(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2017-2020 Attract Car.All Rights Reserved. カローラスポーツ 12代目カローラの5ドア・スポーツハッチ型と言うよりも、実情は2代目オーリスの後継車。それゆえ従来のカローラよりも「1クラス上」の印象が漂う。Motor-Fan TECHの会員の方々にも多くのオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よい … ただ、頭上高のゆとりはいい勝負です。, ラゲッジスペースですがバックドアの傾斜がきついものの、見た目に反して収納力はある方だと思います。, ちなみに欧州でラインナップされている2.0Lハイブリッドモデルは、ここに補器バッテリーが配置されるため若干床が高くなり容量も少なくなります。, カローラスポーツを購入後も、輸入車を中心にいろいろ試乗してきましたが、やはりカローラスポーツは高い走行性能を持っていると確信しました。, ハンドリングは手ごたえが軽すぎるものの、よく曲がり特にRのきついカーブを走り抜けるのは痛快ともいえます。, 基本的にはプリウスと同じ1.8Lハイブリッドですが、低速からトルクがありスポーツモードのレスポンスならスポーツ走行も十分楽しめます。, エンジンを回して走ると悲しいエンジンサウンドが聞こえてきますが、まあアトキンソンサイクルなので仕方ありません。, レクサスUXで新開発の2.0Lハイブリッドも試乗してみましたが、劇的にパワフルというわけでもなく燃費性能やコストを考えれば現状の1.8Lはバランスが優れていると思います。, 長い下り坂を走行するときはハイブリッドの弊害がありますが、ほとんどの走行シーンは他のライバル達に劣ることはありません。, また、輸入車のようなステアリングを通じたインフォメーションは乏しいと言わざるを得ません。, 一方、乗り心地は国産車や輸入車のライバルと比べて平均以上の出来でとても滑らかです。, 多少の路面の凹凸はきれいにいなしてくれるのですが、一定以上の入力になるとガツン!ときます。, カローラスポーツはコネクティッドカーとして標準でDCM(車載通信機)を搭載し、3年間利用料が無料でT-Connectサービスが利用できます。, けがや急病時にお世話になる緊急通報システムの「ヘルプネット」や車両の異常をモニタする「リモートメンテナンス」は、さすがに試したことはありませんが一通りの機能は確認出来ました。, 「マップオンデマンド」は頻繁に地図更新があり、常に最新の地図データにしておくことが出来るので頼もしいです。, 「マイカーsecurity」ではウインドウが空いた状態をスマホに知らせてくれるのでうっかりミスを防げます。, 目的地設定はオフライン(カーナビ内部のデータ検索)だと停止状態でないと操作できませんが、「オペレーターサービス」と「エージェント」は走行中でも音声操作で目的地設定が可能です。, 「オペレーターサービス」はオペレーターとのやり取りまで時間がかかるので、最近は単純な音声入力の「エージェント」ばかり使うようになりました。, 施設の名称がわかっていればかなりの確率で目的地が見つかるので頻繁に利用しています。, カローラスポーツを3万km以上走行した経験から評価してみましたが、いかがだったでしょうか?, ライバル達に対してハイブリッドの燃費だけでなくトータルバランスで十分勝負出来る車でした。, あとT-Connectのサービスはマイカーsecurityをはじめ意外に使えます。, カローラセダンやカローラワゴン(カローラツーリング)が2019年9月に販売が開始されれば、社外品のパーツも今以上に充実してくるでしょうね。, プリウスよりも優れた安全・運転支援機機能を持ち、走行性能、価格面でもリードしているカローラスポーツは自信を持っておすすめします!, あなたの愛車、走行距離が スポンサードリンク トヨタ カローラスポーツハイブリッドに実際に乗っているオーナーのレビューや口コミが満載。実燃費やエクステリア・インテリアに関する情報や、メンテナンス・カスタム方法が充実。トヨタ カローラスポーツハイブリッドの様々な情報がここに!日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 Copyright© くるま情報プレミアム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. 行動派のドライバーにとってヤリスクロスで車中... トヨタのヤリスクロスは、手頃な価格とサイズからライズに続いて注目を集めています。 売れ筋ハッチバックの新型カローラスポーツの購入を検討の際に注意すべき点は何でしょうか?, 2018年の6月に発売されて大きな話題を集めたハッチバックのカローラスポーツが早くも2019年の9月に一部改良を行いました。, フルモデルチェンジが行われたカローラとカローラツーリングにあわせての一部改良で、新しい改良点に注目が集まっています。, 同じカローラであるセダンタイプのものやツーリングと比べても全幅が大きくなっており広い車内空間を作り上げてきたカローラスポーツですが、新しいプラットフォームである「TNGA(Toyota New Global Architecture)」を採用したことでさらに車内空間を広くすることに成功しています。, 車内空間を広くしたことと同時にサスペンションを最適化し、重心を低くしたことで快適な走行感覚をも実現しました。, またハイブリッドエンジンでは加速感が滑らかなものとなっており、発進時や低速時ではノイズも小さく、スムーズな加速性を実感できます。, 2019年の9月17日には同じカローラで、セダンタイプ「カローラ」とワゴンタイプ「カローラツーリング」のフルモデルチェンジも発表、販売がされています。, これらのフルモデルチェンジ車と比べるとカローラスポーツのマイナーチェンジは部分的なものに過ぎないために、変更点はほとんどないということがあります。, グレード設定は1.2Lターボエンジンがベースの「G“X”」と「G」「G“Z”」の3グレード、ハイブリッドも同じく「G“X”」「G」「G“Z”」の3グレードになっています。, 1.2L車のトランスミッションには世界初の発進用ギヤを採用した新型CVT「Direct Shift-CVT(ダイレクトシフトCVT)」と、新型6速マニュアルトランスミッションです。, 似たレベルのインプレッサスポーツなどと比べられることがありますが、運動性能や操作性ではそれぞれに長所や短所があって勝ったり負けたりということが多いのですが、カローラスポーツのハイブリッドエンジンは当然燃費では優っています。, また、サイズ的にで見ていくとフォルクスワーゲンの「ゴルフ ヴァリアント」がライバルですが外車なので価格帯が高くなってしまいます。, 高価格化したマツダ3ファストバック(ワゴン)はガソリンエンジンモデルのみがカローラスポーツのハイブリッド車と価格帯が重なってきています。, また、マツダ3のライバルであるスバルインプレッサもカローラスポーツの競合対象となることになります。, カローラスポーツのエクステリアを見てみると、形は旧オーリス譲りのスッキリとしている卵型と言ったフォルムです。フロントグリルが大きく開口しており、シャープで精悍なヘッドランプがここ最近のトヨタに共通しているアグレッシッヴなデザインです。, リアも極端なくらいの台形とリアスポイラーが相まって、スポーティーな印象を与えています。, カローラスポーツのフロントグリルは大型でスタイリッシュなものが装着され、スポーティーな印象スポーティーな印象が存在感を出しています。, またリアはワイドなデザインを実現しており、外装を見る限り、スポーティで若年層向けのデザインになっていることが分かります。, また、J字形状に光る1眼でハイビームとロービームを使い分けるBi-Beam LEDヘッドライトに加えてLEDターンランプとLEDクリアランスランプが洗練されていながらも力強さを感じさせています。, さらに新デザインのフロントグリル、リアオールLEDランプクラスターが採用されているにもカローラスポーツのデザイン性を高めています。, カローラスポーツの内装はCH-Rに近いデザインとなっており、シンプルの中にもシルバー加飾とブラックパネルを上手く使っており質感重視の大人な雰囲気漂う造りに仕上がっています。, シートはサイドサポートがついたスポーティーなシートが標準で付いていますが、レザーやウルトラスエードなどをオプションで付けることも可能です。, またセンターコンソールは幅が広く高さのあるものになっているため、より上質さを感じることができますね。, シートはスポーツタイプのものでクッション材が改良され、ホールド性が徹底的に追求されていますので、座り心地も良くなっています。, シートはエンボス加工されたファブリックを使用しているスポーティシートとなっており、このシートはすべてのグレードに導入されています。, さらに上位のグレードではオプションで「本革+メランジ調ファブリック」のスポーティシートを選択することができます。, 車とトヨタスマートセンターが通信でつながることによってカーライフを24時間365日サポートされているという安心で便利なサービスが利用可能となっています。, さらにスマホと連携させればさまざまなアプリを使用することができるディスプレイを全車に標準装備しています。, トヨタは新型カローラスポーツを2019年6月のトヨタ「THE CONNECTED DAY」にて日本初公開しました。, カローラスポーツはトヨタで販売されていた5ドアハッチバックの「オーリス」の後継車種となるようで、エクステリアもどこかオーリスに似た造りになっており、雰囲気も北米テイストに仕上がっています。, しかも今回のカローラスポーツは今までになかったカローラシリーズ初となる3ナンバーとなる様です。, アメリカ仕様は「カローラハッチバック」の名称でデビューすること予想されていましたが、日本では「カローラスポーツ」という名称で発売されました。, C-HRと共通点が多く、C-HRのハッチバックバージョンと言えるカローラハッチバック、プリウスと同じハイブリッドを使用しながらサイズダウンしてスポーティーさを演出しているあたり、プリウスのスポーツバージョンともいえそうです。, カローラスポーツは日本ではオーリスの後継車としての扱いになりますが、旧オーリスの専売店トヨタネッツでの販売は無さそうです。しかし北米では引き続き新型オーリスとして日本名カローラスポーツを販売するそうです。, ライバルは2トーンカラーの設定がないので、色にこだわりたい人にはカローラスポーツを選ぶ理由にもなりそうです。, ハンドルの操舵した角度によって車両の向きがしっかりと変えてくれるために操作通りの正確な動きを見せてくれます。, 曲がり道、くねくねした道などを走行していてもしっかりと内側に車両を持っていくことができるために快適に走行ができます。, 普通このように操舵性を追求していくと後輪の接地性が下がって浮いたようになることが多いのですが、カローラスポーツでは後輪もしっかりと踏ん張りがきくようになっています。, トランスミッションはCVTとなりますが、1.2Lターボモデルには電子制御の6MTも設定されるています。, 1.2Lターボはターボチャージャーを搭載してことで1.2Lとは思えないパワーを感じる様です。6,000回転くらいまでスムーズに回転して乗っていて楽しい車に仕上がっています。, また1.2Lには6MT設定があり、電子制御になっているので、シフトチェンジする時に自動で回転数を合わせてくれる様です。, 従来のマニュアル車では回転数をアクセルを踏んで上げて合わせていましたが、これからのマニュアルは少しラクになりますね。, 1.8Lハイブリッドは現行のプリウスと同様ですが、プリウスよりも車重が軽くコンパクトであることからも走行性能には期待が持てます。, 1.2Lターボと比べると低速でのトルクが太く力強さがある様です。それとニッケル水素バッテリーがリアにあるので、若干オーバーステア気味になるそうです。, カローラスポーツは、TNGAのGA-Cプラットフォームを採用したことで、上質な走り、乗り心地、静粛性、安全性能、環境性能などの基本性能を大きく向上させました。, また予防安全機能では、アルファードやヴェルファイアにも搭載された、以下のような次世代型トヨタセーフティセンスが搭載される予定です。, 安全装備も充実しており次世代型の「トヨタセーフティーセンス」を標準装備しています。これは「トヨタセーフティーセンスP」で採用していた「単眼カメラ+ミリ波レーダー」を残したまま進化させています。, 大きな変更点としては「プリクラッシュセーフティーシステム」が夜間の歩行者と自転車運転者にも対応できるようになります。, これはカメラやレーダー性能が向上したことにより実現し、より高い安全性能を実現した物です。, さらに次世代トヨタセーフティーセンスでは「ロードサインアシスト」が加わり、カメラが道路標識を読み取り、前方のマルチインフォメーションシステムに表示してくれる機能です。, さらに運転支援技術として「レーントレーシングアシスト(車線維持支援機能)」が加わり、レーダークルーズコントロール使用時に車線中央を維持して走れるようにステアリング操作をアシストしてくれる機能です。, これにより高速道路でのドライバーに降りかかる疲労やストレスが一気に軽減されるのです。, カローラスポーツでは予防安全パッケージである「Toyota Safety Sense」を進化させた上で、全車に標準搭載しています。, レーザーレーダーとカメラを並行して使用することで周囲の認識性能を高め、さらに衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化しています。, トヨタセーフティセンスのプリクラッシュブレーキでは、歩行者との相対速度が約30km/h以内の場合に衝突回避を支援し、車両の場合だと10km/h~最高速の幅広い速度域で作動するという性能の高さを誇っており、安全に対する意識の高さが見えます。, ロードサインアシスト(RSA) 検知対象を拡大したことで、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった交通標識を読み取ってインパネに表示することができます。, レーンディパーチャーアラート(LDA) カメラでは走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合は警告音とディスプレイ表示でドライバーに注意を喚起して車線逸脱による衝突事故の回避を支援します。, オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーへの影響を少なくし、夜間の前方視界確保を支援します。, これからカローラスポーツの購入を考えている人が気になるのは、やはり最新値引き情報です。, 一般の方はディーラーの価格交渉で、百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。, 楽天ポイントをためている人は、車の査定だけで楽天ポイントを獲得できるこちらのサービスも検討します。. トヨタ カローラ スポーツを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、エクステリア・インテリア・エンジン性能など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 ディーラーで下取り価格が20万円だった車が 2018年7月に我が家にやってきたトヨタの新型カローラスポーツ。 毎日の長距離通勤に加えてドライブも楽しんだ結果、すでに3万kmを突破してしまいました。 たっぷり走り込んだ上で、あらためてカローラスポーツ(ハイブリッドG)を評価してみました。 カーナビゲーションのモニターが高い位置に設置されているため視線移動が少ないのもいいですね。 たとえ10万キロや20万キロであろうと、 アティチュードブラックマイカ×ホワイトパールクリスタル シャイン(77,000円アップ), 制限速度や一時停止、進入禁止、はみ出し禁止などの道路標識を認識し、警告してくれる機能, 車線をはみ出しそうになった時、車線中央に戻るようにステアリング操作を支援してくれる機能, 前方車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載。. コンパクトSUVの新型モデルとしてトヨタからライズが2019年11月に登場しました。 値段がつかないとあきらめてはいけません。. ベゼルを含めてモニターは視界の邪魔になっていません。, G”Z”のスポーツシートの評価が高いようですが、GやG”X”標準のスポーティーシートもしっかり姿勢を保持してくれるのでスポーツ走行でも不足を感じません。 買取業者を見つけてください!! ただ、さすがに2時間以上運転していると沈み込みを意識させられることがあります。, インパネ中央部の出っ張ったソフトパッドですが、デザインだけで収納には全く寄与していないのが残念なところ。, ステアリングは手触りこそ輸入車に劣りますが、適度なグリップ形状でステアリングスイッチの使い勝手もなかなかです。(C-HRはスイッチに触れてしまうことがありました), やっぱり物理スイッチのドライブモード切替は便利です。ステアリングから少し離れた位置にありますが今ではすっかりブラインド操作しています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 運転席からの視界はまずますで死角も少ないです。 このパッドの部分は成形の金型の境界も残っており安っぽいです。, 運転席から見た左後方視界です。Cセグメントのハッチバックの中でも死角は平均的なレベルで見通しは合格点といえます。, 身長180cm近い私が運転席のポジション調整をした後席足元空間です。 prius, 毎日の長距離通勤に加えてドライブも楽しんだ結果、すでに3万kmを突破してしまいました。, たっぷり走り込んだ上で、あらためてカローラスポーツ(ハイブリッドG)を評価してみました。, 大口を開けたような大型のキーンルックグリルですが、毎日目にしていたら違和感は全くなくなりました。, フェイクであってもG”Z”のマフラーカッターがあるとないとで結構印象が変わってきます。, こうして見ると、サイドは結構複雑な面構成になっていることがわかります。 買取業者が70万円で トヨタ自動車の世界戦略モデル『カローラスポーツ』を450kmほど走らせる機会があったので、インプレッションをお届けする。 クルマ一括査定サイトを利用して 買い取られることもあります。. 自分はノーマル/スポーツしか使用しませんのでワンアクションで切替が出来ています。5モードはとても使いこなせません(笑), 内装の表面は結構傷付きやすいですね。 扱いやすいサイズというこ... 待ちに待ったトヨタの新型SUV ヤリスクロスが発売されました。 手っ取り早く一番高く買い取ってくれる トヨタ カローラツーリングハイブリッドに実際に乗っているオーナーのレビューや口コミが満載。実燃費やエクステリア・インテリアに関する情報や、メンテナンス・カスタム方法が充実。トヨタ カローラツーリングハイブリッドの様々な情報がここに! バックドアがいかに突き出ているか、わかってもらえるでしょうか?, 思った通り18インチより17インチの方が、個人的に見た目のバランスや乗り心地、操縦安定性でもベストのような気がします。, それにしてもホイールの選択肢が少ないですね~。プリウスやスバル車とサイズは同じもののインセットの問題でフェンダーから引っ込むホイールが大半です。. 【カローラスポーツの真の実力】トヨタ新型カローラスポーツの口コミ・評価評判を辛口チェック 2020年5月31日 売れ筋ハッチバックの新型カローラスポーツの購入を検討の際に注意すべき点は何で … ただ内装についてはバリエー... 2020年2月にデビューした新型ヤリスのクロスオーバーとしてヤリスクロスが発表されました。 トヨタのSUVが欲... トヨタの新型コンパクトカーのヤリスにSUVモデルのヤリスクロスが加わりました。 2019.04.28 膝前にこれだけの余裕があるので、大人の男性でもしっかり座れる空間は確保されています。, それでもさすがにここはホイールベースが長いプリウスの方が余裕がありますね。 出典:toyota.jp 最初に最高出力(馬力)と最大トルク、およびそのピークとなるエンジン回転数などカタログスペックで比較していきましょう。 なお、最高出力(馬力)と最大トルクのカタログスペックというのは、パワートレイン単体のポテンシャルであって、パッケージングとしてのクルマの性能を表すものではないことを理解したうえで確認してください! 【表1.最高出力と最大トルク比較】 上記の様にハイブリッド車とガソリ … こうなると5ナン... カローラスポーツ | ボディーカラー(色)や内装色について解説!サドルタンはどうなの?, カローラ | カローラスポーツ | カローラツーリング | 2020年4月リコール情報, トヨタ | ヤリスクロス | 車中泊 | できる?できない?グッズを使って検証してみました!, トヨタ | ヤリスクロス | アームレストなど内装(インテリア)のカスタムパーツ(用品)をチェックしてみました, カローラスポーツ | G”Z”とG”Style Package”(Gスタイルパッケージ)を比較してみました.