シューマン:ピアノ協奏曲、他 リパッティ&カラヤン 円谷ファンも必聴! あのウルトラセブン最終話で使用された リパッティ&カラヤンのシューマンがSACDで蘇った! sacdハイブリッド盤。限定盤。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. ※DSD 11.2・DSD 5.6・192/24・96/24からお選びいただけます, <パッケージ仕様> 妻クララによると、シューマンが、この「ピアノ協奏曲」の作曲を構想していたのは、「幻想曲」が書かれた1841年5月から8月の、「約半年前」に当たる1840年11月のことだそうです。 FEMM」MV公開, 東京事変、『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』主題歌「命の帳」配信開始, 映画『声優夫婦の甘くない生活』名匠アキ・カウリスマキを彷彿とさせるユーモア満載な場面写真公開, KEYTALK×FOMARE、コラボレーション楽曲「Hello Blue Days」配信決定&MV公開. ※先着順のご着席となり、観覧者多数の場合は立ち見となります。また、入場を制限させていただく場合がございます。 └ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。. 鈴木氏から「お二方に以前に発売されたものと聴き比べてもらおうと思ったが、「印象が薄れてしまうのでもういいです!」と断られた」というエピソードが登場した。そんな2人の反応などを書き起こしたインタビューのブックレットには、上記のエピソード以外にもまだまだ隠された物語が存在しそうだ。, 当盤は、パルコが主催した「70 CREATORS’ SEVEN」を監修の高橋キンタロー氏による描き下ろしスリーブケース仕様となっている。33歳で夭逝した天才ピアニストのリパッティに死を告げにきたウルトラセブン…最終回ではダンが蓄積された疲労で高熱に襲われ、セブン上司から帰還を促されるシーンがあるが、そんな場面を彷彿とさせるような気配が感じられるデザインだ。 2018年9月26日(水)発売 『シューマン&グリーグ: ピアノ協奏曲(2018 DSD 11.2MHzマスターによる)ウルトラセブン50th & リパッティ100th 期間限定仕様』 9月8日に、最終回放送から50年を迎える『ウルトラセブン』。神回として今も語り継がれる、最終回の劇中で使用されたクラシック曲、リパッティのシューマンが、DSD11.2MHzマスタリングで鮮やかに甦り、9月26日に発売となることが明らかとなった。, 最後の戦いに挑むモロボシ・ダンが、相思相愛のアンヌ隊員に、自らがウルトラセブンであることを告げる印象的なシーンに流れるのが、ディヌ・リパッティのピアノ、カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団によるシューマンのピアノ協奏曲。33歳で夭逝した天才リパッティ、そして鬼気迫るこの演奏は、それでなくても名演であり、これまでも幾度となく再発売されてきた。, そしてこのたび、そのリパッティ&セブンの描き下ろしジャケットと収録曲目、仕様が公開。『ウルトラセブン』ファン、クラシック音楽ファン双方を魅了する内容となっている。, なお、9月26日には、東京・ONKYO BASEにて、『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』の著者・青山 通氏が出演するイベント『e-onkyo music presents ウルトラセブン50th&リパッティ100th 史上最大の「シューマン ピアノ協奏曲」再発売記念DSD11.2MHzシューマン試聴&トーク in ONKYO BASE』が開催。こちらも要チェックだ。, 09.26 ON SALE 出演:青山 通(『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』著者) シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲(2018 DSD 11.2 MHzマスターによる)ウルトラセブン50th&リパッティ100thが交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 9月26日(水)発売の シューマン&グリーグ ウルトラセブン50th & リパッティ100th 期間限定使用の発売を祝して、秋葉原・mAAch ecute KANDA MANSEIBASHI内のONKYO BASEにてDSD11.2MHzシューマン 試聴&トークイベントが開催された。 グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品16 (シューマンは、これ以前にも、「ピアノ協奏曲」の作曲に、「3回」挑んでいましたが、どれも「未完成」に終わったようです), 妻クララによると、シューマンが、この「ピアノ協奏曲」の作曲を構想していたのは、「幻想曲」が書かれた1841年5月から8月の、「約半年前」に当たる1840年11月のことだそうです。, この「幻想曲」は、長い間、出版の機会も得られないままになっていましたが、最後にあたった出版社、「ブライトコプフ」が、出版に同意してくれたということです(1843年)。しかし、「条件」として、「第2、第3楽章」を書き足すことも、「強く」求められました。, 先述の通り、ドレスデンへ移った後、本格的な作曲が始まりますが、シューマンがまず着手したのは、「第3楽章フィナーレ」でした。1845年6月に「作曲」、7月には「オーケストレーション」を完成させたことが、当時の「日記」や、「自筆譜」からわかるそうです。次いで、「第2楽章」も、数日のうちに完成となり、最終的に、「幻想曲」を改訂して「第1楽章」とし、全曲が完成したのが、「7月29日」のことだということです。, こうして完成した「ピアノ協奏曲 イ短調 op.54」は、この曲を献呈された、友人フェルディナント・ヒラー(1811-85)による指揮、妻クララによるピアノで、12月4日に初演されました(「1846年1月1日」としている文献も多数あります)。, フランスの若手実力派ピアニスト、ベルトラン・シャマユ(1981-)は、2015年6月21日放送の、「クラシック音楽館 N響コンサート 第1807回定期公演」(NHK Eテレ)番組内で、次の様に話していました。, 「シューマンの音楽には、不思議な魅力があります。パルスやリズムが、やはり尋常ではありません。とても感受性の強い人が檻に閉じ込められ、頭の中で、いろいろな考えをめぐらせている感じです。, 今でいう"ジストニア"(中枢神経系の障害による、不随意で、持続的な筋収縮に関わる運動障害の総称)です。, シューマンは、薬指が麻痺していたのに、あえて、これを駆使した譜面を書いているのが不思議です。ピアニストにとっては、ものすごく弾きにくい譜面です。, 道に迷ってしまい、なんとか出口までたどり着こうと、必死になっている様子が伝わってきます。, 誰もが人生において、"悲しみ"や、"恋愛"を経験します。そうした経験を頼りに、シューマンの心に触れるよう心がけています。, あえて、「故障した指」を、「酷使」するような「作曲」...。その「凄絶さ」が目に浮かぶようです...。, 「ピアノ協奏曲」の完成に際し、原曲であった「幻想曲」は、「展開部」が大きく書き直され、「ピアノ・パート」も、かなり手が入れられたようです。「カデンツァ」は拡大され、「コーダ」も書き加えられるなど、この「第1楽章」は、より一層、「ロマン的」で、「重厚」なものになったと解説されています。, この、「ピアノ協奏曲」史上に燦然と輝く「名作」は、その「ドラマティック」な展開から、実際に、日本の「テレビドラマ」の「クライマックス・シーン」にて、この上なく「効果的」に使用され、現在でも「語り草」になっているほど、「浸透している曲」だとも言うことが出来ます。, 「世代」を超えて愛されている名作。そして、最初の「再放送世代」である、「40代」の方にとっても、「決して、忘れることの出来ない」作品と言えるでしょう。. シューマンのピアノ協奏曲イ短調. CDとして発売される当盤だが、e-ONKYOの協力を得てダウンロードキー付きもあり、自身の機器で素晴らしい音質で再生できるだけでなく、DSDはものによって高額なところを、一緒に楽しめる価格に抑えた企業努力が伺えた。 !」と、その手を振り払い、「最後の変身」を遂げるのでした...。, 「セブン」となったダンは、「間一髪」のところで「アマギ隊員」を救出し、仲間の元へ帰します。, 敵基地は破壊されましたが、唯一、敵怪獣「改造パンドン」(「義手・義足」で補強され、「パワーアップ」したもの)が残っていました。セブンは果敢に立ち向かいますが、さらに「強力」となった怪獣の「投げ」で、大地に転がされます...。, 「ウルトラセブンの正体は、あたしたちのダンだったのよ...。M78星雲から、地球を守るために遣わされた平和の使者で、自分を犠牲にしてまで、この地球のために戦っているんだわ。でももう、これが最後の戦いよ。ダンは自分の星に帰らなくてはならないの...」, このアンヌのセリフから始まるのが、第1楽章の「カデンツァ」(「協奏曲」の「クライマックス」で、「ソリスト」が単独で弾く、「技巧的」な部分。「腕の見せ所」)です。セブンが「苦戦」している間、音楽には、「ストリンジェンド」(「だんだん速く、せき込むように」)がかかり、「緊張感」も増していきますが、「警備隊&クラタ」の援護が始まる頃には、「トリル」で始まる「後半部分」に突入しています。, 「クラタ」は、「罪滅ぼし」とばかりに、抜群の「射撃」で援護し、結果的に、セブンの「最後の攻撃」を、絶妙に「アシスト」することになりました。セブンの放った「アイ・スラッガー」をつかみ取った怪獣に向け、渾身の「射撃」を浴びせましたが、この隙に「間合い」を取り直したセブンは、怪獣の投げた「アイ・スラッガー」を、自身の「念動力」で、再び怪獣に向けて投げ、「頭部」を切断して、今度こそ、完全に「絶命」させたのでした...。, 「命」をかけた「最後の戦い」は終わり、間もなく、セブンは、自分の星への「帰還の旅路」に就いたのでした...。, 私は、「1970年代」の「再放送世代」ですが、「1983年」に再放送された時には、「カセットテープ」に、「音声のみ」録音して残していました(音は「最悪」ですが...)。後年、「普及価格」のVHS商品が発売されるまでは、これは、本当に「大切な録音」であり、使われていた曲が「シューマンのピアノ協奏曲」だと「確認」したのも、この録音からでした。, 映画「君の名は。」の例と同様に、「音楽に場面を合わせる」という手法の、この、「ウルトラセブン」の「最終回」。偉大な「先達」の、その、「創意工夫」が感じられます(音楽担当は、「クラシック音楽」に精通した作曲家、冬木透先生です)。, 「ウルトラセブン」は、「ペダン星人」や、「ノンマルト」のストーリーなど、本当に、「現実」とリンクしているのではないか、とも思わせる「ドラマ性」なのですが、それは、「メインライター」であった、金城哲夫先生(1938-76)の「生き様」も反映されているからでしょう。現在の感覚からすれば、とても「重い」ものですが、この「現在」こそ、「参考」になることが「多い」と思います。, シューマンの曲に話を戻しますと、この「ドラマティック」な「第1楽章」に続く、「間奏曲」と題された「第2楽章」は、「森の中を散策」するような情景が思い浮かびます。「協奏曲」というよりは、「ピアノ独奏曲」の世界に近く、また、1840年の、一連の「歌曲集」の世界も思い出させます。, 「第3楽章」は、前楽章から引き続き演奏されますが、「解放感」溢れる楽章です。「森」を抜けて、「視界」が開けたのでしょうか。しかし、一方で、先述のベルトラン・シャマユが述べたように、「出口」を探し求めて「迷っている」ようでもあり、これらのことからも、当初は、「批判的な評論」もあったということです。, この「ピアノ協奏曲」は、「名曲」だけに、「名演奏」もかなりの数を聴いてきました。テレビで聴いただけでも、シプリアン・カツァリス(1951-)や、イモジェン・クーパー(1949-)など、「多数」ありますが、今回、採り上げた録音は、どちらも「素晴らしい」ものです。, カラヤン指揮、リパッティのピアノによる「1948年盤」こそが、冬木透先生の選んだ「名盤」ですが、私は、ハスキルのピアノ、ファン・オッテルロー指揮の録音(1951年)も「捨てがたい」...。, シューマン ピアノ協奏曲と「ウルトラセブン」 | フランス専門さん(daniel-b)のなんでもブログ. ※当日会場での各仕様CD販売もございます。, ONKYO BASE オフィシャルサイト シューマン;ピアノ協奏曲イ短調op.54 - グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調op.16  リパッティ(P) ガリエラ,カラヤン - PO [CD] [限定], 世界的ギタリスト“リー・リトナー”、活動60周年記念の初ギター・ソロ・アルバム発売&試聴トレーラーが公開, ニッポン放送の新番組『Qoo10 presents 宇垣美里のビューティフル アンサンブル』放送決定, 『ストライクウィッチーズROAD to BERLIN』、キャラ別アルバム3タイトルのジャケット&収録内容公開, 新進気鋭フォーク・シンガー“岩坂遼”、初の有観客ワンマン・ライヴ開催 桑原あいがゲスト出演, THE RAMPAGE、「MY PRAYER」MV公開 初の“踊らない”MVが完成, FEMM×Duke of Harajuku、「Summer Dream feat. 「自分の欲しいものを作る」と熱く語る鈴木氏が、クラシックファンにも喜んで欲しい想いで、渾身を込めて製作したのだそう。 http://onkyodirect.jp/shop/pages/ONKYOBASE.aspx, 。神回として今も語り継がれる、最終回の劇中で使用されたクラシック曲、リパッティのシューマンが、, http://onkyodirect.jp/shop/pages/ONKYOBASE.aspx. 別冊のブックレットには40ページにもわたる、青山氏による劇中の使用シーンの解説が含まれているほか、上記で紹介したような青山氏と冬木氏が試聴した時のエピソードが対談形式で収録されている。 プレスリリース (情報提供) リリース情報. いい意味で裏切ってくれたストーリー展開とともに流れていたのが、「あの時は呆然と見ていたけど、いい音楽が流れている」というシューマンのピアノ協奏曲である。「スピード感、切迫感、切なさや悲しさなどストーリーとマッチしていたのが非常に印象的だった。」と当時を懐かしむ青山氏から、どうして最終回にシューマンの協奏曲が流れたのかという疑問に対して… ウルトラセブン50th&リパッティ100th 史上最大の「シューマン ピアノ協奏曲」再発売記念 DSD11.2MHzシューマン試聴&トーク in ONKYO BASE カラヤン、ガリエラ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 鈴木氏からは「いろんなピアニストで聞きたくなる魅力がある。これを機にさまざまな演奏を聴き比べてほしい。」と続けて語った。, ザ・ビートルズでお馴染みのロンドンのアビイ・ロード・スタジオから、オリジナル・マスター・テープからのDSDを取り寄せたという鈴木氏。ブックレットには、青山氏と冬木氏によるDSD11.2を試聴時のエピソードを収録しているが、その2人の反応に嬉しさを覚えたという。 お問い合わせ トークイベントには制作担当ディレクターの鈴木則孝氏と『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』の著書である青山通氏が登壇し、2人の和やかな掛け合いのもと当盤の裏話に触れている。, ウルトラマンの正体が明かされることなく最終回を迎えた『ウルトラマン』『ウルトラQ』などを鑑賞していた7歳の青山少年は、『ウルトラセブン 』の正体こそが主人公だったことや、アンヌや隊員がその両者の関係性に気づくなど、大変衝撃を受けたのだそう。 ・「70 CREATORS’ SEVEN」を監修した高橋キンタロー氏描き下ろしスリーブケース仕様, e-onkyo music presents 09.26 ON SALE ALBUM『シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲(2018 DSD 11.2MHz マスターによる)ウルトラセブン50th&リパッティ100th 期間限定仕様』 <収録曲> ディヌ・リパッティ:ピアノ カラヤン、ガリエラ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 Copyright © CDJournal All Rights Reserved. 読者アンケート ウルトラセブン50th&リパッティ100th 史上最大の「シューマン ピアノ協奏曲」再発売記念 DSD11.2MHzシューマン試聴&トーク in ONKYO BASE 09/26(水) 東京・ONKYO BASE 出演:青山 通(『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』著者) 参加費:無料 “リパッティがそこに存在している!という強烈な印象を受けた!”語る青山氏から、試聴時を思い出して「今まで聞こえてこなかった音(ノイズ)やそれぞれの楽器の音を改めて知ることができた!」と興奮していた。 シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 作品54 DSD11.2MHzの今まで聞こえてこなかった音さえ聴き取れ、ウルトラセブンファンにも、クラシックファンにも、嬉しい当盤を手に取ってみてはいかがだろうか。, About us ※会場までの交通費は自己負担となります。 最終回を手掛けた満田かずほ監督が「グリーグを頼むつもりが、ラフマニノフと伝えてしまった」が、劇中音楽を手がけた冬木透氏が「ラフマニノフはちょっと変だな?と思って、ご自身でシューマンを選んだ。」という隠されたエピソードを披露してくれた。 ・UHQCD(ハイレゾDL KEY付き):WPZS-30044/5 5,500円(本体)+税 09/26(水) 東京・ONKYO BASE ・SACD:WPGS-10054 4,200円(本体)+税 オリジナルブックレットは初発売時の10インチアナログ盤ジャケットを使用。そして、付属の替ジャケットにはリパッティが腕をくんで微笑んでいる日本版ジャケットが採用されている。 替ジャケットの裏にはさらに英国版オリジナルジャケット。 バックカバーは日本版LPのものが再現されており、しかもCDトレイを外して紙を裏返せば、英国版のバックカバーになるこだわりの仕様だ。 3位:「ウルトラセブン」最終回 シューマン ピアノ協奏曲 作品54 ベストスリーをキープ。 toranosuke007ツイッターまとめサイト » Blog Archive » 2013年07月19日のツイート on 10月 … シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲(2018 DSD 11.2 MHzマスターによる)ウルトラセブン50th&リパッティ100th posted with カエレバ ディヌ・リパッティ ワーナーミュージック・ジャパン 2018-09-26 ディヌ・リパッティ:ピアノ 参加費:無料 ※オリジナル・アナログ・マスター・テープより11.2MHz DSD化した新規マスター使用, <形態・価格> 放送から50年を迎えた「ウルトラセブン」最終回。 最後の戦いに挑むモロボシ・ダンが、相思相愛のアンヌ隊員に自らがウルトラセブンであることを告げる印象的なシーンに流れるのが、 ディヌ・リパッティのピアノ、カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団による、シューマンのピアノ協奏曲であることは、セブンファンなら周知のとおりだ。 33歳で夭逝した天才リパッティ、そして鬼気迫るこの演奏は、それでなくても名演でありこれまでも幾度となく再発売されてきた。 2017年、ディヌ・リパッティ生誕100年、ウルトラセブン放送開始50年。 2018年9月1日、8日、ウルトラセブン最終回放送50年(前編/後編)。 最終回に使われたリパッティのシューマンがDSD11.2MHzマスタリングで鮮やかに甦る。 ※オリジナル・アナログ・マスター・テープより11.2MHz DSD化した新規マスター使用 ・UHQCD WPCS-13798 \2,500(本体)+税 ※ ジャケット・ブックレット仕様 ・リパッティ・オリジナル・ジャケット復刻(10インチ初版二種、英国版・日本版替えジャケット付属) ・全フォーマット別冊40Pブックレット付き。青山 通氏によるセブン使用箇所解説、冬木 透氏対談収録 ・「70 CREATORS' SEVEN」を監修した高橋キンタロー氏描き下ろしスリーブケース仕様, 2018年9月1日と8日、放送から50年を迎える『ウルトラセブン』最終回。最後の戦いに挑むモロボシ・ダンが、相思相愛のアンヌ隊員に自らがウルトラセブンであることを告げる印象的なシーンに流れるのが、ディヌ・リパッティのピアノ、カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団による、シューマンのピアノ協奏曲であることは、セブンファンなら周知のとおり。33歳で夭逝した天才リパッティ、そして鬼気迫るこの演奏は、それでなくても名演でありこれまでも幾度となく再発売されてきた。そのリパッティ生誕100年、そしてウルトラセブン放送開始50年にあたる2017-18年、アビーロードスタジオがこの企画の為におこしたDSD11.2ナチュラルによる新マスターでこの録音“史上最大の再発売”が立ち上がる。 (C)RS, 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。, シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲(2018 DSD 11.2 MHzマスターによる)ウルトラセブン50th&リパッティ100th, ウルトラ特撮 PERFECT MOOK vol.07 怪奇大作戦/恐怖劇場アンバランス (講談社シリーズMOOK), ウルトラ特撮 PERFECT MOOK vol.06 ウルトラQ (講談社シリーズMOOK), 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題