マクダフ:ディミトリ・ピッタス しかし、1920年代にドイツで起こったヴェルディブームで再び脚光を浴び現在に至りました。, 時間のない方のための「簡単なあらすじ」 ハムレットの舞台初日 まさき君が泣いていた 妖艶で素敵な舞台でした珞 また観に行くね . 夫人が事の一部始終を聞くと、マクベスと夫人は今度は「マクダフ一家とバンクォーの息子の殺害」を決意します。, スコットランドとイングランドの国境の荒地(遠くにバーナムの森) マクダフは「私は生まれていない、子宮から引き裂かれたのだ!」と返し、剣をかざします。, マクベスは討たれます。 In fernem Land unnahbar euren Schritten.... Alexander Vinogradov Private Fansite (ex Valenciennes Traeumereien), London Opera-loving Kimono-girl 着物でオペラ in ロンドン. 復讐の過程でポローニアスが死に、オフィーリアが死に、ハムレットの友人が身代わりで殺され、王妃が死に、レアティーズが死に、クロ―ディアスが死に、そしてハムレット自身も死にます。 第1幕 マクベスは再びバンクォーの亡霊に怯え、恐怖のあまり気を失います。, 魔女たちが去ると、そこにマクベス夫人が現れます。 魔女が「マクベスが王となる」「バンクォーが王たちの父となる」と予言します。 と歌います。(Pietà, rispetto, amore), そこに夫人の死の知らせが突然入り、さらに「バーナムの森が動いている」との知らせも入ります。, マクベスが「女から生まれた者は私を殺すことはできない!」と叫ぶと 二人は予言の的中に驚き、マクベスは王になる野心を抱きます。, マクベス夫人は マクベスが魔女たちに「私の運命を知りたい。」と、助けを求めてやってきます。, 魔女たちが霊を召喚すると、幻影が現れ ・イタリア、ドイツ、フランスなど国別に分けています。 ・作曲家は時代順に、作品も年代順(年数は初演)に並べてあります。 ・モーツァルトなどイタリア語のオペラでも、ドイツに分類してある場合が … ハムレットはオフィーリアへのラブレターを渡すなどしていましたが、オフィーリアは相応の身分ではないからと距離を取っていたのです。, しかしオフィーリアがハムレットに話を聞こうとしてもハムレットは冷たく拒絶するばかりで、オフィーリアはハムレットの変わりようを悲しみました。 など, コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団&合唱団 その様子を見たハムレットは、亡霊の話が真実であると確信します。, ハムレットは王妃の部屋を訪れ、逃げようとする王妃を抑えつけて真相を話そうとします。 1868年 5月9日、パリ・オペラ座にて初演された。ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『ハムレット』を素材にしたオペラは数多く作曲されているが、このトマの作品が最も有名である。 作曲の背景. 夫人は「新たな犯罪が必要なのよ。彼らに永遠のレクイエムを。」と歌います。(La luce langue), マクベスの刺客たちは彼らを殺害しようとします。 ポローニアスの息子レアティーズは父を殺し妹の死の原因を作ったハムレットへの復讐を誓います。, レアティーズは王と共謀し、剣術試合にてハムレットを毒剣と毒酒によって暗殺する計画を立てるのでした。, そして翌日、ハムレットとレアティーズの試合が始まりました。 第2幕 演出:フィリダ・ロイド. 時間のない方のための「簡単なあらすじ」 第1幕 魔女が「マクベスが王となる」「バンクォーが王たちの父となる」と予言します。 マクベスと夫人は、その野望のために王を暗殺し、王位を奪います。 第2幕 マクベスと夫人は、王位を守るためにバンクォーも殺害します。 第3幕 魔女たちが 「マクダフには気をつけろ」 「女から生まれたものは、お前を傷つけることはない」 「バーナムの森がお前に向かってくるまでは、恐れるこ … ヴェルディ:歌劇《マクベス》コヴェント・ガーデン王立歌劇場2011Blu-ray,日本語字幕. ハムレットは『ミニョン』に続く、トマの最大の成功作で、初演後の5年以内にライプチッヒ ブダペスト、ブリュッセル、プラハ、ニューヨーク、サンクトペテルブルク、ベルリン、ウィーンで上演された。英国初演は、 1869年 6月19日にロンドンのコヴェント・ガーデンロイヤル・オペラ・ハウスにてアルディーティの指揮、クリスティーナ・ニルソン(オフェリ)、シニコ、カルシ、スタンリー、パガジョーロらの配役で行われた。オフェリの役は初演時にはクリスティーナ・ニルソン(Christina Nilsson)が演じたが、その後もネリー・メルバ、アデリーナ・パッティ、マリア・バリエントス(Maria Barrientos)、そして狂乱の場を断固たる調子で堂々と歌い上げたマリア・カラスに至る偉大な歌手たちによって演じられてきた。ハムレットの役は声に輝きのある偉大な歌手を必要とするが、初演を行ったジャン=バティスト・フォル、その後のヴィクトル・モレル(Victor Maurel)、モーリス・ルノー(Maurice Renaud)、アルチュール・アンドレーズ、ティッタ・ルッフォたちは、特にそうした資質を備えていた[14]。アメリカ初演は1872年 3月22日にニューヨーク・アカデミー・オブ・ミュージックにてクリスティーナ・ニルソン、カリー、ブリニョーリ、バル、ジェームズ、コレッティらの出演で行われた[15]。なお、英国初演に際しては、《ハムレットが死ぬ》結末の版が差し替え用として特別に準備され、これが使用された。日本初演は1948年に演奏会形式ながら藤原歌劇団によって大隈講堂にて実現し、1989年には松尾葉子が指揮[16]を務め、モーツァルト劇場によって東京グローブ座 にて舞台初演がおこなわれた[17]。 クラシック音楽「名曲」の解説と名盤(Musica Classica) All Rights Reserved. 復讐は悲劇しか生まないとはよく言われますが、まさしくその通りの結末となりました。, しかしハムレットは「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」を考え、そしてのらりくらりと安穏と生きるよりも復讐を果たして死ぬ事を選びました。 その一方で王は真実を知るハムレットを危険視するようになりました。, 王はハムレットをイギリスで始末するため、「使者を殺せ」と記した手紙をハムレットに持たせてイギリスへと派遣しました。, しかしハムレットは途中で手紙を盗み見て王の計略を見破ります。 舞台「ハムレット」を観に来ました ハムレットはこういって語り始めようとしたが、"But you'll be secret? 1980年代からは本作への興味が回復し再び各地の歌劇場が取り上げるようになっており、近年歌劇場のレパートリーから外れるようになってしまった『ミニョン』に代わってトマの代表作としてしばしば取り上げられている。現在では、オリジナルのエンディングのほうが多く取り上げられているが、イェーテボリ歌劇場のケースのように同一のシリーズ中でも日替わりでエンディングを入れ替えるような対応をする上演形態も見られた[18]。, 不気味で暗い序曲に続いて壮麗なファンファーレと入場行進で幕が開く。(この暗い序曲は、城壁の場への序奏として再び用いられる。)そこには人々が集まっており、2ヵ月前に逝去した前王の妃ジェルトリュードが、前王の弟で王位継承者となっているクロードと結婚し、再び王妃となることを祝っている。この場面はブラスの輝かしい咆哮と大合唱で歌われ、グランド・オペラらしい大変壮麗なシーンとなっている。王が現れ、デンマーク国民に対する忠誠を誓い、ジェルトリュードの頭に冠を置く。王妃は王子アムレが姿を見せないので心配する。戴冠式は無事に終了し、宮廷の人々は王、王妃と共に退場する。宮殿の奥からアムレが一人現れる。彼は父の死後僅か2ヵ月しか経っていないというのに母が叔父と結婚することに疑念と激しい嫌悪感を抱いている。そこに恋人オフェリが現れる。彼女はアムレを愛しており、彼が宮廷を去るつもりだという噂を聞いて胸を痛めていたのだった。オフェリはアムレの苦悩を和らげようと優しく慰めるのだった。(アムレとオフェリが初めて登場する場の音楽はハムレットが父親に復讐を誓う主題と同様に後の場面でも回想される。)アムレは彼女の純粋な愛に唯一の生きがいを感じ、オフェリへの永遠の愛を誓い、オフェリと共にデンマークを離れて遠くに行こうという。彼は今も変わらず愛していると言って彼女を安心させると言い、二人は晴れ晴れとした調子で恋人たちの二重唱〈光を疑うがいい“Doute de la lumière”〉を歌い上げる。(二重唱〈光を疑うがいい〉の旋律は、このオペラの重要な場面で何度か繰り返される。)すると、オフェリの兄ラエルトが現れ、王の命令で今夕にもノルウェーに向けて出発しなければならなくなったと告げ、妹のことをよろしく頼むとオフェリをアムレに託し、アリアを歌う。遠くから祝宴の始まる音が聞こえ、人々が現れ始める。オフェリはアムレを結婚披露宴に誘うが、彼は出席を断り、一緒に行かず、立ち去ってしまう。オフェリは祝宴に、ラエルトは旅へと向かう。宮廷の人々が現れ合唱が始まる。廷臣のマルセリュとオラシオが現れ、王子アムレはどこにいるかと尋ねる。人々がなぜ王子を捜すのかと問うと、2人は昨夜城壁の上で、先代の王の亡霊を見たのだと小声で言い、そのことを王子に告げなければと言い立ち去る。, 場の前奏としては長めの前奏曲が奏される。マルセリュとオラシオが前王の亡霊が現れるのを待ちながら空地にやって来る。そこにやって来たアムレに実は昨晩ここに前王の亡霊が現れたのだと報告する。それを聞いて激しく動揺するアムレに二人の親友は更に王の亡霊は夜中に三度も現れ、鶏が鳴くと姿を消したと話す。アムレが何も話さなかったのかと聞くと、マルセリュは「亡霊は一切言葉を発しなかった」と答える。アムレたちは父上の亡霊は必ず戻って来るだろうと考え、同じ場所で待つことにする。やがて、真夜中の鐘が鳴り、舞台奥の方が薄明るくなり前王の亡霊が現れる。アムレが父上よ、なぜ黄泉の国から戻られたのかと問うと、亡霊はオラシオとマルセリュにここを離れ、場を外すようにと手振りで指図する。アムレが心配そうな親友たちを遠ざけると、亡霊は弟クロードがアムレの母と不倫をし、自分が寝ているときに耳に毒薬を注ぎ、暗殺したのだと語る。その時、王城から祝宴の音が聞こえてくる。亡霊は息子に向かって、邪悪な弟クロードに必ず復讐せよと命じ、しかし母には危害を加えるな、ジェルトリュードには天罰が下るであろうから、と告げ、消えていく。アムレは父の言葉に従うこと亡霊に誓う。, オフェリは近頃アムレが全く自分に無関心で、殆ど彼女に声も掛けず、彼女をすっかり忘れたかのような様子なので、その不安に苛まれる心境を吐露して“Sa main depuis hier”を歌う。その心配を紛らわそうとオフェリは本を読み始める。アリア〈さらば、僕を信じて、と彼は言った〉。遠くにアムレの姿が見えるので、オフェリは側に来てくれるかと期待しながら、本を読み続けるが、彼はなんと姿を消してしまう。オフェリは恋人を失ったことを嘆き、長大なアリアを歌い終わる。そこに王妃が現れ、オフェリの悩む様子にどうしたのかと訊ねる。彼女はアムレがもはや自分を愛していないので、王宮を去り、どこか遠くに身を隠したいと言う。王妃はそのような軽率な行動はやめるよう諭す。実は自分も最近の王子の様子がおかしいのに気がついている。しかし、それを正気に戻せるのはオフェリの愛だけなので、王宮に留まるように説得する。オフェリは王妃の言葉に従うことを約束して立ち去る。 魔女たちが マルコム:スティーヴン・エベル バンクォーは息子を逃がしますが、自らは殺害されてしまいます。, マクベスの城の大広間 マクベスは恐怖に狂い、錯乱状態となり、「墓は死んだ人間を生き返らせられるのか」と亡霊に語りかけます。, 皆がマクベスの罪を察知し「この国は盗賊たちの洞窟となってしまった!」と歌う中で、第2幕が終わります。, 魔女たちの洞窟 ), マクベス夫人は「ダンカン王が今夜ここに来る。」ことを召使から聞きます。 ウクライナの歌手リュドミラ・モナスティルスカはこのマクベス夫人で賛辞を浴び、翌年にはメトロポリタン歌劇場へデビューし、現在の活躍へと至っています。, マクベス:サイモン・キーンリーサイド "と言って説明をいったん止めるのである。 arrant= veritable, downright. 第3幕 (Ah, la paterna mano), そこにマルコム(ダンカン王の遺児)が現れます。 あらすじ(ハムレット) ※原作はシェークスピアのハムレットですが、ここではトマのオペラのあらすじを記載しています。 (1幕) 悲劇的な序曲で始まった後、華やかなファンファーレと入場行進で幕が … その劇はハムレットが筋書きを書いたもので、王弟が王を毒殺して王妃をたらしこみ王に成り代わるという、亡霊が話した毒殺の真相さながらの内容です。, 劇を見た王は顔面が蒼白になり、立ち去り部屋へ引きこもってしまいます。 そこにマクベスが帰ってきます。, 夫人はマクベスに「明日、その太陽(王の命のこと)を昇らせてはいけません。」と暗に王の殺害をほのめかします。 と夫を王に君臨させる野望を歌い上げます。(Vieni t'affretta! 「女から生まれたものは、お前を傷つけることはない」 声楽部分では、グランド・オペラやベルカント・オペラでは「狂乱の場」がヒロインのために設けられることが多いが、オフェリの〈遊びの仲間に入れて下さい〉はベッリーニの『清教徒』(1835年)のエルヴィラが歌う〈あなたの優しい声が〉とドニゼッティ作『ランメルモールのルチア』(1835年)でルチアが歌う〈苦しい涙を流せ〉と並ぶ三大「狂乱の場」となる[4]。異国情緒の点では、「北欧由来のメロディーが取り入れられている。それは第四幕のオフェリのもの悲しいバラード〈色白で金髪の“Pâle et blonde”〉。スウェーデン民謡の一節によるもの」[5]が巧みに使われている。, リブレットはジュール・バルビエ(Jules Barbier)とミシェル・カレ(Michel Carré)によりフランス語で作成されている。シェイクスピアの原作からラストが大きく変更されており、オフェリの葬列でアムレがクロードを殺害してデンマーク王となることを宣言するところで終わっている。シェイクスピア劇の社会的受容状況の相違などから、初演時には大きな問題とならなかったが、時代を下るにつれて原作を冒涜していると言った批判が現れるようになった。なお、1869年の英国初演の際に、《ハムレットが死ぬ》結末の版が作曲され、これが使用された。一般的には、オペラ制作にあたって原作の筋立てが改変されるのは、音楽的制約や声域別の主要な歌手や合唱への楽曲の割り当てなどの都合からむしろ当然なのだが、この場合、原作の知名度が非常に高く、結末が異なっていたために影響が大きくなったものと思われる。加えて、この台本作家のコンビが作成したリブレットとシェイクスピアの原作との間にはアレクサンドル・デュマ・ペールとポール・ムーリス( Paul Meurice)が1847年に共訳した訳本が存在していることも指摘されている[6][7]。この台本作家のコンビは 1859年3月19日にパリのリリック座で初演されたグノー の『ファウスト』でも原作の大胆な改変を行っている。1868年のパリ・オペラ座における上演に際して、グノーは台詞を朗唱(レチタティーヴォ)に変更、バレエ音楽を追加し、グランド・オペラに改訂した。当初はドイツなどで原作に対する冒涜だといった非難を浴びた。しかし、結局これが現在上演され続ける成功作となっているという周知の事実が背景にあるものと見られる。オペラ研究家の岸純信は「父の敵を斃したとはいえ、不義の母は修道院に向かい、恋人オフェリは狂い死に、その兄ラエルトの憎しみを受けるアムレットには、もはや平安の時は訪れない。心の拠り所を全て失った彼は真の孤独を抱えつつこの先の人生を全うしなければならないのである。人々の歓声が盛大であればあるほど、王子の虚しさもいっそう鮮やかになる。それはまさに、オペラだからこそ描ける真実味。原作を超えるその無常観はいまも色褪せてはいない」と結んでいる[8]。, 『エスプリの音楽』の著者で「モーツァルト劇場」を主宰し、1989年に本作の演出[9]を担当した高橋英郎は「《ハムレット》の色彩は暗いが、饗宴の場の〈ああ!今日こそは追い払おう〉の磊落さ、オフェリの狂乱の場の〈さよなら、と彼は言った〉以下の詩情、ハムレットと母の対話する〈光を疑うがいい〉のリリシズム、亡霊の場の墓場のような荘重さなど、多様な音楽の変化がアンブロワーズ・トマへの賛辞を引き起こすことだろう」と語っている[10]。, 『フランス・オペラの魅惑』の著者である澤田肇は「トマのオペラはシェイクスピアの原作をあちらこちら改変しているため、馬鹿げているとか冒涜だとか拒否反応を示すシェイクスピアファンが多かった。しかし上演されるのはオペラであって演劇ではない。もとの戯曲をなぞるだけの作品では、優れたオペラにはなり得ない。極限におかれた人間のドラマが歌と音楽を通して浮き上がる現実的でモダンな作品、それが『ハムレット』なのである」と述べている[11]。, 『シェイクスピア劇のオペラを楽しもう』の著者である福尾芳昭は『ハムレット』には「戴冠式、宴席、行進、バレエ、大合唱などのグランド・オペラに付きものの道具立てが揃っていて、豪華な見せ場が耳目を楽しませ、その上、亡霊の出現、劇中劇、狂乱の場などもある。盛りだくさんのこれらの道具立てが舞台を賑わし、耳目をそこに釘付けにする。」さらに「第三幕は劇的にも音楽的にも見事な出来栄えである。ここにはハムレットの有名な〈生きるべきか、死ぬべきか〉の哲学的モノローグがあり、現王の罪の意識と良心の呵責の葛藤のアリアがあり、さらに全曲のクライマックスとしてハムレットと王妃との二重唱による対決があり、彼女の非道の告白がある。この幕は正しく劇的緊張と迫力の連続であり、聴き応えのある歌の連続である。」とし、さらに「トマのオペラの一特徴はイタリアのベルカントにも匹敵する表情豊かな旋律美である。特に、オフェリのアリアやバラッドでは華麗な装飾音が彩り豊かに旋律を飾り、また、装飾歌唱はハムレットの歌うシャンソンのように男声にも聴かれる」と指摘している[12]。, 1868年5月9日のオペラ座での初演は大成功だった。常套的なスタイルだったにもかかわらず、作曲が優れ、同時代の人から「アレヴィ以後の最も重要なオペラと見なされていた[13]。 ハムレットは1600年頃に発表されたシェイクスピアの悲劇で四大悲劇の一つに数えられています。 『マクベス(Macbeth)』は、ジュゼッペ・ヴェルディ(Giuseppe Verdi/1813年-1901年)の初期の傑作オペラです。 そして親友に「事の顛末を語り継いで欲しい」と託して息絶えます。, ハムレットの復讐は決して爽快なものではなく、悩み苦しみ狂気に身を委ねながらのものでした。 「裏切者め!」 そこに「バンクォーは殺したが、息子は取り逃がした」という知らせが入ります。, マクベスが玉座に座ろうとすると、そこに「バンクォーの亡霊」が見えます。 ハムレットは復讐のため、安穏とした生活を捨てその身を狂気に委ねるのでした。, デンマーク王が急死し、王弟クロ―ディアスがデンマーク王妃と再婚してデンマーク王となりました。 舞台『ハムレット』を観に。 岡田将生君の演技最高でした‼︎ いい舞台刺激しかない . マクベスに国を追い出された亡命者たちが、祖国の哀しい現実を歌っています。(Patria oppressa), マクダフは「お前たち皆(妻子のこと)は、あの独裁者に殺された。この父の手で守れなかった。」とその無念さを歌い上げます。 目付け役として随行していた二人を身代わりの使者として送り、ハムレットは王を打倒すべくデンマークへと戻ってきました。, デンマークではポローニアスを殺され狂気に陥ったオフィーリアが川で溺れて死に、その葬式が行われていました。