Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. ヒマラヤを飛び越えるアネハヅルの方法. アネハヅルは、美しい姿をした体長90㎝程の小さなツルですが、標高8,000メートルを超えるヒマラヤ山脈を越えて、渡りをします。. アネハヅルは、渓谷に発生する台風並の強風の中、風を巧みに利用して、ヒマラヤを越えていることが分かってきた。 彼らは、今年生まれた若鳥を天敵から守り、危険な初飛行を成功させる。 Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). アネハヅル(姉羽鶴、学名: Anthropoides virgo )は、ツル目ツル科アネハヅル属に分類される鳥類の一種。. | ヒマラヤ山脈を越えたアネハヅルには、インドの肥沃な大地が迎えてくれています。 大学の変革達成の場合は、教育、研究そして地域貢献を実践した場合の確かな手ごたえを、組織の全構成員で共有する満足感でしょうか。 現在確認されている鳥類の中では特に高々度、5000から8000メートルもの高さを飛ぶ鳥として知られており、ヒマラヤ山脈も越える渡りをする。 アネハヅルは、美しい姿をした体長90㎝程の小さなツルですが、標高8,000メートルを超えるヒマラヤ山脈を越えて、渡りをします。, チベット高原などの繁殖地から越冬のために、インドや中東方面に渡るために「世界の屋根」とも言われるような高度の高い所を飛び越えるのです。, また、アネハヅルは用心深い性質で、天敵を遠方からでも見つけられるような見晴らしの良い草原を好みます。, アネハヅルが飛び越えるヒマラヤ山脈は、標高8,000メートルを超える世界です。気温は-30℃と低温で、酸素の濃度は地上の1/3と言われています。, 鳥は、飛行するために酸素を効率的に肺に送り込むための「気嚢(きのう)」という器官を持っていて、息を吸っている時だけでなく、息を吐くときも、肺に酸素を取り込むことができます。, 気嚢は、鳥が空気の薄い上空を飛行するにはなくてはならない気管ですが、気嚢だけでは条件の厳しいヒマラヤ山脈を越えて飛ぶのは難しいでしょう。, アネハヅルは、酸素濃度が薄い、ヒマラヤ山脈でも大量の酸素を吸入するため、血液中のヘモグロビンを一部進化させて、酸素との結合能力を高めています。, ヒマラヤ山脈は、大陸プレートの移動で陸地同士がぶつかって地面が隆起したと考えられています。, 地面の隆起は2,000万年前から始まって年代を経て出来たものと推定されますが、アネハヅルの渡りの歴史は、隆起する前から行われていたため隆起の高さとともにアネハヅルの体も進化していったと考えられています。, アネハヅルが、標高8,000メートルを超える飛行を実現するには、もう一つの重要なファクターがあります。, ヒマラヤ山脈は、2,400kmの広大な地域ですが、アネハヅルが好んで飛び越える「カリガンダギ渓谷」という場所があります。「カリガンダギ渓谷」は、チベットとインドを結ぶ交易路として繁栄した歴史がありますが、風が吹きすさぶことで有名なところです。, アネハヅルは、強風の上昇気流を上手く捉えることが出来るのでしょう。山岳民族によって、上昇気流に乗った一団のアネハヅルが一気に舞い上がって行く様子が目撃されています。, 美しい姿と小さな体をしたアネハヅルが、標高8,000メートルを超えるヒマラヤ山脈を越えて渡りをする秘密は、次の2つの能力でした。, 「大量の酸素を吸入するために、酸素との結合能力を高める進化」と「上昇気流を上手にとらえて一気に上空に舞い上がる技術」を持っていたからでしょう。. technology. Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. 高さ8000メートルのヒマラヤ山脈を越える、世界最小のツル・アネハヅル。 山頂に渦巻く乱気流に翻弄され、一時撤退を余儀なくされる。 天候の回復を待って、互いに鳴き交わしながら再び山頂に向かう群 … アネハヅルは、インドガンが持っている程の身体能力はないため、インドガンのように羽ばたくことだけで高空飛行はできません。 ヒマラヤの斜面には強い上昇気流があります。アネハヅルは、この上昇気流を上手く捉えることでヒマラヤを超えていまし … Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察 All Rights Reserved. チベット高原などの繁殖地から越冬のために、インドや中東方面に渡るために「世界の屋根」とも言われるような高度の高い所を飛び越えるのです。. ブログを報告する. technology. ヒマラヤを越えていくツルたちの話。 夏の間、モンゴル高原で暮らすアネハヅルという鳥は、冬が近づくと、仲間同士が編隊を組んで、暖かいインドに旅立つ。 その中には、生後 3ヶ月ほどの若鳥たちのグ … 「迷鳥アネハヅルを発見」の記事を少し前に新聞で見ました。小浜市の田んぼに舞い降りていたとうい。日本では何十年、何百年に一度見かけるか否かの珍鳥です。, アネハヅルは体長90Cm、体重2から3kg。日本のタンチョウに比べると体長・体重とも半分ほどで、ツルの仲間では一番小さい。それに、「珍鳥」と書いたのは日本での話で、地球上でに生息数は25万羽。80万羽といわれるカナダヅルについで次に多い。, 数の上では珍しくないアネハヅルが、しかし世界的に注目されるのは、北半球が秋から冬に向かう季節、彼らが見せる美しい感動的な「渡り」の姿にある。, 春から夏をシベリアやチベット高原で過ごし、子供を産み、育てる彼らは、9~10月になると、数百から、数千羽の編隊を組んで、インド方面へ南下する。その渡りが、大変なのです。なぜなら、そのルート上には世界の屋根・ヒマラヤ山脈が行く手を阻むから。渡り鳥の飛行高度は一般に1500m程度なのに、アネハヅルは、酸素は平地の3分の1しかない8000m超の高度を超えなければならない。, そのために、彼らは待つのだ。この季節に数日間だけ吹く上昇気流を、山麓で何百羽、何千羽が群れ、空を舞いながら。そして、その”気配”を感じた瞬間、動きが変わる。, 渦を巻くように旋回し徐々に上昇し、やがて一羽のリーダーを先頭にした三角形の大きな編隊を組むと、互いを励ますようにカウカウと鳴きながら、一気にヒマラヤ越えに挑む。 NHKテレビが1993年、番組「生き物地球紀行」の長期ロケで撮影に成功したその渡りの光景は、視聴者の大きな感動を与えました。, アネハヅルの祖先が誕生した1億年前に、彼らが渡るルート上に山はなかったんです。それが2000万年前ころ、大陸の移動・地殻の変動によって地表が隆起し、やがてヒマラヤの峰峰が誕生した。そうした変化に少しずつ対応していく間に、彼らの体に高高度飛行が可能な対応力が出来て言ったにではないかとの説が有力だ。, 広島大学・中村健一学長は言う。「アネハヅルのヒマラヤ越えは、多くのことを教える。大きな変革には相応の時間的猶予が必要であること。組織の多様な変革に応えるには、組織内部に多様性、可逆性を十分保持することが重要であることだ」, モンスーン明けの澄み切った空高く、8000メートル級のヒマラヤ山脈を越え、チベットからインドに向かって何千羽と渡るアネハヅルの群れの光景を想像すると、目的地に向かって行動する生物のけなげさ、そしてそのたくましさに素直な感動を覚えます。, 幾つかの研究は、その答えを1億年前頃の鳥類の出現と、大陸移動に伴って生じた2000万年前頃からのヒマラヤの隆起に求めています。すなわち、アネハヅルの祖先は遥か昔より何代にも亘って冬期に、餌の豊富なインドへの渡りを定期的に繰り返していたと考えられています。その後しばらくして、ヒマラヤ山脈が徐々に高度をあげ、遂には8000mを越えるようになりました。その過程で、突然変異により生じた、酸素の希薄な中で渡りが可能な個体がグループとして生き残ったものが、現在生存しているアネハヅルであるというという考えです。季節ごとに長距離を移動する恐竜の存在、鳥が恐竜から進化したという最近の有力な学説、そしてアネハヅルの祖先は、鳥の中でも比較的古くから生じたとされる証拠が組み合わされ、そうした仮説が産まれました。      アネハヅル, さらにLiangは2001年、酸素を体内に蓄積するタンパク質であるヘモグロビンが、アネハヅルの場合、ヘモグロビンを構成するアミノ酸に一部変異を生じ、希薄な大気でもしっかりと酸素を結合して体内に酸素を供給できるタイプに進化していることを見出しました。つまり、アネハヅルは特殊なヘモグロビンを持ち、高山病にかかりにくい理由をつきとめることができたわけです。, こうした説明を踏まえるとアネハヅルの渡りが可能となった決定的要因は、ヒマラヤ山脈の隆起の時間に対して、ヘモグロビンの変異を生じることに十分な時間が与えられていたことにあると思われます。突然変異は遺伝子のランダムな変異によって生じることから、時間をかけてできた多くの変異の中で、特殊ヘモグロビンを獲得したものが生じ、次第に高くなったヒマラヤ山脈を乗り越える個体が選択されたと考えられます。もし、渡りの習性のあるアネハヅルの祖先の誕生時に、急速なヒマラヤ山脈の隆起が起こったとしたら、山越えできる個体は存在しませんので、チベットで集団餓死するしかなかったでしょう。, アネハヅルのヒマラヤ山脈越えは、私たちに多くのことを教えてくれているように思います。大きな変化に対応した改革には相応の時間的猶予が必要であるということ、さらには、アネハヅルがヘモグロビンの変異でヒマラヤの隆起を乗り越えたように、多様性、可塑性を組織内部に充分保持することが、組織の多様な変革に応えるための重要な要素であることを示しているのではないでしょうか。, ヒマラヤ山脈を越えたアネハヅルには、インドの肥沃な大地が迎えてくれています。大学の変革達成の場合は、教育、研究そして地域貢献を実践した場合の確かな手ごたえを、組織の全構成員で共有する満足感でしょうか。本学も、社会の要求に応えながら、大学が掲げている理念の具現化のために,さらなる進化を遂げていきましょう, yasuhirokamei0912さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ヒマラヤ を 飛び越える アネハヅル アネハヅルは 繁殖地の中国国内と越冬地の南アジアの間に聳えるヒマラヤ山塊を集団で飛び越えてゆく鳥として有名です。 高度8000mの成層圏に近い所を行き来するなんて,凄くかっこいいし Copyright © 白鳥と昆虫と花等の自然観察 All Rights Reserved. 渡り鳥といえば「ヒマラヤ越え」で知られるアネハヅル。 全長は1メートル弱とツルの中でも小柄で、平地ではそれほど高く飛べない。 だがヒマラヤを越えると時は、数百羽がv時に連なり、上昇気流を利用して高度8000メートルに達する。 渡り鳥のインドガンやアネハヅルは標高8000m級のヒマラヤ山脈を飛び越えて飛行しています。8000mもの高度は極寒で低酸素の世界です。こんな環境で飛行できる秘密は何でしょう。この記事では、インドガンとアネハヅルの方法を分かりやすく紹介しています。, 渡り鳥の中には、標高7000m~8000mものヒマラヤの高地を超えていくインドガンやアネハヅルがいますが、標高8000mでは空気中の酸素濃度が通常生活している所の1/3程になります。, このような過酷な環境(低酸素で、極寒の空気中)のヒマラヤ高地を、飛び越えることのできるインドガンとアネハヅルには、どんな秘密があるのでしょう。, 鳥には、呼吸を効率的に行う気嚢(きのう)という器官があって、拡大・縮小させて、吸気や呼気の時に、空気を肺に送り込んでいます。この時、空気は肺の中で血液とは逆方向に流れるため、「対抗流性ガス交換」をしています。, 「対抗流性ガス交換」の時には、血液は効率的に空気中の酸素を取り込めます。そのため、鳥は、飛ぶような激しい運動ができるのです。, 夜間や早朝は、空気が冷えていて密度が高くなるために、飛んでいるインドガンの揚力(ようりょく)が強くなります。また、酸素吸入をするにも都合が良いように作用するのでしょう。, このように、インドガンは優れた身体能力と、高度飛行に適した時間帯を選んで飛行することで、標高7000m~8000mもの高度を飛んでいました。, アネハヅルは、インドガンが持っている程の身体能力はないため、インドガンのように羽ばたくことだけで高空飛行はできません。, ヒマラヤの斜面には強い上昇気流があります。アネハヅルは、この上昇気流を上手く捉えることでヒマラヤを超えていました。, アネハヅルの体長はビッグサイズです。全長90㎝メートル(体重:2kg程度)の大きさがあって、翼を広げると170~190㎝メートルにもなります。但し、ツルの中では最小です。, このアネハヅルの体長は、ヒマラヤの上昇気流に乗るのに適した大きさと推測されています。アネハヅルは、過酷な気象条件を熟知して、それを上手く活用して、ヒマラヤを飛び越えていたのです。, インドガンやアネハヅルが、8000m級の山を飛び越える理由は、鳥類が持っている気嚢の働きだけではありませんでした。, インドガンは、特別な体の働きが飛行をカバーしていたことと、高度飛行に適した時間帯を選んで飛行する知恵で対応していました。, アネハヅルは、大きな体ですが、ツルの中では最も小さくて、ヒマラヤ山脈の斜面に吹き荒れる上昇気流を活用しやすかったことと、ヒマラヤの過酷な気象条件を熟知して上手に活用する知恵があったのでしょう。. でも、。アネハヅルはなぜ、そんな過酷なヒマラヤ越えをわざわざ自身に課すのか? アネハヅルの祖先が誕生した1億年前に、彼らが渡るルート上に山はなかったんです。