上方漫才協会大賞(かみがたまんざいきょうかいたいしょう)は、上方漫才協会と吉本興業の主催で行われている演芸の賞。 2014年 12月1日のよしもと漫才劇場開館とともに発足された上方漫才協会に所属する芸歴おおよそ10年の若手漫才師を対象に、毎年1月に開催されている。 上方漫才大賞(かみがたまんざいたいしょう)は、上方の漫才を育て顕彰する目的で1966年(昭和41年)にラジオ大阪(OBC)が設立した賞。毎年4月に開催される。漫才関係の賞の中では最も古い。第1回大賞受賞者はかしまし娘。発表会の模様は関西テレビとラジオ大阪の両局が中継する。2005年度の第40回発表会は初めての試みとして両局で同時生中継された。発表会は例年オリックス劇場(旧大阪厚生年金会館大ホール。2010年から2014年までは御堂会館、2016年は梅田芸術劇場、2020年は新型コロナウイルス感染予防のため公開放送が中止となった)[1]で行われている。後援・大阪府、大阪市、産経新聞社、関西・大阪21世紀協会。通称「上漫(かみまん)」。, 第50回となった2015年は、それを記念して、関西テレビ・ラジオ大阪からの観覧募集とは別に、特典付きのプレミアムシートを販売。また各賞の賞金ならびに審査方法が変更され、開催前のインターネット投票も反映する形で各賞のノミネート芸人を事前に選出。これまでの新人賞に加え、奨励賞も当日のネタ披露で受賞者を審査する形になった。さらに新人賞と奨励賞は、視聴者もインターネットからの投票「かみまん投票」で審査に参加できるようになった。, 2020年の第55回は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、劇場からの生放送は行われず、奨励賞・新人賞選考は取りやめとなった[1]。, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/08/kiji/20200407s00041000328000c.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=上方漫才大賞&oldid=79591503, 大賞:上方漫才界のすべての漫才師の中でその年最も活躍した漫才師に贈られる。賞状・記念トロフィー・賞金200万円が贈呈される。, 奨励賞:大賞に準ずる賞で、中堅級のキャリアが目安となる。賞状・記念トロフィー・賞金150万円が贈呈される。, 新人賞:第1回から第35回までと、第45回からは新人部門の1位。第36回から第44回までは優秀新人賞に次ぐ新人部門の2位。賞状・記念トロフィー・賞金100万円が贈呈される。. 上方漫才大賞(かみがたまんざいたいしょう)は、上方の漫才を育て顕彰する目的で1966年(昭和41年)にラジオ大阪(obc)が設立した賞。 毎年4月に開催される。漫才関係の賞の中では最も古い。第1回大賞受賞者はかしまし娘。 発表会の模様は関西テレビとラジオ大阪の両局が中継する。 (吉本興業ホールディングス株式会社 相談役). 第五回 上方漫才協会大賞 受賞者 大賞. 吉本が運営する「上方漫才協会」が後援し、12月で誕生丸6年を迎える大阪・なんばの「よしもと漫才劇場」、今年1月にオープンした東京の「神保町よしもと漫才劇場」に続く“第3のマンゲキ” … 第四回上方漫才協会大賞 受賞者 大賞. 大賞ノミネートに選出された芸人より決定。 各分野での2019年の活躍や上方漫才への貢献など様々な視点で上方漫才協会大賞の審査会で審査し決定。 上方漫才協会大賞(かみがたまんざいきょうかいたいしょう)は、上方漫才協会と吉本興業の主催で行われている演芸の賞。2014年12月1日のよしもと漫才劇場開館とともに発足された上方漫才協会に所属する芸歴おおよそ10年の若手漫才師を対象に、毎年1月に開催されている。舞台やメディアなどでの活躍を総合的な評価や、コンテスト形式をとった一般からの投票や芸人からの投票で選出する部門賞など様々な形で選出される。, 2016年1月11日、なんばグランド花月にて第1回上方漫才協会大賞が行われた[1]。, 2017年1月9日、なんばグランド花月にて第2回上方漫才協会大賞が行われた[2]。, 2018年1月8日、なんばグランド花月にて第3回上方漫才協会大賞が行われた。今回からは、よしもと漫才劇場所属芸人だけでなく、ヨシモト∞ホール所属芸人も対象となる[3]。, 2019年1月14日、なんばグランド花月にて第4回上方漫才協会大賞が行われた[4]。, 2020年1月14日、なんばグランド花月で第5回上方漫才協会大賞が行われた[5]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=上方漫才協会大賞&oldid=80434324, 1年間よしもと漫才劇場「Kiwami極LIVE」でおこなわれた全てのオープニングアクトから、事前観客投票により1位を決定。, 中田ボタン(上方漫才協会副会長)、大池晶(漫才作家)、高見孔二(漫才作家)、片山良文(漫才作家)、金山敏治(漫才作家)、新田敦生(なんばグランド花月支配人), 中田ボタン(上方漫才協会副会長)、大池晶(漫才作家)、高見孔二(漫才作家)、片山良文(漫才作家)、タフ計画(漫才作家)、新田敦生(なんばグランド花月支配人). よしもと漫才劇場に出演する若手漫才師は上方漫才協会の指導のもと、なんばグランド花月の舞台に立つことを目標に芸を磨いていき、毎年1月には上方漫才協会大賞が開催されている。 組織は以下の通り。 名誉会長:吉野伊佐男; 会長:中田カウス 12 名無しさん@恐縮です 2020/11/10(火) 12:54:51.41 ID:9NKPKobT0 チビ・デブ・ハゲで笑いとる陳腐ネタは御法度だす。 13 名無しさん@恐縮です 2020/11/10(火) 12:55:19.00 ID:ToCSI0dX0 各分野のプロデューサーが2018年活躍した芸人を大賞に推薦し選ばれた58組のノミネート芸人の中から、上方漫才への貢献など様々な視点で上方漫才協会大賞の審査会で審査し1組を決定。