歌手の宇多田ヒカルさんが離婚していたことがわかりました。8歳年下のイタリア人男性との結婚生活も4年で幕を閉じました。ここで気になるのが「あなた」の歌詞の意味です。リリース直後ではわからなかった想いが読めてきます。本当の宇多田ヒカル「あなた」の歌詞の意味は? おひさま~大切なあなたへ という曲で あーやが「かんちゃんが父親になりました」 と言ってくれてこの曲を。 おひさま~大切なあなたへ という曲は今の僕にとてもピタリとくる曲です。それに僕の奥さんの気持ちぴったりな曲ですかね Bless the Lord, O my soul 主よ感謝します、心から O my soul 心から信じる方 Worship His holy name 彼の御名を褒め称えます Sing like never before 今までに歌ったことがないくらいに O my soul 心から信じる方 I’ll worship Your holy name あなたの御名を褒め称えます   The sun comes up, it’s a new day dawning 太陽が登ると、新しい日がやってきます It’s time to sing Your song again あなたの歌を歌うときが来ました Whatever may pass, and whatever lies before me どんな道を歩んでいても、また過去がどんな自分であっても Let me be singing when the evening comes  あなたを賛美できるようにしてください Bless the Lord, O my soul 主よ感謝します、心から O my soul 心から信じる方 Worship His holy name 彼の御名を褒め称えます Sing like never before 今までに歌ったことがないくらいに O my soul 心から信じる方 I’ll worship Your holy name  あなたの御名を褒め称えます You’re rich in love, and You’re slow to anger 愛で満ちている方、怒るのに遅い方 Your name is great, and Your heart is kind あなたの名前は素晴らしいです、また優しさで溢れています For all Your goodness I will keep on singing あなたの素晴らしさを歌い続けます Ten thousand reasons for my heart to find いくつもの理由を見つけることが出来るためです   Bless the Lord, O my soul 主よ感謝します、心から O my soul 心から信じる方 Worship His holy name 彼の御名を褒め称えます Sing like never before 今までに歌ったことがないくらいに O my soul 心から信じる方 I’ll worship Your holy name あなたの御名を褒め称えます   And on that day when my strength is failing 私の力が落ちてしまうその時が来ても The end draws near and my time has come 人生の終わりが来たとしても Still my soul will sing Your praise unending 私の心は終わりなくあなたの御名を賛美します Ten thousand years and then forevermore  いつまでも永遠に Bless the Lord, O my soul 主よ感謝します、心から O my soul 心から信じる方 Worship His holy name 彼の御名を褒め称えます Sing like never before 今までに歌ったことがないくらいに O my soul 心から信じる方 I’ll worship Your holy name  あなたの御名を褒め称えます Jesus, I’ll worship Your holy name 主よ、あなたの御名を褒め称えます Lord, I’ll worship Your holy name  神さま、あなたの御名を褒め称えます Sing like never before 今までに歌ったことがないくらいに O my soul 心から信じる方 I’ll worship Your holy name あなたの御名を褒め称えます Jesus, I’ll worship Your holy name 主よ、あなたの御名を褒め称えます I’ll worship Your holy name あなたの御名を褒め称えます, なんでなのか?それはね、神さまが全世界を創造して人間を作り、神さまがいつも共におられるから。, わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。, ですから、私たちはキリストを通して、賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえるくちびるの果実を、神に絶えずささげようではありませんか。, 「一回聞いてみ?私初めてこれ聞いたとき泣いたから」って言われて聞いたのが始まりです。, 知りたい和訳や意見、お問い合わせなどありましたらこちらからどうぞお問い合わせページ. おひさま〜大切なあなたへ [5:03] 作詞:岡田惠和. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2015年に発売された星野源の4枚目のアルバム『YELLOW DANCER』に収録された楽曲、『Friend Ship』。, 発売から約半年後に「星野源と聴く視聴動画」なる動画が公式チャンネルからアップロードされるなど、人気の高い楽曲です。, 映画「森山中教習所」の主題歌としても有名な『Friend Ship』。果たして歌詞はどのようなものなのでしょうか。, 「いつかまた 会えるかな」という冒頭の歌詞からそれまで会っていた人物と別れた状況であることがわかります。, そしてその相手とは『Friend Ship』というタイトルから考えて友人でしょう。, 「口の中 飲み込んだ 景色がひとつ 水の底に消えた」とは友人と会うことによりできた思い出を噛み締め、忘れないように大切にしようとしていることの比喩表現であると考えられます。, 「君の手を握るたびに わからないまま」という歌詞から始まるこのパート。一体何がわからないというのでしょうか。, Aメロで明らかになったような、良好な友情関係を築いている友人に対して行うこととしては自然に思えます。, しかしその上でも「通じ合った」というような歌詞ではなく、「わからないまま」と綴られるのです。, 親密であるにも関わらずわからない、ということは互いの関係がどういったものであるかわからないという意味ではないでしょうか。, 仲の良い描写もあることから、果たしてこの思いが友情なのか愛情なのか分からないということが、このパートで描かれていることだと思われます。, そんな互いの困惑を理解しあっているために、「笑い合うさま」と二人して笑うことが描写されるのです。, 「いつの日か 会えるような 幻を見て」というのは状況がかなり深刻であることが伺えます。, もしたとえ期間がかなり空いてしまったとしても、会う約束があるならば「いつの日か 会えるような」といったことは綴られないでしょう。, しかし、それでもめげることなく「一歩踏み出すさま」と友人にまた会えることを信じて前に進もうとするのです。, 一番サビではお互いの関係が友情なのか愛情なのかどっちつかずになってしまっている友人と主人公の姿が描かれました。, これに対してこのパートではその関係に変化が訪れたことがわかります。それが「胸の窓 開けるたびにわからないまま わかりあった」という部分。, わからないままであった二人の関係が遂にはっきりしたのです。そしてその結果どうなったか、ということも以降の歌詞に綴られています。, その内容とは「君の手がほどけるとき 叶わないまま」というもの。「君の手がほどけるとき」というのはその関係が壊れてしまったことを示しているのでしょう。, また望ましい関係へと変わるためであれば良いのですが、「叶わないまま」ということからそうではないこともわかります。, これはきっとお互いの関係や思いをはっきりさせた結果、認識にズレがあったということなのでしょう。, そして互いの思いが食い違ったまま一緒にはいられないと考え、離別を決めたのだと思います。, が、その離別は決して喧嘩といったような悲しい別れではなく「離れゆく場所で 笑い合うさま」とあるように、お互いのことを思っての離別なのです。, 『Friend Ship』は複雑で曖昧な人間関係を比喩を用いながら、的確に表現した楽曲と言えますね。, 非常に仲の良い相手だけれど、果たしてこの関係のままで良いのかそれともより親密な関係になったほうが良いのか・・・。, そんな自問自答を繰り返して、結局一歩踏み出せないまま終わってしまったといったようなことは、多くの人が経験されていることだと思います。, そんな経験をした人あるいは今経験している人、それぞれの思いを反芻しながら聞くと、より『Friend Ship』の世界観を味わうことができると思います。, 作者の意図や訴えを知ること、考えることでその音色は何通りにも変化します。 しかしながら多くの方々はメロディーと歌声ばかりに耳が向き、「作曲された意図」を考えていません。 私はそんな方々の代わりに楽曲の解釈・考察をして、新たな音楽の楽しみ方を提供したいと考えています。 「楽曲考察」の文化を一緒に築き上げて行きたいです。, Twitterでのシェアや議論大歓迎です。 本気の音楽好きライターさんも募集しています!, お仕事の依頼はDMかメールをお願いします! satousiomi.official@gmail.com.