→全項目を表示すると、項目が増えた時に見た目が悪いので、スプレッドシートの左から6列を表示するものとする。 そして、シートの名前を「database」にしてください。(2020/7/16 追記), お恥ずかしいコードですが、公開します。 こちらに移行するのも手ではないかと思う。 自分でサーバを用意する必要はない。 かけだしSEのためのデータベース設計入門. ・編集登録ができること(「編集」から遷移) どうにかしてスプレッドシートに張り付けてください。 関連記事:  一覧画面はこんな感じ↓, ・検索できること(すべてのデータから文言検索) 一個人のデータから基幹システムの補完まで、いろんな活用ができます。 『BI指向のデータ管理ソフト』です。, OracleDB互換率99%以上、費用は半分。実績が示す高い移行性。Tibero RDBMS, Global2,500社以上の導入実績!国内においても2015年9月から本格市場展開を開始し、150サイト以上の導入実績があります。Oracle to Tibero マイグレーション実績も年々増加中。, Oracle DBを数分で構築完了。実績が示す高性能Oracle Autonomous Database, バックアップ、パッチ適用、プロビジョニング、アップデート… ・排他制御の説明 for (var g = 0; g < itemName.length; g++) { ?>, , 'https://script.google.com/macros/ここに公開時のURLを記載/exec?mode=list', Arm IPのほとんどを自由にダウンロードして試せる!?Arm Flexible Accessとは, you can read useful information later efficiently. B. Oracle運用管理. https://ja.wikipedia.org/wiki/関係の正規化, 第5正規化は「射影-結合正規形」とも呼ばれ、第4正規化と同様に3つ以上の主キーのみで構成されたテーブルからさらに主キーを分解し、候補キーの中で結合従属性が満足されるように処理を行います。, 第5正規形もWikipediaに詳しい変換手順の図が掲載されています。第4正規形共にあまり実務で利用する場面はありませんが、興味のある方はご覧になってみて下さい。, 冒頭でも述べていますが、実務で特に重要なのは第3正規形までであり、たまにボイスコッド正規形も利用する機会があるというイメージです。これからデータベースの設計を勉強したいという方は、特に第3正規形までをしっかりと覚えておいてみて下さい。, 関連記事: 例:取引先の社名が変更になった場合、取引先をまとめて登録していたマスタの1か所のみを修正するだけで複数の請求書に印字される社名が一括で変更できるなど。修正漏れの危険性も減ります。, 整理しすぎると、条件により目的のものを取り出し難くなってしまうケースが発生します。そのためアクセス速度を重視する部分には、あえてあまり正規化を行わないという場合もあります。, リレーショナルデータベースは縦にどんどんレコードを追加していく操作には適していますが、横のカラムは固定する必要があります。そこで、横の繰り返し部分を縦に並べるように変更します。, 第1正規形では、明細が繰り返されるたびに本体部分の同じデータも繰り返されていました。その無駄を省くため、まず「本体」と「明細」を分離します。各明細がどの本体と結びつくのかは、今回は「注文番号」で特定しています。, さらに分離できる情報があります。例えば今回の場合は、「ユーザデータ」と「商品データ」です。しかしこのままでは「注文番号」のように一意に特定できるキーがないため、今回は「ユーザID」「商品番号」という項目を追加してみます。, 「ユーザID」「商品番号」を追加して「ユーザデータ」と「商品データ」をそれぞれ別の表に分離すると、次のようになります。, なお正規化の操作ではないため今回は省いていますが、このままのデータでは主キー(プライマリキー)の重複でデータベースに登録することができません。そのため実践の場面では、主キーの重複を回避するために明細の行番号などの項目も追加して使用します。, 第2正規形で完成したテーブルを見ると、まだ分離できるところがあります。それはユーザデータの中にある、「送料区分」です。, ボイスコッド正規系形を簡単に表すと、「第3正規形を強化したもの」です。主キー以外のカラムが全て主キーに完全関数従属であり、それ以外の従属関係があれば表を分離することが、ボイスコッド正規化になります。, 例えばユーザデータにメールアドレスが含まれるとします。登録時に登録済メールアドレスの再登録をエラーとする処理などを行っておけば、ユーザ名とメールアドレスは1:1の関係にあると言えます。その場合、ボイスコッド正規化ではテーブルを2つに分離することになります。, 第4正規化では、ボイスコッド正規化などを適用して3つ以上の主キーのみで構成されたテーブルから、さらに主キーを分解し、多値従属性を排除する処理を行います。, 第4正規形はWikipediaに分かりやすい変換手順の図が掲載されていますので、詳しくはそちらをご確認下さい。, 【Wikipedia - 関係の正規化】 for (var j = 0; j < res[i].length; j++) { ?>, 'https://script.google.com/macros/ここに公開時のURLを記載/exec?mode=edit&row=', ,