※ロケット団のムコニャらはアニポケ感想のみの登場。(強いイケサトシを目指すなら最早不要の存在), サトシ The novel "波導の伝説-プロローグ-" includes tags such as "サトシ", "波導の勇者" and more. なお、この回において取り付かれた時のサトシの声はポケランティス王(CV:石塚運昇)だった。 It includes tags such as "アニポケ", "カロス組" and more. DPt ゲン(トレーナー), リオルとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。. マサラタウンに研究所を構える博士。サトシの手持ちに入らないポケモンはここに預けられている。 サトシにとってハルカは「守りたいと思う存在」。 準決勝のヒロシ戦に勝利しカントー代表のトレーナーとしてワールドチャンピオンリーグに出場する。 ミュウ捕獲作戦では全力で立ち向かうハルカを軽くあしらい、ラティアス捕獲作戦ではサトシのピカチュウ対策の為にひらいしん持ちのドサイドンを新戦力として用意し、更にはラティアス強奪の為にボーマンダをメガシンカさせるなど、その強敵具合は一切色褪せていない。 冷静かつ冷酷な性格であり、アニポケ史上トップレベルの悪人。リッシ湖に沈んだかと思われたが生きていたらしく、日本国内のカントー地方、シンオウ地方で部下と共にハンティング家業を続行している。 リオル自身のタマゴグループは「タマゴ未発見」であり、ルカリオに進化させなければタマゴを産ませることはできない。トゲピー、エレズンと並び数少ない「進化形も同世代に追加されたベイビィポケモン」(後付けでの追加ではない)という特殊な立ち位置にある。 サトシにタッグバトルを申し込まれる。, コトネ ご存じ主人公。作中ではサトシはしっかり年をとって15歳となっており、一部のポケモンが進化していたり、メガシンカしていたりする。相棒のピカチュウは健在であり、ポケモンのダイレクトアタックに耐える人間離れした耐久力も健在である。 ジム稼業とレストラン営業がある為、出番は少ない。, セレナ pixivで「リオル」の小説を読む ... リオルの時点でも波動を使い ... このリオルの波導とサトシの波導が一致し、サトシは劇中でリオルの波導を感じ取ることでリオルの心を徐々に開いていった。 BWシーズ … カロス地方のポケモンパフォーマー。実は結構な美少女らしい。 また数々のヒロインがサトシとの良好な仲を持っているのに対し、自分にはそれが無いと悩んでいる節もある。 サトシ(アニポケ)がイラスト付きでわかる! 本稿では、テレビ東京系列で放送されているアニメ作品『ポケットモンスター』シリーズの主人公、サトシについて説明する。 概要 CV:松本梨香、(6歳時:武田華※) ※アニポケ7thシーズン>ポケットモンスター(アニポケ第7シリーズ)。 Find more works related to #Pokémon , #dark hero , #Aaron , #assassin , #novel , #fan work , #ash ketchum , #Gary/Ash , #Pokeani , … その後の世代ではいずれかの作品で野生出現しているが、このうち『SM』『USUM』では高レベル故に自滅技「いのちがけ」を覚えているため捕獲には慎重を要する。 ハナダシティのジムリーダー。サトシと喧嘩する間柄は変わらない。 ハルカの弟。「じゅくがえり」がモチーフの理知的な少年。 『ワールドチャンピオンシリーズ』とはあきこ作のポケットモンスター二次創作漫画シリーズ。2013年12月5日からweb連載が開始された。2か月に1作品ペースで連載している模様。 現在はスマブラで作成された闇サトシがたまに出没して暴れる程度の活躍。 名前の由来は恐らく『リップル:英語で波紋、波状)+オル(オル:英語で小さいもの)』、または『「ルカリオ」のアナグラム』と思われる。 タケシ ヒカリを守り続ける為、かわらずのいしを所持して進化拒否している。 ジョウト代表のトレーナー。口癖は「~ってことね」。 ポケモンゲット⭐TVにおいて、しょこたんも、闇サトシを見て歓喜していたりする。, 『ポケモン黒化』の記事を参照。 カロス地方四天王。カントー地方トキワシティの水の祭典に招かれたビックゲスト。 サトシのピカチュウ 1 of the novel series "【ポケモン】 セレビィとスイクン、波導使いの伝説!". 21 of the novel series "ポケットモンスターサン&ムーン original". 自分が認めた相手には一途な面もあり、カロスで出会ったコルニのルカリオから放たれた強い波導を感じてから尊敬の念を抱く。 シンジの特訓に巻き込まれたり、ポケモンハンターJと邂逅して一戦を交えたりと何かと序盤から出番は多い。 冷静沈着な性格で、メガリザードンXを最大限生かすバトルスタイルを取る。同じメガリザードンXを手持ちに持つサトシに同じメガシンカリザードンでの戦いを持ち掛けた。 物語序盤でシュウに告白される。 また、この回にはどことなく遊戯王を連想させるようなシーンもある。いくつかの例を挙げると…… このリオルの波導とサトシの波導が一致し、サトシは劇中でリオルの波導を感じ取ることでリオルの心を徐々に開いていった。 bwシーズン2にてコテツのパートナーとして登場。声は愛河里花子。 そのギャップが人気を呼び、「獏良了」の闇人格が「闇バクラ」と呼ばれていたことに倣って、「サトシ」の人格を黒化させたものを「闇サトシ」と呼ぶようになり、ニコニコ動画でMADが数多く作られた。 イッシュ地方に帰国しようとしたが、既にポケモンハンターJの目に留まっていた……。 ※アニポケシリーズ最大の敵であったポケモンハンターJが生存している ヒカリのポッチャマ サトシを同じメガリザードンXの使い手として注目していた。アランにサトシの事を「お気に入り」と言われると全力で否定した。, タクト 小型の獣人に近い容姿をしている。 トラブル対応時はサトシ、ヒカリ、アイリスらと行動する事も多い。 恐らくサトシが「ワールドチャンピオンシリーズ」で一番最後に戦う相手で、この物語の終着点と思われる存在である。, アイリス シンオウ地方のチャンピオン。サトシとシンジを特別視している。 チャンピオンリーグという世界大会に各地の地方代表として歴代のライバル達が登場し、またヒロインやサブキャラクターなども続々と顔を見せている。 ウチキド博士からあるきっかけでポケモンの卵を入手するが、実はそこから孵ったポケモンは……なんと伝説のポケモンであった。 サトシの「信じている」という言葉とアンノーンの幻影の中でサトシとの「ベストパートナー」という立ち位置を見つける。 岩の妖精 闇ヒカリ 闇デント 闇アイリス 闇の三極神, 闇サトシとは、ニコニコ動画のポケモンMADで生み出された邪悪なサトシ。遊戯王DMの登場人物・獏良了(闇バクラ)とサトシの声優が同じだったために発生した、いわゆる声優ネタ。. (アーロンやゲンの波導の力と比べると遥かに未熟であるが、ルカリオなどの波導に関係したポケモンに触れる事で仲間の居場所などをイメージして探る事は位に波導力を強化する事はできる。) 5年の歳月を経たからか、髪型と服装がロングヘアとアニポケ5期XY60話で断髪するまでの服装に戻っていたが、40話でのポケモンハンターJとの決戦後、サトシに対する思いを改めて決意し再びショートセレナ時の髪型と服装になった。テールナーもマフォクシーに進化しており、サイコキネシスは強力だった。他の手持ちは不明である。 ポケモンハンターJ pixivでは毎年8月10日を「810=はどう」の語呂合わせで「波導の日」とし、ルカリオ関連のイラストを投稿するポケモンの日企画が行われている。 映画内では多少ツンデレ気味である。それがサトシとの対立からの心境の変化を際立たせている。 キャプションでも書いた通り、カロス編です。 アニポケのカロス編でコルニとルカリオが登場した回を元にしています。 拙宅のサトシは波導を使える事を、念頭に置いてくだ … 1 of the novel series "絆の旅-波導の勇者-". XYのみ、野生出現個体の個体値が必ず3V以上になる。持っているなら、野生♀を厳選してみてもいいかもしれない。 カロス代表のトレーナー。相棒はメガリザードンX。 サトシがある事情で寝坊した為、他4体の存在は戦闘不能で明かされず準決勝でシンジと激突。熱戦の末、ダークライとラティオスでシンジを追い詰めるが、シンジの最後のポケモンがメガシンカして……。 これらを合成したことで、サトシが「おい貴様!」「ぶっ殺してやる!」など物騒なセリフを吐いているように聴こえるわけである。 水の都アルトマーレに住む少女。 イッシュ地方のポケモンソムリエ。旅を終えてイッシュ地方に帰国している。 ハヅキ これは、ポケットモンスターサン&ムーンとストーリーは基本同じですが、少し改変しています。 注意点! サトシの年齢が14歳です。 オリジナルストーリー・ゲット・Z技・メガシンカあるかもです。 まず … トーナメントではサトシ、シンジ、アルミア地方代表と当たり激戦を繰り広げる。 シンオウでも珍しいポケモンであるため、イッシュ出身であるアイリスは名前も知らなかった。 1 of the novel series "サトシと波導". ニビシティ出身のポケモンドクター。年上のお姉さんに弱いのも、グレッグルに突っ込まれるのも相変わらず。他の手持ちポケモンは不明である。 ヒカリの幼馴染で、同じくシンオウ地方のポケモンコーディネーター。彼女に好意を寄せている。コンテスト関連ではヒカリと行動する事が多い為、意外に出番が多い。 ベイビィポケモン 犬ポケモン シンオウ地方で発見されたタマゴだったが中々孵らず、各地の育て屋を転々とした後にクチバのポケモンセンターへ預けられる。 「しんくうは」や「ともえなげ」を使いこなし、ベルのエンブオーを完封。ピカチュウとの試合中にルカリオ(CVは引き続き)に進化した。, CV:真堂圭(ジョーイと兼任) ホウエンの舞姫と言われるポケモンコーディネーター。「~かも」が口癖。 冷静な性格だがハルカの事に関してはアマノジャクな面も。序盤でハルカに告白し……。 姉の彼氏ならどちらかとサトシとシュウを天秤にかけ、サトシを推薦する。 マノン 今作ではジムに残っており、背景にはシトロイドがいる。メカニックの腕前は健在であり、チャンピオンシップの裏で行われていた闇取引を察知したが、サトシへの忠告があと一歩間に合わなかった。 ポケモン研究者になったかつてのサトシの幼馴染で親友でライバル。 ワールドリーグに出場するサトシとアイリスを応援する。 強いトレーナーに飢えているナギサジムリーダー。再びサトシと戦う為にナギサシティでサトシ達を出迎えた。ナギサシティ周辺が大会が開かれるスズラン島に近く、何かと事件に巻き込まれやすい為か、意外に出番が多い。 フルバトルを一切カットされずに描かれたり、番外編で出番が多いなど結構優遇されている。 助けに来たサトシの元で窮地を切り抜け、主と認めた彼に(即効)ゲットされて手持ちに加わった。サトシにとっては初のベイビィポケモンである。 またその裏で邪悪な思惑が暗躍しており、見る者を飽きさせない。 オーキド博士 ・古のオカルト的アイテムをいじくったら、封印されていた古代の王の魂に憑依される。 サトシ(アニポケ) 歴代ヒロイン サトシの旅仲間 サトシのライバル  予選グループリーグは1位の成績で通過している。 サトシの最高のパートナー。スピードや電撃の強さには定評がある。作中では並の一般トレーナーの操るカイリューや野生のダークライ位ならあっさり倒せる程強くなっており、本編でのか弱さは鳴りを潜めている。それでも隙が出来ると打たれ弱いようだ。 ズミ 冷静沈着な実力者。伝説厨とか言わない。世界から参加した32地方の内の何処の地方代表かは不明だが本作に登場。 またサトシ自身を生命力を削る事で波動を操り他人やポケモンとの意思疎通の他、バトルでのサポートにも利用している。ポケモンの卵の正体も探れる。サトシと波導の波長が似ている人間であれば遠くのパートナーとテレパシーで会話する事もできる。ダークライといったポケモンに生命力を分けたり出来るが、超人なサトシが体力を著しく消耗するので多用はできない。 アルトマーレのラティアス。とある一件からアイリスと旅をする事になる。 ※ゲームとアニポケの長所を取り入れるが、情報が少ない不確定要素は避ける。 シロナ コテツとは息ぴったりだが、そそっかしく早とちりの多い部分には苦労している様子。 性格は相変わらず不愛想なのだが、ポケモンハンターJとの決戦では、珍しく怒りの感情を露わにしており、波導を消耗して倒れたサトシの代わりにピカチュウと息の合った見事なコンビプレーを見せている。タケシ曰く「サトシの宿命のライバル」「相手の長所を叩き潰す」バトルスタイル。 更にバトルもまた迫力と綺麗なタッチで描かれているため、アニポケファンには嬉しい漫画だろう。 サトシやケンゴとの恋は応援していないが、サトシのピカチュウとは仲良しである。 シュウ なお、現在は10kmタマゴでごく稀に孵化するが、孵化確率が低いのと、10kmタマゴ自体の入手確率が低いのでリオル・ルカリオを求めるプレイヤーは阿鼻叫喚しながら今日もまたタマゴマラソンを強いられている。, 前述した「バトナージ」との連動エピソードとして、DP71・72話で「はどうだん」を使える特別なリオルが登場。声は西村ちなみ。 アルミア地方代表のアキオ シトロンの妹でしっかり者。出番が少ない為か、出会いもないので「シルブプレ」は未登場。 カスミ アルミア代表のトレーナー。ワールドリーグシリーズに登場する数少ないオリキャラ。サトシ、シンジ、アイリスのいるワールドチャンピオンリーグ予選Aグループの4人目であり、アルミア地方リーグ優勝者でもあるはずだが、運悪く超激戦区のグループに当たって最強に近いトレーナー達と連戦する羽目になった気の毒なキャラでもある。, ポケモン(二次創作) ポケットモンスター(アニポケ) アニポケ 第3世代時点で劇場版で先行登場していたルカリオの進化前。リオルもまた、様々な面で特殊な性質を持ち、そういった出番に恵まれるポケモンである。, 初登場時の『DPt』では野生出現せず、ルカリオを使うゲンからもらうタマゴからでしか手に入らなかった。 「改めて、アローラ!俺はマサラタウンのサトシ!こいつは相棒のピカチュウ!ポケモンマスターを目指してるんだ!アローラのこと、色々教えてくれよな!宜しく!」, サトシがポケモンスクールに入ってくるのを、みんな大歓迎してくれた。カントーに帰ったと思っていた彼が、このアローラに滞在し、自分達と共にスクールライフを送ると言うのだから…, 「サトシ、それをどこで手に入れたんだ?この数日で、試練を突破したわけではないだろ?」, カキは、自分が試練と大試練を苦労して突破し、手に入れたものを、アローラに来て間もないと言っていたサトシが持っているのに、疑問だった。, 島の守り神として崇められているが、その姿を見た者は少ない。自分もだが、島キングですら見たことがない…そんなポケモンを、目の前にいる少年は二度も見ているのだ。, 数日前に会ってバトルを見たときから、不思議な少年だと思っていたが、まさかここまでとは思ってもいなかった。, 「なんか声が聞こえてきてさ、ピカチュウと追いかけたんだ。そしたらカプ・コケコがいて、「これを受けとれ」ってこのZリングを俺たちの前に出してきたんだ。それで、言われた通り受け取って、こうなった訳。」, 「そういえば私、本で読んだことがあります。カプ・コケコは気まぐれな性格で、人々を助けるだけではなく、罰を与えたりイタズラをしたりするそうです。それでもごく稀に、気に入った者には不思議な贈り物をすると…」, リーリエが、知ってる知識をサトシたちに話していると、ピカチュウやモンスターボールの中にいるリザードンたちは、冷や汗をかきながら明後日の方向に視線をそらした。, 「カプ・コケコが、なんで俺にZリングをくれたのかは分からない。だけど、気まぐれじゃなくて何か理由があるんだと思う。だから、絶対にこのZリングをカプ・コケコや他のZリングを持つ人たちに、恥をかけないように…大切にしようと思っているんだ。その理由を見つけるためにも。」, サトシは、旅をいくつも重ねて色んな経験をしてきた。楽しいことや嬉しかったことだけではない。苦しいことや辛いこと、命の危険がかかっていたことも。, 綺麗事ではなく、心の中から重く響いてくる言葉の一つ一つに『サトシの想い』が伝わってきた。, サトシが、どれだけの経験をしてきたのかは分からない。だが、どうしてカプ・コケコが彼を選んだのか、分かるような気がした。, 「そうだ。サトシ、リザードンたちを外に出していいぞ。確か、バカンスのために来てたんだろ?それに、アローラの空気を味わってほしいんだ。」, 青く染まる体に、ピンク色のマフラーのような舌を巻き、目を細めて凛々しく肩を組んで現れた、二つ名は『絆で結ばれし激流忍者』であるゲッコウガ。, ゲッコウガのような青と白い体に、真っ赤に染まるような目、胸にメガストーンが嵌め込まれたネックレスをつけている色違いのエルレイド。, 水色と白の体に、ピンクの目や耳、全ての色が混じった触覚をした、色違いのニンフィア。, ゲッコウガは負のエネルギーの除去をずっとしていたから、休息というとで。(本当はヌメルゴンたちも連れてきたかったが、「自分たちは気にしないで」と言われた), 黒板に描かれる二体のナッシー。一匹は自分がよく知っているナッシー。もう一匹は、ヤシの木のように首の長いナッシーだった。サトシは、目を丸くしてそのナッシーの絵を見ていた。, 「このように、アローラ地方のポケモンの中には、気候や過ごし方によって、他の地方とは違う姿のポケモンがいる。これを私たちは『リュージョンフォーム』、『アローラの姿』と呼んでいる。」, 「サトシが言っているのは、カントーや他の地方で見つかる、このナッシーじゃないのかナットレイ?」, 「その通り!アローラが、ナッシーに最高の環境になっており、のびのび成長した結果、サイコパワーを必要としなくなり、眠っていたドラゴンの力に覚醒した。そう言われておる。」, 校長は、そう言いながら2つのモンスターボールを投げた。すると、カントーのナッシーとアローラの姿のナッシー(今後、KナッシーとAナッシー)が出てきた。, 「お前たち、すごいカッコいいな!エスパーでもドラゴンでも、それぞれの良さがあるんだよな!分かるよ!俺には!」, 二匹のナッシーの言葉に、?を浮かばせるサトシに構わず、サイコキネシスであるところに移動させた。そこは 『Aナッシーの頭の上』だ。, 「ナリヤが言っていたのは、こういう事だったのか。確かに、こんなにポケモンに接することが出来るトレーナーは見たことがない…」, 「サトシは 、カプ・コケコにも目を止められていますからね。こういう真っ直ぐな気持ちに惹かれたのかもしれません…」, 『カロス地方で、プニちゃん殿やジガルデ殿、ディアンシー殿、フーパ殿、ボルケニオン殿やマギアナ殿、迷いの森やネーベル高原のポケモンたち…勿論ファイアローやヌメルゴンたちからも気に入られていたでござるからな。見慣れたでござるよ。』, 『波動をマスターしてから、ポケモンの声も分かるようになって、さらにホイホイが増えたんだよな…』, ピカチュウたちは、サトシのホイホイに呆れながらも、サトシのポケモンであることに改めて誇りを持っていた。, 『(……そんなこと言ったけど、最初は「憎たらしいし誰がついて行くもんか」って思っていたなんて言えない…)』←無印1話・『きみに決めた!』参考, そのあと授業が終わると、サトシはポケモンたちとともに、居候させてもらっているククイ博士の研究所に戻ってきていた。, 博士が夕飯を作ってくれているあいだ、サトシは研究所にいたポケモン、『イワンコ』と遊んでいた。, サトシが名前を呼ぶと、イワンコは一目散にサトシの元へ走った。そして、サトシに抱きつき自身の首の岩を擦り付けた。, 「イワンコが首の岩を擦り付けるのは、仲間同士の挨拶なんだ。どうやらイワンコは、サトシたちのことを相当気に入ったみたいだな。」, サトシが問うと、イワンコはさらに強く擦り付けた。どうやら正解の様だ。その後、イワンコはピカチュウやゲッコウガたちにも、順番に岩を擦り付けていった。, サトシは、夕食の用意が出来たと聞き、ポケモンたちを呼び掛けて博士が持ってきてくれた夕食が並べてあったテーブルに座った。, 博士がサトシの前に持ってきたのは、アローラの家庭料理であるという『アローラプレート』だ。ポケモンたちの前には、オシャレなポケモンフーズが置かれていた。, 「お気に召してもらえて良かった!アローラ地方の料理が、カントーの人の口に合うか分からなかったからな…」, 「カントーの料理より、少し濃いですけど、この濃さがやみつきになります!ポケモンたちも同じみたいですよ!」, 「それは『ないしょばなし』だから、秘密なんだ。悪いな。(さあ、明日が楽しみだ!)」. ・「バトルピラミッド」という古代エジプトの遺跡のような場所が舞台。 イッシュ代表のドラゴン使い。シューティに勝って代表になったらしく、サトシは大層驚いていた。実はかなり小柄。 "波動は我にあり!サトシとレイジ!!" is episode no. It includes tags such as "ポケモン", "アイリス" and more. これ以外で有用な技は「まねっこ」「いやなおと」「にほんばれ」「あまごい」辺りだろうか。いざとなれば(変化技ではないが)「いのちがけ」もある。 ……などがある。