 次に紹介する「3直3交代制」の夜勤部分が無くなったようなシフトですね。仕事量が増えて24時間稼働になることが無いならベストな選択だと思います。でも…どうなんだろう?, 私が大阪で勤めていた会社はこのシフトを採用していました。年の9割が夜勤体制でしたが、名古屋での“2直2交代制”とは比較にならないくらい楽です。, 「2昼→2夜→2休」みたいに1週間の間に日勤夜勤が発生するシフトチェンジは、体への負担は非常にきつくなると言われています。, フル操業の職場は、全体揃っての休みがありません。なのでメンバーチェンジしにくいのが辛いですよね。苦手な人とチームを組んだら、延々とその状態が続きます。, 変形労働時間制が採用されていて1日8時間を超えても残業にならないのかな?詳しい方、ぜひご教授ください。, 工場で夜勤シフトを20年経験した管理人が「夜勤のメリットとデメリット」を分かりやすく解説します。 工場では設備を効率よく稼働させるため、製造ラインなどでは二交代制や三交代制よるシフト制の勤務体制がとられていることが多いです。二交代制や三交代制のなかでも、工場によって休日の取り方など働き方には違いがあります。勤務形態によって働きやすさには違いはあるのでしょうか。工場の勤務形態について主に二交代制や三交代制について解説したうえで、勤務形態によるメリットやデメリットにも触れていきます。, 工場の勤務では、主に「日勤」と「夜勤」、「交代制」という働き方があります。「日勤」は昼間が勤務時間で、たとえば休憩1時間を含めて8時から17時といった時間に働きます。「夜勤」は夜間が勤務時間帯で、たとえば休憩1時間を含めて20時から5時といった時間の勤務です。「交代制」は日勤と夜勤を一定の期間で交代して勤務する形になります。, 工場の勤務形態は一般的に日勤のみ、夜勤のみ、交代制のいずれかとなります。また、交代制には二交代制と三交代制があります。三交代制の場合は日勤と準夜勤、夜勤を交代で務めます。, 労働基準法によって、22時から5時までの勤務は通常の労働時間よりも25%割増した賃金を支払うことが義務付けられています。そのため、夜勤で働く人は日勤で働く人よりも通常の労働時間の賃金が同じであれば、多くの収入を得られるという点でメリットがあります。, 工場では機械設備を有効に使うため、日中だけではなく、深夜も稼働するなど交代制の勤務とされているところが少なくありません。中には24時間稼働している工場もあります。工場の交代制の働き方や休日について解説したうえで、メリットやデメリットから特徴をみていきます。, 交代制はシフト勤務ともいい、工場の場合は2交代制や3交代制といった勤務形態があります。一定の期間で勤務時間帯をローテーションして働きます。一つの工場のなかでも配属先によって、二交代制と三交代制に分かれているケースもみられます。, 交代制の工場の休日は土日休みのほか、2勤2休や3勤3休、4勤2休といった形態があります。土日休みの場合は1~2週で土日を挟んで勤務時間帯が変わるケースが一般的です。2勤2休は2日勤務して2日休む、3勤3休は3日勤務して3日休む、4勤2休は4日勤務して2日休む勤務形態です。たとえば、3勤3休で2交代制の場合、「日勤3日・休日3日・夜勤3日・休日3日」を繰り返します。, 2勤2休は3勤3休は1日の勤務時間が長い工場に多く、休日が1年間の半分あります。4勤2休も1年間の3分の1は休みです。工場の勤務形態では、1日の労働時間が長い場合、休日は多い傾向があります。, 交代制勤務は夜勤や準夜勤で働く日があり、日勤のみて働く人に比べて給料が高くなる傾向があることがメリットです。22時から翌5時までの勤務に該当する時間は、深夜割増賃金が支給され、さらに深夜や早朝の勤務に対して独自の手当を出している企業もあります。深夜に法定労働時間を超えて残業した場合には残業の割増賃金と深夜割増賃金で、それぞれ25%割増になるため、深夜の残業は時給の1.5倍になります。また、交代制の勤務は休日数が多い傾向にあることもメリットに挙げられます。, さらに生活の面では、夜勤の日の平日の日中を有効に使えるというメリットもあります。土日休み以外の休日も含め、平日の空いている時間にショッピングを楽しんだり、銀行や役所、病院に行くといった用事を済ませたりすることができます。また、子供がいる場合、タイミングが合えば、授業参観などの学校行事に参加できるというメリットもあります。, 夜勤のみの場合との比較では、日勤で働く日があった方が体調を整えやすいといわれています。, 一方で交代制の勤務は、慣れるまでは生活リズムを整えるのが大変なことがデメリットです。日勤から夜勤に切り替わるときは勤務中に眠気を感じないように、しっかりと睡眠を確保しておくことが大切です。一方、夜勤から日勤に変わるときは、時差ぼけのような状態に陥りやすく、休日を使って体内時計を整えておく必要があります。また、勤務時間が変わることで生活リズムが乱れてしまうことにより、体調を崩すことも懸念されます。, また、土日休み以外の交代制では、家族や友人と休日が合わないといった点もデメリットに挙げられます。, 工場の二交代制は、2つの時間帯のシフトに分かれて働く勤務形態です。24時間稼働する場合と夜間に稼働を停止する場合では勤務形態が異なります。, 24時間を2つの時間帯に分けると12時間ずつになりますが、労働基準法では原則として1日の法定労働時間は8時間までと定めています。しかし、労働時間8時間が二交代制では空白の時間ができてしまいます。, そこで、労働基準法に即して、二交代制の勤務で24時間稼働とするためには、1ヵ月単位や1年単位の変形労働時間制とするか、労使で36協定を結んで残業を行う形となります。1ヵ月単位の変形労働時間制は就業規則あるいは労使協定で規定する必要はありますが、労働基準監督署への届出は必要ありません。1年単位の変形労働時間制は労使協定を結んだうえで、労働基準監督署への届出が必要です。36協定は法定労働時間を超えて、労働者に残業をさせるために必要なもので、労使協定の締結と労働基準監督署への届出が必要です。ただし、36協定を結んでも残業の限度時間は月45時間・年360時間とされ、臨時的な特別な事情がある場合は、一定の範囲内で労使が合意することで認められます。, 24時間稼働の工場での二交代制での勤務は、たとえば、休憩時間を含めて日勤は7時~19時、夜勤は19時~7時という勤務時間になります。残業を前提とする場合の24時間稼働では、「所定労働時間8時間+残業2時間30分、休憩1時間+30分」といった形での12時間拘束になります。, 夜間に稼働を停止する工場の二交代制は、深夜から早朝の時間帯にかけての勤務がないのが一般的です。たとえば引き継ぎ時間をとる場合のシフト例を挙げると、日勤は8時~17時、夜勤は16時~1時の拘束で、所定労働時間8時間、休憩1時間となります。, 工場の三交代制は3つのシフトに分かれて働く勤務形態です。通常、24時間稼働の工場では8時間ずつ勤務します。たとえば、休憩1時間を含めて、日勤は8時30分~17時30分、準夜勤は17時~2時、夜勤は1時から9時といった勤務時間になります。, 24時間稼働の工場では、引き継ぎの時間をとりやすく、シフトが組みやすいことから、三交代制がとられていることが多いです。なかでも製鉄工場など一度炉を止めると設備を立ち上げるに時間がかかる業種では、三交代制がとられていることが一般的です。, 三交代制は一般的に残業が少ないですが、生産量が通常よりも多い繁忙期や生産が遅れている場合、次のシフトの人が休みの場合などに残業が発生することがあります。, 二交代制は日勤と夜勤のみの2つのシフトのため、生活リズムを整えやすいことがメリットです。24時間稼働の二交代制は勤務時間が長いため、2勤2休や3勤3休といった休日が多い勤務形態が目立ちます。また、残業が多いため、大きく稼げるというメリットもあります。一方で、2交代制で24時間稼働のケースは、1日の勤務時間が長く、体力的な負担が大きいことがデメリットです。, 一方、三交代制は残業が発生することが少なく、勤務時間が長くなりにくいことがメリットです。ただし、3つの勤務時間帯のシフトをローテーションするため、二交代制よりも身体が慣れるまでの負担が大きいことがデメリットに挙げられます。, 同じ二交代制や三交代制でも、全体のグループの分け方や勤務時間のローテーション、休日の取り方によって働き方は変わってきます。工場のシフトは「〇直〇交代制」という呼び方がされます。「直」とは全体を分ける班、あるいはグループの数です。基本的に班やグループごとに同じシフトでの勤務となります。工場のシフトでよくある勤務パターンを紹介していきます。, 2直2交代制は2班に分けて、一定の期間で日勤と夜勤の2交代制でローテーションします。基本的に土日休みで、休日を挟んで1~2週ごとに日勤と夜勤が入れ替わるのが一般的です。ただし、繁忙期には土曜日に出勤を求められるケースもみられます。<勤務時間例:1> は繁忙期のみ2交代制とする工場でも用いられています。, また、<勤務時間例:1>のように工場が停止している時間がある場合は、深夜の勤務がないため、無理なく働きやすいです。ただし、深夜割増賃金が発生する時間帯の勤務が少ないため、収入面では劣ります。また、繁忙期の夜勤で残業時間が多い場合は、体力的な負担があります。一方、製造ラインが24時間稼働の<勤務時間例:2>は残業が前提となるため、大きく稼ぎやすいですが、体力的にハードです。, <勤務時間例>