同市長からはツェッペリンのメンバー達に感謝状と、記念として名誉市民章のメダルが授与された。, ただしその公演後、大阪の宿泊先で酔ったメンバーは、日本刀を振り回して掛け軸を斬るなど、数百万単位の損害を与えた。, ツェッペリン後のペイジのソロ活動は、映画『ロサンゼルス』(Death Wish II)のサウンドトラックから始まる。, スモール・フェイセスのベーシストであったロニー・レインの呼びかけに応じる形で、1983年9月より数回行われたA.R.M.S.(チャリティー)コンサートにおいて、レッド・ツェッペリン解散後、はじめてソロでステージに登場することとなった。同コンサートにはペイジと並んでエリック・クラプトンやジェフ・ベックも参加した。 公式映像に収められたロンドン公演におけるペイジのステージは、前述のペイジのサウンドトラックからの数曲でスティーヴ・ウィンウッドをボーカリストとして起用し、更に「天国への階段」のインストゥルメンタル・ヴァージョンを演奏。その後、A.R.M.S.のアメリカ公演ではウィンウッドの代わりにポール・ロジャース(元フリー〜バッド・カンパニー)が参加し[4]、ロジャースのソロ・アルバム『カット・ルース』からの曲や、ロジャースと共作したオリジナル曲「ミッドナイト・ムーンライト」も追加された[5]。これがそのままザ・ファームの結成へとつながる伏線となる。, 1984年には、元レッド・ツェッペリンのメンバーであった、ロバート・プラントや、ジェフ・ベックらとハニー・ドリッパーズ名義でミニ・アルバムをリリース。その後この二名は、後述のとおり度々共演することとなる。, 1985年にはロイ・ハーパーのアルバムに参加し、ツアーにも同行する。また同年「両者のソロアルバムを除く、『レッド・ツェッペリン』と、『フリー』『バッド・カンパニー』などの過去のキャリアの楽曲は演奏しない」という暗黙の了解の下、ザ・ファームを結成し2枚のアルバムとライブツアーを行って解散(アルバムが2枚発売されたのは、「ヒット曲が出るなど、評判がよかったから」とするペイジ側の発言、「当初から2枚ほどアルバムをリリースし、その後ライブも行う予定であった」とするロジャース側の発言とが食い違っている)。, 1985年のライヴエイドでは、ツェッペリン解散後初めてロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズの3人が合流し、「レッド・ツェッペリン」名義で20分ほどのステージ・パフォーマンスを行う。曲目は「ロックン・ロール」「胸いっぱいの愛を」「天国への階段」であったが、当時の日本でのテレビ生中継では「胸いっぱいの愛を」だけが放送されなかった。しかし非難の電話が殺到したため翌日全曲放送された(ドラマーは、シック、パワー・ステーションのトニー・トンプソンと、当時プラントのソロアルバムでプロデュースや一部ドラムを担当したフィル・コリンズの2名であった)。, 1986年にローリング・ストーンズのアルバム『ダーティ・ワーク』のオープニング曲「ワン・ヒット」のレコーディングに参加。ストリング・ベンダーを多用したリードギターを演奏している。, その後、1988年にはペイジがゲスト参加したロバート・プラントのアルバム『ナウ・アンド・ゼン』がリリースされた。同年にはプラントがゲスト参加したペイジのソロ・アルバム『アウトライダー』もリリースされて、ペイジはソロ・ツアーも行っている。また、1988年5月、ドラマーにジョン・ボーナムの息子ジェイソン・ボーナムを迎えて「アトランティック・レコード40周年コンサート」にレッド・ツェッペリン名義で出演し、1990年にはジェイソン・ボーナム自身の結婚式(プライベートのライブ)でもの再結成が行われた[6]。更に、1995年のロックの殿堂入りスペシャルライブとしてエアロスミスのボーカリストであるスティーヴン・タイラーと、ギタリストのジョー・ペリー、そして、ニール・ヤングも加えての再結成ライブと、最低4回以上は、レッド・ツェッペリン名義の再結成ライブが行われている。, 1993年には元ディープ・パープルのボーカルデイヴィッド・カヴァデールと、カヴァーデイル・ペイジを結成し、1枚のアルバムと日本ツアーだけで解散する(カヴァデールはツアーを続けることを望んだが、ペイジ側から次段落の理由によってキャンセルされた)。, 一方、ソロ活動中心であったロバート・プラントは、そういったペイジの行動に煽られ、刺激を受ける形でペイジと合流し、ペイジ・プラントを結成。2枚のフルアルバムや数枚のシングルをリリースし、数回ツアーを行い、現在は中断状態。 ステージ演奏曲目は結成当初の思惑や発言とは異なり、「天国への階段」を除くレッド・ツェッペリン時代の曲目のオン・パレードとなってしまった(それまでにも、この二人はステージなどで共演していて、1990年に行われたロバートのソロバンドのステージへのペイジ参加の様子は、コンピレーション形式のオフィシャルのビデオ映像やCDとなって発売されていた)。, 2000年以降には、ブラック・クロウズのステージに参加し、そのセッションではレッド・ツェッペリン時代の曲を中心に演奏し、ライブ・アルバムもリリースした。ツェッペリンとして1度もライブで演奏されたことがない「カスタード・パイ」などが収録されている。その他、チャリティーコンサートも盛んに行っている。, 2008年8月24日に行われた北京オリンピックの閉会式に出席し、ボーカルを務めたレオナ・ルイスと共に「胸いっぱいの愛を」を演奏。同年に製作された記録映画『ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター』ではジ・エッジ、ジャック・ホワイトと対談やジャム・セッションを行った。また同映画では史上初めて[7] 自宅内部の撮影が許可され、所蔵した機材やアルバム等が公開されている。, 2015年7月、ツェッペリン時代のデジタル・リマスター盤のプロモーションの為に来日。7月30日には44年振りに広島に訪れ、原爆ドームや平和記念公園へ訪問。広島市長である松井一實と会談を交わした[8][9]。, ペイジのギタープレイは、ブリティッシュ・フォークやカントリーに影響を受けつつも、ブルースを基本としている(繰り返し爪弾かれる短いフレーズは、1920年代に活躍したブルースマン、トミー・ジョンソンのフレーズを参考としている。[10])。アコースティック・ギター演奏の技術も非常に高く、セッションマン時代を通して培われたギタープレイの幅も広い。, 立って弾く時は、通常よりも長いストラップを用いてギターを腰よりも低い位置まで下げ、腕を伸ばした姿勢で弾く。その独特の姿は、後に「レスポールは低い位置で弾くもの」という流行を生んだ。なお、最も低かった時は、膝の位置くらいで、手を伸ばしても届くか否かの低さだった。, ペイジのサウンド追求は、特殊奏法の多さで知られている。 代表的なものとしては、間奏中のテルミンを使ったパフォーマンス、ギターをヴァイオリンの弓で弾くボウイング奏法、ボトルネックを使用したスライド・ギター、ペダル・スティール・ギター、またペイジの弓弾きをヒントに開発された補助楽器ギズモ・トロン(弦をモーターにより回転する6つのプラスチックの円盤でこする構造になっている)の使用、など。 また、曲によってはオープン・チューニングを使う事でも知られており、オープンD(Moby Dick)、オープンG、オープンC6等を使用。 ストラトやセミアコ等、他のギターも使っていますがアルバムには、いかにもテレキャスター・・て感じの音が聴けますよ。 ジミーペイジ(ツェッペリン)のコミュニケーションブレイクダウンなんかも最 … テレキャスターで弾くロック・スターならローリング・ストーンズのキース・リチャーズですね。 イギリスのギタリストで多いのがテレキャスです。 ブリティッシュロックならレッド・ツェッペリンのジミーペイジもテレキャスのイメージが強いですね。 | また変則チューニングでアイリッシュ・トラッドのギタリストが好んで使うDADGADの「カシミール」がある。, ・1999年 「The Jimmy Page Les Paul」ギブソンよりアーティストが使用した楽器の再現を意図して作られた初のシグネチャーモデル。ペイジの58年製レス・ポールNo.1を再現ーしたこのギターは、ピックガードにペイジのサインが記され、ポットのコイル・タップによるフェイズ機能、ミックス・ポジションでの直列/並列切り替え機能により26種類のサウンドを出力。ハムバッキングピックアップはフロント(496R)、リア(500T)ともにオープン仕様(ブラックボビン)、ボディ・トップはフィギュアード・メイプル材のブックマッチ仕様。ペイジ仕様の薄めの左右非対照の形状のネック。ペグはグローバーのゴールド色(クルーソン型のボタン)。トラスロッドカバーはStandardロゴ入り。カラーリング名称はライトハニーバースト。ギター製作者はロジャー・ギフィン。, ・2004年 「Jimmy Page Number One Les Paul」ペイジの要望を具体化して作られたという新しいジミー・ペイジモデルがリリース。リアピックアップはトーンのプッシュ/プルでフェイズのオン/オフが可能。ピックアップは“Jimmy Page BurstBucker”を開発。リアのみオープン仕様(ブラックボビン)。スリムなネックシェイプにペグはグローバー102の褪せたゴールド色。トラスロッドカバーは無地。ペイジによるサイン入りの25本のギター、トムマーフィーによってエイジングした150本、840本のAuthentic版が販売された, ・2007年 「VOS(Vintage Original Spec)Jimmy Page Signature EDS-1275」をリリースした。全部で250本作られ、ペイジは自身のためにシリアル番号1を保持し、シリアル番号2〜26は、ペイジによって試奏、およびサインが入れられ、慈善団体のためにオークションに寄付された。, ・2008年 「Gibson Custom Jimmy Page 1960 Les Paul Custom」は1970年に盗まれたペイジの1960年製レスポール・カスタムを再現したもので、6WAYピックアップセレクタースイッチ等のモダンな修正が施されている。25本、ペイジによってサインされ、さらに500本のサインされていないギターが販売された。, ・2009年12月 「Jimmy Page No.2 "Number Two" 1959 Les Paul」これは、1974年頃から使用した「ナンバー2」レスポールの再現で、ペイジが考案したものと同じピックアップ切り替えセットアップ、フロント側にJimmy Page BurstBucker、リア側にJimmy Page "Number Two" BuckerPagebuckerを搭載。リアのみオープン仕様(ブラックボビン)。削られたネックプロファイルにペグはグローバー102の褪せたニッケル色。トラスロッドカバーは無地。25本はペイジによってプレイされ($ 26,000)ギブソンのトムマーフィーによってエイジングされた100本($16,000)と、200本はVOS仕上げ($ 12,000)の3種の仕上げで販売された。, ・2019年にリリース。ヤードバーズ時代からレッドツェッペリン初期まで愛用していた1959年製テレキャスターを再現したモデル。ジェフベックから贈られ、使用開始した時期のほぼノーマル状態、ヤードバーズ期に複数の円形の鏡(化粧用コンパクトと同等サイズ)を複数貼り付けた通称「ミラー」[22]の状態、元のペイントを剥離しナチュラル地肌にドラゴン模様をペイントした通称「ドラゴン」[23]の状態の3形態のモデルが製品化された。すべてペイジ本人の監修のもとに、企画・製作過程やペイジの歴史やインタビューがフェンダーカスタムショップよりYouTubeで公開されるなど密接なコラボレーションの上で実現した。製品にはUSA製、メキシコ製が存在するが、最上級モデルはペイジ自身がドラゴンペイントに参画した製品もある。 ジミー・ペイジ OBE(英語: James Patrick "Jimmy" Page, 1944年 1月9日 - )は、イギリスのロック ギタリスト、作曲家、プロデューサー。 身長180cm。 ハードロック、ヘヴィメタルの代表格であり、ビジネス的にも大成功したレッド・ツェッペリン のギタリスト兼リーダー、プロデューサーだった。 テレキャスターをキンキンと痛い音で弾く人の多くは、ピッキングが強すぎます。 硬くて小さなピックで、接地面を大きくして、力づくでひっかくように弾いているのでは。 なお、実際のドラゴン期ではヘッドのフェンダーロゴは剥離されているが、このカスタムシリーズでは全てフェンダーのスパゲティロゴが貼られている。, ツェッペリン時代、ペイジは黒魔術へ傾倒していると、しばしば噂された。彼のお気に入りだったとされるアレイスター・クロウリーの遺した言葉が『レッド・ツェッペリン III』のレコードに刻まれていたり、クロウリーの元邸宅を別荘として所有していたなど、状況証拠としてそうだと言えなくはないエピソードはいくつも存在するが、「ファッション的に魔術および魔術的イメージを利用していただけである」との声も少なくない。真偽の程は別にしても、この妖しげなイメージの為か、ロバート・プラントの幼い長男が感染症で亡くなるなど、不幸な事故がツェッペリンの周囲に起こるたびに、バンドに反感を持つ人々は、これは「ツェッペリンのカルマ(業)」の故にだと騒ぎたてた。当時のバンドに対する嫌悪感を示す有名なエピソードに「天国への階段」を逆回転で再生させると悪魔崇拝のメッセージが聴こえるなどと、米国の著名な宗教番組の説法師であったプロテスタント教会の牧師からテレビで非難されてしまったという逸話がある。 本人はこれを、出鱈目でありとんでもないナンセンスだと切り捨てている。また、「天国への階段」の歌詞を作詞したロバート・プラントは黒魔術に傾倒することなどなかったため、雑誌のインタビューなどでこの逸話について問われると今でも大きな不快感を表明する。 ジミー・ペイジとフェンダーの共同制作である、このテレキャスター。 ペイジいわく「本物の110%、150%の出来だよ」と破顔しています。 音は、この方が、1stアルバムの曲調を模した演奏を披露してくれており、どれくらい、「らしい音」に仕上がっているかをアピールしています。 それからきんどーさんはお宝のビンテージ・テレキャスターを試奏させて下さいました。 1950年のブロードキャスターから。 いや、びっくり。53年まではネックが太く、音に厚みがありゴリゴリと鳴ります。 ジミー・ペイジがツアー中に台なしにさ… 昨日は彼岸入りであったことから、午前中に神さんとトト様のお墓掃除等々をしてきました。, その帰りにきんどーさんの家の前に近づくと、きんどーさんご夫妻の姿が。きんどーさんも仕事を休み、ご夫婦でやはりお墓掃除等々をしてきたとのこと。私と神さんはきんどーさんご夫婦に招かれ、昼食を頂きました。きんどーさんのイギリス人の奥様が炒れる紅茶は殊の外に美味しく、神さんはホクホク。, ジミー・ペイジがツアー中に台なしにされたドラゴン・テレキャスターの代わりに、75年に手に入れたテレキャスターは53年製とされており、77年USツアーではメイプル指板のままで弾いていますが、写真を思い出すとネックが太い。, きんどーさんはローズ指板&アッシュ・ボディの59テレキャスターにドラゴン・ペイントを施したからオーダーしなかったものの、東京の友人がオーダーしたことから(無論、CS製)、その友人が購入したら試奏してみるそうです。, うーん、マスター・ビルダーであるポール・ウォーラー監修の上にジミー・ペイジの名前が冠され、限定製品。120万円か?, 実は地元の楽器店にFender CSの53テレキャスターが入り、それを試奏して気に入っていた私。ネックも音も太く、ゴリゴリと鳴りました。, 「テレキャスもストラトもハナからCSのものを勧められていれば、散財すんだのに」と釘を刺しました。, 私はそれまでテレキャスターのリアの音が好きになれなかったのですが、このテレキャスターではリアの音が良い!, これで「ノーバデイ・ノーズ・ユー」「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」を弾くと、もう最高。, ジミー・ペイジがテレキャス大好き人間、ジェフ・ベックもテレキャス好きである理由が解った気がします。, 社会・時事問題、NHK女子アナ、音楽、ギター、オーディオ等々気になること、好きなことを徒然なるままに記します。, ご意見・ご感想がありましたら以下のメアドまでお願いします。反論がある場合には、結論のみをツイッターの様な超短文のみで記すのではなく、結論に至った理由を簡潔に纏めて記して下さい。, 尚、オーディオ女子(その予備軍)ギター女子(その予備軍)ジャズ女子(その予備軍)からのメールは大歓迎です。お悩みごとに丁寧にお答え致します。, JBL-JIMMYPAGEさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 間奏はテレキャスターを使用したという。 ペイジに言わせると「レスポールに聴こえるだろう?そういう音作りをしてるんだよ 。実はテレキャスターとレスポールの音は似てるんだ」とのことである。 ペイジが使用していたのは1959年製テレキャスター。 アトランティックレコードはこの件に関して「当社のレコード盤は一方向にしか回転しない」と答えている。, 真偽は不明であるが、吝嗇家と証言する人は少なくなく、金銭面では様々なエピソードが知られている。そのためレッド・ツェッペリン時代に「レッド・ウォレット(鉛の財布)」と揶揄されたことがある。, もっとも「俺はケチじゃないぜ、締まり屋なのさ。この差は大きいぜ。」と本人は語っている。通常、権利面では厳しくレッド・ツェッペリンの楽曲の使用料は高額である。また、来日の際には決まって輸入レコードショップなどに立ち寄り、不法に製造販売されている「海賊盤レコード、CDを自身で大量に押収して持ち帰っている」。ただしブートレグを押収したレコード店に対しては店主との写真撮影や店内の客との即席のサイン会などに快く応じ、その協力に報いている。, その一方で広島公演での慈善チャリティーなど、高額の寄付をした例も多数あり、チャリティー活動に関して積極的であることも知られている。, なお、ペイジと交流のあった成毛滋が、文化放送のラジオ番組「パープルエクスプレス・ドクターシーゲルとイリアちゃん」の放送時に語ったエピソードによると、ペイジはレッドツェッペリン結成時に、自身が求める重厚なサウンドが出せる、ボディがメイプルトップ&マホガニーバックのギブソン・レスポールモデルを購入しようとした。しかし当時既にレスポールモデルは、マホガニーの薄くて軽いボディのSGにモデルチェンジしていたため、仕方なく中古の旧レスポールを購入したところ、ミュージシャン仲間に『中古のギターを買うなんて、お前ケチだな』と言われ、それが後々まで『ジミー・ペイジはケチだ』として語られるきっかけとなったという。また、『ジョー・ウォルシュから500ドルでレスポールを買ったので色々言われてるけど、当時(1969年頃)は程度の良いタイガーストライプの59年製だってダン・アームストロングのショップで750ドル出せば誰でも買えたんだ。ウォルシュのギターは最初からネックが削ってあったし、全てがクールだったんだ。』ともペイジ本人が答えている。, レッド・ツェッペリン I | II | III | IV | 聖なる館 | フィジカル・グラフィティ | プレゼンス | イン・スルー・ジ・アウト・ドア | 最終楽章, ボックスセット | プロファイルド | リマスターズ | ボックスセット2 | コンプリート・スタジオ・レコーディングス | アーリー・デイズ | レイター・デイズ | マザーシップ, "グッド・タイムズ・バッド・タイムズ" / "コミュニケイション・ブレイクダウン" | "胸いっぱいの愛を" / "リヴィング・ラヴィング・メイド" | "移民の歌" / "ヘイ・ヘイ・ホワット・キャン・アイ・ドゥ" | "ブラック・ドッグ" / "ミスティ・マウンテン・ホップ" | "ロックン・ロール" / "フォア・スティックス" | "丘のむこうに" / "ダンシング・デイズ" | "デジャ・メイク・ハー" / "クランジ" | "トランプルド・アンダーフット" / "黒い田舎の女" | "キャンディ・ストア・ロック" / "ロイヤル・オルレアン" | "フール・イン・ザ・レイン" / "ホット・ドッグ", ディスコグラフィ | ピーター・グラント | リチャード・コール | ジェイソン・ボーナム | スワンソング・レコード | ヤードバーズ | XYZ | ザ・ファーム | ペイジ・プラント | ストレンジ・センセイション | ブロン・イ・アー | ヘッドリィ・グランジ | ブートレグ | スターシップ | シーザーズ・シャリオット | サメ事件 | XM LED | The Nobs | ザ・ライド, シナモンのJimyがギブソン社に同モデルをオーダーした際に「ペイジの4本のうち、どの仕様を希望するのか」と返されたという。, リットーミュージック 天才ギタリスト ジミー・ペイジ完全版(2004年発行) なお、ストラトを使用したと答えているがブルーのストラトかは言及されていない。よく聞くとアームダウンしている事がわかるとのこと。, No Quarter: Jimmy Page and Robert Plant Unledded, http://www.allmusic.com/artist/led-zeppelin.../discography, 30 Years Ago: Jimmy Page and Paul Rodgers Unite for 'The Firm', Rock of Ages: Ronnie Lane Benefit Show Brings Out Clapton, Beck, Page, Stones, Jason Bonham - More Nervous Than The Rest Of Led Zep - Uncut.co.uk, http://www2.gibson.com/Support/Serial-Number-Search.aspx, http://www.led-zeppelin.org/studio-and-live-gear/1036, http://www.br4.fiberbit.net/stairway/jimyg/kizaijimy.html, http://www.mrjimmy.jp/teaforone/cafe/060122.htm, http://www.gibson.com/jp-jp/Divisions/Gibson%20Custom/Signature/Signature%20%28Solidbody%29/Jimmy%20Page%20Signature%20Double/, http://www.fendercustomshop.com/guitars/telecaster/jimmy-page-mirrored-tele/, http://www.fendercustomshop.com/series/artist/jimmy-page-dragon-tele/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジミー・ペイジ&oldid=79963890, ペイジ本人の手によってサイケデリック風に描かれたドラゴンのペイントが施されている。ローズウッド指板のネック。ヤードバーズからツェッペリン初期(Iのレコーディングから1969年5月ツアーまで)にかけてのペイジのメインの使用ギター。1966年、メインギターを, No.1のサブ・ギターとして使用されている。チェリー・サンバーストの塗装が褪色し、タバコ・サンバーストに近い色に変化している。杢目はNo1.と比べてはっきりしていない。ネックは左右非対称に削られて、幅が細くシェイプされている。ペグはNo.1と異なり、ニッケル色のグローバー102に換装。ピックアップは, 元はゴールド・トップフィニッシュだったが、ワイン・レッドに再塗装され、ピックアップも, 主にスライド・オープンチューニング用として使用。他のギターでは得られない、良くも悪くも独特なサウンドが得られる。また、ルックスも個性的で、最近ではアメリカのバンド, トレモロアームのキャップがブラス製に交換されている。レコーディングではThe Crungeで最初に使用したとペイジ自身が語っている, 1975年頃から使用しているテレキャスター。ボディは"Botswana Brown"と呼ばれる濃いチョコレート色のフィニッシュ。, メイプル指板のネックでホワイトボディ。仕様は53年製テレキャスターと同様でパーソンズ製Bベンダー、6wayブリッジ、シャーラーロックストラップピンの交換。入手時期不明であるが、1980年のヨーロッパツアーで使用された。1998年にはペイジ&プラントの『ウォーキング・イントゥ・クラークスデイル』のレコーディングでも使用されている。, メイプルネックでサンバーストのボディ。アームキャップは黒。雑誌等におけるペイジの所有ギター紹介で多く登場するが使用頻度は少ない。1973年にペイジのスタジオで存在が確認され、1974年9月ニューヨークでバッド・カンパニーのライブにペイジが飛び入り参加した際に使用された。, 12弦エレクトリックギター。インタビューにてペイジが語ったところによると、Stairway to heavnのダブル・トラッキングで使用したとのこと, インタビューにてThank youやLiving loving maidのレコーディングで使用したと語っている, ゴールドトップ:トランスパフォーマンス社製のプロトタイプ版のオートチューニングシステム、DTS-1を搭載するために改造された、カスタム・メイドギター。DTS-1は、演奏中に発生してしまう調弦の狂いを自動調整をして、常に適正なチューニングで弾けることをコンセプトとして開発されていたが、途中開発に協力したペイジのアイデアにより、演奏中も予めマイコンに記憶させた500種類以上のチューニングをコントロールボタンで呼び出して自在に変更することができるという、画期的なシステムとして完成した。カヴァーデール・ペイジやペイジ・プラントなどで使用されている。.