敵のモビルスーツが出てきても深追いはするな」, と釘を打って冷静さを出していたり、ブライトがザクだけだから今までの戦いでガンダムやガンキャノンを出せば対応出来ると、戦いに慣れきってしまっている点から、完全に裏を付かれてしまい、アコースが搭乗するザクⅡJ型がランバ・ラルの指示で放った、, で拡散した爆弾により奇襲を食らい、グフが放った電磁ムチである「ヒートロット」によりガンダムが持っていたバズーカもろとも破壊することで、こいつらは只者ではない!という雰囲気からグフとガンダムの一騎討ちに持ち込まれてしまう。, と存在感をアピールして去っていくのですが、ランバ・ラルもまたアムロに取って成長の壁として立ちはかりながら2つ目「ジオンの脅威」となるため、この点の展開も今後の見どころになるでしょう。, 機動戦士ガンダム第12話の「ジオンの脅威」主に3つの脅威で構成されていると筆者はそう感じたのですが、一番のメインはガルマ国葬によるギレン総帥の演説による掌握術が最大の見どころであろう。, また機動戦士ガンダムではTVアニメの構成としては珍しく、短編映画を見るような感覚で、これまでの動向を積み重ねて訴えている部分が強いメッセージ性を生んでいるため、, ガルマのビデオレターを何度も見るデギン公王の廃れた姿から、娘であるキシリアが ・ガンダムでのギレン掌握術!ガルマ国葬に秘めたジーク・ジオンの意味。, 機動戦士ガンダム第12話では題名が「ジオンの脅威」ということから、ギレン総帥の演説や生粋の職業軍人であるランバ・ラル大尉の登場に注目されがちなのですが、実際には次のポイントへの移動しか伝えられず、いつ終わるかわからない不安に駆られている、, アムロに関しては第1話を思わせるようにガンダムの予備のコンピュータを修理しているシーンから始まるのですが、実際には前回の戦いでイセリナに「仇」と言われたことが尾を引いており、それを忘れるように何かに没頭する部分がパターンとして表れている。, 筆者がこう語るのも1つ1つの返事が気のない感覚で流されていきフラウ・ボゥが 演出が深層では戦いたくない!という拒否感を示していることが理解出来るだろう。, またブライトに関しても唯一の正式士官として、艦長の使命を全うすることを意識しすぎてか?相当ストレスが溜まっており、クルーに対し正規軍並の技量を求めることから、, まあこの点に関してはさすがに悪いと思ったのか?キッカを諭していたようですが カミーユ(カミーユ・ビダン) ジェリド(ジェリド・メサ) クワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル) エマ(エマ・シーン) ... 第14話 アムロ … msやキャラのかっこよさなど『機動戦士ガンダム』の魅力は枚挙に暇ありませんが、キャラの口から紡ぎだされる言葉の数々もその1つ。ここでは彼らの紡いだ言葉の中から、「これは!」と思われる『機動戦士ガンダム』の名言を、キャラごとに厳選しました。 新たな敵ランバ・ラルの登場など、いろんな意味で巨大な敵の実態が見えてくるため、, ・アムロ絶不調!ジオンの脅威か?セリフから読むホワイトベースの内情。 気を利かせて話をするシーンを挟み、冒頭でのサイド3のジオン国民の歓喜である、, という部分へとつながっていくほど、本当の敵は目の前だけではないと思い知らされるのですが、それ以上にジオン国民を演説で戦意高揚するギレン総帥の掌握術は、もはや洗脳としか思えない巧みなものであるため、その場にいれば飲み込まれていただろう。, これを見るといかにしてギレンがジオン軍の正当性を示し、地球連邦軍がいかにして MSやキャラのかっこよさなど『機動戦士ガンダム』の魅力は枚挙に暇ありませんが、キャラの口から紡ぎだされる言葉の数々もその1つ。ここでは彼らの紡いだ言葉の中から、「これは!」と思われる『機動戦士ガンダム』の名言を、キャラごとに厳選しました。, 出典 : ©創通・サンライズ ©創通・サンライズ・MBS ©創通・サンライズ・テレビ東京 : GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト, 「アムロ・レイ」は、『機動戦士ガンダム』の主人公。当初は機械いじりが好きなだけの内向的な少年でしたが、戦禍に巻き込まれガンダムのパイロットに抜擢されたことで、次第にパイロットとしての才能を開花していきます。そんな「アムロ・レイ」の名言を見ていきましょう。, アムロの出撃時の掛け声。「アムロ」の部分を変えれば、いろいろな場面で流用できそうです。ちなみにこのセリフ、ガンダムファンにはお馴染みですが、実は劇中では1度しか使っていません。, 駄々をこねすぎて、ブライトに修正された際のセリフ。CMなどでも使われ、ガンダムを知らない人でも知っている人が多いのではないでしょうか?近年はあらゆるハラスメントに厳しいご時世なので、使う機会はほとんどないかもしれません。, 『機動戦士ガンダム』最終話、宇宙要塞から脱出が成功してのセリフ。数多くの命が散っていった中、最後に帰るべき場所が残っていたのは、最高に幸運でした。, 「赤い彗星」の異名で知られる、ジオン公国軍のエースパイロット。序盤から執拗にアムロらホワイトベースを狙う恐ろしい敵です。実は、ジオン公国建国の父「ジオン・ズム・ダイクン」の息子で、父を殺し国を奪った「ザビ家」への復讐を誓っています。そんなシャアの名言を厳選しました。, 戦功に焦って大切なMSと部下を失ってしまったシャアの反省の弁とされています。現実社会でも流用できそうですが、いつまでも使えるわけではない点は要注意。, 場末のバーでお酒を嗜みつつ、テレビで流れる演説の「ガルマは死んだ!なぜだ!?」に答えて。こちらも非常に有名なセリフです。, テキサスコロニー内でセイラと邂逅を果たし、その際の問答で飛び出したセリフ。過去を捨てたはずが、最後まで過去に縛られ足掻き続けるのがシャアの不運であり、魅力でもあります。, 上官がみな戦死してしまったため、なし崩し的に「ホワイトベース」の艦長に抜擢された青年。老けて見えるものの、このとき何と19歳の若さでした。そのため当初は精神的な脆さや甘さが目立ち部下と衝突することもありましたが、数多の激戦を経て名艦長へと成長していきます。そんなブライトの名言集です。, ブライトが砲撃手を叱責したセリフ。ブライトを代表するセリフとして記憶している人も多いかと思われますが、実は『機動戦士ガンダム』劇中で発言していなく、初出はゲーム『スパーロボット大戦』から。ちなみに劇中で右舷が叱責されたことはありません。, 自分の想い人を、別の男の元に送り出した際のセリフ。不器用ながら誠実なブライトの魅力が詰まった名言です。ただ、現実社会ではあまり使いたくありませんね。, ホワイトベース隊のパイロットを務めていますが、その正体はジオンの忘れ形見にしてシャアの妹。父親の復讐に固執するシャアとは、劇中で袂を分かちます。聡明で気丈なセイラの名言をまとめました。, 自分の事しか考えていないカイに対し、ビンタと共に見舞ったセリフ。セイラと言えばコレと言う人も多いのではないでしょうか?, 劇場版III『めぐりあい宇宙』から。医者志望と言う立場にありながら、戦争に、ひいては人殺しに慣れていく自分に自嘲したセリフ。戦争と人間の恐ろしさを体現した名言です。, 人類の総人口の半分を失った「一年戦争」を、ほぼ素人だけで切り抜けた「ホワイトベース隊」。アムロやブライト、セイラ以外の乗組員の心に残る名言をまとめました。, 原作『機動戦士ガンダム』最終盤、味方を鼓舞するためのアムロの嘘を見破った「カイ・シデン」の呟き。今後も何かと戦乱に巻き込まれるニュータイプですが、彼らが決して万能ではないことを端的に評した名言です。, ビグザムに特攻をかけた「スレッガー・ロウ」中尉の名言。アニメと劇場版で若干ニュアンスが違いますが、いずれにせよ自身を捨て石にして見事に活路を開きました。「戦争」の部分を他の言葉に入れ替ると、あらゆる場面で使えてしまう汎用性の高さも魅力です。, 『機動戦士ガンダム』終盤で「フラウ・ボゥ」が呟いた切ない名言。当初は母親のように甲斐甲斐しくアムロの世話を焼いていたフラウですが、戦争に巻き込まれ変わっていくアムロと徐々に疎遠に。このセリフからは、2人の間に決定的な溝ができてしまったことを感じられます。. 大人になった今だからこそ感じ取れる!富野由悠季氏のロボットアニメの特徴を僕なりの意見や感想で書いたここにしかないブログです♪, 機動戦士ガンダム第12話「ジオンの脅威」はガンダム劇場版第1作目のクライマックスと同時に地球連邦軍とジオン軍、それぞれの転機となるシナリオなので名セリフのオンパレードとなっており、敵の裏事情や権力抗争などが浮き彫りとなってくる。, またクライマックスにふさわしく戦死したガルマの国葬を盛大に演出するギレンの掌握術や  出撃なさる時のあなたを見る方が好きだわ」, というくらい実践慣れしているので、グフが凄いというよりもランバ・ラルの存在の 機動戦士ガンダム第12話「ジオンの脅威」はガンダム劇場版第1作目のクライマックスと同時に地球連邦軍とジオン軍、それぞれの転機となるシナリオなので名セリフのオンパレードとなっており、敵の裏事情や権力抗争などが浮き彫りとなっ 卑劣で無能なのか?自分達が戦う理由を訴えているのか?を感情を込めて訴えている。, またシャアもガルマ国葬の準備が進む中、上司であるドズル中将に更迭されそうになったところ、デギン公王の温情で左遷されたことで、キシリア機関の親衛隊が動いているので、ここでも水面下でザビ家の権力抗争を思わせる描写がヒシヒシと感じさせられる。, の言葉の意味はジークがドイツ語で「勝利」という意味から「ジオン公国に勝利を!」という感じになるのですが、これもまたヒトラーの独裁政治を思わせる印象から、. 実際にはキッカの嘘泣きで「ベーだ」とバカにされては、ミライがこっそりと、, 彼らに取ってジオンの脅威はこの後に戦闘となるランバ・ラル隊でも、自然の驚異である雷でも、ギレン総帥の演説でもなく、いつ抜けきれるかわからない先の見えない展開こそが、ジオンという敵に対しての脅威では無いでしょうか?, 機動戦士ガンダム第12話の冒頭から、大気圏内外両用艦「ザンジバル」のブリッジでどっしりと構え、そばに軍服を着ていない謎の金髪美女を従える男。ランバ・ラルがシャアと入れ替わるように登場するのですが、そもそも奴は一体何者なのか?, どっしりとした体格に風貌のある見た目からして異様な雰囲気を出しながら、謎を思わせる感覚で冒頭に出てきた!と思ったら、自ら新型モビルスーツ「グフ」に乗り込み、圧倒的な実力差で格の違いを見せ付けるように、ガンダムの攻撃をさばいて放った名セリフ、, 「ザクとは違うのだよ、ザクとは」というのが強いインパクトしてあるためか?シャアに次ぎ「青い巨星」という二つ名で人気となっては、アムロに対し乗り越えたい壁となる衝動に駆られてしまう。, ランバ・ラルは父であるジンバ・ラルはダイクン派の親衛隊であるため、出世コースからは大きく外れており、ザビ家からも相当警戒されていたことから、今まで冷や飯食いのレッテルから、ゲリラ戦を戦い抜き信頼を勝ち取ってきたらしい。, またガルマ仇討ち部隊として出現した理由も、ホワイトベース攻撃部隊として任命されていたドズル中将の配下が左遷されたシャア少佐の次に階級が高く職業軍人としての腕を買われ出世させることを条件にジオン!いやザビ家に忠誠を誓うことで勅命されたという、, 「やはり指揮官らしく収まってるあなたより、こうやって All rights reserved. ・ランバ・ラルがグフのパイロットとして初出場!奴は一体何者なのか? 第12話 ジャブローの風 ... キャラクター・登場人物で名セリフ検索|Ζガンダム. このような惨事になってしまっているのだと筆者はそう感じている。, とガンダム搭乗時にかぶっているはずなのに苦しいという表現をしているので、こういった 【ワタモテ】は本当に百合路線になったのか?徹底検証まとめ #私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い #ワタモテ #わたモテ. →機動戦士ガンダム →アムロ 名言集 →シャア 名言集 →機動戦士ガンダム the origin →機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 →∀ガンダム ターンエーガンダム →逆襲のシャア →機動戦士ガンダム 00 ダブルオー ファーストシーズン 食事のサンドウィッチを差し入れたときでも、まるで痴呆症患者のような感覚で、, 結果としてコロニーで見たことがない雷の衝撃から放心状態になってしまい、切迫する状況を他人事のような感覚で見ながら、身体だけが戦闘への恐怖を物語っているので、やらなくてはという感覚なのに、そこに対する自我が全くない状態になってしまう。, 実際にランバ・ラル隊の大気圏内外両用艦「ザンジバル」の攻撃を受け、ブライトがガンダム、ガンキャノン、ガンタンクをスタンバイさせようとしようとした際にも、目が雷と同じ色でボーっとしていたので、なかなかこないことで呼びにきたリュウが殴ると、, と自分のことなのに他人事のように、ボーっとしているので、相当なストレスから デカさのほうが何倍にも凄いことが、この後の戦闘で身を持って知ることとなる。, 「アコース、コズン、我々が地球で戦うのは初めてだ。 主に初代ガンダムの名言を今さらながら、まとめてみました! 現在社会でもまだまだ使えるファーストのかっこいいセリフをあえて言っちゃいましょう! おやじ世代には懐かしく、若い世代には、斬新なセ … Copyright ©  moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん! 12: ザクとは違うのだよ!ザクとは!! イセリナの事で意気消沈していたアムロとランバラルが戦闘した場面での一言。 19: 気に入ったぞ、小僧。それだけはっきりものを言うとはな。 ハモンだけの奢りじゃない、わしからも奢らせてもらうよ。