同じPDでID、Yfsが大きくRONが小さい). RA=RCであり、出力はGND電位ですから、RE1,RE2の電圧降下分を無視すれば各FETの ゲート・ソース間電圧は上記VBの半分の電圧がかかり、これによってバイアス電圧を与えています。 アイドリング電流を20mAと設定すれば、これに必要なVGSは約0.6Vです。ただし、FETは特性にバラツキの大きい素子なのでVGS=0.6Vとしても ドレイン電流IDが20mA流れるとは限りません。 (オームの法則 P = R × I × I ) ga('send', 'pageview');
2018年6月17日 (日曜日) 午後 09時18分, LED化した懐中電灯を非常用に置いておく場合、液漏れの心配がない単一マンガン乾電池にすることを考えています。(百均で三本入り)

 スイッチング用のパワーMOS-FETは大型、高電圧、大電流、発熱が理由でIC化されずに残ったディスクリート素子ですが電源系やインバーターなどの用途には必要不可欠です。現在、市販されているディスクリートのMOS-FETは大多数がスイッチング用です。 (オームの法則 P = V × I ) 2018年6月17日 (日曜日) 午後 10時39分, ハンドスピナーにLEDを仕込むとは、技巧派の連中も中々やるもんだと感心しました。さらにバーサライタ―まで仕込んで、文字を浮かび上がらせるとは大したもんです。携帯型扇風機の羽根に仕込む芸当は知っていましたけど、まさかハンドスピナーにまで搭載するとはオドロキです。, 電池容量についてのデータは、松下の資料の例のグラフで負荷電流に応じたものが一目瞭然で助かります。流す電流値が低ければ、マンガン電池でも相当の容量があることを知って思わず目を丸くしました。, 投稿: 図6に基本形を示します。 「光る」部分が気になり二個購入。RGBチップLED(4端子、1.5mm角位)が7個と制御用14pinICが入っています。, 電源を入れて回転させると見ていて飽きない沢山のパターンが切り替わり楽しいです。約3分で自動切。停めたままではLEDが高速点滅しているだけで面白くないです。 これにドレイン電流の2乗と掛け算したものがMOS FETの電力。 オン抵抗はゲート・ソース間電圧が大きいほど小さくなり、また、ケース温度が 高くなるほどオン抵抗は大きくなる。(図11、図12) http://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/detail/a_id/29060/~/%5B%EF%BD%B1%EF%BE%99%EF%BD%B6%EF%BE%98%EF%BD%A5%EF%BE%8F%EF%BE%9D%EF%BD%B6%EF%BE%9E%EF%BE%9D%5D-%E4%B9%BE%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E3%81%AE%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E5%AE%B9%E9%87%8F%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%82%8C%E4%BD%8D%EF%BC%9F-pz29060, 投稿: アドミタンスでは スイッチONの場合、トランジスタはコレクタ・エミッタ間の電圧はゼロではなく、 ガジェット、カメラ撮影機材レビュー、旅行記、撮影記といった情報をメインに更新中のブログです。おすすめのアイテムや話題のスポットを厳選して紹介するので、是非チェックしてください!  Yfs ≒ G また、ソースとゲートが同電位でOFFです。, 図7はデジタル回路(マイコン等)から駆動する例です。  R2 = 100KΩ とすると、 これを応用して図25の2SK216-Eの特性でバイアス設計をしてみます。 そこで、パワーMOS FETの簡単な使い方と製品を紹介します。, パワーMOS FET(以下、MOS FETと呼ぶ)は図1のように「エンハンスメント特性」 です。 図21に、トランジスタおよびMOS-FETで構成した場合のプッシュプル増幅の原理図を示します。 Nチャネルと同様にゲート・ソース間しきい値電圧Vthに対して十分大きいか小さな電圧を印加しますが、 ドレイン電流は非常に小さくなりますので、スイッチ的に「OFF」です。 バイアス回路例を図23に示します。抵抗RA、RB、RCによる電圧分割です。, 抵抗RBの両端の電圧降下VBは、 この場合、デジタル的に考えればINとOUTの論理は反転し、電流は トレインタイマー開発終了に当たって 03757 2016/01/15 09:21:20.

, 鉄道模型のNゲージ用動力モーターを分解して並べてます。巷で比較的に入手の容易な両軸モーターが色々と集まってきたので、外観は似ているけれど中身はどう違うのかを比較してみます。特に、回転寿命を決めているブラシ形状が知りたかったので。, 一先ず、手元にある両軸タイプの6種類を並べてみました。寸法形状の違いとしては、高さ8mm×幅10mmの小さなタイプと、高さ10mm×幅12mmの一回り大きなタイプとがあります。どのモーターも軸径はφ1.0mmのものをピックアップしており、汎用性が高いので重宝してます。, 比較対象は、左から以下を並べています。モーターの正面と端子側との比較写真ですが、端子側に差異がある他は似た様な構造になっていて見分けはつきにくいです。, 1.バンダイ製Bトレイン専用動力ユニット[1]のモーター   2.若松通商で昔に仕入れたジャンクモーター   3.バンダイ製Bトレイン専用動力ユニット[3]のモーター   4.IMON製ミニモーター 1215D   5.TOMIX製M-9モーター    6.アルモデル製アルモーター RN-1015W, ブラケットの爪を起こして分解したものを並べてみました。バンダイ製Bトレイン専用動力ユニット[1]のモーターのみ全長が短いので回転子も半分くらいになっている他は大差無いように見えますけれど、整流子とブラシの構造が決定的に違っています。 ブラシに関しては、TOMIX製M-9モーターのみカーボンブラシでそれ以外は全てフォーク形ブラシとなっており、その中でもバンダイ製Bトレイン専用[1]のみフォークが2本である他は3本構造になっています。 整流子との接触位置に関しては各社で様々となっており、文章で説明するのはちょっと困難です。特徴的なのはTOMIX製M-9モーターで、何れのモーターも斜め上下方向から挟み込むのに対し垂直上下方向からとなっていること(←写真上ではそう見えますが、実際に整流子を挟んだ状態では他のフォークブラシ形と同じような斜め方向からの抱え込みになる様です)。, 整流子に関しては何れも3極モーターなので端子も3極ありますが、よく見るとその配置が微妙に異なっているのが判ります。これも文章で説明するには難がありますので別な図解が必要でしょう。, Nゲージでバンバン走らせても長持ちするモーターというのは、ブラシ回転寿命の長いものが必要でしょうから薄い金属片であるフォーク形だと短命でしょう。今回はバラしていないKATO製の開放形モーターはカーボンブラシを実装していて滅多に壊れることがなく超寿命ですが、同じくカーボンブラシ構造のTOMIX製M-9モーターは意外と短命で評判が悪い話を良く耳にします。その問題については整流子とブラシとの接触位置に原因を見出す考察がネット上で流れてますのでそちらが参考になるでしょう。, 7.TOMYTEC製TM-ED01動力ユニットのモーター    8.TOMIX製M-11モーター, TOMYTEC製のTM-ED01動力ユニットに使っているモーターは、両軸が少し短めになっていますけどTOMIX製M-9モーターと同形と推測します。TOMIX製M-11モーターの方は、こちらも両軸が短めですがバンダイ製Bトレイン専用動力ユニット[3]のモーターにソックリです。, 両モーターともブラシや整流子の形状は、それぞれの類似品と同等になっています。唯一異なるのはブラケットのロット印字面に、内側のマグネット位置決めのためのデントが形成されていることぐらい。TOMIXとTOMYTECはブランド名称が異なるだけで同じメーカーですし、M-9モーターの新しいロットではデントの付いたものを見掛けるので、今後はこのタイプが続くものと思います。, 上図はブラシ付き直流モーターにおける3極の整流子とコイルとがどのように繋がっているかを示したものです。図左のデルタ結線では整流子1極あたりコイル線は2本繋がっていますけど、図右のスター結線では1極あたり1本しか繋がっておらず、中心の3本が交わっている部分は整流子とは繋がっていません。, 上図はマブチモーターなど一般的なモーターの結線状態で、整流子の1極あたりにコイル線は2本繋がっているのが判ります。, そしてこれがφ6mm径コアード振動モーターの珍しい?スター結線な回転子。コアの溝へ折り畳まれる様にしてスター結線の3本撚り接続部分が観察できます。これを起こしてちゃんと3本撚りになっているのを示したのが右図で良く判るでしょう。当然、整流子の1極あたりコイル線は1本しか繋がっていないことも間違いありません。, さらに上図はKATO製小型車両用動力ユニットのモーター回転子も同様にスター結線となっている証拠写真です。こちらの3本撚りスター結線部はコア溝に押し込まれて樹脂封止してあるので良く見えませんけど、整流子1極あたりにコイルが1本しか繋がっていないことでスター結線であることが判断できます。, 三相交流モーターでは3本あるコイルの繋ぎ方をデルタやスターに切り替えることが出来ます。始動時にはスター結線にしておき、加速したらデルタ結線に切り替えることで効率的に始動できる仕組みがあるのです。 まさか直流のブラシ付き3極モーターでも同じ効果が得られるのかどうかは勉強不足で判りませんけど、結線方法によっては同じコイル巻き数でもコイル抵抗や電流値は変わってくるので、小さなモーターに大電流を流して焼損させないような意図があるのかも知れません。, 第116呟【TOMIX M-13モーターを分解する】(2019年12月14日:公開), 第110呟【KATOとTOMIXとGREENMAXとCANONとワールド工芸のコアレスモーター分解】(2019/05/26追記), 第107呟【Nゲージの動力に使えるモーターの分解】(2018/6/17:コイル結線方法), Bトレインショーティー改造報告No.5【2018/4/5完成:EF210の動力化】, Bトレインショーティー改造報告No.4【2016/12/1製作中:ED75の電飾と動力化】, Bトレインショーティー改造報告No.3【2016/11/9完成:DD51からDB形入換機を作る】, Bトレインショーティー改造報告No.2【2016/11/8完成:DD51からDD16っぽいものを作る】, 投稿者 クロヤマネ子 日時 2018年4月22日 (日曜日) 午後 08時36分 鉄道に関するもの, 化学屋のキケンな日々, 分解記事の抽出 | 固定リンク | 0, デルタ、スター、昔勉強したのだと思いますが、言葉だけは頭に残っていますが動作原理などは遥か昔に忘れてしまいました。, いくつも持っている三相式の手回し発電機がどういう結線か気になりますが、分かったところでどうすることも出来ないのでそのままにします。, ところで、