柿木 蓮(かきぎ れん、2000年6月25日[2] - )は、佐賀県多久市出身[3]のプロ野球選手(投手)。北海道日本ハムファイターズ所属。, 多久市立北部小学校[4]2年生の時に野球を始め、多久市立中央中学校[4]進学後は佐賀東松ボーイズに所属し[2]、全国大会に出場した。中学3年時には球速143km/hを記録し、世界大会の日本代表にも選出された[5]。, 中学卒業後、大阪桐蔭高等学校に進学(同期に根尾昂、藤原恭大、横川凱)。2年生の春からベンチ入りした[2]。2年春の選抜では初戦(宇部鴻城戦)で登板し1イニングを投げた[6][7]。その後は春の府大会などでも登板し[7]、夏の大阪大会では同志社香里戦で8者連続三振を奪う[8]など活躍。2年夏の選手権では3回戦の仙台育英戦で先発を任されるも、サヨナラ負けを喫した[7]。第48回明治神宮野球大会では、準決勝で創成館に守備の乱れもあり4点を取られ、敗退した[9]。, 背番号1をつけて臨んだ3年春の選抜では初戦、準々決勝、準決勝で先発するも、決勝は根尾昂が先発し、チームは優勝を果たしたものの決勝に登板できなかったことに悔しさを抱いた[10]。3年夏の選手権では、準決勝の済美戦、決勝の金足農戦にいずれも先発して完投し、優勝投手となった[11]。甲子園終了後の9月に行われる第12回 BFA U-18アジア選手権大会の日本代表に選出された[12]。, 2018年10月25日のドラフト会議では、北海道日本ハムファイターズに5位指名を受けた[13]。11月10日、契約金3500万円・年俸520万円(推定)で日本ハムと仮契約を結んだ[14]。, 2019年には、吉田輝星・野村佑希・万波中正・田宮裕涼と揃って、春季キャンプを二軍で迎えた[15]。イースタン・リーグで26試合に登板し、防御率8.24だった。, 速球の最速は、3年夏の甲子園で記録した151km/h[16]。フォームに躍動感があり、低めを突く制球力も備えているとの評価がある[17]。, 多久市立の小中学校は2017年に義務教育学校として統合し、現在は北部小学校、中央中学校ともに, 【ドラフト】日本ハム5位 柿木蓮(大阪桐蔭高) 春夏連覇を果たした“銀河系軍団”のエース/プロ野球ドラフト会議, 大阪桐蔭・柿木投手の地元・多久市、元チームメートら声援|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE, 伊万里・古賀選手と大阪桐蔭・柿木投手 夢舞台で旧友対決 「速球、もう逃げない」「打たせない」, 歓喜一転「気持ち抜けた」 逆転打浴びた大阪桐蔭・柿木 - 高校野球(甲子園)-第99回全国選手権, 金足農・吉田輝星、大阪桐蔭・柿木蓮を狙うべき球団は…夏の甲子園「ドラフト候補」診断【投手編】, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=柿木蓮&oldid=80067268. 11月10日、契約金3500万円・年俸520万円(推定)で日本ハムと仮契約を結んだ 。 プロ入り後. 2019年には、吉田輝星・野村佑希・万波中正・田宮裕涼と揃って、春季キャンプを二軍で迎えた 。イースタン・リーグで26試合に登板し、防御率8.24だった。 nhk総合テレビ 毎週火曜日 午後10時30分~11時20分 今と未来を描くドキュメンタリー、nhk「プロフェッショナル 仕事の流儀」の番組公式サイトです。