マツダが高給路線なんて、メーカーは言ってないはずだが。 ブランドってのは「このメーカーならこんな車を作る」って意味なんで、高級とは関係ない。 大幅値引きをやめると入ったが、普通の値引きはする。 どこから高級路線なんて話になったんや? https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1911/25/news042.html, https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1911/26/news026.html, https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1911/27/news044.html, https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1911/28/news038.html, https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1911/29/news032.html, https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/03/news040.html, https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/04/news030.html, https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/05/news038.html.   高級路線にいきたければ一にも二にもハッタリだ 97 ほっくー (大阪府) [GB] 2019/10/19(土) 12:34:01.11 ID:WD5vFydz0 プレミアム路線に大胆に舵を切って結果大コケって、何つーか  藤原副社長、ラージプラットフォーム投入が遅れる理由を教えてください 法人加盟店募集 | Experience at FUJI SPEEDWAY」には来ないとのこと。大のファンなのにw俺はマツダ車乗ってないけど、2016年の同イベント見に行きましたけどね。試乗コナーもありましたし。, >マツダ高級路線へシフトしていくのでしょうか? マツダが目指しているのは、高級路線へのシフトでは無く高価格帯車種の充実です。http://www.mazda.com/globalassets/ja/assets/investors/library/annual/files/ar17_06j.pdf高価格帯のCX-9の販売が順調ですが、この価格帯の車種展開が足りないのが実情です。高価格帯の5人乗りのクーペや、SUVや、スポーツタイプを追加して充実させる事により、利益率の高い車種を増やし安定経営を目指そうとしています。――米国の商品ラインナップは必要十分?またCX-9の最上級グレードは4万5000ドル以上で、年収2000~3000万円の層が買い求めている。中には「ボルボ」「アキュラ」「レクサス」から移ってくる顧客もいる。マツダはかつて4万5000ドルの車を売った経験がない。こうした富裕層は将来子どもが巣立った時にCX-5を買いに行くのかなと。何かもう一つプレミアム的なモデルがいるのかもしれない。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14194197924高級路線と言うよりも、500万円程度のCX-9の価格帯の大き目の車種が必要との判断ですね。FRシャーシを展開する事により、ロータリーエンジン搭載のスポーツタイプも企画可能と成ってきます。, 高級車?というか…ブランド戦略」に踏み出していますねd( ̄  ̄)デザインアイデンティティ」の構築他社との差別化(スカイアクティブ等そこから…顧客が高級車を望むなら…アマティ?でしたっけ(¬_¬)じー高級車販売を?始めるかも?知れませんね, マツダに高級車って有りましたっけ。ダイハツ・スズキ・ホンダ・スバル・マツダで高級車ってねー。, 「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。, カタログ-新型車、旧モデル 総合情報 トップへ |   https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/05/news038.html, 藤原副社長へのインタビューというと、日経ビジネスで藤原大明神祭りを行っているフェルさんの記事が, 頭に浮かびます。毎度の連載は非常に興味深く、文章がどちらかというとジャーナリストのインタビュー, というよりはエンターテイメント的な味付けの記事が多いので、それはそれで読んでて面白いのですが、, エンターテイメントに振り過ぎなのに比べて、池田直渡さんはジャーナリストらしく聞くべきことをしっかり, これを読んでいただけれは分かりますが、マツダは決して高級路線へ行ったわけではなく、失敗どころか, 大成功を収めており、ただアメリカ市場がうまくいっていないことと為替が足を引っ張ってしまっているのが, クルマづくりはびっくりするほど真面目に未来を見据えて着実に進歩していて、それが第6第7世代で大きく, 花が開きました。その成功はさらに進んで行くでしょう。決して高級路線へいっているわけではなく、, 着実に市場の要求をクリアしていくために、最低限かかってしまうコストがプラスされているだけの話です。, マツダ3も売れていないわけではないですし、CX-30は2か月で1万2000台売れているようですし、, マツダの特徴として出てすぐにピークが来るのではなく、月を追うごとに台数が増えていくという好循環になる, ケースが多いので、CX-30もさらに売れていくことでしょう。日本市場でのマツダは非常に上手くいっています。, そんなマツダのデミオに乗っていると、こういったマツダの姿勢がよく分かります。人間中心のクルマづくり。, それが全社員に浸透し、すばらしいクルマをつくり上げています。そんなマツダを選んで良かったと。, マツダ3、そしてCX-30と、第7世代のクルマはほんとうにすばらしいデキです。是非最新のマツダに試乗して, 人間中心のクルマづくりを体感していただきたいと思います。決して利益欲しさに高めな値付けがされている, わけではないことがよく分かると思います。高級路線を行って失敗しているわけではない真のマツダを, 「マツダが高級路線行って失敗して売れてない」は本当か | Italiaspeedのロックな毎日.  https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/04/news030.html