4位:ルーク・ショー(18) ハリー・ケイン(トッテナム) しかし、その後に容体が悪化。入院することになったという。 その影響もあってか、第8節までを終えて単独首位に立つレスター・シティに加え、サウサンプトン、アストン・ビラなど、中位、下位チームの躍進が目立つ一方で、マンチェスター・シティ(1試合未消化で10位)、アーセナル(11位)、マンチェスター・ユナイテッド(14位)など、トップクラブの調子が上がらないなど、いつもと違う様相を見せている。 3位:ファビオ・シルバ(18) 序盤戦を終えた欧州の2020-21シーズン。代表ウィークによる2週間の中断期間に入っている。このタイミングで『Transfermarkt』がここまでのゴール&アシスト数ランキングを発表している。 5位:ウェイン・ルーニー(18) 2.クリスティアーノ・ロナウド:162回中27回失敗(16.7%) 首位を走るレスターからは、DFヴェスレイ・フォファナのみが選出。19歳ながら、DFとして試合を読む力に長け、スピード、インテンシティなど、トップレベルのクオリティを見せるフォファナ。10代ながらワールドクラスの選手たちが多く在籍するプレミアリーグで、ここまでのパフォーマンスを見せる末恐ろしいCBが選ばれている。 身長191cmの大型FWとしてウッドのチーム内での役割は「制空権を確保すること」と、「得点を決めること」というシンプルな2つのみだ。ウッドは今シーズンここまでリーグ4位となる1試合平均5.4回の空中戦勝利数を誇っている一方で、ゴールに関しては7試合で1ゴールと、やや失速気味。現在19位に沈むバーンリーが調子を取り戻すには、この男のスコアラーとしての復調が不可欠になるだろう。 9位:ウィリアム・サリバ(18) フラメンゴ→レアル・マドリー(2018年) FW ユナイテッドが1-3で敗れた、リーグ開幕戦のクリスタル・パレス戦では、全く良いところを見せられず、1-6と屈辱的な大敗を喫したスパーズ戦でのパフォーマンスは目も当てられないものだった。今夏バカンスで訪れたギリシャでの逮捕劇によるメンタル面への影響が大きいと考えられるが、調子の波の谷の部分を抜け出したことを願うばかりだ。 ただチャンピオンズリーグ(CL)での成績は、ここまで2ゴール1アシストと、唯一の救いとなっているが、期待外れのパフォーマンスであることに変わりないだろう。, 移籍情報サイト『transfermarkt』が18歳以下の選手に限定し、歴代の移籍金上位をまとめている。 4.ズラタン・イブラヒモビッチ:92回中16回失敗(17.4%) ここまでわずか3試合の先発出場に留まっているポグバだが、2018年に母国を世界チャンピオンに導いたダイナミックなMFの姿は見る影もないように思える。 MF 〜エリートをさらに高みに導く〜サファリクラス@大阪5年生対象‼︎練習会参加型個別セレクション開催毎週月曜日19:30〜21:00会場:futmesse海老江持… DFながら2シーズン連続での二桁アシストを記録したアレクサンダー=アーノルドだが、今シーズンここまでのアシストはわずか1本。これは前線の選手の出来にも影響される数字だが、1試合平均のキーパスも昨シーズンの2本からダウンして1.6本となっている。 6.ロベルト・フィルミノ(リバプール) 問題の大きな原因は、オーレ・グンナー・スールシャール監督がポグバのベストポジションを見つけられていないことにあり、中盤のあらゆるポジションでの起用を試された結果、0-1で敗れたアーセナル戦では左ウイングでもプレーしていた。 7.ウェイン・ルーニー:53回中13回失敗(24.5%) 毎週のPCR検査、外出制限、無観客試合など、今までと異なった環境でのプレーを強いられる選手たちだが、そういった環境でも力を発揮できる選手がいる一方で、今までのような活躍を見せることができていない選手も多くいるのが事実だ。 エバートン→マンチェスター・ユナイテッド(2004年) 当たり補強と言えば外せないのが、エバートンのMFハメス・ロドリゲスだ。昨シーズン、レアル・マドリーでくすぶり続けたテクニシャンは、恩師カルロ・アンチェロッティ監督の下で水を得た魚のように生き生きとプレー。大舞台での経験と知性、クリエイティビティを存分に発揮すると、3ゴール3アシストをマークし、懐疑的な声を黙らせることに成功している。 “のぞき”は許されない、VARを盗み見たスアレスがスポーツマンシップに反してイエローカード, 圧巻バイシクル!若手を牽引する39歳イブラヒモビッチのリーダーシップ「残りの面倒は俺が見る」, PKと言えば決めるのが当たり前とされており、PK失敗シーンの方が珍しいが、「決めて当たり前」というプレッシャーが逆に足かせとなり、メンタルの強さが試されるプレーだ。 モハメド・サラー(リバプール) 1994年のアメリカワールドカップ(W杯)決勝でPKを外した元イタリア代表FWロベルト・バッジョ氏は「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持つ者だけだ」という名言を残しているが、まさにその言葉通りの結果となっている。 ユナイテッド攻撃陣の中で中心的な役割を任されているにもかかわらず、ここまでリーグ戦でのゴール、アシストともに0。さらには、リーグ戦4試合の先発出場の中で、通算わずかシュート3本、ドリブル数3回、キーパス0本に加え、ボールロスト9回、タッチミス12回と目も当てられない数字を残している。 久保建英もランクイン! バーリ→ローマ(2001年) 21世紀で最もPKを外した選手は、史上最高の選手と名高いバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2人となっており、それぞれ27度のPK失敗を記録している。 また、アストン・ビラと同数の3人が選ばれているのが、2位につけるトッテナムだ。リーグ得点ランキングトップの8得点を決め、キャリア最高の輝きを放つFWソン・フンミンと、7ゴール8アシストと圧巻の得点関与数を誇るFWハリー・ケインが当然選出されている他、サウサンプトンから夏に獲得したMFピエール=エミール・ホイビュルクが中盤のアンカーのポジションで選ばれた。 一方、移籍前のチームを見てみると、南米勢やポルトガル勢のチームが目立つ中、育成の名門で知られるサウサンプトン出身の選手も多い。ルーク・ショーに加え、2007年にトッテナムに移籍したウェールズ代表FWガレス・ベイルや2011年にアーセナルに加入したアレックス・オックスレイド=チェンバレン(現リバプール)もそうだ。 ハメス・ロドリゲス(エバートン) 移籍金:4500万ユーロ(約55億8000万円) 9.ベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ) 『フットボール・イタリア』によると、マラドーナ氏の息子であるディエゴ・マラドーナ・ジュニオール氏(34)が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染。さらに、合併症を患った結果、ナポリの病院に入院したとのことだ。 移籍金:3000万ユーロ(約37億2000万円) マティ・キャッシュ(アストン・ビラ) 今シーズンここまで、チーム全体として調子が上がり切らないリバプールにおいて、22歳のアレクサンダー=アーノルドに過度の期待を負わせるのはややアンフェアかも知れないが、ここ2シーズンの活躍ぶりを考えると、この男の失速に目がいってしまうことは避けられないだろう。 移籍金:3100万ユーロ(約38億4000万円) 移籍金:3110万ユーロ(約39億7000万円) 毎シーズン、前半戦にトップ4に食い込んでくる“ダークホース”チームが出てくることは珍しくないが、多くの“ダークホース”が現れた今シーズンの序盤戦。代表ウィークでリーグが一時休止しているこのタイミングで、イギリス『talkSPORT』がプレミアリーグ序盤戦のベストイレブンを発表している。 1.アントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド) 新天地ですぐに力を発揮することが難しいということは周知の事実であるが、チェルシーでの7年の実績を持つウィリアンの場合、序盤戦の低調なパフォーマンスに対して、厳しい目を当てられることは避けられない。 DF ティー多摩センタービル8F, ※ 2020å¹´4月開校、無料体験3月実施、お申込受付中, 〒136-0076 東京都江東区南砂2-6-11, 〒182-0032 東京都調布市西町376-3 (味の素スタジアム内), : 火曜クラス 18:00~20:00 【120分】, : 金曜クラス 18:30~20:00 【90分】, : 金曜クラス 18:00~19:30 【90分】, : 火曜クラス 18:30~20:00 【90分】,   水曜クラス 18:30~20:00 【90分】, : 火曜クラス 17:00~18:30 【90分】,   水曜クラス 17:00~18:30 【90分】, : 月曜クラス 18:30~20:30 【120分】,   水曜クラス 19:00~20:30 【90分】, : 月曜クラス 17:00~18:30 【90分】, : 月曜クラス 16:00~17:00 【60分】. 今後、ここで選ばれた選手がどれだけ今のパフォーマンスを維持できるのか、そして新たなスターが誕生するのか、益々注目だ。 また、3位には99回のPKを蹴り、19回外している元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティと、4位に92回のPKで16回の失敗を経験している元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがランクイン。 序盤戦を終えた欧州の2020-21シーズン。代表ウィークによる2週間の中断期間に入っている。このタイミングで『Transfermarkt』がここまでのゴール&アシスト数ランキングを発表している。. ◆21世紀のPK失敗回数(括弧内は失敗率) 新型コロナウイルスにはマラドーナ氏も感染していたが、息子も5日に自身のSNSで陽性反応を示したことを発表していた。 ※金額は推定。日本円は11月12日時点のレートで換算。年齢は移籍当時。 移籍金:3000万ユーロ(約37億2000万円) アタランタ→インテル(2017年) 6.エディンソン・カバーニ:73回中14回失敗(19.2%) イングランド代表合宿中に女性をホテルに招いたとして、コロナ感染予防対策のガイドライン違反で代表からの離脱を強いられたり、「笑気ガス」を吸引している映像が流出したりと、ピッチ外での多くの問題が明るみに出たグリーンウッド。 オープンプレーでは相変わらず質の高いクロスを見せていたアレクサンダー=アーノルドだが、今シーズンはセットプレーのクロスの質が落ちていることが指摘されている。現在負傷離脱中のアレクサンダー=アーノルドだが、リハビリ期間に一度気持ちをリセットし、フレッシュな再スタートを切ることが重要かも知れない。 移籍金:3750万ユーロ(約46億5000万円) 8.トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール) 「不条理」「本当に不快」「フットボール史上最悪」…リーズFWバンフォードへのVARオフサイド判定に苦情殺到, ヒメネスやロサーノ、オチョア、H・エレーラ! シティが最後のリーグを制覇した2018-19シーズン、チームの年間最優秀選手に選ばれていたシウバ。しかし、昨シーズンの活躍に陰りが見えると、今シーズンも2シーズン前ほどの活躍を見せることに苦しんでいる。 移籍金:3500万ユーロ(約43億4000万円) サウサンプトン→マンチェスター・ユナイテッド(2014年)
◆ミス数1位も外した分だけ決めている!
エミリアーノ・マルティネス(アストン・ビラ) チアゴ・シウバ(チェルシー) ケガの影響で今シーズンのスタートが少し遅れたことを考えても、ここまで公式戦9試合で記録したキーパス(シュートに繋がったパス)数わずか2本という数字は、心配になる数字だ。ここまでリーグ戦0ゴール0アシストと低調なパフォーマンスが続いており、直近の公式戦2試合ではスタメンから外れている。 5.ウィリアン(アーセナル) ベンフィカ→バイエルン(2016年) ポルト→ウォルバーハンプトン(2020年) “ゴールを決めないストライカー”としてのフィルミノの役割が、果たしてどれほど大きいものなのかということが話題に挙がるのはこれが初めてではないが、今シーズンは特にフィルミノへの風当たりが強いことは事実だろう。 また、2014年にイングランド代表DFルーク・ショーを獲得したマンチェスター・ユナイテッドは、2003年と2004年に元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(現ダービー・カウンティ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)を獲得している。
◆レアル・マドリー、ブラジル人選手たちの活躍
4.ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) 移籍金:3700万ユーロ(約45億9000万円)
11.ルート・ファン・ニステルローイ:53回中11回失敗(20.8%)
12.マルコ・ディ・バイオ:23回中10回失敗(43.5%)
13.アントニオ・グリーズマン:30回中10失敗(33.3%)
14.アンドレア・ピルロ:34回中10回失敗(29.4%)
15.アリツ・アドゥリス:45回中10回失敗(22.2%)
16.ピエール=エメリク・オーバメヤン:46回中10回失敗(21.7%)
17.ネイマール:56回中10回失敗(17.9%)
18.マレク・ハムシク:24回中9回失敗(37.5%)
19.ルカ・トーニ:28回中9回(32.1%)
20.ゴンサロ・イグアイン:32回中9回失敗(28.1%)
21.ダニ・パレホ:41回中9回失敗(22%)
22.ダビド・ビジャ:56回中9回失敗(16.1%)
23.スティーブン・ジェラード:59回中9回失敗(15.3%)
24.アントニオ・カッサーノ:20回中8回失敗(40%)
25.クラース・ヤン・フンテラール:24回中8回失敗(33.3%)
, 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が、世界中の人々に大きな影響を与えている昨今だが、サッカー界もその例外ではない。