旦那が東大卒なのを隠してました。 キンドル内に入るんですか? 1回目は答えられず問題を飛ばされてしまったりして散々でした。 背が高い・金髪・青い目のドイツ人の事であった。そのため中央・東ヨーロッパのスラブ人・ロマ人・特にユダヤ人は最大の敵であり、1918年戦争に負けたのも彼らのせいだと大衆に対し叫んだ。, 1920年、ヒトラーのナチス党は支援部隊S・S(突撃隊)を結成し、特にユダヤ人達に暴力をふるう様になるのである。彼の支配は「憎しみ・妬み・恐怖」を人々に植え付ける危険なものであった。, 1933年1月、ヒトラーはドイツの首相になる。「ベェルサイユ条約」により失ったものを我がドイツの手に!!と当時「ドイツの救世主」として国民の人気を集め独裁への道を歩み始める。, 1935年ヒトラーは「ニュルンベルク法」を作り、反ユダヤ主義を確固たるものにする。 電子書籍で購入した場合、データってどういう運用になるのですか? ... 市販で売ってる電子書籍ってコピペできますか? 実験Ⅵ ユダヤ人の頭蓋骨収集 フリードリヒ2世が行った赤ちゃんに触れない実験について書かれた書籍があれば教えてください。 以下の論文にフリードリヒ2世の実験が取り上げられています。岸本弘:新しい父親像と母親像の研 … Raub, Rassenkrieg und nationaler Sozialismus, dreiteilige Dokumentation über Joseph Goebbels, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ナチスのプロパガンダ&oldid=79025894. 身に覚えが無いのでその時は詐欺メールという考えがなく、そのURLを開いてしまいました。 ですが気になったのはkindleなどの電子書籍の価格です。 理解するようになるのか・・。興味深いですね。 . そのキンドルが古くなったり壊れたりしたら、もう見る手段は無くなりますか? 高位のナチ政治家は特定の政治的企図に疑いを持ったとしても、密告への恐れではなく、むしろ全能の父親像との過剰な自己同一化のために声を上げなかった。ヘルマン・ゲーリングは適切に表現している。「私には良心などない! アドルフ・ヒトラーこそ我が良心である。」, 一方で同時にヒトラーの神格化や過剰な称揚を、「ヒトラーも君と僕と同じ人間だ」と個人的側面を提示して抑えようとする試みがあった。ハインリヒ・ホフマンは例えば1932年にパンフレット『知られざるヒトラー (Hitler wie ihn keiner kennt)』を出版し、そこでは「指導者(総統)」は子供好き、熱心な狩猟家、愛犬家、車好きとして紹介された。牧歌的なベルクホーフがこうした写真の背景を務めた。総じて言えば相反するヒトラーのイメージがあった。つまり孤高超然、また現代性、活力、節度、自然への愛といったものである。, ヒトラーと、菜食主義の他のナチ支持者に至っては、作曲家リヒャルト・ワーグナーの著作『宗教と芸術(ドイツ語版)』の影響を受けていた。そこでは肉の消費や調理はセム的、非アーリア的遺産として批判されている。, ナチ党が選挙で大勝し、1933年に政権を掌握すると、いわゆる「国民運動」が主要部分へと移行し、「象徴的コミュニケーション」という手段が用いられた。ある種の儀式によって政治的集団祭祀 という擬似宗教的な形態が作られた。この祭祀は感覚に訴えかけ、感情を呼び覚まし、思考力を麻痺させるものだった。集会、たいまつ行進、旗の点呼、集団行進、祝典、またヒトラーユーゲントやドイツ少女連盟といった青少年組織、加えて学校の教育課程を改編することでナチ党は、広範に広まっていたアイデンティティーや社会の共同体への欲求を巧妙に操作し、政治的目的に手段化することに成功したのである。, 体系的に大衆に影響を与える形態についてヒトラーは、特にギュスターヴ・ル・ボンの『群衆心理(ドイツ語版)』[15](1895年)から示唆を得た。ヒトラーは『我が闘争』にこう書いている:.mw-parser-output .templatequote{overflow:hidden;margin:1em 0;padding:0 40px}.mw-parser-output .templatequote .templatequotecite{line-height:1.5em;text-align:left;padding-left:1.6em;margin-top:0}, 群集心理は意識的かつ意図的に使いられ、ナチのプロパガンダの成功への鍵となった[17]。, フランスの精神分析家ベーラ・グランベルジェ(英語版)と Pierre Dessuant がプリモ・レーヴィの発言として対談からこう引用している。「史上初めてヒトラーがかくも権力を持ち、暴力的行為を成し得たか、それはマスコミュニケーションという強大な武器を手にしていたからである[18]。」またレーヴィは「ナチの儀式の魅力」を特に強調したのだという。「数十万人が声を一つに『我々は誓う』と叫ぶ度に、あたかも皆が一心同体になったかのようであった[19]。」, 国民に影響を与えるため、ナチ国家が組織し、またプロパガンダが必要としたこの他の手段には、物質面での多彩な報酬があった。歴史家ゲッツ・アリー(ドイツ語版)が『ヒトラーの国民国家(ドイツ語版)』[20]で示したように、ナチスが略奪したユダヤ人財産は(家具、衣類や宝石、また金銭の形で)、国民に分配されたが、これは国民からの好意を得るためであった。アリーはそのためナチス政権を「好意の独裁」と評した[21]。「社会的・民族革命的ユートピア」[22]はナチ党に大多数からの人気をもたらし、「社会的民族国家」[22] であったとされるが、ただしその善行は他者を犠牲に賄われていた。すなわちユダヤ人資産の強奪、外国の戦時略奪、強制労働(ドイツ語版)である。, この好意の独裁に属するものには、体制が「贈る」善意や「歓喜力行団」の休暇旅行企画や、低価格の消費財があった。これに関連してナチスから委託を受け開発された「フォルクスワーゲン」だが、生産が始まったのは戦後になってからであった。, ナチ・イデオロギーの重要な礎石は人種主義であったが、これは徹頭徹尾、疑似科学的であった。人種理論は科学的根拠を欠くものであったが、当時は非常によく知られたものであった。そこで試行されたのが「ドイツ人種」、「北方的アーリア人」のゲルマン民族(「金髪、碧眼」の典型は有名である)が、「異人種」(「スラヴ人種」などといった)「劣等人種」に比べ、優秀であることを示すことだった(→支配人種(ドイツ語版))。このドイツ民族の「天賦の優秀性」から社会ダーウィニズムの当然の帰結として導き出されたのが、異「民族」の「人種闘争(ドイツ語版)」における征服、抑圧であった。イデオロギーがいうところの「ドイツ人種」は、生まれながらにして「指導」すべき運命にあるとされ、これにより社会での総統崇拝が対外関係にも適用された。似非科学的理論はこれを絶えず正当化した。第二次世界大戦はこの文脈においてドイツ民族の東方生存圏のための生物学的闘争とされた。この関連で重要な象徴となったのは、ハンス・グリム(ドイツ語版) が作り出し、ナチが受け継いだ「土地なき民(ドイツ語版)」のイメージであった。, ロバート・N. 実験Ⅶ マラリア実験 その時の通信員はこう報道している。, 「収容所の中央には、巨大な建物が建っており、工場のような煙突があった。これは世界最大の焼却炉であり・・ここのガス室には一度に250人を殺す能力があった。ガス室には人々が、限界まで詰め込まれたため窒息した後も死体は直立したままだった」, 何十年も経た今だからこそ、もう一度「戦争の悲惨さ・惨さ・命の尊さ」について考えるべきだと強く思うのである。, これは聞いたことがありません。ナチスドイツ同様にユダヤ人迫害をしていたポーランドが、ドイツ在住のポーランドのユダヤ人の旅券を使えなくしてしまったので期限を過ぎたらポーランドに帰国できなくなってしまうため、怒ったドイツが無理やりドイツ在住ポーランド系ユダヤ人を駆り集めポーランド領域に強制的に放逐しようとし、しかしポーランドが入国を拒否したので、困り果てたポーランド系ユダヤ人が無人地帯をさまよう羽目になったのです。その中のひとりグリンシュパンという人がパリ在住の自分の息子に連絡を取り窮乏を訴えた。怒ったこの息子が、パリのドイツ大使館に拳銃持って訪れ大使館のフォン・ラート書記官を撃ったのです。これをナチスのゲッベルスかハイドリヒがユダヤ人迫害のチャンスに変えたわけです。なので、グリンシュパンくんによる大使館員殺害は、別に周到に練ってなんかいません。この程度、Wikipediaにすら書いてありますよ。何れにしても、ユダヤ人迫害はともかく、グリンシュパンくんの行動に用意周到に練るような部分はどこにもありません。そもそも、この水晶の夜事件自体、突撃隊やユーゲントは快感だったかも知れないけど、ナチス政権内では評判悪かったのです。ドイツ人一般市民も流石にこれには引きました。だってなんにも悪くないユダヤ人を殺したり強制収容所に入れたり、一切法的根拠はないのですから、あまりに無茶苦茶すぎます。それでもっとちゃんとユダヤ人迫害をするようになっていくのです(「ちゃんとユダヤ人迫害」って意味わかりにくいですけど、偶発的にやらず政策として実施していくという意味です)。個人的にこの水晶の夜事件をやらかした主犯格はゲッベルスだと思いますけどね。ハイドリヒは保安警察長官として何にもしないわけにもいかないので、うまくことが運ぶように手配しただけのように見えます。, 私事で恐縮ですが、筆者(角田)はよく苗字を「かくた」と読み間違えられてしまいます。あるいは「すみだ」…, 他の日はこちらから 誕生日石&花【365日】【6月1日】直感力と指導力に優れる。カリスマ的魅…, 世界初の新造航空母艦「鳳翔(ほうしょう)」は大日本帝国海軍に属した軍艦で、設計の段階から航空…, 公明党大阪府本部は、いわゆる大阪都構想の住民投票の否決を受け、新たに石川博崇参院議員が代表に就任しま…, 弟はこのまま置いていってくれと哀願した。(中略)誰であれ歩けなくなった者はその場で、射殺されそこいら中に死体となって転がっていた。諦める訳にはいかなかった。私が, 肉親の情よりも大義をとるべし!人質をとられても脅しに屈しなかった「三国志」の忠臣・程畿のエピソード, 自称婚活コンサルタント「マグロとアカマンボウの見分け付かないのは年収400万未満」→炎上, 【闇深】小林麻耶(41歳)、膣内パワーストーンをスタッフや後輩アナに布教 そりゃ干されるわ, 伝説の投資家ジム・ロジャーズ「2021年オリンピック開催すべし」 危機をチャンスにする教え. 2016/4/27 データを移すことは出来ますか? ニッチな世界史, 目次 別に学歴なんて気にしてませんでしたし、そこそこ大きい企業に勤めて給料にも不満がありませんでしたし、私も働いていますし「専門技術だけで大きい企業に勤めるなんて凄... 先日、息子が彼女にプロポーズして、相手両親に挨拶に行きました。彼女は一人娘で、彼女の父親から、氏名だけでも彼女の姓を名乗ってもらえないかと言われたと息子より相談の連絡がありました。まだしっかりと話はしていないので、息子の考えや彼女の考えもわかりませんが、いずれこのような相談があるだろうと私自身前... 英検二級の面接に二回連続で落ちました。 実験Ⅷ 双子実験 旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... 詐欺メールが届きました。SMSで楽天市場から『購入ありがとうございます。発送状況はこちらにてご確認下さい』 と届きその後にURLが貼られていました。 自分と認識するの?素朴な疑問の検証でした。 いつのころから、自分自身を. 実験されたのはグアという赤ちゃんチンパンジーと、生後10ヶ月の男の子であるドナルド・ケロッグ。グアとドナルドは 同じ食卓で食事をするように育てた。学者は実験期間の間、身長、体重、血圧、知覚、運動機能を検査し、 更に頭蓋骨差まで記録。 ): Vgl. ナチスのプロパガンダは、ナチズムを信奉する者にとって、特にナチ党 (nsdap) にとって要となる活動の一つであった。 ヴァイマル共和政時代では1933年の政権獲得、ナチス時代のドイツ国では権力維持に大きな役割を果たし、また戦争動員のイデオロギーとして機能した。 実験Ⅲ 発疹チフス接種実験と伝染性肝炎ウィルス研究 ・Kindleは表紙も白黒なので嫌なのですが使いたいアプリはアマゾンのKindle・基本的に本を読むこと以外は使わない い25歳前後の人々が小学生期を送ったのは昭和34年~42年(因みに学園紛争のピークは44,5年頃) であった。それにしても図2,3によると,その頃の父親像と母親像が驚く程似かよってきていた のに驚か … 結婚したことを後悔しています。私と結婚した理由を旦那に聞いてみました。そしたら旦那が「顔がタイプだった。スタイルもドンピシャだった。あと性格も好み。」との事です。 「アドルフ・ヒトラー」この男抜きでホロコーストは語れないであろう。, 彼は(1889年~1945年)オーストリアで産まれる。彼はこの時は「大ドイツ」の軍人とし入隊するためミュンヘンに引っ越す(ドイツ国籍を持っていなかった為)1914年バイエルン予備歩兵第16連隊に「志願兵」とし入隊している。そしてドイツは戦争に敗北を機する。, 1918年ドイツは「経済的制裁・多額の賠償金」等背負い、誰もが苦しい時代を迎える。 こちらは日替わりセールやキャンペーンなどで価格が下がること... 「ハニーレモンソーダ」の漫画を無料読みできる無料アプリやサイトはありますか?zipやrarなどでの違法ダウンロード”以外”の方法で知りたいので、無料がなければ有料でも構わないです、 アカウントは別で本を共有できるサービスがある電子書籍ってありますか? 意見を聞かせていただけると助かります。. 開いた後は発送状況を確認できるサイトに移動することは無く、ポップアッ... 英検3級の二次試験が不合格でした。僕は中学三年生です(今年で高校1年)英検3級の二次試験である面接が不合格でした。結果をサイトで見た瞬間、とてもショックで悔しかったです。自分の面接カードを破ってしまいたいくらいです。再受験では一次試験は免除されますか?本屋でCD付きのものを買ったりした方がよいのでしょ... エリザベス女王杯2020日刊スポーツ大阪伊嶋さんの予想を知りたいのです。あとオカダさんの本命もわかればよろしくお願いいたします。, ママ友との会話で旦那が工場勤務とか土方は嫌だよね〜って話題になりました。そのママ友には言っていないのですが旦那が土方仕事をしています。 国民全体が仕事と食事の為、町中に長蛇の列を作り溢れかえる・・過酷な毎日である。 ナチスのプロパガンダは、ナチズムを信奉する者にとって、特にナチ党 (NSDAP) にとって要となる活動の一つであった。ヴァイマル共和政時代では1933年の政権獲得、ナチス時代のドイツ国では権力維持に大きな役割を果たし、また戦争動員のイデオロギーとして機能した。, ナチのプロパガンダの主要テーマには、ナショナリズム、人種主義、反セム主義とこれと密接に関連する反共産主義、またイデオロギーとしては民族共同体、戦争の英雄を賛美する軍国主義があり、加えてナチスの女性像、独裁者アドルフ・ヒトラーに無条件に服従する総統崇拝(ドイツ語版)が挙げられる。戦争準備に直結したものとして、「土地なき民(ドイツ語版)のドイツは、力尽くで生存圏を東方に獲得するほかない」という言説があり、社会ダーウィニズムの視座から「強者の権利」と正当化された。, ナチのプロパガンダは、内容面からいうと、テーマを重要なものに絞ることで、記憶に残り、感情に訴えかけるスローガンを作り出すものであった。これはアドルフ・ヒトラーのプロパガンダの指針を踏襲したものである。1924年から1926年にかけて書かれた基本の書『我が闘争』にはこうある。「プロパガンダの芸術とは、まさにこの点にある。すなわち大衆の感情に基づく表象世界を理解し、心理学から見て正しい形式をとれば、注目を集めるばかりか、ひいては広範な大衆の心へ至る道を見出すのである[1]。」, ナチ・プロパガンダを広める際に重要な手段となったのが、書籍や新聞、またラジオや映画といった新しいメディアであった。ナチのプロパガンダで主要な部分を占めたのは、ナチスの映画政策であった。この他にも重要な役割を果たしたものに、公共空間で行われる集会や行進、学校での授業、ヒトラーユーゲント、ドイツ少女連盟といった自前の団体、物質面での優遇などがあった。, ナチのプロパガンダを広め、統括する中核機関として設置されたのが、ヨーゼフ・ゲッベルスによる帝国国民啓蒙宣伝省である。, 1924年から1926年にかけて著した『我が闘争』で既にヒトラーは、後のナチのプロパガンダにとって核となる原型と指針を編み出していた[2]。これによれば、プロパガンダが焦点を合わせるべきは専ら感情に他ならず、知能へは非常に限られた場合のみである、とされた。プロパガンダで必須なものとして「庶民が親しめるものであること、そして対象とする者のなかでも最も程度の低い者の受容力に合わせること[3]」を挙げた。また「プロパガンダに学術講義のような多面性を与えようとすることは誤り[4]」とした。プロパガンダと客観的であること、また真実であることは、操作する上でどのようにかかわるのか、ヒトラーははっきりと自己の考えを明らかにした。プロパガンダとは「真実が他者を利する限り、大衆に向かって教条的に正しく客観的にこれを追究するためではなく、絶え間なく大衆を自らの意のままにするためにある[5]。」, 広範な大衆に向けたプロパガンダの根本原則とは、ヒトラーによれば、テーマ、考え、結論を絞り、執拗に繰り返せばよい、とした[6]。, ヴィクトール・クレンペラー(ドイツ語版)は、後に著書『第三帝国の言語「LTI」―ある言語学者のノート(ドイツ語版)』[7]において、ナチスの言語とのかかわりについて述べた。結論としては、ナチスのレトリックが人々に影響を与えたが、これは個々の演説やビラなどによるものではなく、ナチ的イメージが刷り込まれた常に同じ概念や常套句を、判で押したように繰り返すことによるものであった、とした。, 1923年11月のミュンヘン一揆に失敗した後、ヒトラーはナチ党の新行動計画を策定した。これによれば、合法的な方法で政権の座に就くべく、クーデター戦術は新たな「合法戦術」に置き換えねばならないとした。その実現のためには、ナチ党は過激分派のイメージを拭い去り、大衆に基盤をつくる必要があった。そこでは、様々な民主主義政党が行った組織化活動が手本とされた。議会主義といった政治上の抵抗勢力を、彼らの武器を利用し、打倒しようとしたのである。, 「大衆動員」を達成するため、政治活動の重点はプロパガンダに置かれた。ヒトラーは『我が闘争』で既に以下の原則を編み出していた。, こうしてナチ・プロパガンダの定式が決まり、ナチの装置として最も成功した武器となった。, ナチのプロパガンダと相対する概念であったのが、他の民主主義政党の採った方法であり、理性的な論拠に基づき政策を広報していた。ナチのプロパガンダは、説明を意図的に放棄する代わりに、非理性的なもの、感情が左右する「敵か味方か」という類型に訴えかけるものであった。集会での演説は、1933年までナチスにとって最も重要な煽動の手段であった。ここで目的とされたのは、具体的計画を示し、選挙公約や政治目標を説明することではなく、曖昧模糊としたナチズムへの「漠然とした信仰」を普及することにあった。来る将来展望の点については、宣伝担当者は処方箋通りに、万人に全てを約束したが、具体的な明言は避けた。, ナチ党全国宣伝指導部(ドイツ語版)の長である宣伝全国指導者は、1926年までは党首であるヒトラー自身が兼務していた。その後、このポストは党のナンバー2であったグレゴール・シュトラッサーに移り、さらに1929年にヨーゼフ・ゲッベルスが引き継いだ。ゲッベルスのもとでナチ党宣伝局は大きく拡張され、ナチ党の政権奪取に決定的な役割を果たすことになる。, 1933年1月30日、ヒトラーがドイツ国首相に任命され、ヒトラー内閣が成立した。与党となったナチ党は3月5日の国会選挙に向けて政府機関をも駆使したプロパガンダを強化することが可能となり、その結果としてナチ党は国会議員の647議席中288議席を獲得する大勝利をおさめた。3月14日、大統領パウル・フォン・ヒンデンブルクはヒトラーの要請にもとづいて「帝国国民啓蒙宣伝省」の新設を承認し、ナチ党宣伝全国指導者であるゲッベルスを国民啓蒙・宣伝大臣に任じた。その前日にヒトラーは、ナチ党の政権掌握に続き、ミュンヘンで「州の政治意思の均一化」を命令した。ゲッベルスが党と政府の宣伝政策の責任者を兼任したことにより、国家全体にわたる宣伝活動が組織的に実施されることになった。意見形成の最重要機関は今やナチ党の装置に組み込まれ、ベルリンから一元的に指令されることになった。ナチ党はこうして国家的なプロパガンダを手中に収めたのである。, 可能な限り多くの市民が聴取できるように、ナチ党が特別に開発を推進し、大々的に生産されたのが「国民受信機」であり、国民からはすぐに「ゲッベルスの大口 (Goebbelsschnauze)」とあだ名された。価格は76ライヒスマルク(従来のラジオは200から400ライヒスマルク)と安価に抑えられ、国民のほとんどが手にすることができた。そのためラジオは、すぐにナチのプロパガンダで影響力の大きなメディアへと成長した。しかし休む間もなく声を張り上げる政治宣伝番組が続くと、これに嫌気が差す国民が急速に増えていった。そこでゲッベルスは必要に迫られ、より一層人々の気をそそり、気晴らしになるような番組制作へと舵を切った。例えばリクエスト番組の希望音楽会(ドイツ語版)、ラジオドラマ、戦果に胸が高鳴る国防軍戦況発表(ドイツ語版)などである。, また国民の意見傾向の確認とこれに対応した宣伝が重要であった。日々刻々と移り変わる世論に、できる限り迅速に対応する必要があった。1938年の11月ポグロム(いわゆる「帝国水晶の夜」)、すなわちナチ政権が、組織的にドイツ全土でほぼすべてのシナゴーグ、無数のユダヤ人商店や施設、ドイツ系ユダヤ人の住居を破壊した事件であるが、この事件後、人々の間でも、また党内でも、経済を損なうこの類の度を越した暴力行為からある種、距離を置く態度が認められた[9]。その結果、人種主義的プロパガンダは一時的に減少した。この時からユダヤ人社会に対する嫌がらせは、むしろ鳴りを潜めた。その理由は、「迫害があまり目立たず、かつ適法の範囲内で行われる」方が、住民がナチスのユダヤ人や政敵に対するポグロム政策を受け入れやすいことが確認されたためである[10]。, 第二次世界大戦末期、軍事情勢が絶望的になるのに合わせ、ラジオや特に『ドイツ週間ニュース』で一層強調されていったのが、遠のくばかりの「最終勝利(ドイツ語版)」のため、国民に犠牲をささげる覚悟を決めさせることであった。戦争の1年目は「勝利は確実」と声高に語られたものの、この時になると、ただひたすら「最後まで戦う」を繰り返すばかりであった。, ナチスの影響下、多くの概念の評価が劇的に変わった。ヴァイマル共和政の市民社会において道徳面で否定的に評価された用語は、ナチスのプロパガンダによって肯定的なものへ変えられた。例えば「rücksichtslos」(顧慮のない)という形容詞は、ナチスの用語では「ひたむき」や「エネルギッシュ」といった肯定的な意味になった。同様に「Hass」(憎悪)は特定のコンテキストでは肯定的な意味になった。「北方人種の英雄的な憎悪」は「ユダヤ人の卑劣な憎悪」に対置された。, プロパガンダ言語のこの他の特徴には「暴力のレトリック」の使用が挙げられる。特にヒトラーの演説では、政敵に対して極端に喧嘩腰なトーンで誹謗中傷し、口汚く攻撃した。政敵は凶悪犯と罵られ、さらに欺瞞、サボタージュ、ペテン、詐欺、あげく殺人と非難された。特にユダヤ人は修辞的に悪魔化されると同時に、特定の用語法で道徳的にも貶められた。例えば動物と比較して「entmenschlicht」(人の道にもとる)。「寄生虫」「カメムシ」「回虫」「害虫」といった罵り言葉を用いることによって共感を失わせ、これを聞く者が、攻撃を受ける者への同情心を失わせるものであった。その代わりに、ナチスが民族共同体にとって有害とみなし、レッテルを張られた一部の人々の物理的「抹殺」や「絶滅」については、これに応じた連想から、もっともなこと、とされた[11]。「国民の敵」を撲滅すべく、ヒトラーやゲッベルスをはじめとするナチの演説者は繰り返し「脅威の徹底的排除」(ゲッベルスの1943年のスポーツ宮殿演説)や「ヨーロッパにおけるユダヤ人の絶滅」(ヒトラー)を訴えかけた[12]。ユダヤ人に対するプロパガンダ関連では、ナチの新聞学者ヨハン・フォン・レーアス(ドイツ語版)が特別な役割を果たした。, アドルフ・ヒトラーをあらゆる疑念を超越し、近寄りがたく、栄光に満ちた指導者というイメージに様式化することは、ナチスのプロパガンダにとって中心課題であった(総統崇拝(ドイツ語版)、指導者原理)。そのためにはヒトラーのかなり疑わしい過去が隠蔽され、肯定的な作り話で覆われ徹底的に神格化された。「総統」の権限に対する盲目的信頼を生み出すことが目的であった。「総統、命令を、我らは従う (Führer befiehl, wir folgen)」は非常によく使われたスローガンだった。ドイツ国民だけではなくナチ党の指導部にまでこの様式化に屈した[13]。研究プロジェクト「歴史と記憶」において、ナチス支持者へのインタビューを通じて実証に成功したように、ナチのプロパガンダと信奉者との相互作用によるものであった。一つにはドイツ国民の大多数が恥辱の気持ちで一杯であったこと、世界大戦のトラウマが未処理で、解消されていなかったこと、心理的退行と救済の幻想によって、他方はナチのプロパガンダによって操作されたものである[14]。